救急搬送

 

 

私の親戚(A君)は、実家から少し離れた場所で、夫婦二人暮らし。
お母さんは既に亡く、彼の実家では、A君のお父さんが、ひとりで暮らしています。

 

A君のお父さんは、普段は元気に暮らしていますが、何しろ80才に近い年齢だし、持病もあるので、A君は実家に頻繁に顔を出し、お父さんの様子を見守っています。

 

先週、日本列島を襲った台風19号がやってくる直前のこと。


A君は、台風襲来に備え、実家の庭にある鉢植えとかを片付けておこうと、出勤前に実家に立ち寄りました。

お父さんは超早起きなので、いつもなら起床して活動開始しているはずなのに、玄関のチェーンがかかったままで、家に入れない。


運良く施錠されていなかった別の出入り口から家の中に入ると、ソファの上で倒れているお父さんを発見。

 

意識は混濁、言葉も支離滅裂なので、すぐに救急搬送、即刻入院。
現在もまだ余談を許さない状態が続いてはいますが、一命を取り留めることができました。

 

連日報道されている台風被害の状況や被災者の声、そして、A君のお父さん。
それらを見聞きしていると、「生きていることは、決して当たり前ではない」と、改めて思います。

 

台風襲来に備えていたから、助かった方もいる。
その一方で、準備はしていたものの、様々な要因で亡くなられたり、行方不明になったりしている方もいる。

甚大な被害を被りながらも、悲しみや苦しみを抱えつつも、助かった命を大切に、頑張っている方もいる。

 

A君夫婦は共働き。忙しく過ごすふたりが、平日早朝に実家に立ち寄ることは、基本的にはありません。
今回、お父さんの危機を発見できたのは、本当にたまたまだった。発見が1日でも遅れていたら、そのままひとりで亡くなっていたかもしれないのです。

 

いのちって、本当に、不思議です。

そして、何かに、誰かに支えられていることで、いのちは続いているものなのだと感じます。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

  • 2019.12.09 Monday
  • -
  • 13:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://hitamegoto.jugem.jp/trackback/1828

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM