とりあえず仕事ができるようになったものの、今後のことを考え、いろいろ悩んだ末に出した結論。それは、1号とほぼ同等レベルのパソコンを「新1号」として、新たにお迎えするということでした。

今回の出来事はショックでしたが、メインとサブのパソコンの仕様があまりに違いすぎると、非常時に意味がないということに気付かせてくれました。

1号の不具合の原因がグラボだとすると、交換すれば元通りになるはず。
もし1号が無事復活したら、1号を新2号扱いにして、現2号はオークションに出そう。不具合もないし、実働時間も少ないし、使用感もほとんどないので、たぶん買い手が付くはず。

不具合の原因がグラボ以外なら、このプランは、すべてパーだけど。

一抹の不安を抱きながらも、パソコンを導入する際に相談に乗ってもらっている知人を捕獲し、大手電気量販店へ。お目当てのパソコンは、幸い店舗に在庫がありました。
さらに、店員さんからもアドバイスをもらいながら、1号で使えるグラボも入手しました。元々のグラボよりも性能は落ちるものの、必要十分な機能を有しているものです。

帰宅して最初に取りかかったのが、1号のグラボの取り替え作業。
苦労しつつも古いグラボを何とか取り外し、購入したばかりの新しいグラボをはめ込み、スイッチオン。

ちっ、

ちっ、

ちっ、

ちーん。



無事起動\(^o^)/


その後は、新1号を箱から出してセットアップし、ソフトのインストール、データ移行、バックアップの設定と、面倒な作業を少しずつ進めていきました。

ついでと言っては何ですが、これを機会に、数時間に1度の割合で乙号にバックアップするのみだった、ちょっと安易なバックアップ方法を見直すことにしました。

まずは、マイドキュメントなどに保存されたデータを、数時間に1度の割合で外付けハードディスクにバックアップを取り、外付けハードディスクの内容を、日に1度、乙号にバックアップする方法に変更。

こうしておけば、パソコン本体に不測の事態が発生した時、外付けハードディスクを別のパソコンにつなぎ替えればOK。内蔵ハードディスクを取り外すよりも、はるかに楽で早いです。
それに、2つのディスクにデータをコピーしておけば、データ紛失のリスクも分散・軽減できます。

さらに、それまでよりも作業スペースを広くするため、パソコンの配置も変更。

こうして、「よっこいしょういち」と言いつつ、腰にも気を配りつつ、パソコンを持ち上げたり下ろしたりしていた日々から解放され、部屋も片付き、やっと穏やかな日々が戻ってきました。

しかしこの数週間後、新たな泥沼が私を待ち受けていたのです。

【次回に続く】




まさか、2段階で泥沼に足を踏み入れることになろうとは。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


1号に増設していたハードディスクというのは、USBで接続する外付けタイプではなく、筐体内に接続する内蔵タイプ。
つまり、私のパソコンの中には、Windowsを動作させるための諸々や、各種ソフトウェアが入っているハードディスク(ここでは甲号と呼びます)と、私が作ったデータだけが入っているハードディスク(ここでは乙号と呼びます)の、2つが入っているわけです。

パソコンの中には、ハードディスクを設置するための棚もあるんですよ。

甲号の「マイドキュメント」に日々増えていくデータを、BunBackupというソフトを使用し、乙号にバックアップしているのです。
もし甲号が突然死しても、大事なデータが消滅することはありません。乙号を別のパソコンに移動させれば、データはそのまま使えます。

前置きが長くなりましたが、1号から取り外した乙号を2号に接続し、起動させました。
しかし、「コンピュータ」一覧に乙号が出てきません。当然、アクセスもできません。何度再起動しても、同じです。

さらに詳しく調べると、2号は「乙号という新しいハードディスクがつながった」ということは理解しているのですが、私に乙号の姿を見せるのを嫌がっている様子。

なーんーでーだーよー。

訳がわからないので、今度はノートパソコンを引っ張り出し、がしがしとネット検索。

ネットの情報によると、乙号は「GPT保護パーティション」なる状態になっているらしい。Windows7で使用していたハードディスクをXPで使用しようとすると、出現することがあるとのこと。
この「GPT保護」を解除するとなると、ひと手間必要になるうえ、乙号はフォーマットされて(データがすべて消去されて)しまうんだそうで。

>>GPT保護パーティションを削除する − @IT

要するに、乙号の中身を見るためには、Windows7以降のパソコンが必要ということです。

実は2号のOSは、WindowsXPとWindows7、どちらかのOSを選択して使えるという仕様のパソコンなのです。
2号を入手した当時は、Windows7が浸透しつつあったものの、まだまだWindowsXPが主流でした。そのため、1号はWindows7、2号はWindowsXPとしておいたのです。

今春、WindowsXPへのメーカーサポートが終了し、本来は2号をWindows7に切り替えなければならなかったのですが、ずっと放置していたのです。
もともと2号は、それほど出番がなかったですし、XPのサポートが終了してからは、ほとんど起動させていなかったものですから。

放置の結果として、2号をWindows7に変身させる手間が発生。

脱力感にさいなまれながらも、2号をWindows7に変身させると、乙号が華麗に姿を現しました。
「やれやれ、やっとここまで来たわい」と安堵し、乙号に入っている主なデータを2号の中にコピーすると、今度は2号の動きが極端に遅くなってしまいました。

原因は、2号のハードディスクの容量不足。

2号を入手したのは、1号に何かあった時の保険です。酷使するつもりもなかったし、あくまで「サブ」扱いだったので、2号は1号よりも機能が低いです。
それでも、必要十分だと思っていました。

だけど、ここまで非力だったとは。
大丈夫だろうと軽く考えていた自分が、ちょっと腹立たしく思えました。

何はともあれ、この遅さでは仕事になりません。乙号はバックアップ用のディスクなので、「マイドキュメント」代わりのハードディスクが必要です。
どうしようかと悩んでいた時に思い出したのが、ずいぶん前に入手したものの、使う機会がないまま保管していた、中古の外付けハードディスクの存在。

早速それを引っ張り出してきて、乙号からコピーしたデータを、外付けハードディスク内に移動すると、2号パソコンの動きは元通りになりました。

不具合発生から、既に1日半が経過。データを無駄にコピーしたり移動したりするだけで、時間がどんどん過ぎていく、まさに泥沼状態。
ふたを開けたままのパソコン、とっちらかる付属品やマニュアル。部屋の中は、どんどん雑然としていきます。

【次回に続く】




この泥沼には、自分から突っ込んでいったようなものです・・・。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき

先日ちょろっと書きました、パソコンの不具合の件
あれからいろいろあって、一旦は全面解決したのですが、その数週間後に想定外の事態が発生し、「ほぼ解決」に至ったのは、実は昨日でございます。

インクジェットプリンターの時といい、トナー事件の時といい、数年に1度は、パソコン周りの泥沼事件が発生します。
今回も、泥沼にはまりました・・・。

すべてのはじまりは、7月下旬。普段使っているパソコン(当記事内では「1号」と呼びます)を使って、ネットで調べ物をしていた時のことです。
マウスをほんの数ミリ動かした瞬間に、画面がはではでのしましまに。

デスクトップ画面

何度再起動しても、「ようこそ」画面は、こんなことになるし。

「ようこそ」画面

まずは、不具合の原因の絞り込み。
最初に、ディスプレイの故障かどうかを調べるために、もう1台のディスプレイとつなぎ替えてみましたが、症状は変わりません。
次に、パソコンとディスプレイをつなぐケーブルの不調ではないかと考え、別のケーブルに交換してみましたが、改善されません。

パソコン本体の不調であることは、ほぼ確定です。

そこで、別PC(当記事内では「2号」と呼びます)を立ち上げ、ネット上の情報を当たってみたところ、ビデオボード(グラフィックボード)あたりの不具合ではないかと思われました。

1号と2号は、入手時期や仕様は違うものの、同じメーカーのデスクトップパソコンです。
それならば、とりあえずの対応策として、双方のグラフィックボード(当記事内では「グラボ」と呼びます)を入れ替えればいいんジャマイカ。

ナイスなアイデアに我ながら感動しながら、パソコンからケーブル類をすべて引っこ抜き、1号と2号のふたを外してみました。
中をのぞいて、あらびっくり。

利用をもくろんでいた2号のグラボは、取り外すことができないタイプ。
さらに1号のグラボは、筐体内のあちこちにねじ留めされています。部品やケーブルががっつり詰まっていて見えにくいため、短時間で容易に取り外せそうにありません。

グラボだけを購入することもできますが、パソコン内の部品のため、日本橋などの電気街にある専門店や、大型電気量販店でしか扱いがありません。仮に、近所の電気量販店に在庫があったとしても、グラボには様々な種類があるので、1号に最適なものが選べるかどうかもわかりません。

どうしよう。
使い始めて4年ほどになるので、メーカーの保証期間はとっくに切れています。

困ってしまった私は、パソコン購入時にいつも相談にのってもらっている知人に連絡を取り、今後の対策を協議。
その一方で、しばらくの間は2号を使って仕事をすることにして、1号に増設していたハードディスクを取り外しました。

取り外したハードディスクには、「マイドキュメント」などに保存されているデータが、一切合切すべてバックアップされています。
つまり、このハードディスクを2号に装着すれば、仕事が継続できるというわけです。

しかしこの2号、私をさらなる泥沼へと導くのでありました。

【次回に続く】




この時くらいまでは、さほど焦燥感はなかったのです。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき

 


父用に購入したのですが、結局私が使っているボネコの加湿器

加湿器

外気温が下がり、結露がひどくなりはじめたので、今年も24時間換気スイッチをオン
換気スイッチを入れると部屋が乾燥するので、加湿器を引っ張り出してきたのですが。



故障です。



2年連続で、正月に故障アイテムが出現。

ここんとこで、今年1年の悪運を払っておけということですね。わかりますよ、わかります。
神様、仏様、ご先祖様、ありがとうございます。(; ;)

まあでも、去年のプリンターとは違って、緊急性がないのが幸い。
メーカーのデロンギに電話したら、すぐ対応して下さったし。

この加湿器は3年保証なのですが、ネットショップで購入ボタンをぽちっとしたのが2008年1月3日、手元に届いたのが1月13日。
厳密にいえば保証期限をほんの少し過ぎてるんですよ。

もしかしたら有償修理になるかもしれないと思い、おそるおそる対応してくれた担当者に聞いてみると、

「大丈夫です。無償修理対象になりますよ」

正月休みも入るし、ネットショップで購入される方も多い昨今、ある程度余裕を見てくれるようです。ほっとしました。

商品は運送会社の方が取りに来てくれ、修理が完了したらまた送り返してくれるとのこと。やれ、ありがたや。

ボネコの加湿器は、決して安価な商品ではありません。
購入時は悩んだのですが、使ってみるとやっぱりよかった。シーズンオフのお手入れが、少々めんどくさいのが難点ですが。

家電製品は、ちょっと奮発して長く使い続けるのが、マイポリシーでございますよ。




換気して乾燥するから加湿するということに、若干の矛盾を感じるのだが。

 

 

 

Boneco ディスク型気化式加湿器 「ディスクエヴァポレーター」 【最大約30畳】 1355WH

新品価格
¥26,275から
(2011/1/5 23:03時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

 

 

 

 

 

 



【追記 その1】

昨日一昨日と書いた記事へのコメントを読んで、はたと気付いた私。

ID Managerのデータバックアップは、基本的に上書き保存。世代管理などはしていない。
もし、ID Managerのバックアップ元を間違えずに、きちんと最新データがバックアップされていたとしたら、エラー発生のタイミングによっては、ぶっ壊れたデータがバックアップされていたかもしれない、ということ。

もしそんなことが発生していたら、今回のようなデータの復旧は不可能だった。

はあああああ。なんじゃそりゃあ。

ダウンロードしたソフトとか、仕事で使用する大事なデータとか、絶対なくしたくないものは、不定期にUSBメモリーに別途コピーしているけど、今度からはID ManagerとかFFFTPのデータとかも、USBメモリーにコピーすることにしよう。


【追記 その2】

昨日の記事をアップしてから気付いたのだが、ID Managerを終了させる時に「世代バックアップに失敗した」という意味合いのメッセージが出るようになりました。

「C:¥Program Files」内の「idm」フォルダーに強引にデータを放り込んで、テストしていたのが原因だと思い、解析するのもめんどくさいので、一旦ID Managerをアンインストールすることに。

しかし、「プログラムの追加と削除」の一覧からは消えましたが、プログラム自体は全く削除されません。

3月にパソコンを更新し、古いパソコンに残っていたID Managerのデータ移行をした時には、「ファイルの仮想化」なんてことを全く意識していなかったので、「C:¥Program Files」の「idm」の中にデータを直接放り込んでいたのです。

よく考えたら、なんで無事に動作していたんだろうな・・・。

想定外のことをしでかしているので、アンインストーラーが正常に動作しなくなったのかもしれません。

そこで、「idm」フォルダーをまるごと削除し、ID Managerを再インストールして動作させると、エラーメッセージは出なくなりました。

ちなみに、ソフトをアンインストールしても、別の場所に書き込まれているデータファイルは消えないので、不要なら自分で削除する必要があります。

あー、もう、OSによっていろいろ変わるから、めんどくさいわ。




私のPCのそばで、ちんまり鎮座しているUSBハブです。

ロアス 4ポートUSBハブ レッド UH-2214UR

新品価格
¥930から
(2010/8/22 21:39時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ



ID Managerのデータクラッシュが発覚する前日のこと。

1日の作業が終わり、いつも通り「シャットダウン」のボタンをポチッとクリック。
そのまま画面を背中にして、私は書類のシュレッダーを始めました。

しばらくして、ふとパソコンの方を振り返って、びっくり。
真っ青な画面に、白文字で英語が羅列されていたのです。

うわー、こんな画面、ずいぶん久しぶりに見たような気がする。
一瞬感慨に浸ったものの、由々しき事態発生です。

そのまま何もせずに画面を凝視していると、ひとりで勝手にシャットダウン、その後、再起動。そして、「さっきウィンドウズが異常終了したけど、普通通りに立ち上げてええか、どないする?」みたいなメッセージが表示されたので、私はそのまま通常通りに起動させました。

無事何事もなく、通常起動。再度シャットダウンさせましたが、きちんと終了し、電源も落ちました。

この一連のできごとが、ID Managerのデータクラッシュの一因ではないかと。

私は一旦ID Managerを起動させると、パソコンをシャットダウンさせるまで、ソフトをタスクトレイに常駐させる設定にしています。
パソコンのシャットダウン前に、ID Managerを終了させたことはありません。

もしかしたら、パソコンシャットダウン時にID Managerを終了させるタイミングと、ブルー画面出現のエラー発生のタイミングに、問題があったのかもしれない。
長いことID Managerを使っているけど、こんなこと、初めてだ。

さて。

古いとはいえ、バックアップデータが残っていたおかげで、被害は最小限にとどまりました。ログイン用のIDさえわかっていれば、パスワードの再発行は簡単ですからね。

だけど、ネットバンキングだけはダメ。
割とこまめにログインパスワードを変更しているせいで、バックアップデータに残っていたパスワードは、使い物にならなかった。

それでも、りそなUFJは、めんどくさい作業は必要だったものの、ネット上でパスワードの再設定が可能でした。
しかし、三井住友住信SBIは、ログインパスワードがわからなくなったら、郵送手続きが必要。

住信SBIはネット銀行なので、比較的早く動いてくれるけど、三井住友は手続きに1〜2週間かかるようだ。
支店やATMは、市内中心部まで足をのばさないと、ない。

はあああああ。
まあ、そんなに頻繁に銀行に行くわけではないので、いいんだけどね。

あとは、なぜバックアップデータが古いままだったのか。

ID Managerのインストールは、「C:¥Program Files」内に「idm」というフォルダーが作られ、その「idm」フォルダー内に必要なファイルがコピーされます。
データファイルも「idm」フォルダー内に格納されているため、私は「idm」フォルダーごと別のハードディスクにコピーする方法でバックアップを行っていました。

しかし、今年の3月に今のパソコンにID Managerをインストール、データを前のパソコンから移行してすぐバックアップを取った時から、更新日付が変わっていないのです。
BunBackupのログを見ると、正常にバックアップされているのに。

あちこち調べたおして、やっとわかりました。

TNさんのサイト「パソコンFAQ」に、詳しく記載されていました。

Windows Vista/7 のファイルの仮想化(Virtualization)について

Windows Vistaからは、ファイルとレジストリの仮想化という機能が実装されています。この機能は、具体的にはユーザーの操作によって特定のファイルやレジストリエントリに書き込みが発生した場合に、自動的に別の場所に書き込む機能です。
「パソコンFAQ」より抜粋


Vistaも7も、ソフトがインストールされる場所は、C:¥Program Filesというフォルダーの中です。これは、XPの時と変わりません。

ソフトを動作させることによって、データは刻々と変化します。
XPまでは、そのデータの更新は、C:¥Program Filesの中で行われていました。
しかしVistaからは、C:¥Program Filesの中でデータの更新が行われないよう、仕様が変更されていたのです。

今まで私は、全く変化のないデータを、毎日毎日バックアップしていたということなんですね。

はあああああ。
今までノントラブルだったんで、バックアップデータをしっかり見たことがなかった。

同様の方法で「FFFTP」もバックアップを取っていたんだけど、こちらも最新データが反映されていなかった。

はあああああ。

こうして、まつがっていたバックアップ元を変更することになりましたとさ。
怪我の功名、ということにしとくかな。




今回の「ファイルの仮想化」について、以前に友達が話していたことが、今やっと理解できましたわ。

仮想儀礼〈上〉

新品価格
¥1,890から
(2010/8/21 23:22時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ




このソフトが使えなくなると、私も使えなくなる。
それが、ID Manager。

>>作者であるwoodensoldierさんのサイト
>>ベクターのサイト


過去に「私を使えなくするためには。」という記事で、このID Managerを使いたおしているということを書いてから、2年以上。

今でも使わない日は、1日としてありません。超ヘビーローテーションです。
私自身が使用するIDやパスワードはもちろんですが、仕事でお世話になっている会社で必要なIDやパスワードまで入ってます。

さて、本日金曜日のこと。
いつものようにパソコンを立ち上げ、デスクトップに置いてあるID Managerのショートカットをダブルクリック。
パスワード入力画面にパスワードを入れて、エンターキーをぽんと叩く。

エラー。

タイプミスかと思い、再度入力。

またエラー。

何度入力し直しても、ソフトが起動しないのです。

えらいこっちゃ、えらいこっちゃ。ほんまにえらいこっちゃ。
私、使用不可になっちまいますよ。

焦りまくって、作者のサイトに飛んでいってFAQを読むと、こんな記述を発見。

▼ログインができなくなってしまった
ログインが出来なくなってしまったときは、データが壊れてしまった可能性が高いです。「データが壊れてしまったら」を参考にしてみてください。

データが壊れた? そんなバカな。

そこで、「データが壊れてしまったら」の項目をチェックし、バックアップファイルの復元作業をしてみました。


ちっ

ちっ

ちっ

ちーん。




玉砕。


復元できない(×_×)。


しかし私は、こんな時のために、普段からBunBackupでバックアップを毎日取ってるのよ。
バックアップデータを生かせるの、初めてだわ。

ID Managerに関しては、「Program Files(x86)」にインストールされた「idm」というフォルダーごと、別のハードディスクにコピーしていました。
いそいそとそのバックアップデータを見て、ふと疑問がわきました。

なんで更新日付が、今年の3月のままなんだろう。

今年の3月に、今のパソコンにソフトをインストールし、データを前のパソコンから移行、最初にバックアップを取った時から、更新日付が変わっていないのです。

あれー?

頭の中は「???」で一杯だったけど、その原因究明は後回し。
まずは、更新日付が3月のデータで、ソフトが起動するか試してみました。

ちっ

ちっ

ちっ

ちーん。




無事起動。

ということは、昨日まで使用していたデータのクラッシュが確定。

なんで???

あ、もしかして・・・もしかしたら、あれか。

<次回に続く>




「あ、バカなことをしてやがる」と思っている人、きっといるでしょうね。

パスワード7[ほうれん草]1dl

新品価格
¥451から
(2010/8/20 23:22時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:今日のこと


今年は、本当にいろいろな物が壊れます。

小さい所では、ガラスコップ。今年だけで、2〜3個がお亡くなりに。
私が手を滑らせたことより、食器同士のほんのちょっとの接触で、ぱりりんと割れるパターンが多い。10年以上使っているものばかりなので、あきらめもつくけど。

食卓の上にある、ガラス製のペンダントライト。10年ほど前に購入したもの。

ペンダントライト

先日、プラスチック容器がちょっと当たっただけで、きれいにひびが入りました。

ペンダントライト

今まで、頭をぶっつけたこと、数知れず。他にもいろんなモノががんがん当たっても、びくともしなかったのに。

ガラスって、割れる「目」みたいなものがあるのかなあ。
ああ、でもどうしよう。このライト、高かったんだよなあ。とりあえずはそのまま使えるけど、危険だし、なんか貧乏くさいし。

他にも、当ブログでさんざんぼやきまくった、正月早々にぶっ壊れたインクジェットプリンター。このプリンターの修理にてこずっている間に、テレビまで故障しやがった。

そして先日。今度はリビングのエアコンが故障。
冷風が出ず、閉めきった部屋がますます暑くなるという、ギャグマンガみたいな事態に。

購入した電気店に連絡し、今日、メーカーの修理部門のお兄ちゃんが見に来てくれました。
出現していたエラーコードをあらかじめ伝えておいたからか、彼が持参した台車には、大きめの荷物が積まれていました。

ちょこちょこっとクーラーを触った彼。

「冷媒ガスが少なくなったために、冷えなくなっている可能性が高いですね」
「冷媒ガス?」
「この冷媒ガスが、何らかの原因で漏れているのではないかと」

冷媒ガスというのは、空調になくてはならないもの。そのガスを充填すれば、たぶん冷えるようになるだろうとおっしゃる。
しかし今回不具合が出ているエアコンは、まだ購入して3年ほど。なおかつ、昼間はほとんどリビングにいないので、稼働率はかなり低い。

それなのに、なぜ?
それに今回ガスを充填してもらったとしても、また2〜3年後に同じことが発生する可能性が高い。

どこからガスが漏れているのかなど、ガス漏れの根本的な原因は、詳しく調査しないとわからないそうです。

「設置の時などのちょっとしたズレで漏れる時もありますし、ナットをきつく締めすぎることで、ナットが破損して漏れるっていう場合もあります」
「だけど、まだ3年ほどですからねえ。こんなこと、初めてです」
「設置して1年くらいで、ガス漏れが発生する時もあるんですよ」

はっきりとはおっしゃらなかったけど、エアコン本体の不具合というより、設置時の配管工事が原因の可能性が高いみたい。

しかし今は、エアコンのオンシーズン。
だから今回は、原因究明は後回しにして、とりあえずガスを充填して使えるようにする。今回充填すれば、まず今シーズンは大丈夫だろう。
点検は、秋から冬のオフシーズンに行ってはどうだろう。希望されるなら、後日連絡を入れる。

お兄ちゃんは、そう言ってくれました。

「その点検って、どのくらいの費用がかかるんですか?」
「この関連の保証期間は、5年あるんです。ですから基本的には、無料でやらせていただけると思います」

そこでおにいちゃんの提案を受け入れ、ガス充填作業が開始。

室外機の横のカバーを外し、ガス圧をチェックしながら、慎重にガスチャージされていました。

冷媒ガス充填

冷媒ガス充填


網戸ごしの撮影なので見えにくいですが、これが冷媒ガスです。

冷媒ガス充填

ガスが充填された瞬間、クーラーから冷風が吐き出されてきました。
当たり前なのですが、その鮮やかな効果にびっくり。

作業を終えたおにいちゃんが、私に声を掛けてきます。

「どうですか?」
「ガスを入れた瞬間に、冷たい風が出てきました〜」
「あ、そうですか」

作業時間は5分程度。あっという間に解決です。

だけど、いつからこの症状が出ていたんだろう??

「冷媒ガスって、暖房の時は使われるものなんですか?」
「はい。だけど冷房の時ほどではないですね」
「ということは、もしかしたらこの冬に暖房してた時に、既に症状が出ていたのかもしれないですね。わからなかっただけで」
「そうですね」

それにしても、購入してから10年前後の電化製品は、今まで1度も故障せずに機嫌良く動いているのに、購入してから2〜3年の製品が次々と不具合を出すって、どうよ。

しっかりしてよね。




でも、すぐに来てもらえてよかったよ。お世話になりました。

よくわかる電気のしくみ (図解雑学)

新品価格
¥1,575から
(2010/7/21 23:01時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ


JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


【拝啓 上新電機様】

実は、プリンター故障で大騒ぎしている合間に、さらなる故障が発生。
プリンターと同時期に購入した、小型液晶テレビ。

BSとCSは問題なく映り、アンテナ感度も振り切れそうなくらい良好なのに、なぜか地デジとアナログ放送だけが映らなくなってしまったのです。アンテナ感度もゼロ。

うちはマンション。共同アンテナから各部屋にテレビアンテナ端子が来てますので、分波器を使ってテレビに接続。もし共同アンテナが故障しているのなら、マンション中は大騒ぎのはずですが、そんな騒動はありません。
ですから原因は、分波器かテレビの地デジチューナー、いずれかの不具合の可能性が高い。

テレビの方も5年間保証に入っていたので連絡すると、その日のうちに上新電機のサービスマンが来てくれました。
ちょこちょこっとチェックし、「あ、これはおかしいですね」とおっしゃって、そのまま故障したテレビを持って帰られました。

その時に思ったのです。
プリンターと違って、このテレビならお店まで楽々運べるのに、と。

引取対象品ならば、私でも持ち運び可能なテレビを取りに来てくれて、10キロ近くあるプリンターは取りに来てもらえないなんて、絶対おかしい。

テレビもプリンターも、修理時にかかった費用はゼロ。もっとも、購入金額の数パーセントを保証金として支払ってはいるのですが、それが保険というものです。助かりました。
ですが、もっと臨機応変なものにならないんですかね。

私のix5000は、A3用紙対応プリンター。がっちりしてて、ようかんみたいな形してます。持ち手もないので、すごく重いし運びづらい。
車を持っている人とか、店舗がすぐ近所にあるならいいけれど、私は車を持っていないし、一番近い店舗でも徒歩20分はかかります。

私はたまたま友達に手伝ってもらえましたけど、非力な方、一人暮らしの方、ちょっと高齢の方だったら、ひとりでの運搬はかなりの重労働です。

経年劣化ではない、部品不良などによる故障爆弾って、購入してから2〜3年のうちに爆発することが多いと思います。
上新電機の保証制度は、いざという時にとても役立つものだと思います。だからこそ、より魅力的で、さらに価値のあるサービスにしてほしい。

たとえば、【保証期間3年・引取サービス1回付き】【保証期間5年・引取サービスなし】など、複数の保証案を提示してほしい。
プリンターを例にとっても、大きさも形も重さも仕様も、今ではピンからキリまであるのですから。

これからのシニア世代は、パソコンを知ってるよ。家電にうるさいよ。腕力は衰えても、口は達者、でも子供に頼ってばかりもいられない世代の人口が、これからどんどん増えるんだからね。

保証の責任範囲を明確にするのは大変だろうけど、考えてほしいなあ。

もう昔のように、右肩上がりで物が売れる時代じゃないです。ヨ●バシとかヤ●ダみたいな、画一的な超大型電気量販店ではできないことにチャレンジするのが、「唯一関西資本」が進む道だと思うよ。阪神グッズとかリラックマグッズをばらまくのもいいけどさ。

客と作業者の間に立って、右から左へ伝言するだけとか、修理品を修理担当会社に回すだけなら、私でもできるよ。
店頭での不具合チェックも、なーんもしないじゃない。そんなんで儲けちゃダメだよ。テレビの引取だって、普段の修理とかサービスの合間の仕事でしょ?

あと、今回の修理騒動とは全く関係がないけど、修理完了連絡をしてきてくれた女性スタッフが、うちの電話番号を携帯だと言ってたよ。
ひかりインターネットとかのフェアを店頭でやってるんなら、050で始まる電話番号がIP電話だということくらい、勉強してよね。素人さんならともかく、電気量販店で働いているんだから。


【拝啓 カワイ事務機様】

言いたいことは、前回までのシリーズで、ほぼ言い尽くしました。
一番声を大にして言いたいのは、問題の切り分けをもっと早くしてほしかったということ。

2度目の修理時に現象が再現しない段階で、何らかのアクションを起こしてほしかったです。上新電機との兼ね合いもあるのでしょうが、プリンタの3往復なんてバカなこと、したくなかったです。

今回の修理の責任所在は、いったいどこにあるんでしょう。御社ですか? 上新電機ですか?


【拝啓 キヤノン様】

我が家にパソコンがやってきたのは、もう10年以上前のことです。
形のかわいさで、BJCシリーズのプリンターを選んだのが、キヤノン製プリンターとの出会い。正確な型番は忘れちゃいましたけど、たぶんBJC-440Jだったと思う。

思えばあの頃は、パソコンもプリンターも、めちゃくちゃ高かった。(; ;)

それ以降、家で使用するプリンターはずっとキヤノン製。使いやすいし、故障もないし、印字もきれいだし、他のメーカーに浮気したことは1度もありません。

数年前まで皆無だったプリンターのトラブル。
それなのに、去年はレーザープリンターのトナー不良が発生、今年はインクジェットプリンターが2年で故障。

運が悪いと言ってしまえばそれまでですが・・・。

目新しい新製品も結構ですが、クオリティの高い製品作りに、より一層取り組んでほしいです。
お客様センターの方はみんな丁寧に対応して下さるのに、もったいないです。


まとめて【敬具】



最後におまけ。

修理に出したテレビは、約10日ほどで我が家に戻ってきました。
引取に来てくれた方が、取り付けと動作確認をしてくれ、あっという間に終了。

「どんな修理だったんですか」
「基盤交換ですね」
「地デジチューナーとかの交換じゃ、ないんですか」
「ああ、このタイプのテレビはね、基盤が2枚しか入ってないんです」
「2枚だけですか」
「電源関連の基盤と、それ以外の地デジチューナーとかが付いてる基盤。今回は電源関連の故障じゃないので、もう1枚の方の基盤を交換した、ということですね」
「へえ・・・」
「それと、画面をごしごし雑巾とかでこすらないで下さいね。液晶が痛みますから」
「・・・ああ、ブラウン管テレビの時の癖で・・・」
「そうされる方が多いんです。液晶画面には、ブラウン管テレビのように、埃はほとんど付きませんから、軽くなでるようにね」


これにて、【キヤノンインクジェットプリンター「ix5000」の修理騒動シリーズ】を、終了させていただきます。
あー、しんどかった。




やっぱり、人の不幸は蜜の味なんだねえ。このシリーズのアクセス数のよさといったら。
やだよ、まったく。

マスプロ VU/BS(CS)セパレーター(分波器)2600MHz対応 CSR7D-Pマスプロ VU/BS(CS)セパレーター(分波器)2600MHz対応 CSR7D-P

マスプロ電工 2008-08-01
売り上げランキング : 432

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ



JUGEMテーマ:OA機器


プリンターを発送してから、2日経過。
木曜日に発送したので、カワイ事務機に到着するのは金曜日。到着したらすぐ修理にかかってすぐ出荷するとおっしゃってたので、土曜日には届くか。
勝手にそんな風に思い込んでいたのですが、何も届きませんでした。

あーあ、こんなことなら、出荷日をしっかり確認しとけばよかったよ。
こりゃあ、月曜日に連絡するしかないか。

あきらめムードだった、翌2月7日の日曜日。
何の前触れもなく、プリンターがどどんと到着。

おーい、せめて出荷前に連絡くらい入れろよな。

ひとりごとをつぶやきながら、開梱にかかります。
さあ、動くか。今度こそ、大丈夫か。いや、その前に。

添付されていた修理票に、まず目を通しました。
処置内容の欄には、こう印字されていました。

現象確認致しました。
下記部品の不具合を確認致しましたので、交換を行いました。
→正常動作確認、正常印字確認致しました。

ああ、無事、再現されたんだ・・・。

もうそれだけで、感涙にむせぶ私。

さあ、いよいよ、パソコンと接続。

ちっ、

ちっ、

ちっ、

ちーん。










動いた!



3度目の正直で、やっと修理が終わったよ。うれしいよ。やっと使えるよ。

\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ!

これまでいろいろな電化製品の修理をお願いしましたが、これほど修理が終わってうれしかったことって、初めてです。
何しろ故障発生が元旦だから、修理完了までに1ヶ月以上かかったことになるのです。年始の混雑時期とも重なりましたし、メーカーのキヤノンに直接依頼しなかったという理由を鑑みても、時間がかかりすぎです。

ただ、修理前に比べ、やや印刷時の音が大きくなったような気がしました。

さっそく依頼されていたカタログ印刷を始めた私、印刷の合間に再度じっくり修理票を見て見ました。
交換された部品は、「ロジックボード」とあります。

ロジックボード?

そこで、翌日の月曜日、カワイ事務機のMさんに電話してみることにしました。

というか、してこいよー。

無事動作したと報告すると、「しばらく様子を見て、もし何かありましたら、上新さんじゃなく、こちらに直接ご連絡下さい」とおっしゃったMさん。

上新電機の存在価値がありません。

「ところで、ロジックボードって何なんですか?」
「センサーを制御する基盤で、パソコンでいえばCPUに当たる箇所です。今回は何らかの理由で、その基盤に不良が発生したということです」
「なぜ、そんな不良が発生したのかはわからないんですか?」
「・・・それはこちらでもわからないんですよ」

こちらとしては、2度とこういうことが発生してもらっては困るわけで、そうならないための対策を聞きたかったのですが、簡単に原因がわかるような単純な問題でもないみたいです。

様々な部品の相性とかもあるでしょうし、タイミング的なこともあるでしょうし・・・。

そんなこんなで、一連の修理騒動は一応終結しました。


あれから2ヶ月ほど経過しましたが、プリンターは機嫌よく働いてくれています。
だけど、カワイ事務機とプリンタをやりとりした箱が、まだ捨てられずにいる私。

プリンターの箱

もうそろそろ、処分しても大丈夫かな・・・。


【あと1回、総括編をしつこく続けます】





要領と気配りのバランス配分って難しい。私も偉そうなことは言えないけど。

3ヵ月で、いっちょまえ―要領3に、気配り7で、「できる仕事」の技術が身につく (リュウ・ブックス アステ新書)3ヵ月で、いっちょまえ―要領3に、気配り7で、「できる仕事」の技術が身につく (リュウ・ブックス アステ新書)

経済界 2007-04
売り上げランキング : 171120

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ



Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM