スクーター

 

 

3月に入ってすぐ、見知らぬ番号から電話が掛かってきました。
誰だろうと思いつつ出てみると、原付バイクの自賠責保険の手続きをお願いしている、バイク屋さんでした。

 

「もうすぐ自賠責保険が切れますんで、連絡させてもらいました」

 

自動車同様、原付バイクも自賠責保険への加入が必須です。

保険の満期日は、今月23日。満期日目前なのに、なぜ手続きを済ませていないのか。

 

それは、来月4月1日から、保険料が下がるから。

 

 

自賠責保険の保険料

▲2020年3月31日までの保険料
転載元:自賠責保険の保険料例 | 【公式】損保ジャパン日本興亜
 

 

自賠責保険の保険料

▲2020年4月1日からの保険料
転載元:自賠責保険の保険料例 | 【公式】損保ジャパン日本興亜
 

※沖縄県、離島などの一部地域は、上記料金と異なります。

 

その一方で、24日から数日間、バイクに乗れなくなるため、利便性を取るか、安値を取るかで、迷いもありました。

結局、それほど頻繁にバイクに乗る訳でもないので、安値を選択した訳です。

 

「4月に入ったら、すぐ伺います」
「ああ、そうですか。じゃあ、お待ちしてますね」

 

生まれて初めて、バイク屋さんから「勧誘電話」を頂いた、という話でした。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

ウイルスに勝つ細胞

 

 

私が通うスポーツクラブも、昨今の大騒ぎの影響で、大幅に規模を縮小して営業中。


スタジオ・プールとも、レッスン授業は中止。

マシンジムは、利用できるエリアを限定。

子供向けの水泳教室も中止。

入場時に、手指へのアルコール除菌が必須。

 

私たち夫婦は、ここ数ヶ月は、ずっとプールだけ利用していたのですが、アクアビクスなどのレッスン中止以降は、利用者がぐっと減りました。
スタジオも同様なようで、特に、おばちゃん利用者が減ったみたい。

 

当然、お風呂もロッカールームも、ガラガラです。

 

先日のこと。
入浴後、ロッカールームに戻ってくると、着替え中のおばあちゃんと、お掃除してくれるおばちゃんとが、賑やかにおしゃべり中。


私が着替え始めてからも、しばらく続いた彼女たちの世間話は、着替え中のおばあちゃんの力強い一言で、キリリと締めくくられました。

 

「(コロナウィルスは)まだ治療法がないんやろ? それやったら、己(おのれ)が何とかせな、しゃあない。それであかんかったら、潔う、逝ってやるわ!」

 

特にテレビのワイドショー番組は、様々な情報を、ただ無防備に、ただ無責任に、正義感という名で垂れ流す。

SNSなどでは、一部の心ない人たちが、デマを拡散する。

真偽の判断に迷いながら、多すぎる情報の渦の中で右往左往する、善良な人々。

 

これって、東日本大震災の時の混乱と、何も変わらない。

同じ過ちを、何度繰り返せばいいのだろう。

 

今、この瞬間にも、検査キットや薬の開発に、効果的な治療法解明に、感染拡大防止に、それぞれの立場で必死に取り組んでくれている人たちが、たくさんいるはず。


何らかの目処が立つまでは、私たちは、待つしかない。

それぞれが気をつけて、冷静に対処するしかない。


己(おのれ)を強く保つしかない。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

ラジオ体操

 

 

 

去年の12月だったか、テレビの番組表でたまたま見つけた「テレビ体操」

月曜から金曜日の9時55分と14時55分に、NHKで放送されています。


>>テレビ体操 - NHK

番組発見当日、画面の中のおねえさんと一緒に、テレビの前で体操してみたのです。
そうしたら、結構気持ちよくて。

 

それほど難しい動きはないですし、時間によって内容も変わります。
放送時間は5分だけなので、あっという間に終わります。

 

何だか面白くなって、在宅している時は、テレビの視聴予約を利用してチャンネルを合わせ、体操するようになりました。
臨時ニュースが入ったり、別番組の都合で時間がずれ込んだりすると、あっさり放送休止になるので、がっかりすることもあるのですが、楽しんでいました。

 

年が明けて、1月。
国会中継が始まった影響で、テレビ体操の放送休止期間が、長く続きました。

 

「テレビ体操」では、「みんなの体操」という、番組オリジナルの体操をしているのですが、曜日によってはラジオ体操をする日がある。
ラジオ体操も久々だったのですが、本気ですると、結構な負荷が掛かります。

 

テレビ体操ができないなら、ラジオ体操をしたいなあ。
探してみたら、日に数回、NHKラジオで毎日放送されていることを発見。

 

>>ラジオ体操 - NHK
 

個人的に、「ラジオ体操=夏休み」というイメージを持っていたので、毎日放送されていることに、ちょっとビックリしました。

 

そこで、NHKラジオを視聴できるスマホアプリ「らじるらじる」を利用することに。
最初は「ラジコ(radiko)」をインストールしたのですが、ラジコでは、NHKラジオ第2を聞くことができないんですよねえ。

 

らじるらじるの設定で、15時から放送されるラジオ体操を予約し、時間になると自動再生されるように設定。

 

らじるらじる予約設定

 

らじるらじる予約設定

 

こうして、平日のみですが、日に1度、10分間のラジオ体操生活を続けています。
子供の頃は感じたことがなかったのですが、体操していると、心拍数が上がり、体が温かくなります。

 

ちょっと困るのが、ラジオの自動再生がスタートしない時があること。
情報を探してみたのですが、理由がわからない。Wi-Fi環境ですし、通信環境が悪いとは思えないのですが・・・。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

スマホを触るねこ

 

 

以前、ちゃおちゅーるのネコ動画をご紹介したのですが。

 

>>ああ、かわいい。 | ひーのためごと★restart
 

先日の「猫の日」に、新作がリリースされてました。

 


さらに、私が熱望していた「Wanちゅ〜る」バージョンもリリース!

 


今回も、メーカーの戦略に、自らはまりに行きました。
だって、かわいいもん♪

 

あれやこれやで、殺気立っている昨今。

3分+3分で計6分、「かわいい」を堪能し、ちょっと心を休めて頂ければ。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:youtube 動画紹介

 

腹巻きネコ

 

 

先日書いた「腹巻き買ったんですけど。」の後日談です。

 

>>腹巻き買ったんですけど。 | ひーのためごと★restart
 

あれから、近所のスーパーとかでも探したのですが、男性用の腹巻きって、意外と見つからない。
結局、ネットで購入したのが、これ。

 

 

到着後、すぐに試してもらいましたが、今度はよれて小さくなることもなく、朝まで無事に腹巻きとしての役目を果たしてくれました。

 

購入から10日以上経過した現在は、すっかり習慣化し、寝る前に自分からせっせと腹巻きを着用するようになりました。
たぶん、調子がいいんでしょう。今まで寝冷えしていた証拠です。

 

これで、風邪を引く回数が減ってくれれば、大助かりなのですが。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

相談室

 

 

週に2〜3度掲載される、毎日新聞の「人生相談」欄を読むのが、密かな楽しみです。

心に引っかかった回答を、写真に撮って保存するのが、私の趣味のひとつ。

 

人生相談回答コレクションの中で、撮影回数が最も多い回答者は、高橋源一郎さん。ダントツです。

 

会ったこともない相談者が言わんとしていることを的確に把握し、限られた文字数で、わかりやすい文章で、自分なりの回答を書くというのは、すごく難しいことだと思います。

それなのに、ご自分の経験を踏まえ、時に回答に悩んだり、時に厳しく突き放したりと、他の回答者には見られない、独自の目線で相談に答えられています。その内容は、もはや作品です。アートです。


気付かされることも多いし、背中を優しく押してもらったような感じがして、涙が出そうになったこともあります。

 

人生相談

 

人生相談

 

人生相談

 

先日、高橋さんの回答を集めた本が出版されました。

 

 

私の知らない「名作」が、もしかしたら、含まれているかもしれません。
読んでみるつもりです。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

明日もあるさパンダ

 

 

昨日、フジテレビ系の「ノンストップ」という番組に、岡村孝子さんが出演。

 

昨年4月に白血病が発覚、無期限休養に入られた孝子さん。

突然の発表だったので、本当にビックリしました。

 

>>NO RAIN, NO RAINBOW〜孝子さんへ〜 | ひーのためごと★restart
 

9月に退院後も、ずっと治療・療養生活を送られています。

インタビューでは、白血病発覚から闘病生活、そして現況について語られたのですが、そのインタビュー動画が、YouTubeチャンネル「フジテレビュー!」にアップされました。

 


闘病生活の緊迫感をそれほど出さず、力を入れず、自分の闘病生活を客観視しているような感じの話し方。
だからこそ、実際は、本当につらかったんだろうなって想像しています。

 

彼女はどんな時でも、どんな話をしても、終始「ふわっ」とした感じなので、テレビ局的には物足りなかったかもしれない。
でも、孝子さんらしいインタビューだなあと思いました。

 

完治を目指し、焦らず、今まで通りマイペースでお過ごし下さい。
そしてまた、いつの日か、ファンの前で歌声を聞かせて欲しい。

 

白血病と闘っている患者さんへ、勇気を届ける動画だと思います。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

いだてん

 

 

母が亡くなって以降、結婚するまでは、ほぼ未視聴だった、NHKの大河ドラマ。
ダンナの実家は、基本的に大河ドラマを毎週視聴、年に2〜3冊発行される公式本まで購入しているような家庭でしたので、結婚後は否応なしに視聴することに。

 

「否応なし」と書きましたが、全てに手を抜かず、豪華で見応えがあるので、今では楽しんで見ています。


昨年の「いだてん」も、全話視聴しました。

視聴率的には散々な結果だったらしいですけど、楽しい作品でした。

 

 

大河ドラマと言えば、歴史上の著名な人物が取り上げられ、彼らが生きた時代に起こった歴史的な出来事も、世間に広く知られていることが多いです。
だから、細かい設定はともかく、大きな時代の流れや事件のあらましを、視聴者はあらかじめ理解し、史実と創作を切り分けて楽しんでいる。

 

翻って、「いだてん」の登場人物は、今まで脚光を浴びたことのなかった人がほとんど。

前半の主人公である四三さんと、後半の主人公であるまーちゃんに至っては、主人公にもかかわらず、世間的には全く知られていない人たち。

 

また「いだてん」は、近代オリンピックの歴史や、日本へのオリンピック誘致のエピソードなど、これまで大きく取り上げられたことがなかった史実に、創作がふんだんに混ざるので、史実と創作の境界線が曖昧。

 

史実を元にした歴史物なのに、大河ドラマ好きが求める「歴史物」とは、明らかに異質。

 

落語は出てくるし、時代を頻繁に行き来するし、ドラマの展開も早い。
話が進むにつれ、このドラマに落語が必要な理由がわかってくるのですが、最初はよくわからず、私も付いていくのが大変でした。

現に、「よくわからない」という理由で、義両親は早々にドロップアウトし、「ポツンと一軒家」に流れました。

 

出演者のはっちゃけ具合も、大河ドラマらしくないテンション。
主人公のふたりは、揃いも揃って、せわしないし、やかましいし(笑)。

 

大河らしくない大河だったと思いますが、私は面白いドラマだったなあと思いました。
でも、なぜそう思ったのか、自分でも理由がわかっていなかったのですが、

 

>>『いだてん』最高じゃんねぇ! 最後まで見続けた人が勝ち組である5つの理由−rockinon.com
 

上記リンク先のブログ内に書かれている下記一文が、私の気持ちにジャストミート。

 

『いだてん』の制作スタッフは、リオ五輪前から5年もの歳月をかけて、気が遠くなるほどの膨大な資料を集めて読み解き、史実を繋ぎ合わせながら物語を作っていったらしい。


(中略)


意外と知らないことが多い近代史だが、『いだてん』は私たちに「ついこの間までこんなに面白い人がいた」という事実を教えてくれた。

 

数百年前の「歴史上の人物」に接したことのある人なんて、もう存在しません。

古くからの言い伝えだって、長い年月のうちに変化することもあるだろうし、想像の域を出ない事も、たくさんある。
仮定に基づいて多くの調査を重ねても、残された書物などを読み解いても、専門家によって解釈が違う。

 

そこが歴史のロマンなのですが、何かちょっと、もどかしさを感じるのです。

 

「いだてん」本篇の最後に流れていた、ドラマにゆかりのある人や場所、エピソードを紹介する「いだてん紀行」。

これの何が面白いって、登場人物たちと実際に接したことがある人たちが登場し、お話を聞かせて下さること。

当時の写真や書籍、フィルムも残されていて、主人公たちが実際に口にしていた言葉が、登場人物のセリフに反映されることもありました。

 

四三さんと、まーちゃんは、確かに実在の人物で、本当に生涯走り続けていたんだ。

 

この確かなリアリティーが、私には楽しかったんだなあって、やっと腑に落ちました。

 

放映中には、お祓いした方がいいんじゃないかとも思える出来事が様々あって、番組に携わった方々は、本当に大変だったと思います。
さらに、視聴率の面でも、散々に言われて、ねえ。

 

「いだてん」は、これまでの王道な大河ドラマの流れに一石を投じた、歴史的な作品だったのではないかなと思います。

あまりに斬新な作品だと、最初は敬遠されたり、何かと批判が集まるものです。
今後も、周囲が何を言おうとも、チャレンジし続け、良質な作品を生み続ける大河ドラマであって欲しい。

 

作品が純粋に評価され、テレビの視聴率など重要視されない時代が、すぐそばまで来ていると思うから。

 

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

落ち込む

 

 

 

先日、Twitterで、こんなつぶやきが話題になっていました。

 

 

 

 

最初に読んだ時、Twitterでよく見かける、偽造ネタかと思いましたよ。

でもこのツイートには、周囲の大人が慌てふためいている様子を綴った、信憑性の高いコメントが、複数連なっています。

 

自分が学費を出す訳ではないのに、出資者である親に、最重要事項を伝えない。
何よりも、120万という金額がいかに高額であるか、どんな思いで親がお金を捻出しているかを理解しようとしていない高校生が存在する。

 

その現実にあまりにビックリしたので、ダンナにこのツイートを読んで聞かせました。
彼も少し呆れつつも、私に問いかけてきました。

 

「もしこれが、自分の子供やったら、どうする?」
「うーん、とりあえず、子供に怒り倒す。それから、金策に走るかな」
「俺やったら、入学金は出さへん」
「えっ? 合格、取り消されるやん」
「ええやん。それで、その大学の2次試験を受けてもらう。だって、1回その大学に合格したんやろ? 勉強してたんやから、2次試験にも合格できるはずやん。受験料くらい、どうってことないわ」


合格を取り消された学校の再受験の可否はさておき、うちのダンナの性格なら、本当にやりかねないし、最終的に私も賛同しそうな気がする。

だって、それくらいキツい嫌味を言われても仕方のない、大きなミスだもの。

 

我が家には子供がいませんので、「合格した学校へ、なんとしてでも入学させてやりたい」という、親という立場になってみないとわからない類いの、我が子への深い愛情を完全に理解することはできません。

だから、ダンナの意見は厳しすぎるかもしれないし、部外者の目線であることは確か。

 

でも、こんな大事なことを親にいち早く伝えないこと自体、そもそも人生を甘く見ている証拠。

「誰のための大学入試か」ということすら、子供が自覚していないということでもある。


どんな形であれ、「自分のミスの大きさが、どれほど大きなものか」という反省と自覚を、子供に持ってもらわないと。

 

人生には、「忘れてました、うっかりしてました」という言い訳が通じない瞬間が、確実にあるのだから。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

5周年

 

 

先日、古くからの友達(女性)が、我が家に遊びに来てくれました。

 

同じ高校卒で、現在東京住まいの彼女とは、約4年ぶりの再会。
私が結婚した年に、やはり我が家に遊びに来てくれて以来です。
当時、ダンナと彼女は初対面。でも同じ高校卒なので、共有できる話題も多く、3人で賑やかに語り合ったものです。

 

リビングで、私のダンナと久々の挨拶を交わした後、すぐに彼女が私に言ったこと。

 

「前に会った時は、(私たち夫婦の雰囲気が)なんか遠慮がちな感じがしたけど、今日は自然な感じがするわ」

 

今日、結婚5周年を迎えました。
5年の月日が、私たちを「夫婦」にしてくれたのでしょうかね。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと


Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM