一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

韓国ドラマ、大流行です。毎日どこかで放送されているといっても、過言ではないほどですね。

現在LaLaTVというCS放送で「イヴのすべて」という韓国ドラマを放送しています。4年ほど前に本国で放送された時には、40%以上の視聴率を叩き出したトレンディドラマです。トップアナウンサーを目指す、育った環境がまるっきり違う2人の女性に、男前2人がからんでくるという、王道中の王道恋愛ストーリーです。

このドラマ、はっきりいって、おもしろいです。視聴率によって話がどんどん変えられるというお国柄、時系列のめちゃくちゃぶりや、そんなやつおらんやろ的な登場人物たちに首をかしげてしまう時もあるのですが、それもまた一興。特に、チャン・ドンゴンさんの男前ぶりは、半端じゃないですわ。

LaLaで放送されているのは字幕スーパー版ですが、先日日本語吹き替え版を見る機会がありました。しかし・・・


これは、いけません。


「イヴのすべて」に登場する男性達は、非常に優しくて一途です。しかし女性達は、揃いも揃って激しいこと。取っ組み合いの喧嘩もします。それに、口論シーンはあまりに激しすぎて、あっけにとられます。
だけどね、これが韓流ドラマの醍醐味だと思うんですよ。激しさと穏やかさのメリハリが、実にはっきりしている。でもこれを日本語吹き替えで表現するのは、非常に難しい。ニュアンスが伝わりにくいんです。英語を日本語に吹き替えるより、無理があると思います。私が「冬のソナタ」を見ようと思わない一因も、ここにあるのです。

韓流ドラマは、是非字幕スーパー版でご覧になることをおすすめします。はまり具合が全く違ってくること、請け合いです。

イヴのすべて

DVDも出てるんですが、日本語吹き替え版のみ。それも、全20話を10話に圧縮してます。だからよけいに時系列がむちゃくちゃになってます。
吹き替えじゃない完全版、出てほしいなぁ。

「なぁ、ハイキング、行きとうない?」
「へ? ハイキング?」
「うん。なんか私、無性に行きたいねん」
「なんで?」
「わからんけど・・・。おもしろそうなツアーがあんねん。日帰りやし。伊吹山って知ってる? 秋になったら山頂に花がいっぱい咲くんやって」
「伊吹山って、滋賀県の?」
「うん。頂上からの景色、むっちゃええんやって。なぁ、行かへん?」
「気持ちええやろうなぁ」
「それにな、洞窟探検もできるで」
「洞窟探検?」
「ようわからんけど、そんなんがあるらしいわ。行こうや。行き帰りはバスやし、弁当付きやで」
「うん、おもしろそうやし、行くわ。そやけど、雨降ったら最悪やな。まあ10月やから、大丈夫やろな」
「そうやなぁ、晴れたらええなぁ」

友人の誘いにのっかってハイキングの申込みをしてもらったのは、先月のこと。しかし、超最悪な事態発生。






台風襲来。






明日のハイキング、中止となりました。



なんでやねん

月初めに、介護保険のデータ入力の仕事をしている。

ものすごくざっくりと説明すると、介護保険っていうのは40才以上になると保険料を支払い、65才以上の人が行使できる保険である。手続きをして介護や支援が必要と判断されたら、生活援助や身体介護のサービスが受けられるのである。そのサービスの計画を立てたり、実際にサービスを行ったりするのが、ヘルパーステーションだったり居宅介護支援事業所と呼ばれるところだったり、老健施設だったりするのである。
閑話休題。

で、その入力作業は上記で説明した事業所などへ出張して行うのであるが、仕事をしていると職員さんの間で飛び交っている話が、自然と耳に入ってくる。

「○○さんとこのおじいちゃんは、すごく前向きで、『おむつがいややからパンツ履く』って言うたはるわ」
「浣腸して全部うんこ出したのに、○○さんのおばあちゃんは『まだ出てへん』って怒らはる。もう感覚がないんかな」
「買い物する時は、○○さんはメロンパンが好きやから、必ず買ったげて」

人間の尊厳やら欲望やら何もかもが、凝縮されている世界である。

だがこんなのは、まだ序の口。時にはやはり勘違いしたじじいがいるようである。

「『何にもせんでええから、Hなビデオを一緒に見よう』って言われてん。でも『それは契約には入ってませんから、失礼させて頂きます』って言うたったわ」
「私が行ったら、○○さんはHなビデオをならして、音量を上げはる。近所では、『あの女の人、何しに来たはるんやろ』って言われてるかも」
「ヘルパーさんを依頼するとき、『若い女の子を頼む』って言う人もおるで。『こちらではそのようなことは、行っておりません』って言うたった」

老人になると子供に返るとよく申しますが、本当の人間性は老人になると一気にあらわになります。皆様、こんな勘違いじじいのようにならぬようにいたしませう。



9月末に発売された川原泉さんの最新コミック「ブレーメンII」第5巻を購入。これが最終巻である。かなり強引に完結させてしまったという感じが否めないのだが・・・。とりあえず川原泉ワールドは堪能させて頂きました。

というか・・・もう漫画は描かないのかな。
エッセイもおもしろいんだけどさぁ、やっぱり新作を描いてほしいよ。
もう印税で一生食べていけるくらい稼いだのかもしれないけどさぁ、やっぱり新作を読みたいよ。
数年待ちなら慣れてるから、また新作描いてくれないかなぁ。こんな個性的な作品、カーラ教授にしか描けないし。

と、遠く彼女が住まう鹿児島に向かって祈る、ひーでありました。



ブレーメンII(5)

ポスティングを始めて、1ヶ月以上が経過。週に2〜3回担当区域をぐりぐり回っていると、樹海的地域でもさすがに慣れてきて、配布スピードも上がってきました。まぁまだ、原チャリでさえ通れない道に間違って突っ込むことはございますが。

配布物は、通販カタログやらDMがほとんどです。それにしても本当にいろいろな会社が冊子やらチラシを発行しているんだなぁと、感心してしまいます。

配布する場所は一般家庭がほとんどですが、企業やらお店やら病院といった各種施設にも行きます。
先日は、とあるお寺にカタログを配布する機会がありました。そのカタログの表紙は、アイスクリームの写真。アイスのカタログです。それも、明○とか、雪○とか、ロッ○とかという日本メーカーならまだしも、ハー○○ダッツという、ばりばりの外国メーカーです。
古びたお寺の古びたポストに、洋物アイスのカタログを放り込む時に思いました。


この似合わなさは、どうでしょう。


墨染めの衣を身にまとったお坊さんが、米国生まれのアイスを食している日本って、素晴らしい国だと思います。


アイス


駅前商店街の和菓子屋へ月見団子を買いに行ったら、すすきをもらいました。こういうの、なんかうれしい。
雲が多くて、たぶんお月さんは見えないだろうけど、とりあえず飾ってみました。

月見団子とすすき

下の写真は、月見団子のアップです。あんこは、こしあんです。

月見団子


週に1度、無料で配布されてくるリビング新聞。先週のトップ記事は、教育特集。大阪府と兵庫県の教育委員会のえらいさんに、読者代表主婦たちがインタビューしてます。
その回答がもう・・・。なかなか笑えます。


学校週5日制に不安を持つ人も多いかもしれませんが、今の子供に「生きる力」をはぐくむ上で、大きな意味を持つシステムです。
(兵庫県教育委員会のSさん談)

週5日制にすることと、「生きる力」をはぐくむことと、何の関係もないと、私は思うのですが。


基礎・基本を徹底して教えて、それをもとに自分で考える、判断できる総合的な力をつけるのが、新しい学習指導要領の狙いなんです。
(兵庫県教育委員会のSさん談)

基礎・基本を徹底して教えるというのは、誠に結構なことだと思うのです。ただね、5日制を導入することで、自ら考えて判断する力が養われると、本気で思っているのかなあ? このSさん、指導要領の方向性に納得した上でしゃべっているとは、絶対に思えませんね。言っていることに、つながりがないもん。


(教員の)採用でも、面接を増やして、学力だけでなく人物をしっかり見ようというふうに変えてきています。
(大阪府教育委員会のWさん談)

んじゃ、今まで何を見て、教員を選んでたの? 堂々とこういうことを発言する、っていうのがすごいわ。



さすがにえらいさんともなると、お答えもなかなかとんでおります。強引です。




が、最近多すぎます。脳みそが火砕流起こしそうです。

いえ、ここでいう「死にたがる人たち」っていうのは、自殺者のことじゃないです。暴走族とかチームとかでもないです。

そこいらにいる、一般人のことです。

私は、原チャリドライバーです。車に乗っている人は「原チャリが怖い」ってよくおっしゃいますが、原チャリが怖いのはちゃりんこと歩行者。もう5年くらい運転してますが、年々マナーが悪くなってます。ましてや私の住まいは大阪。元々日本一マナーが悪い場所が、もっと悪くなってます。

