干し柿

 

 

先週、ダンナ運転の車で、1泊2日の家族旅行に行ってきました。

「カニ食べに行こう!」という、お義母さんの言葉がきっかけで実現しました。

 

初日は曇り空。

天橋立玄武洞公園に立ち寄り、城崎温泉では外湯巡りとカニ三昧。

 

天橋立

▲リフトからの天橋立。

 

玄武洞

▲玄武洞。他の洞も迫力満点。公園は入園無料です。

 

焼き蟹

▲夕食の焼き蟹。おいしかったです。


2日目は快晴で、暑いくらいの陽気。
鳴き砂で有名な琴引浜を経由して、舞鶴赤れんがパークを散策。

 

琴引浜

▲琴引浜の駐車場代は、美しい海岸を維持するための人件費として使われるそうです。

 

赤れんがパーク

▲かつては、軍需品などの保管倉庫として使われていたのだそうです。

 

北吸(きたすい)桟橋に接岸している、海上自衛隊の護衛艦を、間近で見学することもできました。

 

護衛艦あたご
▲護衛艦あたご。「イージス艦がこんな間近で見られるなんて!」と、ダンナは狂喜乱舞。

 

北吸岸壁

▲あたご以外にも、数隻の護衛艦が着岸していました。

 

ところで、旅行中のお義母さんは、ずっと「柿が欲しい」と言い続けていました。

 

お義母さんは、干し柿にするための渋柿を探していたのですが、塩梅良いものが見つからない。

それなのに、車窓からは、柿がたわわに実った木や、軒先に渋柿を吊しているお宅がたくさん見えるので、悔しくてたまらない。


あそこにも柿がある、そっちにもあるわ、あの塊だけでいいから欲しいわあ、でも高枝切りばさみがいるわと、お義父さん相手に後部座席で騒ぐ騒ぐ。

帰阪途中のサービスエリアで見つけた柿も、「サイズが小さい」とぼやくぼやく。

 

旅行から帰った数日後。
ふと立ち寄った近所のスーパーで、見事なサイズの渋柿を発見。

 

渋柿


「これなら大丈夫かも!」と、思わず写真を撮影し、お義母さんにLINEで連絡。

 

LINE

 

50個・・・。重いなあ。徒歩だし、持って帰れるだろうか。
でも、この店は翌日が定休日。休み明けには売っていない可能性があるから、今買うしかない。

 

一方、瞬間的に「欲しい!」と言ったものの、(たぶんお義父さんの指摘だと思われるが)私ひとりでの持ち運びは重くて大変だということに気付いたお義母さん。

謝りの電話をいただいた時には、1パックに3〜4個入っている柿を10パック購入、必死で持ち帰った後。

 

とりあえず、むっちゃ重かった・・・。

 

翌日、お義父さんとキャスター付きのショッピングバッグを引き連れ、我が家にやってきたお義母さん。

狂喜乱舞しつつ、数十個の柿を持ち帰りました。
ちなみに、柿の皮をむくのは、お義父さん担当だそうで。

 

数時間後、「正月を楽しみにしといてや〜」というメッセージと共に、両親宅のベランダに吊された柿の写真が送られてきました。

 

干し柿

 

お義母さんの干し柿ミッションに、微力ながらも一役買うことができて、よかったでございます。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

  • 2019.12.09 Monday
  • -
  • 21:15
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://hitamegoto.jugem.jp/trackback/1837

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM