JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


友達からもらいました。

扇風機

私が、「扇風機がほしいなあ」ってぼそりと言ったのを、覚えてくれていたみたいで、お盆に実家に帰省した時に持って帰ってきてくれたのです。

本体は変色しかけ、リモコンなし、ルーバーが回っている時に「かたかたかた」とずーっと音がしていること以外は、問題なし。

「うれしいけど、もらってええん?」
「かまへん、かまへん。まだあと2〜3台あるわ。いらん?」
「・・・いらんわ」

地方都市にある友達の実家は、比較的大きな家で、部屋数もそこそこあるそうです。

「昔は、とにかく親戚が集まるから、扇風機も1台では足らへん」

今回我が家にやってきた扇風機も、そんな経緯で買い求めたそうです。

だけど今は友達のご両親も亡くなり、ご両親のごきょうだいも高齢化。身動きできない人とか認知症の人だらけ。
昔のように、親戚が一同に集まるということは、もうありません。

「実家ではもう使わへんし、もったいないやん。ちょっとうるさいし、リモコンもないけど、かまへんやろ?」
「かまへん。そしたら使わせてもらうわ」

この扇風機、実家の物置で数年眠っていたそうです。

「『100人乗っても大丈夫』っていう、あのメーカーの物置や。うちにもあるし、実家がある地域の家には、必ずあるわ」

最近は、引出物とか香典返し用の「カタログギフト」が一般的になりましたけど、友達の実家の近所じゃ、そんなのもってのほか。
持ち帰ってもらう物は、かさが高いもの。重い物。鉄則だそうです。

結果、毛布とか布団、茶碗や皿などの食器類が、ギフトの定番アイテムとなっているとのこと。
冠婚葬祭があるたびにそれらが増える。一般家庭で使い切れる量ではない。

結果、各家庭に物置が必需品となる。

「捨てるとか、売るとかは、選択肢には入らへんの?」
「ああ、無理無理。誰が見てるかわからへんし、見つかったら何を言われるかわからんから、そんなことでけへん」

親戚の家の整理に行くと、次から次へと不要品が出て来る。
色が変わった食器。虫がついた布団や毛布。
それらはみんな、冠婚葬祭でのもらい物。何十年と開封もされず、使われないまま、放置されている。

友達は、そういう現場を何度も見た来たそうです。

「ほんまに、あれが究極の『もったいない』やわ」

私には、返す言葉もありませんでした。




持ちきれないほどの物を持って帰ってもらう、もてなしの形だったんでしょうけどね。

冠婚葬祭 シンプルマナーの正解 (暮らしの正解シリーズ)

新品価格
¥1,029から
(2010/8/19 23:49時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ


  • 2020.07.22 Wednesday
  • -
  • 23:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM