名簿流出はあきらめるとしても

見ず知らずの会社から、DMが届いた。今時こんなことはちょくちょくあるので、大人な私はいちいち目くじらを立てたりはしない。でも、今回のは目に余る。

私の住所・氏名が印字された宛名シールの真下に、これまた全く見ず知らずの人(仮名:A氏)の宛名シールが貼られているのだ。要するに、シール2枚重ね状態である。機械で貼っているからこんなことになったのだとは思うが、ちょっとあんまりである。それに、宛名シールはかなり安物の紙。だからA氏の個人情報がすけすけである。

それに、重ねて貼られた宛名シールの大きさは同じだけど、私とA氏の住所・氏名の印字位置や方法が若干違うのだ。加えて、こういった宛名シールにつきものの「お客様番号」が、全く違う。もひとつ腹が立つのは、このDMは第3種郵便物という送料が通常よりかなりお得な形態で送られてきているのだ。
結局、このDMが届くまでの道のりは

デジタル化した名簿を複数ゲット

安直に宛名シールを大量印刷

そのシールを機械で貼って、その後はノーチェック

第3種郵便物かつ大量一括送付という二重割引特典を享受して実に安価で送付

仕事終了

実に安直きわまりない商売だ。お仕置きにURLをさらしてやろうと思ったけど、このDMを送付代行したらしい会社はHP持ってないし(-.-)

クロスカットシュレッダーでこの宛名シールは即時粉砕しますけどね、個人情報流出に敏感になっているこの時代に、もうちょっと誇り持って仕事して下さいよ、アテナサービス社さん。

責任者出てこい! | comments(0) | trackbacks(0)

きれいなオーロラ

NASAのホームページに掲載されてました。すごくきれいです。

オーロラの写真


こんなん、出ました | comments(0) | trackbacks(0)

ウクライナの人でした。

前回書きました出張セットアップサービスに、行って参りました。

「歩いて1分、かからない」という彼女の言葉通り、お住まいのマンションは地下鉄の駅前にあり、セキュリティ付きの豪華新築マンション。部屋の前には、立派な表札が掲げられていました。それも


日本人男性名と、連名の。


私、ピンポンを押して彼女の顔を見るまで、勝手に東南アジア系の人だと思いこんでいたのです。日本に出稼ぎに来ている人が多いって聞きますし。でも、出てきてくれた女性は若い白人女性。オリンピックの新体操選手にいそうな顔立ちです。

パソコンを見た瞬間、パソコンおたくである知人に同行してもらってよかったと思った私。だって、電器屋の店頭でしか見たことのない、テレビが映るパソコンだったんだもん。それも、外資系メーカーの通販モデル。
パソコンのセットアップくらいは大体1人で行う私が、あまりに整合性がなくてわかりにくい取説にくらくらしました。3カ国語くらい併記してありましたが、


初心者には絶対読みこなせない。


知人が必死で作業する傍らで、私は好奇心に負けて彼女に質問。

「お国はどちらなんですか」
「ウクライナ」
「ひぇ〜、遠いところから来られたんですね〜。もう何年になるんですか」
「2年くらい」




2年!



置いてあるパソコンは、テレビが映る最新型パソコン。
部屋にはLAN端子があるのに、ADSLの契約をしている。
全てのユーザー登録名や運送便の送り状の宛名は、表札の男性名。
マンションは、新築。
家具があまりない部屋は、とても広く見える。
そして、2人で生活しているという「におい」がしない。

どういう事情で日本に来られたのかはわかりません。夜に働いていると言っていたので、きっと大変なこともあるでしょう。
でも、片言だけれど生活に困らない程度の日常会話ができ、彼氏をつかまえ、駅前の新築マンションに住まわせてもらい、高そうなパソコンを買ってもらっている彼女。携帯もデジカメもFAXも、洗濯機も乾燥機もお持ちです。何よりも、明らかに普段は一人暮らしだと思われるのに、彼氏は連名で表札を出してもよいと許可しているのです。これって、すごいです。それも、2年という短期間で、です。

すごすぎます。

あれも、これも、彼女なりにきっと努力したんだろうな。それよりも、「パパ」の顔が見てみたい。どんな人なんだろう。


ええ仕事しまっせ(できごと編) | comments(0) | trackbacks(0)

外人さんから電話!

いやぁ、びっくりしました。アジア系の出稼ぎ外国人女性と思われるのですが、地元のフリーペーパーに私が掲載している広告を見て、たどたどしい日本語を駆使して電話連絡してこられました。まぁ、「たどたどしい日本語」といえども、私の英会話力とは比較にならないくらいお上手ですが。

用件は「パソコンのセットアップ」依頼。パソコンを購入して箱から出したままで、1回も電源を入れていないとのこと。もちろん、プリンターともつながれていないらしい。「『いんてるねっと』が使いたい」とのことです。

でももっと詳しいことは、行ってみないとわからない。

訪問は明日。ちょっと不安なのでパソコンに詳しい知人をとっつかまえ、一緒に行ってもらうことにしました。

どうなることやら。

ええ仕事しまっせ(できごと編) | comments(0) | trackbacks(0)

書けた!

更新がこのところ滞っていて、申し訳ないです。
2〜3の仕事を並行して行っている状態なのですが、一番頭を悩ませていたのが「店舗調査の文章作成」なる仕事。

覆面調査員がいろいろな店舗を訪問して接客を受け、その結果を指定調査項目に従ってレポートにまとめます。そのレポートをもとに、各店舗に配布される調査結果に記載される文章―ここを直した方がいいとか、ここは素晴らしいとか、上げたり下げたりしながらアドバイスするような文章―を書く仕事です。ここ1ヶ月弱の間、かかりっきりになっていたのですが、まかされていた件数が、



50店舗。



何しろ初めての体験。それに行ったことも見たこともない店舗ばかりです。すんごい、ハードでした。
時間が空いた時にまとめて書いたりしていたのですが、根性なしの私は3軒分も連続して書こうものなら、



脳みそ破裂。



でも最高で、1日6店舗分くらい書いてましたね。

1店舗につき4人の調査レポートが上がってくるのですが、一応重点的にチェックする項目は決まっているとはいうものの、それぞれ視点が違う。
例えば、中華料理屋で調理している人の制服が汚れていることに関しても、「仕方がない」と感じる人と「不潔だ」と感じる人がいて、評価が違う。
同じ店舗を調査していても、時間帯によって従業員が入れ替わったりするので、激賞して褒めちぎっている人もいれば、店舗としてなってないと激辛コメントを書く人もいる。
様々な意見をミックスしてまとめないといけないのが結構大変で、頭を悩ませました。

でも、調査レポートを読んでいるとおもしろいです。調査員の個性やら性格までにじみ出てます。重箱の隅をつつくような性格の人、きっと店員から良く思われていないんだろうなと感じられる人、ちょっと「おたく」が入っている人、様々です。

そんなこんなで、やっとのことで、全店舗分の文章が書けました。まだ見直ししないといけませんが、とりあえず書けました。
クライアントからどんな評価が下されるかわかりませんけどね。こんな文章を書くやつに、もう仕事はまかせられないと言われるかもわかりませんけどね。

とにかく、疲れました。しんどかった。



ええ仕事しまっせ(できごと編) | comments(0) | trackbacks(0)

慌ててるキリギリス

久方ぶりに、来てます。ばたばたしてます。

この夏は本当に仕事が暇で、どうしようかと思うくらいでした。それでも根が「ありとキリギリス」のキリギリス的性格の私、食べていけないと真剣に悩みながらも何してたかっていうと、

パソコンでゲーム・・・90%
飯・風呂・寝る・遊ぶ・・・9.9%
仕事・・・一瞬のまばたきほど




危機意識、ゼロ。



それなのに今、あれやこれやといっぺんに動き出してどたばた状態。でもやっぱり遊び時間は減らさないので、しっちゃかめっちゃか。
ありさんにはなれないキリギリスひー、慌てまくってます。

仕事は一括ではなく、分割リボ払いでやってきてほしい。


ええ仕事しまっせ(できごと編) | comments(2) | trackbacks(0)

赤い月

数日前に家の窓から見えた、赤い月。


赤い月
こんなん、出ました | comments(0) | trackbacks(0)

おうえんしています

友達のこども、たけちゃん、4才、男。時々彼から、解釈に困るメールがやってくる。先日も、

おうえんしています。たけより

意味不明。


で、返事を送った。

おうえんありがとう。でも、なにをおうえんしてくれてるの?

しばらくして、また返事がきた。

おうちのおそうじをしているのでおうえんしています。たけより

おそうじ、してへんし(-.-)



おそうじのおうえんよりも、仕事の応援してよ、たけちゃん。



そんなやつ、おらんやろ | comments(4) | trackbacks(0)

同い年

40代突入Xデーが、刻一刻と迫っている。あと1ヶ月だ。カウントダウンだ。私の30代はどうだったんだろう・・・と振り返りまくりの、今日この頃。

東海道新幹線が開通し、東京オリンピックが開催された年に私は生まれた。つまり私は、新幹線と日本初のオリンピックと同い年なのである。
何だかおもしろそうなので、他にも人間以外の同い年の輩がいないか検索してみた。そしたらいたいた、有名どころ。


その1 ヒガシマルうどんスープ
うどんスープ

うどん好きな関西人で、これにお世話になったことがない人は、たぶんいないでしょう。1家に1箱。常備薬みたいなものです。
我が家にもかつて、ぎょうさんストックがありました。賞味期限は切れるものだという認識がない母親のせいで、溶けて固まってしまったうどんスープが。物を大切にせず、ヒガシマルさん、ごめんなさい<(_ _)>


その2 かっぱえびせん
かっぱえびせん

♪やめられない、とまらない、カルビーかっぱえびせん♪
このCMを聞きながら、私は育ちました。そして、よく食べました。それでお腹が一杯になり、ごはんが食べられず親に怒られるという、子供の王道を進んでました。こんな要領の悪い子供、あちこちにいたはず。


その3 ワンカップ大関
ワンカップ大関

私のあほあほ親父の主食であり、おやつであり、ガソリン代わりでもあった、ワンカップ。1日何本飲んでたんだろう。物を捨てることをしなかった我が家には、ワンカップの空き瓶がたくさんありました。
それをコップ代わりにしていた家は、我が家だけではない。たぶん。


他にも、クリネックスティッシュ(日本での発売)とかデンターライオンも同い年だとか。「題名のない音楽会」という番組も、この年にスタートしています。

たかが40年、されど40年。あやかりたい、あやかりたい。


現場から東海林がお伝えしました | comments(0) | trackbacks(0)

電車男

って、知ってますか?
秋葉原に週に2〜3度通い、身なりも構わず、もちろん女性ともつきあったこともない、正真正銘の「オタク」くん=電車男が、電車内で傍若無人な行為を繰り返す酔っぱらいおやじから女性を助けたことから始まり、その女性と恋人同士になるという、嘘みたいな本当の物語です。かつ、電車男くんが少しずつオタクを卒業し、新しい1歩を踏み出した「オタク脱皮物語」にもなっています。

2ちゃんねるのとあるスレッドから始まった、この電車男ストーリー。女性を好きになったことも、ましてや付き合ってこともない彼は、自分の気持ちをもてあまし、どうしていいかわかりません。そこで彼は、2ちゃんねるに助けを求めたのです。
彼の素直さは、ギャラリーの心を動かします。そして、電車男くんの様々な質問に彼等は真剣に応え、助言を与え、意見を交わし合います。
電車男くんの結果報告にギャラリー達は一喜一憂。彼が徐々に前向きに変化していく様子に感動し、涙します。そしてみんなが電車男を心から応援し、叱咤激励するのです。
電車男くんが大願成就を果たした時の、みんなの喜びようといったら!

これらがやりとりされていたのは、今年の春先だったそうです。あまりに大きな反響だったので、有志の方がこのやりとりの抜粋版を立ち上げて公開されています。
2ちゃんねる言語が満載なので初心者には多少読みにくいですし、膨大な量なので読了するのも大変。でも、一度読んでみて下さい。すごくおもしろいし、とかく悪者になりがちな2ちゃんねるは、本来はこういう使われ方がされているんだなと、よくわかります。

電車男抜粋版
2ちゃんねる言語辞典

そしてこの電車男の話が、書籍になるそうです。明日10/22発売です。出版元は、なんと

新潮社。

ばりばりの老舗です。
幻冬舎が好みそうな感じなのにね。


電車男
こんなん、出ました | comments(6) | trackbacks(0)