このアルバムには、私の中学時代と高校時代の一部が詰まってます。

ピンク・レディー

中味。

ピンク・レディー

ピンク・レディー

ピンク・レディー

新聞、雑誌、レコードに入っていた冊子の切り抜きの他、当時文通していた子から送ってもらった切り抜きやブロマイドなども含まれてます。

30数年前は、「文通」というのがトレンドだったのですよ。
「見ず知らずのメル友」であるペンフレンドを求め、雑誌には「文通希望」のコーナーが必ずありました。私も掲載してもらったことがありますが、数十通の手紙が届きました。あまりに多かったので、全員には返事できずじまい。

当時はパソコンも携帯もありませんから、情報伝達は家の電話か郵便しかなかったんですよね。人と人とがつながるには、時間と労力が必要だったのです。
雑誌で知り合ったペンフレンド数人と、2〜3年は文通してました。

閑話休題。

運動神経というものが体内から欠落している都合上、私はピンク・レディーのダンスよりも歌に注力、人気が下降気味になってからも、すべてのシングルを聞いて覚えました。

アメリカでレコード出して、ヒットチャートにランクインしたことも、アメリカのテレビにレギュラー持つことも、三十数年前には考えられない出来事だったんだよ。
でも不思議なことに、アメリカでの活動に対する日本国内での評価は、それほど大きなものじゃなかった。「お子様向けタレント」という評価が最後まで尾を引き、私のアルバムにも保管している新聞記事は、非常に辛辣です。

大ヒットが出なくなってからは、週刊誌などにいろいろなことを書かれ、大変だったと思う。
子供心にも、解散は仕方ないかなと思えましたが、それでも寂しかった。

ピンク・レディー

それから何度か、期間限定で再結成してくれていましたが、全盛期とまるで変わらないスタイルと歌声とダンス。
数年前に開催されたコンサートツアーも見に行きました。

そして、解散記者会見からちょうど30年後の、この9月1日。
本格的に、ピンク・レディー復活とのニュース。名付けて「解散やめ!」。

ピンク・レディー
http://www.youtube.com/watch?v=55u3j7WHDnw



なんか、老後の楽しみがひとつ増えた気がする。

彼女たちは、デビュー前からボイストレーニングをきちんと受けてます。本格的なダンスはデビューしてからみたいですが、モダンバレエもやっていたみたい。
若い頃に基礎がきっちりできているからこそ実現できた、今回の再結成。

いつかお互いがいなくなり、ピンク・レディーができなくなる。それは明日かもしれない。
こういう類の言葉が、ミーちゃんとケイちゃんの口から出たということは、今度こそ限界までやるということだ。

数え切れないほどたくさんの「大人の事情」がからみついていた、当時のピンク・レディー。ふたりの意思では30年前にはできなかったこと、きっとたくさんあると思う。
それがひとつでも多く、達成できればいいな。彼女たちが「ピンク・レディー」をとことんまで楽しんでほしいな。

それは、今の年代にしかできないことだと思うから。




コンサートがあったら、また見に行きたいなあ。

平凡 Premium We are ピンク・レディー

新品価格
¥1,800から
(2010/9/4 18:29時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ


  • 2020.10.22 Thursday
  • -
  • 17:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM