好きだったのに・・・

私の趣味の一つ。それは、帝国データバンクさんのホームページを訪問して、倒産情報をチェックすること。
先日、こんな記事を見つけました。


インテリアクッション製造 株式会社エビス化成
事業停止、自己破産申請へ 負債48億円

(株)エビス化成(資本金2400万円、大阪府大阪市淀川区西中島4-9-28、代表石田喜信氏、従業員150人)は、4月6日に事業を停止した。
現在、事後処理を山本淳弁護士(大阪市中央区北浜2-3-9、電話06-6201-4456)に一任しており、自己破産申請の準備中。

当社は、1962年(昭和37年)2月に設立。家電向け緩衝材や食品向け保冷箱など発泡スチロールの成型加工を主業としていたが、4年ほど前からインテリアクッション(ビーズクッション)の製造に転換して以降は業績が急伸。

主力ブランド「モグ」をはじめ7つの自社ブランドを有し、スーパー、コンビニ、通販業者向けなどに販路を開拓、吉川工場(兵庫県美嚢郡)の新設・稼動が寄与した2002年同期には年売上高約44億9400万円を計上していた。
特に主力商品のビーズクッションは、自社開発の発泡ポリスチレン製超微粒子ビーズを使用し、「癒しを与えるクッション」としてマスコミにも多く取り上げられたことで人気を博していた。

2003年以降はアメリカでの販売子会社や中国での生産子会社を順次設立するなど積極的な展開を見せていたが、ブームが一段落したことや中国からの安価な類似品の流入により、2003年同期の年売上高は約30億6700万円にまで減少。
設備投資に伴う借入金の増加が負担となり財務面を圧迫するなか、インテリア家具やキャラクター商品などに注力し、立て直しに努めていた。

2004年同期には年売上高約48億2700万円と持ち直したものの、海外子会社への押し込み販売など実質的な業績の回復は見られず、資金の固定化から繰り回しは悪化。
近時は、一部支払い延期要請を行う一方、ベンチャーキャピタルなどに対し10億円程度の増資要請を行っていたが不調に終わり、今回の措置となった。
 
負債は2004年12月期末時点で約48億円。

2005/04/06 帝国データバンクホームページより 


「モグ」の会社が、自己破産! びっくりしましたねぇ。
この会社のビーズクッション、好きだったんですよ。雑貨フェチな私のお気に入りでもありました。触るとすごく気持ち良くて、大好きでした。でもちょっと高かったんで、購入はしませんでしたけど。

それにしても、栄枯盛衰ですね。
あんなにたくさん売っていたし、テレビでも一時期よく紹介されていたのに、中国にやられちまいましたか。

この会社が、私の以前勤務していた会社の目と鼻の先というのにも驚きました。ますます寂しさを感じます。
いずれ、何らかの形で是非復活してほしいです。頑張って下さいね。



MOGU
消えゆくあなたにありがとう | comments(0) | trackbacks(0)

勉強させて頂きました。

先日、とある一部上場企業様のとある工場に潜入致しました。

私は、数人でちまちまと営業しているような会社にしか勤務したことがありません。ましてや、そんな会社の事務員は「お留守番」的な役割があるため、籠の鳥状態で軟禁される運命で、よその会社に行く機会などまれです。

だから私は、ばかでかい会社に行くとわけもなくテンションが上がります。社員食堂で食事をするだけで、涙が出そうになります(^^)

「社員食堂があるような会社で仕事をするのが、夢だった」ってね。


さて、そこでお借りしたトイレの個室内に、こんなポスターが貼ってありました。

トイレのポスターその1

トイレのポスターその2

すんごいですね〜。このキャッチコピー。
もっとすごいのは、キャッチコピーの横のイラストです。これって、使い道がなさすぎることで有名な、パワーポイントのクリップアート!
実際に使われているポスター、初めて拝見しました。

大企業には、こういう物を日夜考えて作成する担当の方もいるのですね。
大変勉強になりました。



公共トイレはワンダーランド | comments(2) | trackbacks(0)

苦肉の策

うちの近所に堤防があります。
あんまりきれいとはいえない川だったんですよ。
そこをボランティアで、きれいに清掃して下さる方がおられるんですよ。
おかげできれいになって、夏には子供が魚とかを捕まえているんですよ。

でもやっぱり、ゴミをぽいぽいと捨てる輩がおるわけですよ。
愛犬の糞を、後片づけせずそのままにしている輩もおるわけですよ。
「アルミ缶だけ」と書いてある空き缶入れに、ペットボトルを放り込んでいる輩もいるわけですよ。

でも、このボランティアの人たちは、どこまでも人がいい。よすぎます。


橋に掛けられた看板



究極の、苦肉の策です。
見るたびに笑っちゃいますが、情けないですな。



責任者出てこい! | comments(0) | trackbacks(0)

愛が散乱

ご豚さしております、もとい、ご無沙汰しております。長い間ほったらかしにして、申し訳ありません。
私はおかげさまで花粉症とは今のところ縁がないのですが、眠り病にかかっています。寝ても寝ても寝ても眠い。昼過ぎまで寝ても、その夜は爆眠。健康なのか不健康なのかよくわからない、今日この頃です。

さて、先週のホワイトデー。
バレンタインにはお世話になった人に義理菓子をばらまいたりする私ですが、いつからかある友人のご主人にまでまいています。
で、この方からの愛の返礼が結構ふるっているのです。
数年前に家を建て替えたときに頂いたのが、これ↓

まねきねこ

現在我が家のテレビの上に鎮座しているこの招き猫ですが、私はこのときからこのご主人を「ただものではない」とにらんでいました。
昨年のホワイトデーには、これ↓

においねこ

を頂き、現在我が家の電話の横に鎮座しております。

で、今年届いたのは、「あおくび大根」のフィギュア。

掛かり湯
掛かり湯

かつらむき
かつらむき

この「愛」をどこに鎮座させようかと、思案する日々です。



あおくび大根
現場から東海林がお伝えしました | comments(7) | trackbacks(0)

危機一髪

今朝、大阪ではJRが数時間ストップしてました。

JR大阪駅:
架線切断で、通勤帯6万人超に影響−−電車3本立ち往生、150本乱れ


◇3700人、一時閉じ込め

4日午前8時55分ごろ、JR大阪駅(大阪市北区)付近で東海道線上り線の架線が切れているのを、走行中の網干発大阪行き上り快速電車(12両編成)の運転士が見つけた。この架線切断で、同線吹田−尼崎間で送電が止まり、同線や山陽線、福知山線、東西線など近畿のJR各線でダイヤが大幅に遅れた。架線をつなぎ直して午前10時35分に運転を再開。午後0時半現在、各線で上下計85本が運休し、上り線の65本が最高3時間1分遅れた。通勤時間帯とも重なったため、影響人員は約6万4000人に達した。

この影響で、新大阪−塚本の駅間に、この上り快速と播州赤穂発近江今津行き上り新快速、上り特急「くろしお4号」(白浜発新大阪行き)の電車3本が止まったままとなり、乗客約3700人が最大約1時間半にわたって閉じ込められた。

また、上り快速電車の乗客約1000人は、止まっていた電車から近くの道路まで歩いて降りる騒ぎとなった。

架線が切れた現場は、大阪駅から西に約600メートル離れた、上りの新快速などが走行する「上り外側線」。「トロリ線」と呼ばれる電車に電力を供給する直径15ミリの銅線の架線が2本張られていたが、1本が切れていた。

架線は通常、1本しかないが、現場は、架線への電気の供給源を兵庫県尼崎市の送電所から大阪府吹田市の送電所に切り替える場所で、両送電所からの架線が2本平行して架設されていたうち、尼崎からの架線が溶けて切れていたという。

また、運転士が架線が切れているのを見つける前の午前8時45分ごろ、吹田−尼崎間が7分間停電するトラブルも起きていた。これらのことからJR西日本は、架線が2本ある特殊な場所で架線に一時的に大きな電流が流れる「過電流」などが切断の原因ではないかとみて調べている。【佐藤岳幸、江田将宏】

毎日新聞 2005年3月4日 大阪夕刊


で、私は今朝JRに乗車してました。それも

また、運転士が架線が切れているのを見つける前の午前8時45分ごろ、吹田−尼崎間が7分間停電するトラブルも起きていた。


まさにちょうど、この時間帯の電車に乗っていたのです。
吹田駅で電車は約10分立ち往生。おかげで、お客さんの所へ遅刻して入ることになりました。
でも、この電車の2〜3本あとの電車に乗っていたら、線路を歩いていたかも。ちょっと歩きたかったかも。
現場から東海林がお伝えしました | comments(2) | trackbacks(0)

消えていく遊園地

神戸ポートピアランドが、来年3月に閉園することが決定したようです。

(2005/02/25 神戸新聞ニュース)
ポートピアランド廃園へ 入園者減で来年3月


神戸市は、2003年に阪急電鉄から事業を引き継いだ同市中央区の遊園地「神戸ポートピアランド」を来年3月末で廃園する方針を固めた。遊具の老朽化が目立ち、入園者数がピーク時の4分の1に落ち込んでいるため、事業継続は困難と判断。今年3月にも約4.4ヘクタールの土地売却先を公募、企業進出で活性化を図る。

同園は1981年、神戸ポートピア博覧会のレジャーゾーンとして誕生。閉幕後、阪急電鉄が同市から土地を借り営業を続けていたが、91年に163万人あった入園者数はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)開業の01年以降、40万人台に低迷。阪急は02年、宝塚ファミリーランド(宝塚市)とともに、撤退の方針を表明した。

神戸市はポートライナーの乗客減を避けるため、阪急から遊園地施設の無償譲渡を受け、3年をめどに営業を継続。外郭団体「神戸新交通」に有償で貸与し、業務は阪急の子会社に委託した。

しかし、06年2月の神戸空港開港やポートアイランド2期の企業進出増加などで、ポートアイランドのにぎわいが確保でき、ポートライナーの乗客数も維持できると判断、譲渡を決めた。遊具は売却などの処分を検討する。外資系企業が関心を示し、出店する案も浮上しているという。

同市みなと総局は「ポートアイランドのメーンストリートに位置し、企業ニーズがある。にぎわいが保てるよう有効な活用方法を考えたい」としている。


私の学生時代のデートスポットのひとつが、このポートピアランドだったんですよ。適度な広さだし海の近くだし、人気があったんです。
ポートピアランドに遊技機のメンテナンス部品を納入する会社にいたこともありました。

ちょうど私が在職中にジェットコースターか何かで事故が起こって、警察の方がワープロ持って事情聴取に会社まで来られたこともありました。事情を聞かれた上司は、結構喜んでましたね。めったにできない体験ですから。それに、メーカーじゃなく商社の立場で納入してましたからね。

そんなこんなで、ポートピアランドには結構思い出があるんです。
でも、去年の夏に前を通ったとき、夏休みだったのにガラガラだったからなぁ。仕方ないのかもしれない。

大阪近辺の中堅規模の遊園地は、今どんどん減っています。USJができてからは、そのスピードに拍車がかかってます。宝塚ファミリーランドもなくなりましたし、ダイエーがらみで奈良ドリームランドも存続が危ぶまれているらしいです。

友達と遊びに行ったり、デートしたりした場所が消えていくのは、ちょっと寂しいです。




↓なぜこの記事で「ゴダイゴ」なのかわかる人は、私と同年代です。
ゴダイゴ・グレイト・ベスト1 〜日本語バージョン〜
ゴダイゴ・グレイト・ベスト1 〜日本語バージョン〜
ゴダイゴ, ミッキー吉野, 山川啓介, 山上路夫
消えゆくあなたにありがとう | comments(5) | trackbacks(0)

宣戦布告

昨日の朝刊にgoo様が出しておられた2面ぶちぬき広告、ご覧になられました?


クリックで拡大表示


goo様はこの広告の中で、Yahoo!様に宣戦布告をされています。

goo広告アップ

Yahoo!様がgoo様をライバル視されているかどうかは別にして、この挑発にYahoo!様に是非乗ってもらいたいものです。



そんなやつ、おらんやろ | comments(0) | trackbacks(0)

くれくれメール

仕事用HPを通じて、ある男性から問い合わせメールが届いた。文面は以下の通り。

仕事をやりたい
PCは98 ワードとエクセル98
できる仕事ありますか


こういうメールは初めてもらいましたが、結構腹が立つもんですな。


ええ仕事しまっせ(できごと編) | comments(0) | trackbacks(0)

ぼけぼけコンビ

先日、友人であるK子ちゃんからの招待を受け、回転寿司をごちそうになりに出かけた。ちょっとしたプレゼントの返礼だったのだが、ちょっとしたプレゼントだったのに、ご主人・お子さんを含めた家族4人総動員での手厚い接待を受け、何だか恐縮してしまう羽目に。

とはいいつつ、かなりたくさん食べてしまったが。

ところで、私とK子ちゃんは、かなりのぼけぼけコンビである。
移動中の車内での会話。

K:笑気ガスって、人を明るくさせる効果があるらしいけど、信じられへんなぁ。
私:え、笑気ガスって、そんなことができんの?
K:そうやで。
私:声を変えるだけと、違うんや・・・。
K:・・・それは、ヘリウムやがな!

運転していたK子ちゃんのご主人は絶句して無呼吸状態に陥り、私達はあやうく交通事故で死ぬところでした。
すんません、ご迷惑をおかけして。



患者さんによろこばれる笑気吸入鎮静法
患者さんによろこばれる笑気吸入鎮静法
緒方 克也
そんなやつ、おらんやろ | comments(0) | trackbacks(0)

文章の力

先日、漫画家・又野尚さんから私にメールが届いた。
joris374さんのブログ「傍線上のアリア」に書かれていた自分に関する記事を、たまたま目にしたらしい。

joris374さんのブログ「傍線上のアリア」内の記事「社内の噂」

又野尚さんに関することはちょくちょく書いているが、今一度説明すると、彼女は現在四コマ漫画雑誌「本当にあった愉快な話(略称:本愉)」で「社内の噂」というOLものの作品を長期連載している人である。
ちなみに私と彼女とは高校時代の同級生である。
 
−過去に書いた私の又野さんに関する私の記事の一部−
何が何だか
マンガレター
又野尚先生、里帰り
又野尚先生、私をこき使う
又野尚先生、気絶する


又野さんは結婚を機にOLをやめ、現在はご主人と2人の子供の4人家族。まだお子さんが小さいので、仕事と家事とママ友との交流で大忙しの日々を送っている。
彼女がOLをやめてから、もうずいぶん経つ。本愉は原則、読者からの投稿を元にした作品が掲載されている。だけど、読者から寄せられるネタ以上に、彼女自身が取材を重ねて掻き集めたネタが多く、その努力と根性はものすごいものだ。
「社内の噂」連載開始から約10年。アシスタントさんなど当然おらず、1人でせっせと作品を描き続けるプロ根性には、脱帽である。

ご主人の転勤で大阪から東京に転居したのがきっかけになって彼女の活躍の場はさらに広がり、本愉だけではなく別の4コマ雑誌にも連載を持つようになった。傍から見ると順風満帆に見えるが、彼女はよく悩む。

いつまでOLものを描き続けられるか。
これからどんな作品を新たに描いていけばよいのか。

私は以前の作風よりも、現在の作品の方が好きだ。joris374さんも指摘する「OLの実態を通して女性の普遍性を描く」鋭さは今の方が鋭いと思うから。彼女の女性に対する視点は、彼女独自のものである。だから、「OL」という枠にはめこまず、その視点のおもしろさを作品に生かせばいいんじゃないか。

そんな意味合いのことをしどろもどろに話したりするけれど、私の意見は所詮「身内」のものだ。
実際問題、激励・批判共に彼女にとって励みになる意見はなかなか寄せられないらしい。

たまたまjoris374さんのブログにぶち当たった彼女、作品自体を褒められたことよりも、客観的な感想が何よりも嬉しかったらしい。
全く見ず知らずの女性が、自分の作品についてとても建設的な意見を書いておられた。そのことがこんなに嬉しいことなんだということを実感した、と私にメールで伝えてきたのだ。

文章だけで他人に自分の気持ちを伝えることは、本当に難しい。事実メールが普及してから、自分の気持ち押し込めすぎて結局何を伝えたいのかわからない文章を読む機会が、最近とても増えたもの。
でも、その気持ちが伝わった時には他人に強い力を与える。自分自身の生き方や方向性を見直すことができたり、熟考する機会を持てたりする。

又野さんの喜びのメールを読んで、文章には人に勇気を与える強い力があるんだと、しばし思った。


 
ひーエッセイ的 | comments(4) | trackbacks(0)