JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


先週末、大阪で開催された岡村孝子さんのコンサートに行ってきました。
彼女のコンサートに足を運ぶのは、何年ぶりのことだったろう。

チケット

最近の孝子さんは、ソロ・あみんの両方のコンサート活動をされてます。
コンサート会場も、昔は大都市圏での大きなホール中心だったのですが、最近は地方都市もあちこち回られてます。お子さんの子育てがちょっと一段落した、という理由もあるのでしょうね。

その地方会場が、我が家からはビミョーに遠い。

そして、年に数回開催の、大都市圏でのコンサート。
大阪ではここ数年、なんばのライブハウスでの開催だったのです。

今までライブハウスという場所に行ったことのない私。
入場料以外に、ワンドリンクを注文しないといけない、というのが、なんか不安でして・・・。私、お酒飲めないし。
今回の会場が、ひとりでも躊躇なく出入りできる会館だったことが、チケットをゲットしようと思った大きな理由です。

会場は、オリックス劇場。昔の大阪厚生年金会館です。この会館に最後に足を運んだのは、もう覚えていないくらい遙か昔です。
さらに、地下鉄四つ橋線の四ツ橋駅で下車するのも、本当に久しぶりでした。

地上に出てびっくりしたのが、日本総合研究所(日本総研)のビルが、きれいさっぱりなくなってしまっていたこと。

私が20代の頃に勤務していたシステム会社が、日本総研(当時は日本情報サービスという社名で、私たちはジェイスと呼んでました)の仕事をたくさん請け負っていました。
今から四半世紀も前のこと、中小企業にFAXが普及し始めた頃です。今では当たり前のLANとかネットワークなど皆無ですから、ジェイスさんの仕事を進めるためには、ジェイスさんに設置してある端末を使わせてもらう必要があったのです。

そんなわけで、よく出入りしていた懐かしいビルだったのですが、会社は移転して、ビルは解体しちゃったのかー。
うわあああ、びっくりだなあ〜と思いつつ上向いて歩いてたら、人にぶつかりそうになりました。

その後も、オリックス劇場までの道すがら、きょろきょろきょろきょろ。
コンビニができて、食事ができる店が増えて、マンションができて、ダイワロイネットホテルまでできてる!

劇場内も、エスカレータはありませんが、落ち着いた内装になっていました。トイレもきれいでした。
オーナーが変更になった時に、かなり手を入れたんだろうなあ。

座席は2階の最前列。ステージに向かってやや右よりでしたが、ほぼ真正面で孝子様を拝める位置でした。
でも、オペラグラスを持って行っとけば、もっとはっきり見えたのにな。

コンサートは、とても盛況でした。
座って静かに聴く時間から、賑やかに体をほぐす時間(あの孝子さんが、軽やかにステップを踏むんです)からエンディング、そしてアンコールへ。
新しいアルバムからの曲が中心でしたが、若い頃の曲も歌ってくれました。私としては、久々にライブで「電車」が聴けたのがうれしかった。

孝子さんにあれこれ話しかけるお客さんも、健在でした。

「今日のコンサートが一番よかったー!」
「じゃあ、今までのコンサートは何だったの・・・」

絶句する孝子さんの様子に、みんな大爆笑。

でもねー、やっぱりみんな等しく年を重ねているなあと、今回しみじみ思いました。

孝子さんも既に50代突入。
驚いたのが、はっきりとした2部構成のコンサートになっていたこと。それまでも2部構成だったのですが、孝子さんが一旦舞台から消え、衣装チェンジをしている間、バックバンドの演奏で数分間つないでいたのです。
途中で休憩時間が入るなんて、若い頃にはまずなかった。

飲み物を口にされる回数も多くなりました。
着用衣装も2着だけ。1部と2部の休憩の時に着替えられただけです。以前は、3〜4回の衣装チェンジがあったし、アンコールでも着替えてたのになー。

数曲連続で歌うことも減り、トークの時間が長くなったのも印象的でした。
その分、ステージと客席の距離が近くなるような工夫がされ、その最たる演出が、ファンの人たちからのメール紹介。

コンサート開始・終了時刻も、ほぼ定刻通り。
アンコールが何度も繰り返され、ファンからのプレゼントを、孝子さんが全てステージから受け取っていた時代があったことが、夢のようです。

客席の年齢層も、ぱっと見る限り、ほとんどが40代後半以上。
2階席から見下ろすと、白髪・バーコード・薄毛・見えないバーコード・カラーリング・白髪・バーコード・カラーリング・白髪・バーコード・見えないバーコード・薄毛・カラーリングといった頭が、ずらーっと並んでます。

そういう私も、髪の毛に腰がなくなり、髪の量も減り、頭上から見るとすっかり薄毛さんです。
孝子さんと一緒に年を重ねてきたファンの、今の姿です。

でも、演者も観客も、みんな変わらず元気。
歌を口ずさむ人あり、孝子さんに気付いてもらいたくて手を振り続ける人あり、賑やかな曲で飛び跳ねる人あり。

コンサート会場に流れる雰囲気や空気感は、昔も今も変わりません。
バックバンドメンバーも、一度大きくメンバーチェンジしましたが、それ以降は固定で、長年ずーっと変わっていません。

みんな平等に時間は流れて、変わってしまった景色もあるけれど、変わらないものもある。変わりようのないものもある。

なんだかそんなことを感じた、孝子さんのコンサートでした。




「電車」って、若い頃は暗くて嫌いだったけど、今聴くと涙出そうになる、大好きな曲です。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン


  • 2020.07.22 Wednesday
  • -
  • 23:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM