2017年10月10日のつぶやき

13:04
議員になりたいシューカツ人を乗せた選挙カーが走り出した。
13:05
しばらく賑やかな日が続くなあ。
ツイッターでのつぶやき | - | -

2017年10月02日のつぶやき

12:42
もう夏には行かない。 https://t.co/LnO3jcy530 #jugem_blog
17:34
先月末くらいから発生している、Office2016を使用中に、VBAうんたらかんたらというエラーでお困りの方は参照のうえ、Officeを以前のバージョンに戻してみて下さい。私は「Access 2016」で見事にやられました。 https://t.co/XP3cFGWP4q
ツイッターでのつぶやき | - | -

もう夏には行かない。

雨のカーテン

▲この夏に目撃した、複数の雨のカーテン。

 

 

今年の7月、年に1度の半日人間ドックに入りました。

 

前もって送付されてくる書類には、「ドック前日の夜9時以降は、お茶やお水以外はNG」「ドック当日は、コップ1杯の水だけは飲んでもOK」といった旨の注意書きが、必ず記載されています。

 

普段はひねくれておりますが、私、こういった注意書きには、とても素直に従います。

 

しかしこの頃、既に暑い日が続いてました。
暑いので、寝る前にも水やお茶をカプカプと飲む。
結果、夜中にトイレに行きたくなる。

 

普段なら、トイレの後、水を飲んでからベッドに戻ります。
だけど、ドック前夜にトイレに行った後は、水を飲まなかったのです。

 

翌朝、コップ1杯の水だけ飲んで、電車で3〜40分の場所にある検診場所に向かいました。

 

私は、空腹のまま外出すると、気分が悪くなったり、頭痛に襲われたりすることがあります。
この日も、検診場所に到着し、受付を待っている時から、弱い頭痛が始まりかけていました。

ちょっと嫌な感じがしたのですが、今まで何度も経験している痛みです。若干不安に思いつつ、そのまま検査に入りました。

 

お昼前には検診が終わりましたが、その頃には、結構頭痛がきつくなってきてました。

ドックを実施している医療機関が入居するビル内には、飲食店が多く軒を連ねています。
医療機関のサービスとして、それらの飲食店で利用できるチケットがもらえるため、毎年違った店でお昼を食べるのを楽しみにしているのです。

 

とりあえずご飯食べて、頭痛薬飲もう。

そう思い、軽食が食べられる喫茶店に入りました。

 

注文したパスタが届くのを待っていると、猛烈に体がだるくなってきました。
さらに、ちょっと震えが出てきて、座っているのもつらくなってきた。

 

横になりたいけど、無理。
空腹なのに、パスタもなかなか食べられない。

 

こんな状態で家に帰れるか、私?

タクシーで帰るか、ダンナに電話して来てもらうか。

 

どうしようかと思いつつ、パスタを一口食べて、数分休憩、ということを繰り返すうち、店に入ってすぐ服用した頭痛薬が効いてきました。
体のだるさも少しだけましになり、パスタを半分くらい残したまま、よろよろと店を出ました。

 

私としたことが、あんな少量のパスタを残してしまうなんて。

 

ホームで電車を待つのもつらかったですが、電車内では座ることができ、何とか無事帰宅。
帰宅するなり、床に倒れ込み、小一時間気を失いました。

 

あくまでも私の予想ですが、もしかしたらこれって、熱中症?

 

バリウム検査終了後すぐ、水をたくさん飲んだのですが、そんなのでは追いつかないくらいの脱水症状になっていたのかもしれません。

前夜も、本当に暑かったですから。

 

ここ1〜2年は、7月にドックに入ってましたが、こんな体調不良に陥ったのは初めて。

今後は、もっと季候がいい時期にドックに入ろうと決心した私でありました。

 

水分補給、ほんとに大事ですねえ。

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:ひとりごと

現場から東海林がお伝えしました | comments(0) | trackbacks(0)

2017年09月25日のつぶやき

11:35
道路沿いの掲示板に貼られてました。 たばのこって(笑) #ポスター #掲示板 https://t.co/eFMT2eDxzA
ツイッターでのつぶやき | - | -

2017年09月20日のつぶやき

12:05
昨日、ダンナが買ってきた。トイレにぶら下がってる臭い取りにしか見えないけど、何かおもしろい。 #にぎにぎ #ストレス解消 #CanDo #100均 https://t.co/Vsp92spbuh
ツイッターでのつぶやき | - | -

2017年09月06日のつぶやき

11:57
夏の出来事〜私は悪くない〜 https://t.co/ieb3Rjy6xq #jugem_blog
ツイッターでのつぶやき | - | -

夏の出来事〜私は悪くない〜

夏祭り

▲8月開催の地元夏祭り。雨上がりの夕焼けがきれいでした。

 

 

8月下旬のある日の夕方、いつもお世話になっているお客様(A様)から電話がかかってきました。

 

A様はその日、北関東方面へ出張中。レンタカーで営業先を巡り、帰阪のため最寄り駅に向かっている途中で、大渋滞に巻き込まれたとのこと。
普段は渋滞とは縁のない道なのに、その日に限って、車がピクリとも動かない。

 

後でわかったことですが、渋滞の理由は、交通事故が発生し、規制が行われていたため。

でも当時は、状況が全くわからない。

 

「今日中に帰れるかなあ」
「レンタカーも返さなあかんのに、間に合うかなあ」

 

しばらくの間、ぼやきが止まらないA様の退屈しのぎのお相手をして、電話を切りました。

 

それから1時間経過。
再びA様から電話がかかってきました。

 

「あれから、300メートルしか動いてへん!」

 

大層、お怒りです。

 

翌日の予定もあり、どうしてもその日に帰阪したいA様。
レンタカー屋さんには、返却時間が遅れるかもしれないという連絡をされたようですが、とにかくイライラされてます。

 

まあまあまあ、と、適当にA様をなだめる私の努力は、レンタカーに備え付けの、空気を読めないカーナビのセリフで、一気にぶち壊されました。

 

「運転時間が2時間経過しました。そろそろ休憩しませんか?」

 

A様、切れました。

 

「何が、『休憩しませんか?』や!」

 

そして、電話も切れました。

 

 

私が悪いみたいな結末やんか。

 

 

結局、その日に無事帰阪できたそうです。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

 

ええ仕事しまっせ(できごと編) | comments(0) | trackbacks(0)

2017年09月04日のつぶやき

13:03
夏の出来事〜ダンナの手術〜 https://t.co/IZWZD3u4ui #jugem_blog
ツイッターでのつぶやき | - | -

夏の出来事〜ダンナの手術〜

ダンナが左手親指の痛みを訴え始めたのは、1〜2ヶ月前からのこと。
本人曰く、「ばね指の感じ」。


>>「ばね指(弾発指)」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

 

私の個人的な見解ですが、一番大きな原因は、スマホだと思います。
左手で持ち、左手親指で操作してることが多いから。

 

利き手の右手なら、もっと早く医者に行っていたのでしょうが、そもそもあまり医者に行きたがらず、自然治癒を待つ人です。
でも、「痛い!」と叫ぶ日が増え、日常生活にも支障が生じ始めたようで、8月初旬の糖尿病外来の通院日に、同じ病院の整形外科に足を運びました。

 

結果は、やはり、ばね指との診断。

 

治療方針を医師と検討し、彼は手術を選択。
腱鞘切開術(けんしょうせっかいじゅつ)という、一見とても大層な手術のようですが、30分程度の手術で、手術後はすぐ帰宅できる、日帰り手術です。

 

ただ、普段から糖尿病や高血圧の薬を服用している関係で、整形と内科の診察室を何度か往復し、段取りする必要があったようですが。

 

手術当日。
面白そう、もとい、心配なので、私も一緒に付いていきました。

 

彼の通院している病院に足を運ぶのは初めて。
病院の様子は、普段から話には聞いていましたが、規模の割には診療科も医師も多く、老健も併設され、手広くやっている印象です。

 

手術1時間前に到着後、点滴室で術着に着替え、術前の点滴が始まりました。


点滴室にはベッドが複数設置されていて、2人のばあちゃんが横たわってました。

そのうちのひとりのばあちゃんは、検査前に普段服用している薬が必要とのことで、息子さんがばあちゃんの自宅まで薬を取りに戻り、なんやかんやと右往左往してました。

 

こういう慌ただしい瞬間、私にもあったなあ。

 

2人であれこれしゃべっているうちに、手術の時間。
点滴をしたまま、歩いて別フロアの手術室に向かいました。

 

彼が手術室から出てきたのは、それから40分程度経った頃。

 

ばね指の手術後

 

会計や投薬を待つ間、日帰り手術なのに、思ったより本格的な手術体勢だったこと、ベッドに横たわり、消毒液を腕全体に塗られ、気付かないうちにメスが入り、包帯でぐるぐる巻きにされて終了したと、矢継ぎ早に報告してくれました。

 

麻酔が切れた後は、少し痛がってましたが、処方された薬で何とか乗り切れたようです。
入浴の時は、包帯の上にタオルを巻き、さらにスーパーのレジ袋を巻いてテープで留めてから浴室へ。その様子は、まるでボクシンググローブをはめているようでした。

 

その後は数回消毒に通い、約10日後に抜糸し、治療終了。包帯も取れました。

手術跡周辺の痛みや張りはまだ残っているみたいですが、ばね指の症状は消え、元気に過ごしてます。

 

何事もなくて、よかった、よかった。

 

手術から帰宅した日の夜、ダンナが手術した病院に、私の友人のお父さんが入院していることを知り、あまりの偶然にビックリ仰天。

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

現場から東海林がお伝えしました | comments(0) | trackbacks(0)

2017年08月29日のつぶやき

18:09
POPだけ見ると、女子が小銭握って走ってきそうだ。 #販売されているのは服です #メンズは売ってません https://t.co/o7xcY7FQVd
ツイッターでのつぶやき | - | -