半世紀以上前の話。

父はかつて、国鉄(現在のJR)駅前の運送会社に勤務していました。
独身の頃、姉夫婦の家に同居していた時代があったそうです。場所は国鉄の駅前。職場からすぐの場所でした。

昔も列車へ飛び込む人は時々いて、今ほど賑やかではなかったため、駅前に住んでいると「誰かが飛び込んだ」というのが、よくわかったそうです。想像がつきませんが、かなり異様な音だったんでしょう。

そんな時、父はすぐその現場に行く。家にいても、すぐ職場に駆けつける。
何をするためかといえば、本人曰く、

「警察と一緒に、遺体のかけらを集めるんや」

現場検証に時間がかかると、電車は止まり、車も動かせず、仕事にならない。
現場検証を早く終わらせるために、集めるんだと。どんな小さなかけらも、残らず集めるんだと。

初めて聞いた時は「嘘やー」と言ったのですが、父は「ほんまや」と言い切ってました。
その後も、折に触れ、何度も何度も聞かされました。

「ほんまに人間が、バラバラになるんやぞ。(列車への)飛び込みは、ほんまにえげつない。あれだけは絶対、したらあかん。迷惑や」

冒頭のニュースには、心底身震いしました。想像するだけでも恐ろしいです。

現場の4人は、間違いなく、猛烈なトラウマを抱えるはずです。
売店にお勤めだった方は、働けなくなるかもしれません。

飛び込み自殺のニュースを見聞きするたびに、父の話を思い出します。
「えげつない」という、父の声を思い出します。




思えば父は、若い頃から死を身近に感じていたのかもしれないな。

自殺死体の叫び (角川文庫)

新品価格
¥500から
(2011/7/14 23:19時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン



  • 2020.07.22 Wednesday
  • -
  • 23:27
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM