Windows Updateのバグ



先日リリースされた、Windows Updateの更新プログラムの中で、インストールが完了し、プログラムが適用されているにもかかわらず、何度も適用するよう通知してくるプログラムがあります。

Windows Updateの更新プログラム

途中からは無視していたのですが、なんでこんなに何回も通知が来るのかと思って調べたら、どうやらバグだったようです。
マイクロソフトのセキュリティチームのブログに、情報が掲載されていました。


私の場合は、KB2760411・KB2760583・KB2760588の3つが引っかかってます。

Windows Updateの更新プログラム

たぶん近いうちに修正が入り、問題は解消するでしょう。
だけど、何度も「インストールしろ、しろ」と出現するのがうっとうしい方は、出現しないようにすることができますよ。

出現しないようにしたい更新プログラムの上で右クリックすると、「更新プログラムの非表示」というメニューが出てきます。これをクリックすればOK。

更新プログラムの非表示

逆に非表示にしたプログラムを再表示させたい時は、再表示させたい更新プログラムの上で右クリックすると表示される「更新プログラムの再表示」をクリックすればOKです。

更新プログラムの再表示




「オプション」内に表示される不要なプログラムを非表示にしたい時も、便利に使えます。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン


ええ仕事しまっせ(アプリケーション編) | comments(0) | trackbacks(0)

【備忘録・calc】セル内改行と、列タイトル表示方法



時々ですが、OpenOfficeを使うことがあります。

OpenOffice
http://www.openoffice.org/ja/


OpenOfficeというのは、表計算や文書作成などができるソフトウェアのセットです。マイクロソフト社の「Office」と同類のソフトですが、OpenOfficeは無料。
無料とはいえ完成度は非常に高く、有志による開発がずっと続いています。最近では、企業や自治体での採用も少しずつ増えているとのこと。

ただ、日本全国津々浦々まで浸透しているのは、やはり「Office」。エクセルやワードで作成された文書が読めなければ、特に企業では使い物になりませんが、OpenOfficeはその点も大丈夫。
もちろん100%完璧ではありませんが、エクセルやワードとの互換性もあり、特殊な仕掛けなどがなければ、まず問題なくOpenOfficeでも読み込めます。

私が特に使う機会が多いのが、Officeの表計算ソフト「エクセル」にあたるソフト「calc」。
見た目も操作性もエクセルによく似てはいるのですが、もちろん違いが多々あります。エクセルではできるけど、calcではできないこともあるようです。

で、私がcalcを使用し始めた頃に悩んだ操作方法を、備忘録代わりにメモしておきます。


その1 セル内改行
「あいうえおかきくけこ」の「お」と「か」の間で改行を入れて、8行目のような結果にしたい時。

Excel

エクセルの場合は、AltキーとEnterキーを同時に押しますが、calcは、ctrlキーとEnterキーを同時に押せばOK。


その2 列のタイトルを各ページに表示する
「ビーチサンダル」の行が次のページにまたがってしまう場合。

Excel

実際に印刷すると、1ページ目はこうなりますが、
Excel

2ページ目は、こんな感じになってしまいます。
Excel

わかりづらいので、2ページ目をこう印刷させたい時。
Excel

書式→印刷範囲→編集の順にクリック。

calc

「繰り返す行」の右端にあるマークをクリック。(図の上をクリックすると拡大表示されます)

calc

「印刷範囲の編集」ボックスが出現。(図の上をクリックすると拡大表示されます)
今回の場合は、1行目のいずれかのセルをクリックし、「$1」と自動で入力されたのを確認後、右端のマークをクリック。

calc

下図のようになっていれば、「OK」ボタンをクリック。(図の上をクリックすると拡大表示されます)

calc




知る人ぞ知る、「ルル亀!」。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン


ええ仕事しまっせ(アプリケーション編) | comments(0) | trackbacks(0)

サーバーを乗り換えました。



仕事用のホームページは、サーバーをレンタルして運用しております。
ここ数年利用していたサーバー会社は、ちょうど1年前に大騒動を巻き起こした、Fサーバさんでございます。

**過去記事**
>>サーバーを移転しないといけないだろうなあ

幸い私は被害を受けなかったのですが、移転しようかどうしようかと一時期悩みました。だけど根が無精な私、結局その後も継続して契約してました。
そして今年3月、「4月末で契約が切れるので、また延長して下さいねー」というお知らせが、Fサーバさんから届きました。

対応も使い勝手も悪くなかったですし、サーバーを移転するのは結構めんどくさいので、それまでは他のサーバー会社に浮気する気にはなれなかった。
でも今回は、ちょこちょこっと他のレンタルサーバー会社の情報を集めてみました。

コストパフォーマンスの良いレンタルサーバーって、こんなに増えてたんだ(゚д゚)!

おもしろくなって、さらにいろいろ検索していると、エックスサーバーさんをおすすめしている人が、結構多い。
「これはもしや、ステマか!」と思いつつ案内ページを読み込んでみると、確かにお得感があります。

一番廉価なX10プランでも、100GBの容量を借りられます。
作成できるメールアカウント数は無制限。WordPressなどのインストールも、もちろん可能。
このスペックで、1ヶ月1050円(12ヶ月契約の場合)って、すごいわ。今までよりもまだ安くなるし。



正直なところ、100GBも使いませんし、メールアドレスを無尽蔵に作成することもありませんが、あまりのコスパの良さに大いに興味をひかれた私、10日間のお試し期間があるとのことだったので、とりあえずX10プランに申し込んでみました。
説明文では、運用・管理画面がどんなものなのかがわからなかったので。

試した結果、特に問題ないと感じ、本契約に踏み切りました。
サーバーやドメインの移転も、何とか無事完了。

これは私だけの現象だったかもしれないのですが、Fサーバで運用していたメールを受信する際、エラーになることが時々あったのです。
サーバーを移転してからは、そんな現象は皆無です。

また、Fサーバさんがご用意下さっていたメールフォームは、設置が少々難しかったですし、設定を変更するたびに一手間必要でした。
だけどエックスサーバーさんが用意してくれているメールフォームは、初心者の方でも直感的に使えます。設定変更も、今までよりかなり楽です。

私にとっては必要十分な機能を持ち、価格的にもお手頃なレンタルサーバーに巡り会えました。
面倒がらずに探してみるもんですねえ。





==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン


ええ仕事しまっせ(アプリケーション編) | comments(0) | trackbacks(0)

WordPressに挑戦中

JUGEMテーマ:仕事のこと


今、WordPressに挑戦中です。

WordPressって、ものすごーくざっくり言うと、自分でブログを作ることができるシステムです。

今、この記事は、レンタルブログサービスを利用して書いてます。
レンタルブログサービスを提供している会社は、登録すればすぐにブログが始められるよう、あらかじめ準備してくれていますが、WordPressを利用すれば、その「準備」から自分ですることができます。

言い換えれば、レンタルブログサービス会社もWordPressのようなシステムを利用して、ブログシステムを構築し、利用者に提供しているということです。

WordPressについてわかりやすく書いて下さっているのが、以下のリンク。

>>初めてWordPressを使ってみようという人の為の予備知識

挑戦の理由は、「介護モール」というサイトの更新を、もっと簡単にしたいと思ったから。ブログ形式にすれば、追記も簡単だし。
手っ取り早くレンタルブログサービスを利用しようかとも思ったのですが、せっかくサーバーを借りて独自ドメインを取得して運営しているのに、それを活用しないともったいない。

そんなわけで、参考書を読み、ネットで有益な情報を拾いながら進めてますけど・・・

難しいわ(´・ω・`)

まず、参考書の最初に書いてあった「XAMPP」というソフトの導入ですっころび、泥沼に数日はまっちゃいました。
ようやくそこから這い上がり、細かい設定にあれこれ悩み、現在は今までに書いた記事をWordPressに移動させる作業を遂行中。

私のような初心者が、一から十までできるわけがありませんので、あらかじめテンプレートが用意されてはいます。
WordPress用のテンプレートを提供してくれるサイトも、たくさん存在します。

だけど、あくまでも「テンプレート」。
設定を変更したりしながら、自分好みのブログに変えていかなければなりません。

めんどくさくなってきてます。

まだ先は長そうですが、何とか完成にこぎ着けたいです。

頑張れるかなあ・・・。




頭かちかちになっちゃってるから、新しいことが覚えられない(;´Д`)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン
ええ仕事しまっせ(アプリケーション編) | comments(2) | trackbacks(0)

ウィルスソフトにダウンロードしたファイルを削除された



今日、お客様(A社)の依頼を受けて、あるソフトをホームページからダウンロードできるように準備して、A社様のユーザーであるB社様にメールでご連絡しました。

B社様にダウンロードしていただくソフトのファイル名は、「あいうえお(仮称).exe」。
A社様が作成されたオリジナルソフトで、使用するのは限られた業界の限られた職種の方々。

メールを送信して数時間後、B社様から連絡がありました。

Nortonのセキュリティに引っかかり削除されます。

Norton(ノートン)というのは、ウイルス駆除ソフトです。
そのセキュリティに引っかかって削除・・・だあ??

私はノートンを使ったことがないので、事情がさっぱりわかりません。そこで、「ノートン ダウンロード 削除」というキーワードでネット検索してみました。
すると、ノートンをインストールしているパソコンから、拡張子が「.exe」のファイルをダウンロードすると、そのファイルをノートンがウィルスとみなし、情け容赦なく削除してしまうという事例が多数発生しているということがわかりました。

さらに調べてみると、わかりやすくまとめて下さっているページを発見。

>>Norton AntiVirus(ノートンアンチウイルス)がダウンロード直後のファイルを削除してしまう場合の対処法は - すっきり!! デフラグのヘルプ

Norton AntiVirusには非常に強引な検知機能があり、「あまり多くの人が使っていないexeファイル」というだけで、本来無害なはずのexeファイルを危険と見なして、問答無用で削除してしまう機能があることが知られています。

(中略)

・Norton は、「危険度高」と判断すると、(それが誤判断かどうかなど関係なしに)問答無用でそのファイルを削除する。
・Nortonの判断基準の1つとして「あまり多くの人が使っていないexeファイル」は、危険度高と見なすことがある。

というもの。この結果、何が起きるのかというと、

・あまり多くの人が使っていないオンラインソフトは、ダウンロード直後に削除される恐れがある。
・開発者が製作した直後のexeファイル、自己解凍書庫、セットアップファイルは、作者の手元でしか使われていないのだから、作成直後に削除される恐れがある。(つまり、ビルドの度に削除される)
・開発者が保持している多数のexeファイルや、ダウンロードサイトが保持している多数のexeファイルを、まとめて削除されてしまう事例がある。
(本文より抜粋)

まさに今回のファイルは、「あまり多くの人が使っていないexeファイル」という条件に、ぴったしカンカンです。

B社様がお使いのバージョンは不明ですが、最新バージョンでもこんな仕様になっているのでしょうか?
いくら拡張子が「exe」になっているファイルに、ウイルスが仕込まれている場合が多いとはいえ、あまりにも強引すぎると思うんですが・・・。

せめて、削除してもよいかどうかの確認メッセージを出すなり、一時的な退避フォルダーに放り込んで、使用者に削除させるという風にできないのでしょうかね。

ファイルが削除された理由はわかりましたが、ちょっとびっくりした出来事でした。




余計なお世話は、ほどほどに願います。




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン


ええ仕事しまっせ(アプリケーション編) | comments(2) | trackbacks(0)

【備忘録】フォトショップエレメンツで図形の枠線を描く




フォトショップエレメンツ(Photoshop Elements)で意外と手こずるのが、図形の枠線だけを描く時。

図形を描くツールはあるんですけど、塗りつぶされた図形しか描けないから、

フォトショップエレメンツ

その後どうすればいいかがわからなかったのです。

こんな感じで、青い丸で囲いたいのに、

フォトショップエレメンツ

図形を描くツールで描くと、こうなっちゃう。

フォトショップエレメンツ

他にもいろいろと方法があるのかもしれませんが、私が発見した方法は、以下の通りです。
(以下の画面は、Photoshop Elements8です)

まず、「選択ツール」ボタンをクリックします。

フォトショップエレメンツ

「長方形選択ツール」もしくは「楕円形選択ツール」のどちらかが表示されているかと思います。
表示を切り替えたい場合は、ボタンの上で長押しすると上図のような画面になって、選択できるようになります。
今回は円を描きたいので、「楕円形選択ツール」を使います。

枠線を描きたい場所で、選択範囲を作成します。

フォトショップエレメンツ

「Alt」キーを押しながらドラッグすると、選択範囲の作成起点が中心となる選択範囲が作成できます。
上図の例なら、看板の中心部から「Alt」キーを押しながらドラッグをスタートさせれば、点滅している選択範囲が看板にかかるような形で作成できます。

選択範囲が作成できたら、「編集」→「選択範囲の境界線を描く」の順にクリックします。

フォトショップエレメンツ

境界線の幅と色を選択して、「OK」ボタンをクリック。

フォトショップエレメンツ

できあがり。

フォトショップエレメンツ

ちなみに、「Shift」キーを押しながらドラッグすると、正方形や正円で選択範囲が作成できます。






ちょっと邪道っぽいテクニックだから、マニュアル本なんかには載ってないんだよねえ。

Adobe Photoshop Elements 10 日本語版 乗換え・アップグレード版 Windows/Macintosh版

新品価格
¥8,820から
(2012/5/8 23:52時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン


ええ仕事しまっせ(アプリケーション編) | comments(0) | trackbacks(0)

【備忘録】ワードの表だけを削除する方法



ワードの表の中に文章や図が入っているが、文章や図だけ使いたい時。
つまり、表の中味は残して、表だけを削除したい時の作業方法です。

ワードの表だけを削除する

ワード2007での作業方法です。

表にマウスを当てると表示される、表の左上の移動ハンドル(□の中に上下左右の矢印が書かれている)をクリックして、表全体を選択します。

ワードの表だけを削除する

「レイアウト」→「表の解除」の順にクリックします。

ワードの表だけを削除する

「表の解除」設定画面が表示されます。

ワードの表だけを削除する

これは、「表を解除した後に、単語と単語の間に何を挿入しておきまひょか?」と聞いてきているのです。

上図の例は、「タブ」にチェックを入れてOKボタンを押した結果です。単語と単語の間に、タブ記号が挿入されていますね。

段落記号のところにチェックを入れると、改行マークが入ります。

ワードの表だけを削除する

ちなみにワード2003の場合は、表全体を選択した後、「罫線」→「変換」→「表の解除」の順にクリックすると、「表の解除」設定画面が現れます。




エクセルの内容をコピーしてワードに貼り付けた時なんかに、使えると思いますよ。

イライラ解消! ワード即効ワザ99(日経ビジネス人文庫)

新品価格
¥700から
(2012/3/1 23:38時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン


ええ仕事しまっせ(アプリケーション編) | comments(0) | trackbacks(0)

ワード文書印刷時、給紙トレイ設定が無視される場合の対処法



前記事に登場したプリンター、PIXUS MG5330。

MG5330

突然の出会いとなりましたが、特に嫌われることなく、毎日ゴキゲンに働いてくれています。
しかし先日、困った現象にぶち当たりました。

ワードで宛名ラベルを印刷しようとした時のことです。

MG5330は、カセットと後トレイの2箇所に用紙をセットできるようになっています。
A4などの一般的なサイズの普通紙は、カセットにセットします。ハガキや封筒など、特殊な用紙に印刷する場合に、後トレイを使用します。

宛名ラベルは、A4サイズとはいえシール用紙ですので、カセットにセットしない方が無難です。
ですから、後トレイに宛名ラベルをセット、プリンターのプロパティ画面で、給紙方法を「後トレイ」に変更して印刷しました。

プリンタ給紙方法

しかし、何度トライしても、後トレイにセットした宛名ラベルは、ぴくりとも動かず、カセットにセットしてある普通のA4用紙に印刷されてしまうのです。
ためしに、カセットに何も用紙をセットしない状態で印刷してみると、「用紙がないぞ、早う入れんかい」とプリンターが怒り出します。

なんでやねん。

不思議に思ってネット検索してみると、同じ事で困っている方が情報を提供して下さってました。

>>Wordで印刷するとき、トレイを選択できない不都合: 時間の無駄遣い

ふつう、印刷する場合、プリンタのプロパティなどでいろいろと設定をするのだが、Word2003や2007に関しては、「ページ設定」で指定した印刷設定が、印刷する際のプリンタの設定より優先されて処理されるようだ。

早速試してみましたら、どんぴしゃり。ちゃんと後トレイから印刷することができました。
やれ、ありがたや。

これまで使っていたインクジェットプリンターは、どれも用紙トレイが1つしかないタイプのものばかりでしたので、問題解決まで結構時間がかかってしまいました。

ワードって、こんなけったいな形で自分の存在をアピールして、愛しのユーザー様を困らせているのね。困ったやつだわ。




だけど、ワープロソフト側で用紙トレイを設定する意味、あるのかしらん?

カラー図解 DTP&印刷スーパーしくみ事典 2011年度版

新品価格
¥3,570から
(2011/10/20 23:30時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン


ええ仕事しまっせ(アプリケーション編) | comments(0) | trackbacks(0)

手を抜く手間は惜しまない。



前回の記事の続き。

エクセルの1行に、設問項目が40項目ほどある用紙1枚分のデータを入力するということは、シートがどんどんどんどん横スクロールされていくということです。

ほら、タイプライターで字をタイプして、紙の端まで来たら手動で元の位置に戻しますよね。
エクセルだと、あれと同じイメージのことを、1000回繰り返さなければいけないのです。

イライラするので、データベースソフト「アクセス」を利用して入力することにしました。
アクセスを使って入力したデータは、エクセルのデータとして変換することができるからです。

データをため込む箇所を、アクセスでは「テーブル」と言います。
テーブルにデータを入力していくわけですが、今回は数字入力がほとんど。そこで、テーブルにあらかじめ初期値をセットしておくことにしました。

たとえば、全項目にあらかじめ「3」という数字を設定しておけば、アンケート用紙の「3」に丸が付いている項目には、手動での入力が不要となります。
たまに出て来る、アンケート項目すべてに「3」と回答している、不届きな用紙に関しては、入力する必要がなくなるわけです。

さて、1枚あたり40項目あるアンケート用紙が1000枚あると、チェックが大変です。
入力したデータとアンケート用紙を付き合わせてチェックするのが本来の方法ですが、絶対に見落としが出ます。何よりも、チェック完了までに、かなりの時間がかかります。

そこで実施したのが、比較チェック。
同じ入力を2回実施し、エクセルファイルを2つ作ります。その2つのファイルを比較して、値が一致しない箇所を洗い出して修正する。
トータルで2000枚の入力になりますが、こちらのチェック方法の方が早くて確実です。

しかし、2つのエクセルファイルの中味まで比較できるソフトは、なかなかありません。探し回りました。
同じ事で悩んでいる人が、必ずいるはずだと思いましたからね。

そして、とうとう見つけたのが、WinMerge

WinMerge

まず、ダウンロード。
プログラム本体とともに、「プラグイン【Excelからテキストへの変換プラグイン】」ファイル(圧縮ファイルです)もダウンロードしておきます。

そして、まずプログラムをインストールします。
インストールしたらプログラムを起動し、メニューバーの「プラグイン」をクリック、中段にある「自動展開」にチェックが入っているかどうか確認します。

WinMerge

「手動展開」になっている場合は、「自動展開」に変更して、プログラムを終了します。

次に、「Excelからテキストへの変換プラグイン」ファイルを解凍します。その中にReadmeファイルがありますので、その指示通りに「ExcelToText.sct」をMergePluginsフォルダにコピーします。

下図は、Window7(64ビット版)の画面コピーです。

WinMerge

完了したら、WinMergeを再度起動します。

比較する2つのエクセルファイルをメニューバーから開くか、2つのファイルをグレーの作業エリアに、ドラッグ&ドロップします。

すると、こうなります。

WinMerge

2つのファイルの差異が示されていますね。

エクセル側で修正して保存し、WinMerge上の表示を更新させると、情報が更新されます。差異がなくなると、赤いライン表示が消えます。

このようにして、アクセスとエクセルとWinMergeを駆使して作業、無事納品することができました。
お客様は、私が納品したエクセルファイルを使って、資料を無事作成することができたようです。




WinMergeはフリーソフトです。作者に感謝。

走ろうぜ、マージ

新品価格
¥1,575から
(2011/4/29 22:48時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ


ええ仕事しまっせ(アプリケーション編) | comments(3) | trackbacks(0)

PDFファイルを画像化して、再度PDFファイルにする【後編】



【前編はこちらから】

まず、お客さんから届いた2ページ見開きのPDFカタログをPDF-XChange Viewerで開き、「ファイル」→「エクスポート」の順にクリックして、JPEGに変換します。

JPEGに変換したファイルを、Photoshop Elementsで開き、トリミング加工で1ページにして、再びPDF化。
この作業を繰り返して、カタログのページ数分のPDFファイルが完成。

ちなみにPDF化には、Bullzip PDF Printerっていうのを使っています。

FREE PDF Printer

これも海外製のフリーソフトですが、日本語に対応してます。インストール時に「日本語」を指定すればOKです。

あとは、PDFファイルを結合して、1つのPDFファイルにするだけ。

普段はWindows7のデスクトップパソコンで作業しているのですが、XPのデスクトップパソコンもまだ残しています。
非常用という意味もあるのですが、「XPまでしかインストールできないけど、今でも結構使えるソフト」があるんですよね。

そのうちのひとつが、「Adobe Acrobat」。
ずいぶん前に手に入れたものなので、セブンのパソコンにはインストールができない。

今回のPDFファイルの結合作業は、XPパソコンにインストールしているAdobe Acrobatで行い、無事納品が完了。
だけど、XPパソコンがクラッシュする日は、いつか必ずやってきます。そうなると「Adobe Acrobat」は使用できなくなります。

新しいバージョン買えよ、という話なんですけど、アドビのソフトって高いんだもん(`ヘ´) プンプン。

とりあえずは、PDFファイルの結合や分割ができるソフトがあれば、鬼に金棒、小野に鉄棒です。
今後のことを考えて、セブンの64ビット版パソコンでも使えるソフトはないかと探していたのですが、また驚愕サイトを発見してしまった。

Merge PDF and split PDF online. Free merge PDF or split PDF

Merge PDF filesでは、複数のPDFファイルを1つにでき、Split PDFでは、1つのPDFファイルを複数ページに分割することができるのです。
もちろん、無料で利用できます。

英語サイトなのですが、「Select PDF Files」というボタンを押して、処理したいPDFファイルを選択するだけですので、びびることはありません。
完成したPDFファイルは、15分以内にダウンロードして下さいね。

ためしにマージしてみましたが、問題なく動作しました。日本語が文字化けするということもありませんでした。
「8MBまでのファイル」という制限はあるようですが、これは使えます。

いやもうとにかく、今時のフリーソフトや便利なサイトはあなどれませんわ。




PDFファイルは、かつてはアドビのソフトでしか閲覧も加工もできなかったのにね。

PDF超活用バイブル (日経BPパソコンベストムック)

新品価格
¥880から
(2011/3/4 23:32時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ


ええ仕事しまっせ(アプリケーション編) | comments(0) | trackbacks(0)