っていうか、みんな頭がすかすかなんじゃないかって、思いたくなる。

思いも寄らない箇所での横断なんて、日常茶飯事です。特に日曜日、スーパー前の道路なんて、歩行者天国です。車がぶんぶん通るのに、左右確認なんて全くせずに、自然に横断していきやがります。それで、目の前に駐車場あるのに路駐させた車に乗って、いけしゃあしゃあと発進していく。それも生意気に、図体のでかい3ナンバー車。

道路一杯に広がってちゃりんこを走らせているやつらなんて、珍しくも何ともありません。それも、田舎の道をサイクリングするかのように、のんびり走ってます。後ろに車が来ていることがわかっていても、よけようともしません。

私は横を車が追い越すことができるように、道路の左端を走るようにしてます。そんな時、突然右側通行する自転車がやってくる時があります。曲がり角とか歩道から、飛び出してきやがるのです。正面衝突を避けるのに、どれだけ神経を使うか。

なのに、こういうやつらが交通事故に遭っても、罪にならないのです。「不注意の刑」とかで執行猶予中の歩行者とか、いてもいいと思うのに。それに、死にたがっているとしか思えないやつらほど、ドライバーを激しく責め立てたりする。まぁ警察も、頭すかすかのやつに説教してもどうしようもないと思っているんだろうけど、おかしすぎる。

そんなに死にたいのなら、自衛隊といっしょに戦場へ行って下さい、って言いたい。




昨晩、友達の車に乗っけてもらって、スーパー銭湯に行ってきました。
最寄り駅から山手にどんどん進むこと、10分前後。目的地の「祥風園」に到着です。ここは、れっきとした温泉です。

この施設があるあたりには、私、小・中学生の頃によく来たんです。子供会のイベントとかで。桜の名所やキャンプ場もありますからね。でも、びっくらこきました。あまりの変貌ぶりに。

当時のおもかげ、じぇんじぇんありましぇん。

3時間まで無料の駐車場に車を停めて、入館。
連れて行ってくれた友達は、家族や職場の人たちとしょっちゅう来ているそうで、メンバーズカードを持ってます。通常800円ですが、会員だと700円(いずれも土日祝日は100円アップ)。それも、会員1人いれば、何人連れで行っても会員価格で入れる、うれしさよ。

他のスーパー銭湯に行ったことがないので比較できないのですが、全体的にこじんまりしている印象を持ちました。私が通っているスポーツクラブのロッカーの方が、ここの脱衣場よりでっかいです。
どんな種類のお風呂があるかは、ここをご覧下さい。

体洗って、遠赤サウナに入って、露天風呂に行きました。無色無臭のお湯は少しとろっとしていて、肌にまとわりついてくるような感じでとてもやさしいです。湯加減も、熱すぎずぬるすぎず、私にはちょうどよかったです。

半端じゃなく、気持ちよかった。

入浴時間のほとんどを、2人でくっちゃべりながら露天風呂で過ごしてました。時間にして約2時間。閉店は夜の12時ですが、閉店ぎりぎりまでつかってました。でも全然湯当たりしませんでした。

すごく、いいお風呂でした。


右足の足首から甲にかけて、激しく痛くなることがある。もう2年以上前からだ。

何がきっかけだったかははっきりしない。痛くなり始めた当初は、続けて5分歩けないほどだった。仕方がないので、その場でしばらく止まり、また歩くということを繰り返していた。

今はそれほどひどい痛みはないのだが、やはり足に力を入れたり踏ん張ったりするとだめみたいだ。ジムのウォーキングマシンを使うと、5分も経たないうちに歩いていられなくなる。しばらく休憩すると何とか復活する。でも復活するまでの間は足首から下がじんじんしている。
痛みがない時に電車の座席に座っていて、いざ立ち上がろうとして踏ん張ると激痛が走り、つんのめりそうになることもある。しばらく歩いていると、だんだん治まってくるのだが。

一度、地元の総合病院の整形外科で診察してもらい、レントゲンも撮ってもらったが、結果は「異常なし」。普段の生活をしていると大丈夫なので、医者の前ではその痛みを再現できないのが困る。ずーっと痛ければまだいいのだが。
フィルムを見た先生、首をかしげながら、私にこうおっしゃいましたよ。


「おかしいですね〜。どうして痛いんでしょうね?」


それを聞きたいのは私だっちゅうの。


その時は湿布薬だけ処方してもらったのだが、効かないのはわかっていた。だってそれまで手持ちの湿布を貼りたおしていたんだもん。
本当は完治させたいのだが、どの診療科を受診すればいいのかわからない。

どなたか、ご存じないですかね〜?



Profile

ひーをもっと知るには。





@hi_monologue

Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM