<< 2017年02月12日のつぶやき | main | 2017年02月23日のつぶやき >>

3年目。

京都鉄道博物館
▲2月初旬の寒い日に行ってきました、京都鉄道博物館にて。


この2月で、結婚生活3年目に入りました。

以前にも書きましたが、学生時代の友人だった彼と、とあることがきっかけで30年ぶりに再会、その3ヶ月後に結婚。
これほど短期間での人生の転換は、それまでの人生になかったことです。

まるで、突然目の前に現れた先の見えない曲がり角を、後先考えずに勢いだけで「えいやっ!」と曲がってしまったような感じで始まった、結婚生活。
結婚してからいろいろと考えはじめてしまったため、心が体に追いつかない。

だから最初は、すべてに違和感があり、とてもしんどかったです。
中でも、名字の変更は、想像以上にダメージが大きかった。

50年間連れ添ってきた名字が、入籍日を境に変わる。
名字が変わるということは、半世紀付き合ってきた名前を改名するのと同じ事です。

それも含めて「結婚」という気持ちがあったので、名字の変更に抵抗はありませんでした。
しかし反面、「うれしい」という気持ちにはなれなかった。

何回、名前を書き間違えたか。
何回、旧姓を名乗ったか。

今思えば笑い話の範疇ですが、当時の私は、間違えるたびにイライラしてました。
今までとは違う自分のような気がして。

それに、最初は緊張していても、所詮は他人同士。一緒に暮らすうちに、お互い知らなかった長所・短所が明らかになってきます。
それらを受け入れつつ、意見をすり合わせつつ、新しい家庭を一から構築することは、エネルギーが必要です。

ましてや我々、自分や自分の家族の価値観を優先して生きてきました。
さらに、独身生活50年、「決して譲れない強固なこだわり」の塔を既に完成させているので、余計に大変。

若い人なら、慣れるのも早いだろうし、もっとしなやかに考えを切り替えられるのかもしれません。
でも私の場合は、生活全てに漂っていた違和感が薄れ、全てが体に馴染むまで、1年半ほどかかりました。

幸運だったのは、彼の家族が、本当に普通だったこと。
そして、普通の家族で育った彼もまた、普通の家族のあり方を身につけていたこと。

私が望む「普通の家族」とは、同じ話題で話ができて、同じ方向を見つめて歩んでいける家族。
私の両親があんな感じだったので、「普通の家族」が欲しいと、長年思っていたのです。

緊張でガチガチだった私を、彼と彼の両親は、自然に「家族の一員」として誘ってくれました。
迷ったり悩んだりした時も、「心配するな、なんとかなる」の言葉で、バックアップしてくれました。

私の両親が生きていたら、ここまで自然に彼の家族に入ることができなかったかもしれない。

結婚して、2年。
曲がり角のそばでジタバタしていたけれど、やっと本当の意味でのスタートラインに立てたような気がしています。


イライラしたり、気分が落ち込んだり、アップダウンの激しい日々が続きましたが、これが一種のマリッジブルーだったのかもしれません。
 


==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:ひとりごと


 

ひーエッセイ的 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://hitamegoto.jugem.jp/trackback/1577
Trackback