JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


私、算数って苦手だったんです。特に文章問題が大嫌いだった。
植木算とか、憎んでました(笑)。

当時、近所に住んでいた祖母に、「問題文を何度も何度も読みなさい。読めば意味がわかるから」と言われたのですが、何度読んでもわからなかった。

今は公立小学校から私立の中学校を受験することは珍しくありませんが、私が小学生だった頃は、まだまだ少なかった。学年全体でも2〜3人だったと思う。
中学受験のための進学塾も少なかったので、受験組は電車に乗って遠方まで通塾してました。

私が小学校の時、算数の時間に「わかるさんすう」という副読本が使われていました。

この「わかるさんすう」、メインの教科書よりもかなりハイレベルでした。
もう手元には残っていませんし、内容も覚えていませんが、問題がとにかく難しかったという記憶だけは残ってます。

いくら考えても解けないので、「わかるさんすう」、大嫌いだった。
「わかるさんすう」やのに、全然わからへんやん、ってね。

それなのに、私立中学受験組は、すいすい回答してしまう。
前に出て、黒板に完璧な答えを書いていくのを見て、開いた口がふさがらなかった。
すごいなあ・・賢いなあ・・そりゃ私立に行くよなあ・・と、妙な納得をしたものです。

私にはさっぱりわからなかった「わかるさんすう」だけど、今でも評価が高いようです。
少なくとも、子供におもねる本ではなかった。

現在東京在住の、私の学生時代の友達の子供。
都内の公立小学校に通学する小学6年生・男子。

彼がまだ5年生だった3学期、学校に電卓を持って行こうとしたらしい。
彼女が「電卓はダメでしょう」ととがめたところ、

「先生が持ってこい、って言った」

彼が学校で使っていたドリルには、電卓マークなるものがついていて、そのマークがついてる問題は、電卓を使っていいらしかったのです。

その写真がこれ。

算数のドリル

マークの説明文。

算数のドリル

言っておきますが、これ、この3月まで5年生が実際に使用していたドリルの中味です。
学校によって使っている教科書やドリルは違うと思いますが、この写真を見た瞬間、めまいがしました。

絶対子供をバカにしてるよ、これ。
この本が教科書なら、「わかるさんすう」は百科事典だよ。

いったいいつからこんな風になっちゃったんだろう。

それに、電卓は実際にちゃんと計算ができる(計算方法がわかる)人が使う物だと、私は思います。
なのに、電卓を積極的に授業に取り入れてどうするよ。筆算させろよ、筆算を。


ちなみに。

友達には、もう一人、現在小学校2年生の女子がいます。
この子、今年度中に算数の授業で分数を習う予定だそうです。

現在6年生のお兄ちゃんが分数を習ったのは、4年生の時です。

学校側がゆとり教育脱却の方向に大きく舵を切った結果、この学校では、2年生から4年生までが今年一斉に分数を習うことになったようです。

友達、盛大に嘆いてます。

それを聞いて旦那の感想。「上の子、浪人したら不利だな」

うちはギリギリ、小学生の間にゆとり(教育)が変更されて不利度もまあ低いけど、今、中学高校に行ってる子供は、今の小学1年生がこの先習う勉強の範囲を考えると、一生不利だよね。

こういうのって誰も責任取らないよね。
バブルの後に失われた10年とか言ってたけど、勉強も失われた10年だよね。

教育は地域性もあるし、子供の個性によって方法論も様々。
ただ、せめて学校にいる時間くらいは、子供はがっつり集中して勉強させるべきだと思う。遊びも大切だけど、メリハリを持たせなきゃ。

先に書いた、数人の私立受験組、勉強もできたけど、運動神経も抜群だった。
児童会の役員もやってたし、学校行事はすべて参加してた。休んだのは、受験の日だけだったんじゃないかな。

彼らはきっと、大変な日々を送っていたと思う。でもクラスメートたちには、そんな大変さを一切見せなかった。学校では思いっきりやんちゃしてた。
結果、有名私立中学に受験生全員が合格した。

小学校の頃に知ったこと、覚えたことって、人生で一番役に立ってると思う。
小学校で習うことが、そのまんま、生きていく上での基礎になっていくんだと思う。

だからこそ、子供はたくさん遊んで、たくさん勉強しておくべきだ。

せめて教科書だけは、子供におもねることをやめてほしいと思う。




高校無償化より、義務教育をがっつり鍛え直してほしいわ。

「ゆとり社員」との付き合い術

新品価格
¥1,155から
(2010/7/14 22:56時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ


  • 2020.07.22 Wednesday
  • -
  • 22:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
うわっ、さすがにこの教科書すごいですね・・・。
私は、文章題よりも計算が苦手ででした。

身近に小学生がいますが、やっぱり土曜日の授業がなくなった
ことが大きいように思います。昔の方が、平日も早く学校に
帰れたし、行事も沢山あったようなぁとつくづく思います。

ゆとり=土曜日が休みになる、と短絡的に考えたのが
そもそもの間違いだと思っていたのですが、教科書も
ちょっとひどいですね。。。
学校に→学校から の間違いです。。。
国語も苦手でした(苦笑)

社会>理科>数学>国語>英語の順番だったので。。。
ほんとに、「ちょっとこれはないだろう」って思います。ゆとりが余計に学力格差を招いたのではないでしょうかね。

私は、国語が大好きでした。完全な文系です(^.^)





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM