Google reCAPTCHA

 

 

前記事で少しだけ触れた「介護モール」というサイトは、WordPressを用いて作成しました。

問い合わせ用の入力フォームは、「Contact Form7」を利用。


「Contact Form7」とは、問合せフォームを簡単に作成できる、WordPressのプラグイン。これを利用することで、メールアドレスをページ内に表示する必要がなくなるので、迷惑メールが届きにくいというメリットもあるのです。

 

作成してから、はや数年経過。

Wordpress本体やプラグインなどの更新は行っていますが、正直なところ、ここ1〜2年は記事の更新や修正はせず、ほったらかしたまま。問合せメールなどはほとんど届かず、かすかに息をしている程度のサイトです。

 

そんな状態なのに、昨年末くらいからでしょうか、問い合わせページから迷惑メールが届くようになりました。
最初は無視していたのですが、一向に治まる気配がない。1日に10通前後のメールが毎日届くので、次第に煩わしくなってきました。

 

何とか止める方法はないものかと、ネット検索してみると、「Google reCAPTCHAを利用せよ」という、ありがたい啓示が複数見つかりました。

 

What is reCAPTCHA?

reCAPTCHA is a free service from Google that helps protect websites from spam and abuse. A “CAPTCHA” is a turing test to tell human and bots apart. It is easy for humans to solve, but hard for “bots” and other malicious software to figure out. By adding reCAPTCHA to a site, you can block automated software while helping your welcome users to enter with ease.

 

reCAPTCHAとは何ですか?

reCAPTCHAは、ウェブサイトをスパムや不正行為から保護するのに役立つGoogleの無料サービスです。 「CAPTCHA」は、人間とボットを区別するためのチューリングテストです。 人間は簡単に解決できますが、「ボット」やその他の悪意のあるソフトウェアを見つけるのは困難です。 サイトにreCAPTCHAを追加することで、自動化されたソフトウェアをブロックしながら、歓迎されるユーザーが簡単に入力できるようにすることができます。

 

引用元→reCAPTCHA Help(翻訳はGoogle翻訳を利用)

 

その効果は抜群という声が多く、「Contact Form7」への導入も簡単そうなので、早速試してみることに。
設定時は、以下のサイトを参考にさせて頂きました。

 

>>WordPressで作ったサイトのお問い合わせから迷惑メール(スパム)が来ないようにする簡単な方法 | TEDASK(テダスク)


以下は、私からの補足。

 

●Google reCAPTCHAの登録ページは、現在は日本語表示されるので、よりわかりやすくなってます。

 

Google reCAPTCHA

 

●登録ドメインは、大元のドメイン名を入力すればOK。

 

私の場合、以下4つのサイトがあるので、全部入力する必要があるのかと、ちょっと迷いました。

 

http://www.kaigo-mall.com/
http://www.kaigo-mall.com/product/
http://www.kaigo-mall.com/assist/
http://www.kaigo-mall.com/link/

 

しかし、入力時のヘルプを見ると、サブドメインを入力する必要はないとのこと。

 

Google reCAPTCHA

 

つまり、「kaigo-mall.com」だけを登録すればよいわけです。

 

無事に設定成功。

 

問合せフォーム

 

設定完了後、迷惑メールがピタリと止まりました。今日現在で、1週間ほど経過しましたが、1通も届いてません。すごいわー。

 

敵は、また新たな手口を使ってくるかもしれませんが、とりあえず迷惑メールを日々削除するというストレスは解消。

ありがたいことです。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

エクセル

 

 

エクセルのシートに貼り付けられた写真や図を、元画像のサイズのまま取り出す方法があることを、最近知りましたので、備忘録としてメモ。

 

1)拡張子を「.xlsx」から「.zip」に変更する。
2)拡張子を「.zip」に変更したファイルを、解凍する。
3)「xl」フォルダー内にある「media」フォルダー内に、画像が保存されている。

 

詳しい方法は、以下のサイトで、図解入りの解説がされています。

 

>>Excelに貼り付けた写真の画像を元のJPGファイルに戻す方法をご紹介! | インクループ株式会社|神奈川県相模原市 ホームページ制作、WEBマーケティング

>>【便利ワザ】エクセル(Excel)やワード(Word)に貼り付けられた画像をサクッと取り出す方法 | nrjlog

 

以下は、私からの補足。

 

●ファイルの拡張子が表示されていない場合

 

スタートボタンの上で右クリックし、「エクスプローラー」を選択、

 

エクスプローラー

 

表示タブをクリックし、「ファイル名拡張子」にチェックを入れる。

 

拡張子表示


●「.xls」と「.xlsx」

 

どちらもエクセルで作成したファイルの拡張子ですが、違いがあります。

 

「.xls」→ Excel97〜Excel2003で作成されたファイル
「.xlsx」→ Excel2007以降で作成されたファイル

 

「.xls」は、基本的にどのバージョンのExcelでも読めます。
しかし「.xlsx」は、Excel2007以降のバージョンでしか読めません。

 

実は私には、「.xlsx」のファイルをお客様に送信し、「読めない」とお叱りを受けた経験が、過去に何度かあるのです。
だから最近まで、「.xls」形式でファイルを保存する癖が残っていたのですよ。

 

エクセルの拡張子

 

今は、エクセルの拡張子を意識する必要性は少なくなりましたが、ファイルを保存する際の豆知識として、記憶にとどめておいて損はないと思います。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

年賀状の束

 

 

筆まめ」の住所録には、誰に年賀状を出したか、誰から喪中はがきを受け取ったかなどの情報を保存することができます。

 

筆まめ

 

「出・受記録」という情報なのですが、住所録に登録している人全員分を、一度に変更することも可能。

しかし私は、その方法をすぐ忘れてしまい、年賀状の季節になると、毎年探し回ってしまうため、備忘録としてメモ書き。

 

私が使用しているのはVer.28ですが、どのバージョンでも同じだと思います。

 

「住所録」→「連続マーキング」の順にクリック。

 

筆まめ

 

「連続マーキング」の設定画面から、「出・受記録」を選択します。

 

筆まめ

 

上記画面は、「住所録のすべてのデータに対して、2020年子年の年賀状の【出】を有効にする」という設定です。

「実行」ボタンを押すと、変更完了。

 

ちなみに私の場合、以下のような手順で宛名を印刷してます。

 

1)年賀状の「出・受記録」をすべて「出」にする。

2)年賀状を出さない人だけ、個別に「出」を解除する。

3)年賀状の「出」となっている人を抽出して印刷。

 

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

カメラ

 

 

MediaGoに代わる音楽管理・転送ソフトについては、MusicBeeを利用することで、無事解決。
次は、写真閲覧(画像ビューワー)ソフト。

 

先の記事に書きましたが、私はデジカメ写真の閲覧をMediaGoで行っていました。写真を撮影した月ごとにまとめてサムネイル表示してくれる機能が、お気に入りだったからです。

それを実現してくれる他のソフトはないかなあ。さらに、表示の挙動が早ければ、言うことないんだけど。

 

あれこれ探している時に、気付いたのです。
私、既に、XnViewをインストールしているジャマイカ。

 

XnView

 

>>XnView · Image Viewer, Photo Resizer & Graphic Converter
 

XnViewというのは、様々な種類の画像を表示できる、無料の画像ビューワーです。
簡単な画像編集も可能。外国製ですが、日本語対応しています。


元々は、AdobeのIllustratorで作成されたファイルを閲覧したくて、探し出したソフトなのですが、その後は活用しないままだったのです。

おすすめの画像ビューワーとして、XnViewを推奨するサイトも多数あるので、久々に表舞台に引っ張り出しました。

 

なお現在は、XnViewはClassicとMPの2種類あり、Classicは通常版、MPはClassicの強化版という位置づけのようです。もちろんどちらも、無料です。

使い方などは、解説してくれているサイトがたくさん存在します。

 

>>XnView の評価・使い方 - フリーソフト100
>>XnViewMPのインストールと使い方 | E.i.Z
 

ちなみに、EPSやAIなど、Adobe系のファイルが読めない時は、「AFPL Ghostscript」が必要です。

その入手・導入方法は、以下のサイトに詳しく載っています。

 

>>エクスプローラー型画像ビューワー「XnView」のインストールとエラー解消の備忘録 | あいのパソコン黙秘録
 

それはともかく、XnViewを実際に試してみました。

表示形式やサムネイルの大きさも変えることができ、写真情報の編集も可能。検索機能も充実。表示速度は速いです。

 

でもXnViewでは、「写真を撮影した月ごとにまとめてサムネイル表示したい」という野望は、かなえられないんですよね・・・。

 

そこで、さらに探索を続けていると、ついに見つけました。

 

Windows10に標準搭載されている、マイクロソフト謹製の「フォト」です。

 

フォト

 

>>Microsoft フォト を入手 - Microsoft Store ja-JP


私の野望実現はもちろん、選んだ写真の保存先フォルダーへの移動も可能。

撮影日付を元にしていると思われる、画面右のスライダーも便利です。

 

>>[フォト入門] 機能その1:撮りためた写真を簡単に探せる! – 初心者のためのWindows10「フォト」使い方講座

 

画像ビューワーとしては、必要十分な機能を搭載してます。

Windows10を使い始めてかなり経ちますが、「フォト」は使ったことがなかったのです。盲点でした。

 

そんなわけで、これからは、XnViewとフォトを並行して使うことに決めました。

 

こうして、MediaGoからの乗り換えミッションは、無事コンプリートしたのでありました。

 

【Media Goから乗り換えてみたシリーズ 了】

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

MusicBee

▲解散して20年経つのに、Say a Little Prayerのアーティスト写真が出てきたのには、ちょっとビックリした(笑)。

 

 

MusicBeeに楽曲を転送できたところで、今度は楽曲をスマホに転送。


MediaGoでの転送はとてもシンプルで、それほど細かい設定はありませんでした。

しかしMusicBeeは、こだわり派のために、様々な転送設定が可能。

 

MusicBeeが賢すぎるので、ちょっととまどうこともありましたが、以下のサイトがとても役立ち、無事に転送完了。

 

>>MusicBeeでAndroidと同期する – htsg.jp
 

スマホでの表示も、私の希望通りになりました。

 

あとは、「MusicBeeを最小化した時に、タスクトレイに表示したい」という野望を実現。

 

設定画面を表示します。

 

MusicBee

▲画面左上部の三本線ボタンをクリックし、「設定」を選択。

 

画面左のメニューから「全般」をクリックし、最小化先を「通知トレイ」を選択。

 

MusicBee


タスクバーにあると目障りな時があるので、この設定ができることを知った時は、うれしかったです。

 

さらにMusicBeeは、レイアウトを変えたり、プラグインを導入したりして、好みに合わせてカスタマイズが可能です。

主なカスタマイズ方法を説明してくださっているのが、以下のサイト。

 

>>Music Center for PCが酷すぎる!楽曲管理ソフトはMusicBeeがおすすめ | natuyuki.com
 

面白そうなので、歌詞が表示できるプラグインを導入。

 

MusicBee

▲画面右に歌詞が表示。左側に表示される英語でのアーティスト情報は若干古めですが、読むと面白いです。

 

MediaGoで不満だった点を、MusicBeeで全て解消できて、大満足です。

 

【MusicBeeに関する記事は、これでおしまいです。次回は、写真の閲覧について書きます。】

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

MusicBee

 

 

全ての曲をMusicBeeに転送し、よくよく眺めてみると、問題発覚。


まず、MediaGoから乗り換えようと思った理由である、「複数枚組のアルバムがバラバラに表示される問題」と「アーティスト名のフォルダーが山のようにできる問題」が、解消されない。

さらに、「アルバム内の曲順が違う問題」が、新たに発生。

 

呆然としましたが、これらの問題を解決するには、アルバムの詳細情報を修正・変更する必要があったのです。

そんなことができるなんて、それまで全く知らなかった。

 

アルバムの曲の上で右クリックすると表示されるメニューから、「編集」をクリック。

 

MusicBee

 

情報を編集できる画面が出現します。

 

MusicBee

 

「トラックのタイトル」には、曲のタイトルが表示されています。
 

「アーティスト」には、メインのアーティスト名が表示されていますが、別のアーティストとのフィーチャリング曲がある場合や、コンピレーションアルバムの場合は、アーティスト名が複数表示されています。

さらに、特に海外アーティストの場合、アーティスト名が英語記載だったり、日本語記載だったりする。こうなっていると、同一アーティストの作品なのに、別のアーティスト扱いになってしまう。


ここに表示されている名称に従って、アーティストの分類が行われるので、「アーティスト名のフォルダーが山のようにできる問題」の解決は、ここが肝。

 

私の場合、メインのアーティスト以外のアーティスト名を、トラックのタイトルに入れました。

 

MusicBee

▲単独アーティストのアルバムに、別のアーティストがフィーチャリングで参加している曲の場合。タイトル後ろの「EXILE Feat. VERBAL」は、元々はアーティスト欄に入ってました。

 

コンピレーションアルバムの場合は、アーティスト名をトラックのタイトルに入れ、アーティスト名に「Various Artists」と入力しました。
こうすれば、コンピレーションアルバムのアーティスト名が1つのフォルダーにまとまるし、タイトルを見ればアーティスト名がわかります。

 

MusicBee

▲コンピレーションアルバムの場合。

 

「アルバム」には、アルバム名が表示されていますが、複数枚組のアルバムなのに、形式が統一されていないものもあります。

例えば、4枚組コンピレーションアルバム「Feel collection」の場合、「アルバム」には以下のような情報が入っていたので、

 

1枚目 Feel
2枚目 Feel Collection [Disc 2]
3枚目 Feel
4枚目 〜The Most Relaxing〜 Feel collection [Disc 4]

 

以下のように修正しました。

 

1枚目 〜The Most Relaxing〜 Feel collection [Disc 1]
2枚目 〜The Most Relaxing〜 Feel collection [Disc 2]
3枚目 〜The Most Relaxing〜 Feel collection [Disc 3]
4枚目 〜The Most Relaxing〜 Feel collection [Disc 4]

 

「複数枚組のアルバムがバラバラに表示される問題」も、無事解決。

 

「トラック」には、曲数と曲順が、「ディスク」には、CDの枚数が表示されます。

 

MusicBee

 

上図の例は、4枚組のアルバムの1枚目、全18曲収録の4曲目ですので、トラック欄は「04/18」、ディスク欄は「01/04」となるわけです。
しかし、曲によって、ここが空欄になっている場合があり、正しい数字を入力して保存すると、次回起動時には「アルバム内の曲順が違う問題」は解消。

 

こうして無事、私の理想通りに表示されるようになりました。

 

ちなみにこの一連の作業、MediaGoでもできることを、後から知りました。

(変更したいアルバムをダブルクリックして選択、曲の上で右クリックして表示されるメニューから「プロパティ」をクリック)。

 

【次回に続く】

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

MusicBee

 

 

さっそく、MusicBeeをダウンロードし、インストール。

外国製ソフトですが、日本語対応してます。

 

>>MusicBee - The Ultimate Music Manager and Player


インストール方法などは、「MusicBee 使い方」で検索すると、たくさん出てきますが、私が参考にさせてもらったのは、以下のサイト。

 

>>MusicBeeのインストールと使い方 | E.i.Z
>>MusicBee の評価・使い方 - フリーソフト100

 

しかし、私、インストールの入口でトラブってしまって、悪戦苦闘。

 

インストールの最後に、「フォルダーをスキャン」というダイアログボックスが出てきて、既存の音楽ファイルを取り込む手順があります。

 

MusicBee


指示通り、参考にさせてもらったサイトに紹介されている手順通り、きちんと操作したのに、ファイルを取り込めない。

一旦ソフトをアンインストールし、再インストールしても、状況は変わりません。


さんざん悩んで、あれこれ検索して、やっと判明した原因が、ファイルの拡張子がMP4になっていたこと。
MusicBeeは、たとえ中味が音楽ファイルであっても、拡張子がMP4だと取り込まないのだそうです。

 

>>早くもMusicCenterに見切りをつけてMusicBeeに乗り換える - これはブログなのでしょうか
 

今回のトラブルで、Media Goで取り込んだ音楽ファイルの拡張子がMP4であることを、私は初めて知りました。

というか、拡張子のことなど、意識したこともなかったです。


その後、あれこれ操作していたら、ドラッグ&ドロップで、拡張子がMP4のファイルでも取り込むことに成功。


しかし今後、CDをMusicBeeで取り込む際は、MP4以外の拡張子を選択することになります。

それならいっそ、既存の曲の拡張子を、手動とかではなく、まっとうな形でMP3などに変更できないものか。

 

そこで、最初に試したのが、えこでこツール
動画からの音声抽出や音声フォーマット変換が簡単にできるソフトで、インストールが不要なのが気に入りました。

 

>>えこでこツール の使い方 - k本的に無料ソフト・フリーソフト
 

MP3への変換に無事成功、MusicBeeにも取り込めたのですが、あくまで音声を抽出した「だけ」。

よく考えれば当たり前なのですが、アルバムの詳細情報などは引き継がれず、ガックリ。

 

そして、再度検索して見つけ出したのが、fre:ac

音声ファイル形式相互変換ソフトで、これも外国製ですが、日本語対応しています。

 

>>fre:ac の評価・使い方 - フリーソフト100
 

変換作業は問題なく完了、MusicBeeへの取り込みにも成功、楽曲情報も表示されました。

 

ここまでたどり着くまで、何日かかったことやら。

 

【次回に続く】

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

Media Go

 

 

ウォークマンに音楽などのコンテンツを入れることができる転送ソフトウェア「Media Go」

ソニー社謹製の、パソコン用フリーソフトです。


私も、ウォークマン購入時にインストールし、ウォークマン本体を手放してからも、Media Goはそのまま使い続けていました。

 

まず、パソコンに転送した、手持ち音楽CDの曲を聴く時。
アルバムやアーティストごとに、自動で分類してくれるので、管理もしやすい。

 

ウォークマン用の転送ソフトですが、スマホへの曲転送も、全く問題なく行えました。

(注:スマホの機種に依存するかもしれません)

 

意外な用途としては、デジカメ写真の閲覧。

 

私は、イベントやテーマごとにフォルダーを細かく分けて、写真を保存しています。
Media Goは、そのフォルダー分けに関係なく、写真を撮影した月ごとにまとめてサムネイル表示してくれます。さらに、選択した写真の保存フォルダに移動することもできます。

特に、最近の写真を探す時は、便利なのです。

 

その反面、Media Goには、ちょっとした欠点や不満も。

 

まず、SDカードやUSBメモリーなどをパソコンに装着した状態でソフトを起動すると、「MediaGo」というフォルダーが勝手に作られ、そのフォルダー内に「mediago.xml」というファイルが、これまた勝手に作成されてしまうこと。

 

Media Go

 

ただただ自分の存在をアピールしているだけのファイルやフォルダーなので、発見するたびに削除するのですが、目障りでねえ。

 

音楽CDの分類にも、不満がありました。

 

私は、コンピレーションアルバムをたくさん所持しています。

こういったアルバムをMedia Goで転送すると、「アーティスト」タグには、アーティスト名のフォルダーが山のようにできてしまう。

 

コンピレーションアルバムの曲をアーティスト名から探す、という選択肢は、私にはありませんので、コンピレーションアルバムのアーティスト名は、1つのフォルダーにまとまっていて欲しい。

 

さらに、複数枚組のアルバムが、バラバラに表示されるのも、気に入らない。

 

Media Go

▲矢印で示したアルバムは4枚組なのに、表示順がバラバラ。

 

Media Goを最小化した時に、タスクバーではなく、タスクトレイに表示することができれば、という希望もありました。

 

Media Goは既に配布が終了、2018年にはサポートも終了
後継ソフトは「Music Center for PC」ですが、写真の閲覧はできなくなりました。ネット上の評判も、芳しくない。

 

Media Goのような、音楽と写真を管理できるようなソフトがないか、以前から様々探していたのですが、見つけることができなかった。

それで、「音楽と写真を管理する」という野望は諦め、まず、音楽管理・転送ソフトを探し、ネット上の評判もよく、使い方などを説明してくれるサイトも多数見つかった、「Music Bee」を試してみることにしました。

 

【次回に続く】

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

 

OpenOfficeの「calc」。

 

OpenOffice

 

Microsoft Officeの「Excel」に相当する、表計算ソフトです。

Excelよりは知名度が低く、使い勝手もExcelとは少々異なりますが、完全無料で使用できます。


仕事でちょくちょく使用する機会があるのですが、ちょっとしたことで操作に悩む時があります。

今回は、【備忘録・calc】の第2弾。

 

>>前回記事→【備忘録・calc】セル内改行と、列タイトル表示方法
 

 

その1 先頭行の固定
カーソルを下に移動しても、先頭行をそのまま表示させたい時。

 

Excelの場合は、「表示→ウィンドウ枠の固定→先頭行の固定」の順にクリックします。

 

Excel

 

calcの場合は、固定させたい行の下の行を選択(行番号の上をクリック)し、「ウィンドウ→固定」の順にクリックします。

 

calc

 

ちなみにこの方法は、Excelで先頭行以外の行を固定したい場合に使えます。

(Excelの場合は、「表示→ウィンドウ枠の固定→ウィンドウ枠の固定」の順にクリック)

 

 

その2 列の非表示・再表示
「見出しB」の列を非表示にする場合は、列番号の上をクリックして列を選択後、列番号の上で右クリックし、「表示しない」を選択すればOK。

 

calc

 

隠れている「見出しB」の列を再表示させる場合は、非表示になっている左右の列を、列番号の上をクリックして選択後、列番号の上で右クリックし、「表示する」を選択します。

 

calc

 

注意していただきたいのは、右クリックを列番号の上で行うこと。

見出しBの列の場合、列番号は「B」ですので、「B」の上でクリックします。

 

calc


なぜなら、列番号の上以外の場所で右クリックすると、違うメニューが出現するからです。

 

calc

 

ちなみに、非表示・再表示と言葉は違いますが、Excelも同じ操作で同じ事ができます。
右クリックの場所は、列番号の上でなくても、選択している場所ならどこでも大丈夫です。

 

慣れていることもあって、普段はExcelを使っちゃうな。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン



先日リリースされた、Windows Updateの更新プログラムの中で、インストールが完了し、プログラムが適用されているにもかかわらず、何度も適用するよう通知してくるプログラムがあります。

Windows Updateの更新プログラム

途中からは無視していたのですが、なんでこんなに何回も通知が来るのかと思って調べたら、どうやらバグだったようです。
マイクロソフトのセキュリティチームのブログに、情報が掲載されていました。


私の場合は、KB2760411・KB2760583・KB2760588の3つが引っかかってます。

Windows Updateの更新プログラム

たぶん近いうちに修正が入り、問題は解消するでしょう。
だけど、何度も「インストールしろ、しろ」と出現するのがうっとうしい方は、出現しないようにすることができますよ。

出現しないようにしたい更新プログラムの上で右クリックすると、「更新プログラムの非表示」というメニューが出てきます。これをクリックすればOK。

更新プログラムの非表示

逆に非表示にしたプログラムを再表示させたい時は、再表示させたい更新プログラムの上で右クリックすると表示される「更新プログラムの再表示」をクリックすればOKです。

更新プログラムの再表示




「オプション」内に表示される不要なプログラムを非表示にしたい時も、便利に使えます。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン



Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM