「ここにしよっか」のTくん。通称たけちゃん。現在小学3年生。
以前彼のお父さんから、メールいただいた話。

「2学期をふりかえってどうでしたか?」という先生の質問に、「あにはからんや」と答えるような天然系の兄を持つたけちゃん、兄とは違って「気配り系」です。
なんてったって、たけちゃん3歳の頃、ほぼ初対面の私に向かって、「お愛想笑い」をしましたからね。あれは絶対、幼児特有の無邪気な笑顔じゃなかった。
3歳児のお愛想笑いを直視してしまった衝撃、そして何より3歳児に気を遣わせてしまった私自身のふがいなさ。この出来事は、一生忘れません。

そのたけちゃんが、まだ1年生だった時の話。

彼はどうもいじめに遭っていたようです。
もっとも、いじめていた子は、クラスのみんなに当たっていたようなのですが、たけちゃんはいじめられていたことを親には一切言わなかったようなのです。

普段たけちゃんは、何があっても「しれ〜」っとしてます。それで両親とも気付かなかったようなのですが、彼の母である私の友人が懇談会で担任の教師から初めて聞かされ、びっくり仰天。

さっそく父が、たけちゃんに聞いてみました。

「なあ、たけはいじめられていたん?」
「うん」
「大丈夫なん?」
「うん」
「なんで?」
「生きているから」

思わず「深い!」と絶句した父、さらに聞いてみました。

「生きていたらおもしろいことがあるよね」
「うん」


「末は坊主か牧師かと思ってしまいました」と書いておられましたが、私もこのやりとりを読んで、涙が出そうになりました。

便宜上分けているだけで、大人も子供もみんな同じ「ヒト」の仲間。
時と場合によるけれど、「子供だから」という理由付けで物事を解決するのは、私は絶対おかしいと思う。

だって、子供の「ヒト」を本当の「人間」にするのが、大人の「人間」の役目だと思うから。言い換えれば、大人の役目ってそれだけです。
「子供だから」という理由付けは、大人の役割放棄につながります。

でも、本質を見抜く目は、子供の方が鋭いから、子供のなりをした「人間」だっている。
たけちゃんは、既に3歳の頃から「人間」だったのかもしれない。


「生きているから大丈夫」


たけちゃんの言う通りです。

この気持ち、大きくなってつらいことがあっても、ずっと忘れないでいてね。たけちゃん。
でも、いやなことがあったら、誰でもいいから(できればお父さんとお母さんに)、ちゃんと言うんだよ。



生きてこそ
生きてこそ
Kiroro,玉城千春,重実徹


JUGEMテーマ:日記・一般


  • 2020.07.22 Wednesday
  • -
  • 13:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM