JUGEMテーマ:中国


お客さんから聞いた話。

その方(Aさん)は先日、中国南部のとある町へ出張に出かけました。
同じ会社の中国人従業員Bさん(日本へ帰化された方・日本語OK)と同行です。

ホテルは、訪問先のお客さん(中国に出向している有名日本企業の方)が取って下さったそうです。
今まで日本からの出張客が多数宿泊しており、それまで特に問題が発生したことのない四つ星クラスのホテル。さらに、2人分の宿泊予約が取れているという、ホテル発行の書面もありました。

現地に到着し、お二人はホテルにチェックインしようとしました。
しかし、フロントから思いもよらない言葉が返ってきます。

「予約が確認できません。部屋もありませんので、よそのホテルを探して下さい」

AさんとBさんは顔を見合わせますが、こんな事であっさり退却できません。何しろホテルが発行した書類があるのですから。
Bさんはでかい声で、フロントにくってかかります(もちろん中国語で)。

「部屋がないっちゅうのは、どういうこっちゃ。ここにお前んとこが発行した書類があるやんけ」
(注:関西弁に意訳してお送りしております)

するとフロント、その書類を見て本気で首をかしげ、「さあ、何でしょう?」と言ったそうです。

その様子に怒り心頭のBさん、さらにぎゃんぎゃん言っていると、フロントは「窓がない部屋ならあります」とか、「お二人ご一緒の部屋なら用意できます」とかぬかしたらしい。

「なんやて、どういうこっちゃ。ほんまに部屋、ないんかい! ええかげんにせえや、どあほ」
(注:関西弁に意訳して、かなり大げさにお送りしております)

根負けしたフロント、とうとう「スイートルームならあります」。

結局スイートルーム2部屋を確保し、そのホテルに宿泊できたそうです。
部屋は広かったのですが、滅多に使われないとみえ、うっすら埃が積もっていたとのこと。

Bさんとフロントがバトルしている時、別の場所では数人の団体客がフロントともめていたそうです。
Bさんの訳によると、その団体客が依頼した条件の部屋と、全く異なる部屋が準備されていたようで、客がやはりぎゃんぎゃん言っていたとのこと。

「これが、四つ星ホテルやからなあ・・・」

何でこんな事になったのか、真相は謎だそうです。
ホテルを取ってくれた方も、びっくり仰天。平謝りだったみたいです。

さすが中国、やはりただものではありません。




「Bさんがおらんかったらどうなってたやろ」と、Aさんはため息ついてました。

中国元がドルと世界を飲み込む日中国元がドルと世界を飲み込む日

青春出版社 2010-03-24
売り上げランキング : 326

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ


  • 2020.07.22 Wednesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Aさん、Bさんの話ですが、
当然、料金は、「スイートルームご案内」ということで
特別料金を請求されたでしょうね?
  • 郷に入れば…
  • 2010/06/06 07:51
いえ、ホテルが正式に発行した書面があったのが原因で勝利を収め、通常の部屋料金で宿泊できたそうですよ。
「書面がなかったら、警察呼ばれてたやろうな」っておっしゃってましたよ。

でかい声で押し切ったもん勝ち、それが中国。
フロントの人間は特別料金を取ろうと必死になります。なぜなら、差額は、従業員の給料から差し引かれるからです。

中国<<タイ
タイの勝ち!
  • 2010/06/08 18:23
ご指摘いただきましたが、HNがありませんでした
  • _| ̄|○
  • 2010/06/08 19:33
>差額は、従業員の給料から差し引かれる

なーるほどー。
確かに「こズルい者勝ち」みたいなとこがあります。地下鉄も並ばないし(大阪もその傾向あり?)

空港の入出国管理(パスコン)のブースでも、「身障者専用ブース」があって、身障者がいるときだけ開くのですが、身障者の後に一般人がぞろぞろ並びます。検査官側も、最初の2〜3人は通してからブースを閉鎖します。「2〜3にはオッケイ」というこの匙加減って何なんだろうか…?とよく思います。システムとして中国の社会にちゃんと根ざしているようです。
  • 中国では
  • 2010/06/09 08:31
詳しい説明をありがとうございます。
中国四千年の歴史が培ったさじ加減なのでしょうか。それとも、「とりあえずちょっとは黙認したったで」的なアピールなのでしょうか。
中国って本当に不思議でパワフルな国ですね。
日本では「中国4千年」と言うけど

中国人は「中国5千年」と

1000年もサバ読みよる。
  • 5千年
  • 2010/06/19 18:14





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM