今日1月6日は、父の祥月命日。
平成21年に亡くなったので、七回忌です。

七回忌という大切な区切りの日なのですが、普段と変わりません。
お寺さんを呼ぶタイミングを逸してしまったのもあったのですが、誰を呼ぶというわけでもないので、法要はもういいかなって思いまして。
ひとりしみじみ感じ入る日にしようかなって。

何よりも父は、お線香のにおいが大嫌いでしたから。
生前、仏壇に手を合わせるなんてこと、絶対にしない人でしたから。

「わしが死んだら、そこらへんに埋めとけや。死んでしもうたら、みんな一緒や」って、よく言ってました。
「そんなことしたら、私、犯罪者になってしまうから、嫌や」と、よく言い返してましたっけ。

6年も経ったのに、未だに遺品整理ができていません。
だけど、それ以上にどうしようかと考えているのが、父のすっとこどっこいの言葉を寄せ集めて紹介していた、「今週のすぎやん」というブログ。

最初は、一周忌が過ぎたら、撤去するつもりでした。独自ドメインを取得しているので、固定費もかかってますし。
それが、三回忌を終えても撤去せず、気が付けば今日は七回忌。

まあ、私がずぼらで面倒くさがりということもあるのですが。

更新が終了し、そのまま放置した状態で、既に6年経過。
ほったらかしにもかかわらず、未だに結構な数のアクセスがあるのが、不思議です。

訪問者の内訳で圧倒的に多いのが、病名で検索して訪問くださる方々。しかし6年以上も前の話なので、ネット上の情報としての旬はとっくに過ぎており、何の役にも立ちません。
ネットでの存在意義は、もう終わったんじゃないかなという思いがあります。

そんなこともあって、「今週のすぎやん」を何らかの形にして残したいと思っており、実は書籍化も考えていた時期もありました。
でも正直、自費出版なんて大仰だし、何よりも結構なお金がかかります。

6年も前に死んだ父ちゃんへの追悼に、大金を使うつもりは、毛頭ない。

方策を模索し続け、電子書籍化が一番妥当かなという結論にたどり着いてはいます。
しかし、調べても調べても、わからないことが多く、かなり手間暇かかりそう。

できるのか、私。

だけど、ほんとに、何とかしたいです。
遠い記憶になってしまう前に。




仏壇には、とりあえず、ビールを供えます。
 

 


==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

 

 

  • 2020.10.22 Thursday
  • -
  • 07:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
辛辣な書き方をしますが、気を悪くしないでください。

私も5年前に突然亡くなった母親の遺品と、
震災時に取り出した20年前の自分の荷物を
昨秋にほぼ全て断捨離しました。
残したのは、写真アルバム位でしょうか。
それとて、
私以外には何の価値も無いモノです。

たまたま、
置く所が有ったので、
ついつい、そのままにして
ズルズル暮らしてきていたワケです。

しかし、
現在の私の生活は
それらが無くても成り立っていました。
むしろ今は、
それら「過去の物」や
「思い出の品々」に、
長らくにこだわっていた自分を情けなく思っています。
 
15年前に亡くなった、嫁さんの遺品の整理と処分も未だに、しきれていません。
そのために、空間を無駄にして、手狭な生活を送っています。
亡くなってすぐに
ここを売って、もっと狭い賃貸にでも引っ越していたらば、無駄な出費も抑えられたことでしょう。

空虚感を埋める為だけに
無意識に手をつけていなかった事に、ごく最近、気付きました。
 
娘は24になろうとしています。
もうそろそろ私も
「自分のこと」だけ考えても許されるでしょう。
52歳。
確実に人生の折り返し地点は過ぎています。
自分の為だけに
生きたい。
で、
果たして
「本当に最後の最期まで必要なものは何だろう」
と考えると、何も無いのですよ。

両親も嫁さんも、
最期まで必要としていて
病院の枕元に残ったのは
歯ブラシ1本とコップ1個だけでした。

あとは
「昔、本人が必要としていた」
ものであり、
私が現在
「本当に」必要と思うものは、ほぼ皆無なのです。
 
思い出の為だけの遺品
なのです。
 

ーーー

震災ひーさんが、
寿命も老いもなく、かつ
裕福で、
お母さん膨大な荷物とすぎやんの遺品を、
いつまでも博物館のように保管と分類を続けていけるなら話は別です。

すぎやんとお母さんの遺品。
本当に必要ですか?。
 
  • 作務衣2号
  • 2015/01/06 17:06
ご意見ありがとうございます。
本当におっしゃるとおりです。人生の中で必要な物なんて、ごくわずかです。
亡くなった人の物が、いまだに押し入れを占拠しているなんて、おかしなことです。
ただ、思い切るきっかけが必要なだけなのだと思います。

これまでも、思い切るきっかけみたいなものは、必ず私に降りてきました。風が吹くというか。
遺品整理に関しても、必ず降りてくると思っています。その時は、自然に体が動くと思っています。

お気遣い、本当にありがとうございます。






   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM