解体

 

 

昨年の大阪府北部地震以降、屋根に掛けられたブルーシートがなかなか減らず、少し悲しい思いをしていましたが、今年に入って徐々に建物の修繕が進み始めた印象があります。

特に、ここ半年くらいは、工事が一気に増えました。

 

我が家の近所でも、建物の修繕・解体・建設が、あちこちで行われるようになりました。

私は、こういう工事現場を眺めるのが、大好きです。


少々やかましいのですが、重機が建物を壊していく様子とか、職人さんがあっという間に足場を作り上げていく様子とか、面白さ満載。見ていて飽きることがありません。

 

ここ数ヶ月、夢中になって観察していたのが、とある集合住宅の解体現場。


解体の前準備、解体着手、そして解体後の整地まで、職人さんがちょこまかと動き、とても効率よく現場が回っているように思える。

 

解体

▲ホコリ防止の水撒き風景ですが、遠目に見るとアレをナニしているようにしか見えず、中二病を患っているダンナが、喜んでました。

 

そして、建物を壊す、地面を掘る・ならす、大きめの石や鉄骨などの産廃物を分別する、産廃物をダンプカーに載せるなど、複数の重機が連携して作業する様子には、うっとりします。

 

重機をうまく操るのって、本当に難しいだろうなあ。

 

観察し続けて気付いたのが、ショベルカーの汎用性。

 

建物内に残されている、解体に邪魔な部材などを降ろす時。

 

解体

 

下に落とせばうるさいし、ホコリも出る。人が持って降りるには、手間も時間もかかります。

見た瞬間、「あー、こんな使い方ができるんだ! 便利だわ」と、声に出してしまいました。

 

見応えがあったのが、大きめの石と土をより分けるための、ふるい作業。

私は動画撮影できなかったので、YouTubeにアップされている参考動画をご覧下さい。

 

 

 

見とれてないで、私も撮影しておけばよかったな・・・。

 

ショベルカーの先って、取り外しができるのだということも、初めて知りました。

 

>>アタッチメントで広がる!建機の作業【油圧ショベル編】 | アタッチメント活用術 | Cat 建機 研究所|日本キャタピラー【公式】
 

今まで、私の中での建機といえばクレーンでしたが、ショベルカーも加わりました。

ショベルカー、使える奴です。すごいわ。

 

今は解体作業は終了し、更地になりました。

来年には、新しい集合住宅の建設が始まるとのこと。楽しみです。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

  • 2020.02.20 Thursday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM