イズミヤが入っていたこの店舗付き大型ビル、大阪万博が開催された1970年に建設されたものです。

駅とビルの間にはデッキが設置され、50年ほど前の建設当時は、近隣では最先端のビルだったと思います。

 

地下1階には飲食店、1階と2階には専門店がテナントとして入り、これら3フロアは「茨木ショップタウン」と名付けられています。中でもイズミヤは、「茨木ショップタウン」の核テナントとして存在感を発揮。1〜2階で衣料品などを扱っていました。
茨木に通勤していた私の母は、ほとんどの衣料品をイズミヤで購入していたものです。

 

母が買い物を楽しんでいた3〜40年前は、まだたくさんのお客さんで賑わってました。

 

しかし、ビルの老朽化が目立ち始め、イズミヤから徒歩圏内にイオン(建設当時はマイカル)が進出したこともあり、どんどん存在感が薄くなってしまった。

ショップタウン内のテナントも、かなり減りました。

 

数十年前、このビルのすぐ近くに、食品や日用品を扱っていた「イズミヤ別館」があり、こちらも大変賑わっていました。
私は学生時代の4年間、この別館で食品レジのアルバイトをしていました。

 

>>過去記事:ひー流 財布に小銭をためないテク
 

ショップタウンの地下の1角にイズミヤの社員食堂があって、何度か利用させてもらった記憶があります。

 

バイトをやめてからは、店に行く機会もなくなったので、別館が閉店したことも、取り壊されてマンションに変わったことも、全く知らなかった。
久々に前を通りかかった時の衝撃といったら。

 

ここ数年、特に平日は、イズミヤ店内は閑散としてました。

お客さんが少ないし、店員さんがつきまとうこともないし、ほどよい広さの店内で、商品が選びやすいので、たまに利用していましたが、こんな状態では、いつかは撤退するだろうなと、ゆるく覚悟はしていました。

 

それでも、かつてのバイト先だけでなく、母がうれしそうに服を買い求めていた場所までもが消滅し、喪失感を抱いてます。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

  • 2020.10.22 Thursday
  • -
  • 13:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
え、イズミヤって衣料スーパーでした?

私の近所では、食品メインのスーパーとの認識でした。衣料品は今でもあるけれど、電化製品とか本とか撤退しています、、、
  • びっくり
  • 2020/10/15 14:07
ちょっとわかりにくかったでしょうか・・・。
茨木店はかつて、衣料品と食品・日用品を扱う場所が、別々だったんです。その後、食品・日用品を扱っていたビルが閉鎖・撤退、衣料品だけが残ったのです。





   

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM