私にとっての8月は、この先生です。

先月7月30日 毎日新聞の社会面(大阪)に掲載された記事。

2008年7月30日付 毎日新聞社会面

30年前の国連軍縮特別総会で、大阪府高槻市立中学の社会科教諭で胎内被爆者だった松村千恵子さんが、被爆者を代表して世界に核廃絶を訴えた。8年後の86年、40歳の若さで乳がんに命を奪われたが、死の床で原爆への怒りを詩につづっていた。
【記事より抜粋】


松村先生は、私の恩師です。
国連軍縮特別総会に先生が出席された年、ちょうど担任して頂いてました。


今から30年前、1978年5月18日の朝日新聞の記事。

1978年5月18日付 朝日新聞

左端が当時の私。中学2年生。下の絵はがきは、先生からのアメリカみやげ。

朝日新聞の記者が教室まで来て、俺らの写真をいっぱい撮影してたのに、外でも撮ったのに、なんでこの写真なんだって、クラスの男子がぶーぶー言ってたっけ。


松村先生は私が初めて出会った、ありのままの自分をさらけ出すタイプの先生でした。
私が初めて自主的に好きになった先生でした。
私が初めて「かっこいい」と思った先生でした。

さっぱりした気性で、メリハリがあって、おもしろくて楽しいことが大好きで、芯が一本通っていて。
男子生徒にも人気がありました。

30年前といえば、戦前生まれの先生がまだ現役で教壇に立っておられました。
戦争に関して言えば、今から思えばやや偏った教育を受けました。生徒主催の戦争がらみのイベントも、非常に多かった。

偏っていたかもしれないけれど、私たちの世代はリアルな「戦争」を耳にできた、最後の世代でしょう。
親だって戦前生まれでしたし、戦地に行ってシベリアに抑留された伯父さんたちもいますしね。

松村先生は被爆二世ですから、当然戦後生まれです。だけど人一倍、戦争を肌で感じておられたと思います。
当時はまだとてもお元気でした。若かったこともあり、特に戦争について語る時は熱かったです。

正直、熱すぎると感じたこともあります。
でも、いろいろな方が語るあの時代の話を、今でも抵抗なく聞くことができるのは、先生のおかげです。

一生まとまることがなくても、わからなくても、考えることや思いを馳せることをやめてしまったら、何もかもがおしまいですからね。

入院中の先生をお見舞いに、病院まで友達と一緒に行ったことがあります。
でも面会謝絶で、先生のお母様が「わざわざ来て下さったのに、ごめんなさいね」とおっしゃって下さいました。

何の予備知識もなく訪問したので、ものすごくショックを受けました。
ちらりと見えた先生は、面変わりしてました。
あのお顔は、今でも覚えています。

こんなに具合が悪いなんて、知らなかった。
もしかしたら、いやたぶん、もう長くはないのかも。
そう感じた自分が、たまらなく嫌でした。

その予感は、的中してしまいましたが。

亡くなられて早や22年。
久しぶりに先生にお会いして、懐かしい思いで一杯になりました。
もし生きておられたら、60代。今ならきちんと大人のお話ができるのに。





神の火を制御せよ 原爆をつくった人びと
神の火を制御せよ 原爆をつくった人びと
パール・バック


JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


  • 2020.07.22 Wednesday
  • -
  • 21:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
突然すいません。
松村千恵子の息子の松村正俊です。
私は今、滋賀県で暮らしており7月に新聞に母のことが掲載されたことを知りませんでした。
このたび、お盆ということもありまして実家に帰ったところ、父にその話を聞き、まだ母のことを覚えてくれている人がいるんだなぁ・・と思っていました。
それで、インターネットで検索したところ、このブログを見つけて、思わずコメントしてしまいました。
ありがとうございます。
母の事を覚えていてくれてありがとうございます。

暑いですので、お体に気をつけてください。
では。
  • 松村正俊
  • 2008/08/17 22:36
松村様、コメントありがとうございました。ものすごくうれしかったです。
そういえば、息子さんがいらっしゃるというお話を先生がしておられたこと、ありました。久々に思い出しました。

私にとっては、松村先生はスペシャルな方です。
当時学校内は荒れていましたが、担任していただいたクラスは非常にまとまりがよく、先生自身ものりのりで、30年経過した今でも思い出に残る、楽しい1年間でした。

文章内に書きました「お見舞いにいっしょに行った友達」とは、このクラスで知り合い、今でも交流が続いています。
記事のことを伝えましたら、別の新聞を購読しているため知らなかったようで、「絶対手に入れる!」と気合いの入ったメールを返してきましたよ。

本当にありがとうございました。先生のことは、これからもたぶんずっと、私の心の中にあると思います。
お父様にも、よろしくお伝え下さいね。
  • ひー
  • 2008/08/18 19:38





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM