書けた!

更新がこのところ滞っていて、申し訳ないです。
2〜3の仕事を並行して行っている状態なのですが、一番頭を悩ませていたのが「店舗調査の文章作成」なる仕事。

覆面調査員がいろいろな店舗を訪問して接客を受け、その結果を指定調査項目に従ってレポートにまとめます。そのレポートをもとに、各店舗に配布される調査結果に記載される文章―ここを直した方がいいとか、ここは素晴らしいとか、上げたり下げたりしながらアドバイスするような文章―を書く仕事です。ここ1ヶ月弱の間、かかりっきりになっていたのですが、まかされていた件数が、



50店舗。



何しろ初めての体験。それに行ったことも見たこともない店舗ばかりです。すんごい、ハードでした。
時間が空いた時にまとめて書いたりしていたのですが、根性なしの私は3軒分も連続して書こうものなら、



脳みそ破裂。



でも最高で、1日6店舗分くらい書いてましたね。

1店舗につき4人の調査レポートが上がってくるのですが、一応重点的にチェックする項目は決まっているとはいうものの、それぞれ視点が違う。
例えば、中華料理屋で調理している人の制服が汚れていることに関しても、「仕方がない」と感じる人と「不潔だ」と感じる人がいて、評価が違う。
同じ店舗を調査していても、時間帯によって従業員が入れ替わったりするので、激賞して褒めちぎっている人もいれば、店舗としてなってないと激辛コメントを書く人もいる。
様々な意見をミックスしてまとめないといけないのが結構大変で、頭を悩ませました。

でも、調査レポートを読んでいるとおもしろいです。調査員の個性やら性格までにじみ出てます。重箱の隅をつつくような性格の人、きっと店員から良く思われていないんだろうなと感じられる人、ちょっと「おたく」が入っている人、様々です。

そんなこんなで、やっとのことで、全店舗分の文章が書けました。まだ見直ししないといけませんが、とりあえず書けました。
クライアントからどんな評価が下されるかわかりませんけどね。こんな文章を書くやつに、もう仕事はまかせられないと言われるかもわかりませんけどね。

とにかく、疲れました。しんどかった。



ええ仕事しまっせ(できごと編) | comments(0) | trackbacks(0)

慌ててるキリギリス

久方ぶりに、来てます。ばたばたしてます。

この夏は本当に仕事が暇で、どうしようかと思うくらいでした。それでも根が「ありとキリギリス」のキリギリス的性格の私、食べていけないと真剣に悩みながらも何してたかっていうと、

パソコンでゲーム・・・90%
飯・風呂・寝る・遊ぶ・・・9.9%
仕事・・・一瞬のまばたきほど




危機意識、ゼロ。



それなのに今、あれやこれやといっぺんに動き出してどたばた状態。でもやっぱり遊び時間は減らさないので、しっちゃかめっちゃか。
ありさんにはなれないキリギリスひー、慌てまくってます。

仕事は一括ではなく、分割リボ払いでやってきてほしい。


ええ仕事しまっせ(できごと編) | comments(2) | trackbacks(0)

赤い月

数日前に家の窓から見えた、赤い月。


赤い月
こんなん、出ました | comments(0) | trackbacks(0)

おうえんしています

友達のこども、たけちゃん、4才、男。時々彼から、解釈に困るメールがやってくる。先日も、

おうえんしています。たけより

意味不明。


で、返事を送った。

おうえんありがとう。でも、なにをおうえんしてくれてるの?

しばらくして、また返事がきた。

おうちのおそうじをしているのでおうえんしています。たけより

おそうじ、してへんし(-.-)



おそうじのおうえんよりも、仕事の応援してよ、たけちゃん。



そんなやつ、おらんやろ | comments(4) | trackbacks(0)

同い年

40代突入Xデーが、刻一刻と迫っている。あと1ヶ月だ。カウントダウンだ。私の30代はどうだったんだろう・・・と振り返りまくりの、今日この頃。

東海道新幹線が開通し、東京オリンピックが開催された年に私は生まれた。つまり私は、新幹線と日本初のオリンピックと同い年なのである。
何だかおもしろそうなので、他にも人間以外の同い年の輩がいないか検索してみた。そしたらいたいた、有名どころ。


その1 ヒガシマルうどんスープ
うどんスープ

うどん好きな関西人で、これにお世話になったことがない人は、たぶんいないでしょう。1家に1箱。常備薬みたいなものです。
我が家にもかつて、ぎょうさんストックがありました。賞味期限は切れるものだという認識がない母親のせいで、溶けて固まってしまったうどんスープが。物を大切にせず、ヒガシマルさん、ごめんなさい<(_ _)>


その2 かっぱえびせん
かっぱえびせん

♪やめられない、とまらない、カルビーかっぱえびせん♪
このCMを聞きながら、私は育ちました。そして、よく食べました。それでお腹が一杯になり、ごはんが食べられず親に怒られるという、子供の王道を進んでました。こんな要領の悪い子供、あちこちにいたはず。


その3 ワンカップ大関
ワンカップ大関

私のあほあほ親父の主食であり、おやつであり、ガソリン代わりでもあった、ワンカップ。1日何本飲んでたんだろう。物を捨てることをしなかった我が家には、ワンカップの空き瓶がたくさんありました。
それをコップ代わりにしていた家は、我が家だけではない。たぶん。


他にも、クリネックスティッシュ(日本での発売)とかデンターライオンも同い年だとか。「題名のない音楽会」という番組も、この年にスタートしています。

たかが40年、されど40年。あやかりたい、あやかりたい。


現場から東海林がお伝えしました | comments(0) | trackbacks(0)

電車男

って、知ってますか?
秋葉原に週に2〜3度通い、身なりも構わず、もちろん女性ともつきあったこともない、正真正銘の「オタク」くん=電車男が、電車内で傍若無人な行為を繰り返す酔っぱらいおやじから女性を助けたことから始まり、その女性と恋人同士になるという、嘘みたいな本当の物語です。かつ、電車男くんが少しずつオタクを卒業し、新しい1歩を踏み出した「オタク脱皮物語」にもなっています。

2ちゃんねるのとあるスレッドから始まった、この電車男ストーリー。女性を好きになったことも、ましてや付き合ってこともない彼は、自分の気持ちをもてあまし、どうしていいかわかりません。そこで彼は、2ちゃんねるに助けを求めたのです。
彼の素直さは、ギャラリーの心を動かします。そして、電車男くんの様々な質問に彼等は真剣に応え、助言を与え、意見を交わし合います。
電車男くんの結果報告にギャラリー達は一喜一憂。彼が徐々に前向きに変化していく様子に感動し、涙します。そしてみんなが電車男を心から応援し、叱咤激励するのです。
電車男くんが大願成就を果たした時の、みんなの喜びようといったら!

これらがやりとりされていたのは、今年の春先だったそうです。あまりに大きな反響だったので、有志の方がこのやりとりの抜粋版を立ち上げて公開されています。
2ちゃんねる言語が満載なので初心者には多少読みにくいですし、膨大な量なので読了するのも大変。でも、一度読んでみて下さい。すごくおもしろいし、とかく悪者になりがちな2ちゃんねるは、本来はこういう使われ方がされているんだなと、よくわかります。

電車男抜粋版
2ちゃんねる言語辞典

そしてこの電車男の話が、書籍になるそうです。明日10/22発売です。出版元は、なんと

新潮社。

ばりばりの老舗です。
幻冬舎が好みそうな感じなのにね。


電車男
こんなん、出ました | comments(6) | trackbacks(0)

通販会社からのオファー

先日、こんなメールが突然届いた。

ご担当者様
A社 担当Bです。
明日、お電話にて確認したく
下記へお電話をいただければと思います。
内容:HPの更新作業になります。
アルバイト・パートでも


いたずらメールかと一瞬思ったのだが、このA社という社名に、見覚えがある。もしかして・・・と思ってネットで探したら、ビンゴでした。
このA社、「マルチカッターVシリーズ」を片手に、テレショップでちょくちょくお見かけするM氏がえらいさんを務める、通販会社だったのです。

しかし、この会社の所在地は東京。私は大阪。アルバイト・パートで通える距離ではございません。でもとりあえず、Bさんへ電話してみました。

「あの、昨日、メールを頂いた件でお電話したんですけど・・・」
「あぁ、つかぬことをお伺いするんですが、御社はどちらにあるんですか?」
「・・・大阪です・・・」
「あ〜、じゃ、無理だねえ。通えない、よね?」
「はぁ、無理です・・・」



玉砕。



この日ほど大阪在住であることを、呪ったことはない。向こうからのわざわざのオファーに応えられないなんて!
それも私の大好きな、テレショップをしている通販会社だったのに!

あぁ、悲しい。
ええ仕事しまっせ(できごと編) | comments(0) | trackbacks(0)

ちゃりんこと青空と

駅のホームから見える、看板ちゃりんこ。


駐輪場看板
現場から東海林がお伝えしました | comments(0) | trackbacks(0)

あ、虹だ!

夕方の通り雨の後、大きな虹。

虹
こんなん、出ました | comments(0) | trackbacks(0)

デパート探検レポート

優勝記念セールでにぎわう、隣町のデパートに行って来ました。このデパート、大改装して先月リニューアルオープンしたのですが、まだ見学に行っていなかったのです。
私は、スーパーとかデパートをうろついて、重箱の隅をつつくような批判をするのが大好きなのです。うろつくだけうろついて、何も買わずに帰ることもよくあるので、店側にしたらいやな客ですわな。
ちなみに、「スーパーな女」というエッセイを以前メルマガで配信したことがあります。スーパーに対する思いをつらつら書きつづってますので、よければバックナンバーを読んでみて下さいね。

それでは、探検レポートを発表させて頂きます。



■原チャリ置き場が、明らかに狭くなってる!

置き場の広さ自体は変わらないのですが、一定時間以上経過したら有料にするために、一般の駐輪場のような機械を導入してる。今までなら結構むやみにつっこめたのですが、それができなくなってしまってました。超ショック。おかげで、近くの市営駐輪場をお金出して利用する羽目になってしまいました。


■お子様、1フロア占領。

子供服売り場は以前からあったのですが、そのフロアが「お子様関連フロア」に変身してました。お子様ワンダーランドです。そのすみに、本屋さんがちんまりとおさまってました。
しかし、たくさんあるもんですねぇ。子供服ブランド。それも、目ん玉飛び出るくらい、高いし。大人が子供にたかっている図ですね。


■デパートが居直った。

以前からこのデパートは、専門店がかなりのウェートを占めていました。どこからがデパートなのかわからない状態になりつつあったのですが、今回の改装で「あっちが専門店街で、こっちがデパート」って感じで、店内にはっきり謳い出しました。プライドを捨て、とうとうデパートがはっきりと居直りました。一昔前では、考えられないことです。


■やっぱりちょっと、中途半端。

有名どころの雑貨ショップ、無印良品ロフト。改装後も引き続きオープンしているんですが、特にロフトは狭くなったように感じました。売れ筋商品を絞り込んできているんだなと感じました。
それにしても両店にいえることですが、扱い品目とか数量が、なんか中途半端。大阪と京都の中間地点で基幹店だと思うのに、服よりも雑貨が大好きな私としては、もう少し力を入れてほしいなって思います。


■魚屋の横に、電気屋。

今回の改装で、ベスト電器が入りました。1階と地下に店舗を出しているのですが、地下といえば当然食品売り場です。電気屋のすぐそばで、お寿司とか魚とか肉とか総菜が売られているのです。このレイアウト、何だかなぁ。


■デパ地下、充実。

改装前よりもデパ地下らしくなりました。特に「その場で食べられる店」が増えてました。北極星のオムライスは、今度是非、食してみたい。ただ、スイーツ関係が減ったように感じたのは、気のせいかな?



以上、探検レポートでした。


クマさん
現場から東海林がお伝えしました | comments(6) | trackbacks(0)