<< よりぬき ひーのためごと【2014年版】 | main | 福祉用具専門相談員の資格を取りました。 >>

真田丸に踊らされる。

九度山
▲九度山町の家々の軒先に、このような飾りが下げられていました。


以前にも書きましたが、結婚後に大きく変わった生活習慣のひとつが、地上波テレビ番組をたくさん視聴するようになったこと。

NHKの大河ドラマも、そのひとつ。
ダンナさんの家では、毎回ガイド誌を購入し、予習・復習しながら親子で視聴していたそうです。
初めてご両親にご挨拶に行った時に見た、テレビの上の棚にずらりと並べられた、過去のガイド誌の数々。
これがなかなか壮観で、本当にビックリしましたよ。

そんなわけで、真田丸

真田幸村については、私はこれまで全く興味を抱いたことがなく、当時の歴史背景にも疎いです。
そのため、登場人物が誰だかわからなくなり、さらに展開もスピーディーなので、ドラマについて行けない時も、ままあります。

それでも、ストーリーや台詞回しがおもしろいし、配役も適材適所でとても自然。よくできたドラマだなーって、感心します。
評判が良いのも納得です。

ある時、番組の最後に、真田丸ゆかりの地として、九度山が紹介されました。
それを見たダンナさん、瞬時に「ここに行く! 行くで!」と言い出し、場所やらルートやらの情報を、ガシガシとネット検索し始めました。

それからすぐの週末に、和歌山県の九度山町まで出かけることと相成りました。
仕事、早いわー。

休憩を挟みながら、2時間弱のドライブ。
到着したら雨が降りしきっていて、あいにくの天気だったのですが、それでもたくさんの観光客が来られてました。

九度山
▲道の駅「柿の郷くどやま」。隣接の市場にも、人があふれてました。


どこへ行っても、六文銭が描かれた赤いのぼりがはためき、真田丸一色。

九度山
九度山・真田ミュージアム。今年3月に竣工したばかり。

九度山
▲大河ドラマ効果への期待の高さがうかがえます。

九度山
▲真田庵(真田昌幸・幸村親子の屋敷跡に建てられたお寺)内に咲いていた、白い彼岸花。

九度山
▲真田古墳(真田の抜け穴伝説)。大阪城へ抜けるトンネルがあったという伝承が残っているそうです。

真田親子がこの地にたどり着き、日々の暮らしに慣れるまで、そして、その地の住人と打ち解けるまでの苦労は、それは大変なものだったでしょうね。

さらに。

一昨日の10日に、大阪城の西の丸庭園で開催された、真田丸イベントに行ってきました。

真田丸イベント

NHK大阪放送局に隣接する歴史博物館では、真田丸の特別展が開催中。入場券売場は、長蛇の列。
博物館のすぐそばが大阪城ですので、真田丸に群がる人がうじゃうじゃうじゃうじゃ。

放鷹術の実演や、大人も子供も入り乱れたチャンバラ合戦を楽しく見学しながら、真田丸スペシャルステージを待ちました。

真田丸イベント
▲りりしい顔をした鷹。鷹匠さんの言うことをよく聞く、賢い子です。


それにしても、まあ、すごい人出。
後で聞いたところによると、入場者数は5千人を超えたとのこと。

真田丸イベント
▲ドラマでおなじみの名言。こんなTシャツがあるんですねー。

 


スペシャルゲストの草刈正雄さんが登場すると、場内は大盛り上がり。撮影中の秘話や決めぜりふなど、楽しいお話をたくさん聞かせて下さいました。
ステージからは離れていたのですが、もうね、立っているだけでかっこいい。そして、とにかく、おっとこ前です。とても60代とは思えません。

当初は、メインイベントのパブリックビューイングを見る予定にしていたのですが、風が冷たくて寒くなってきたので、あきらめました。

いやあ、それにしても、真田丸に踊らされてるなあ。

 

 


==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:旅行

現場から東海林がお伝えしました | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
うちの夫も真田丸に踊らされて
今年の夏、暑いのに
わざわざ玉造にある真田丸跡に行ってました。
全くふつうの住宅街で真田丸跡を示す
看板しかなかったそうですが(笑)
ももいろペリカン | 2016/10/31 06:20
立派に踊らされてますね(笑)
でも、同じように踊っている仲間が、日本全国にいると思えば、怖くない<(`^´)>
ひー | 2016/11/02 16:40
Comment








   
 
Trackback URL
http://hitamegoto.jugem.jp/trackback/1543
Trackback