急に春めいてきて、桜がぽろぽろと咲き始めた頃、スポーツクラブのプール脇にある採暖室(ちょっと温度が低めのサウナルーム)にて。

顔見知りと思われる、60代くらいのおっちゃんとおばちゃんがおしゃべりしてました。
といっても、メインでしゃべっているのは、おばちゃんですが。

「ぬくくなってきて、どこへ行っても、高齢者だらけやわ」
「うん、うん」
「ほんまに、年寄りの佃煮みたいやわ」

おばちゃんが繰り出した「年寄りの佃煮」という表現がおもしろくて、つい笑ってしまったのですが、その笑い声におばちゃんは敏感に反応。

自分のネタが他人にウケる(笑いを取る)ことが、大阪人にとっての至上の喜び。

やおら、私の方に向き直るおばちゃん。

「だって、そう思うでしょう?」
「はい。『佃煮』は、今後使わせてもらいます」
「そやけど、使う場所、間違えたらあかんよ。場合によっては、冗談にならん時があるかもしれんし」
「そうですね。使う時は、友達の間だけにしときます」

二人で大笑い。

このおばちゃん、英会話にも通っているらしく、そこの先生にも「佃煮」のことを話したらしい。

「そしたら先生が、英語ではそういうのを『ジャム』って言うんですよ、って教えてくれはったわ」
「へええ」
「どっちも煮込むもんね。うまいこと言うねえ」

ひとしきりしゃべりまくったおばちゃんは、先に採暖室を出て行かれました。
口がムズムズしましたけど、言わずに我慢しましたよ。

「おばちゃん、あなたも、佃煮仲間ですよ」って。




もうすぐ私も、佃煮仲間。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき

  • 2020.07.22 Wednesday
  • -
  • 22:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
西宮から西播にかけての春の訪れは
「いかなごの釘煮」
時季になるとアチコチの家から
炊き込む匂いが漂ってきます。
折れ釘みたいな佃煮なので「釘煮」。
 
で、佃煮は
大坂「佃」界隈の漁師が
江戸の佃島で小魚などを煮付けて作ったのが
名前の元とか。
 
多分お年寄りも煮込んだら
イカナゴみたいに渋が出るし
かさも減るだろうと思います。
釘煮炊き上げの記事発見。
こりゃ釈迦に説法キリストに聖書でしたね。
以前は須磨や唐櫃から届いてたのかな。
今度炊いたら送ってたも。
ありがたき佃煮うんちく、誠にありがとうございます。
佃煮って完全に江戸生まれだと思っていたのですが、そうじゃなかったんですね。

今年はスーパーでイカナゴと出会えず、作れませんでした。
今後作ったあかつきには、ネット経由で送信いたしますです。





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM