教育委員会に直撃!

週に1度、無料で配布されてくるリビング新聞。先週のトップ記事は、教育特集。大阪府と兵庫県の教育委員会のえらいさんに、読者代表主婦たちがインタビューしてます。
その回答がもう・・・。なかなか笑えます。


学校週5日制に不安を持つ人も多いかもしれませんが、今の子供に「生きる力」をはぐくむ上で、大きな意味を持つシステムです。
(兵庫県教育委員会のSさん談)

週5日制にすることと、「生きる力」をはぐくむことと、何の関係もないと、私は思うのですが。


基礎・基本を徹底して教えて、それをもとに自分で考える、判断できる総合的な力をつけるのが、新しい学習指導要領の狙いなんです。
(兵庫県教育委員会のSさん談)

基礎・基本を徹底して教えるというのは、誠に結構なことだと思うのです。ただね、5日制を導入することで、自ら考えて判断する力が養われると、本気で思っているのかなあ? このSさん、指導要領の方向性に納得した上でしゃべっているとは、絶対に思えませんね。言っていることに、つながりがないもん。


(教員の)採用でも、面接を増やして、学力だけでなく人物をしっかり見ようというふうに変えてきています。
(大阪府教育委員会のWさん談)

んじゃ、今まで何を見て、教員を選んでたの? 堂々とこういうことを発言する、っていうのがすごいわ。



さすがにえらいさんともなると、お答えもなかなかとんでおります。強引です。




責任者出てこい! | comments(0) | trackbacks(0)

死にたがる人たち

が、最近多すぎます。脳みそが火砕流起こしそうです。

いえ、ここでいう「死にたがる人たち」っていうのは、自殺者のことじゃないです。暴走族とかチームとかでもないです。

そこいらにいる、一般人のことです。

私は、原チャリドライバーです。車に乗っている人は「原チャリが怖い」ってよくおっしゃいますが、原チャリが怖いのはちゃりんこと歩行者。もう5年くらい運転してますが、年々マナーが悪くなってます。ましてや私の住まいは大阪。元々日本一マナーが悪い場所が、もっと悪くなってます。

っていうか、みんな頭がすかすかなんじゃないかって、思いたくなる。

思いも寄らない箇所での横断なんて、日常茶飯事です。特に日曜日、スーパー前の道路なんて、歩行者天国です。車がぶんぶん通るのに、左右確認なんて全くせずに、自然に横断していきやがります。それで、目の前に駐車場あるのに路駐させた車に乗って、いけしゃあしゃあと発進していく。それも生意気に、図体のでかい3ナンバー車。

道路一杯に広がってちゃりんこを走らせているやつらなんて、珍しくも何ともありません。それも、田舎の道をサイクリングするかのように、のんびり走ってます。後ろに車が来ていることがわかっていても、よけようともしません。

私は横を車が追い越すことができるように、道路の左端を走るようにしてます。そんな時、突然右側通行する自転車がやってくる時があります。曲がり角とか歩道から、飛び出してきやがるのです。正面衝突を避けるのに、どれだけ神経を使うか。

なのに、こういうやつらが交通事故に遭っても、罪にならないのです。「不注意の刑」とかで執行猶予中の歩行者とか、いてもいいと思うのに。それに、死にたがっているとしか思えないやつらほど、ドライバーを激しく責め立てたりする。まぁ警察も、頭すかすかのやつに説教してもどうしようもないと思っているんだろうけど、おかしすぎる。

そんなに死にたいのなら、自衛隊といっしょに戦場へ行って下さい、って言いたい。




責任者出てこい! | comments(0) | trackbacks(0)

いい湯だな♪

昨晩、友達の車に乗っけてもらって、スーパー銭湯に行ってきました。
最寄り駅から山手にどんどん進むこと、10分前後。目的地の「祥風園」に到着です。ここは、れっきとした温泉です。

この施設があるあたりには、私、小・中学生の頃によく来たんです。子供会のイベントとかで。桜の名所やキャンプ場もありますからね。でも、びっくらこきました。あまりの変貌ぶりに。

当時のおもかげ、じぇんじぇんありましぇん。

3時間まで無料の駐車場に車を停めて、入館。
連れて行ってくれた友達は、家族や職場の人たちとしょっちゅう来ているそうで、メンバーズカードを持ってます。通常800円ですが、会員だと700円(いずれも土日祝日は100円アップ)。それも、会員1人いれば、何人連れで行っても会員価格で入れる、うれしさよ。

他のスーパー銭湯に行ったことがないので比較できないのですが、全体的にこじんまりしている印象を持ちました。私が通っているスポーツクラブのロッカーの方が、ここの脱衣場よりでっかいです。
どんな種類のお風呂があるかは、ここをご覧下さい。

体洗って、遠赤サウナに入って、露天風呂に行きました。無色無臭のお湯は少しとろっとしていて、肌にまとわりついてくるような感じでとてもやさしいです。湯加減も、熱すぎずぬるすぎず、私にはちょうどよかったです。

半端じゃなく、気持ちよかった。

入浴時間のほとんどを、2人でくっちゃべりながら露天風呂で過ごしてました。時間にして約2時間。閉店は夜の12時ですが、閉店ぎりぎりまでつかってました。でも全然湯当たりしませんでした。

すごく、いいお風呂でした。


現場から東海林がお伝えしました | comments(0) | trackbacks(0)

足が痛い

右足の足首から甲にかけて、激しく痛くなることがある。もう2年以上前からだ。

何がきっかけだったかははっきりしない。痛くなり始めた当初は、続けて5分歩けないほどだった。仕方がないので、その場でしばらく止まり、また歩くということを繰り返していた。

今はそれほどひどい痛みはないのだが、やはり足に力を入れたり踏ん張ったりするとだめみたいだ。ジムのウォーキングマシンを使うと、5分も経たないうちに歩いていられなくなる。しばらく休憩すると何とか復活する。でも復活するまでの間は足首から下がじんじんしている。
痛みがない時に電車の座席に座っていて、いざ立ち上がろうとして踏ん張ると激痛が走り、つんのめりそうになることもある。しばらく歩いていると、だんだん治まってくるのだが。

一度、地元の総合病院の整形外科で診察してもらい、レントゲンも撮ってもらったが、結果は「異常なし」。普段の生活をしていると大丈夫なので、医者の前ではその痛みを再現できないのが困る。ずーっと痛ければまだいいのだが。
フィルムを見た先生、首をかしげながら、私にこうおっしゃいましたよ。


「おかしいですね〜。どうして痛いんでしょうね?」


それを聞きたいのは私だっちゅうの。


その時は湿布薬だけ処方してもらったのだが、効かないのはわかっていた。だってそれまで手持ちの湿布を貼りたおしていたんだもん。
本当は完治させたいのだが、どの診療科を受診すればいいのかわからない。

どなたか、ご存じないですかね〜?


責任者出てこい! | comments(4) | trackbacks(0)

敬老の日

今日は、敬老の日です。

で、今日は「彼岸の入り」でもあります。






このしゃれにもならない偶然に、「なんだかなぁ・・・」と思ったのは、私だけ?



そんなやつ、おらんやろ | comments(0) | trackbacks(0)

最強コラボ

ブログを開始して、あっという間に1ヶ月以上が経過しました。最初は続くかなぁと思っていましたが、案外書けるもんだと自分でも感心しています。あ、でも、エッセイの方は滞りがちだけど。
エッセイは結構まじな気持ちで書いているのですが、ブログは崩れ気味・・・あ、はいはい、今の私は崩れているということですね。そうですね、確かに。

ところでこのブログはJUGEMさんのシステムをお借りしているのですが、アクセス解析というのができます。そのメニューの中に「検索文字列一覧」というのがあります。要するに、私のブログにやってきた人がどういう検索語でたどり着いたかがわかるのです。おもしろいんで、毎日チェックして楽しんでます。

「玉置宏」「旅の夜風」「北斗隊員」「柴田理恵 きれい」「ウルトラ兄弟・ヒッポリト」といった独特な検索語が並んでいます。それだけならまだしも、「まいどおいど」で訪問下さった方が、約1名おられます。いったい誰がどんな目的で検索していたのでしょう。気になります。ヒジョーに気になります。
該当者の方、是非コメントを書いて下さいな。この記事の下にある「comments」っていう箇所をクリックしたら、書けます。

予想以上に多かった(ごめん<(_ _)>)のが、「又野尚」さん関連。一時期、検索サイトで出版会社のHPよりも上位に表示されていたことも影響していると思うのですが、彼女の情報を探している人って、多いんですね。
ちなみに又野先生は、HP立ち上げを本気で検討しておられます。お忙しいのでなかなか構想が練れないようですが、ファンの方、もうしばらくお待ち下さいね。

で、一番多い検索語は「ヨン様」関連です。その数、もうダントツ。ぶっちぎりです。彼の人気のすさまじさを自分のブログで認識させられるなんて、思ってもみませんでした。
そして第2位は「カプセル侍」関連。この記事を投稿した直後は、ヤフーの検索結果で3番目くらいに表示されていました。びっくりして爆笑しました。

1位:ヨン様、2位:カプセル侍。この予想もしなかった結果は、いったい何を意味するか。最近はコラボばやりですが、現時点での史上最強のコラボレーションは


ヨン様とカプセル侍だということですね。


カプセル侍が韓国に行ってヨン様と踊る、とか、ヨン様にカプセル侍の着ぐるみを着てもらう、とか。ヨン様に「カプセル侍、韓流、韓流♪」って歌ってもらうのもいいかも。
ヨン様とカプセル侍に、日韓の架け橋になってもらうのだ!








・・・。あかん、私、なんか疲れてる。




 
そんなやつ、おらんやろ | comments(0) | trackbacks(0)

業務連絡

スーパーに行くと、時々店内放送で「業務連絡」っていうのが放送されますよね。スーパーによって言い方は様々なんですが、ことさら丁寧なのは、大手スーパーDの業務連絡。

「業務連絡いたします。京都からお越しの○○様、内線××番までご連絡下さい」

私、これを聞くといつも思うんです。
もともと店内放送って、社員を呼び出すためのものではなく、客に有益な情報を提供するためのものなんじゃないかなと。だから業務連絡で店内放送を使うなら、なるべく手短にするのがベストだと思うんですよ。それを、私がよく行くスーパーDでは、非常に丁寧にゆっくりとおしゃべりになる。

ましてや、客も聞いている業務連絡なのに、社員同士で敬語を使うなって言いたい。

自主再建できると言い張り、再建機構には頼らないと強情を張るなら、まずこういう所から改めた方がいいと思うよ。スーパーDさん。

責任者出てこい! | comments(0) | trackbacks(0)

メッシュですね

日曜日、美容院に行った。
今の担当さんとは、もうずいぶん長いつきあいである。私がめんどくさがりだということも把握してくれていて、大体のイメージを伝えたら、日頃の手入れが楽なように仕上げてくれる。たまに私がイメチェン要請をすると、ものすごくうれしそうな顔をして、「どんなんにします〜?」と飛び跳ねるように言ってくれる女性である。

この日、ロットを巻いてもらいながらの会話。

「最近、ヘナってよく聞きますけど、何なんですか?」
「あぁ、天然成分の白髪染めですよ。普通のヘアカラーとかは皮膚とか髪を痛めることがあるんですけど、ヘナだったらそういうことが起こりにくいんです」
「へぇ」
「ヘナって基本はオレンジ系の色なんですけど、黒髪には染まりにくいんです。白髪だけオレンジ系の色がつくんですよ」
「ということは、髪の色がまだらになるんですね」

担当さんは、冷たく言い放ちました。



「メッシュ、ですね」



やってもうた・・・。

そんなやつ、おらんやろ | comments(0) | trackbacks(0)

実況「わたしのおにいちゃん」

ブログ界の大巨匠である小鳥さんが、去年の秋に紹介していた「週刊わたしのおにいちゃん」。略称「わたおに」全5号。小鳥さん曰く「レッドゾーン振り切れてる」少女フィギュア付き雑誌です。アマゾンの書籍売上ランキングのベスト5を独占したこともあるらしいです。しかも予約段階で。

ある種の川を渡ってしまった人のための本であることはいうまでもないのですが、どう「レッドゾーン振り切れてる」のか小鳥さんのHPを読んだだけではわからなかった。何だか気になって仕方がなかったのです。

いえ、趣味とかそんなんじゃなく、ばりばりの好奇心で。

だけど気になっているものは、目に入るものですね〜。
先日ついに「わたおに」を発見しました。JR新大阪駅にある書店「談」のDVD売り場横のレジ前に、全ての号が何げに平積みされてました。わたおに特別増刊号まで揃ってました。
勇気ふりしぼって、とりあえず、第1号を購入。税別780円也。


クリックで拡大表示

「まさかの再入荷」というタグに、思わず笑いがこみあげました。
だけどこのパッケージの絵だけでも結構やばいと思うのですが、いかがでせう。

開けるとこんな感じ。

クリックで拡大表示

本とフィギュアの部品が梱包されています。ちなみにフィギュアの部品が入っているビニール袋には「MADE IN CHINA」の文字が。
日本人の恥部は、もはや中国人に握られている。


クリックで拡大表示

ビニール袋の中身です。これを組み立てて、フィギュアを完成させます。所要時間は約5分。パーツ自体はちゃちいものではなく、すごくよくできてます。

本の中身は・・・なかなか刺激的なので公式サイトを見て下さい(^^)。
確かに先入観を全く持たないままで見たら、ありえないネーミングの超かわいい女の子のオンパレードです。
でも全員超ミニスカートだし、どの女の子も下からのぞき込むようなスケベ目線で描かれています。これってもしかして・・・という象徴的なカットもたくさんあります。きっと他にも「通」にしかわからない箇所もあるんだろうな。

でもねぇ、何よりやばいのは、やはりフィギュア。これにつきます。

クリックで拡大表示


クリックで拡大表示


創刊号特典として洋服が2着(白・黒)ついているのですが、これがもう何とも・・・。着せ替え時、女である私でさえ、全身から血が吹き出しそうでした。スカートの中もばっちりです。あまりにリアルすぎ。
確かに、レッドゾーン振り切れてます。理屈抜きです。どうしようもありません。

というか、良識とか常識とかも吹っ飛んでます。

それにしても、「わたおに」を狂喜乱舞して購入し、部屋でちまちまとフィギュアを組み立て、本を隅々まで眺め回している奴らが、日本にはたくさん生息しているのです。

日本の未来は、やはり暗い。
現場から東海林がお伝えしました | comments(0) | trackbacks(0)

世間って、広い。

日々様々なメールが届くのだが、どうしても意味が飲み込めない内容のものを受け取ると、私は消化不良を起こしていらいらしてしまう。
つい先日、その「消化不良」メールが久々に届いた。

件名は「急ですが、15出しますので契約しませんか?」である。差出人は一応女性名である。

> 突然のメールで申し訳ございません。率直に言わせていただけば
> 既婚者である私と割り切った関係を持って頂けませんか?
> 代価として月に15万円前後のサポートをお約束します。

これって、男性宛のメールですよね? 女性が男性に対して「人妻の私が15万円払うから、お願いだからHして」って言ってるんですよね。間違いないですよね?
それなのに、以下の文章は、いったい何なんでしょう。
> 難しい事は言いません。月最低二回以上会って頂ければ
> 問題ありません。2人の時に恋人のように接して頂ければ結構です。

「2回以上なら問題ありません」って、1回だったら問題あるのでしょうか。それと、2回でも毎日でも、一律月額15万円ってことですか〜。んな、あほな。
それに「恋人のように接して頂ければ結構です」って、どう「結構」なんでございましょうか。「手をつないで、公園散歩」だけでもいいんですかね〜。
> 貴方の時間を少し拘束してしまうので金銭が発生するのも
> 致し方ないと考えています。

これも、ようわかりません。15万円以外にも必要経費を支払って頂けるということなのでしょうか。
> 上記を踏まえた上で契約関係になってはいただけませんか?
> 興味を頂ける内容だと思います。

全く違う意味で、興味持ちました。誰が儲ける仕組みになっているんでしょうか。
> 貴方さえお手すきでしたら明日にでも会ってみたいと
> 思っている次第です。場所はご指定ください、
> 重ねてどこにお住まいかもお願いします。

北極とか南極とか、火星とか月にも、来てくれるのかなぁ。


こんな稚拙な文章で興味持って、メールするやつがいるんだろうなぁ。BCC使って、不特定多数に送信してるのに。だから、こういうメールが蔓延して、誰かが金儲けしてるんだろうなぁ。

あぁ、世間って広い。


責任者出てこい! | comments(2) | trackbacks(0)