「オトナ語の謎。」という本をご存じですか?
「ほぼ日刊イトイ新聞」という糸井重里さん主宰のHPの1コーナーから誕生したものです。

オトナ語の謎。

「お客さんのところに朝一で入らんとあかんから、明日は直行するわ。ほんまは直帰したいけど、しゃあないから午後一には事務所に戻るわ」

「いつも大変お世話になりまして、恐悦至極に存じます。衷心より御礼申し上げます。心ばかりの物でございますが、どうぞご笑納下さいませ

などという「オトナ」にしかわからない言葉たちを、事細かに、おもしろおかしく解説してあって、抱腹絶倒間違いなし。

で、この本の最初に解説されている言葉が「お世話になっております」である。たとえ初めて会話する人であっても、たとえお世話になっていなくても、こっちがお世話していても、相手が国王であろうとキムタクであろうと、とにかくオトナの世界の始まりは「お世話になっております」なのである。

でもこの言葉、いろんな化学変化を起こすんですよね〜。
以前私が勤務していた会社の取引先の中で、「まいどおおきに〜」とおっしゃる会社がありました。京都の商社だったのですが、全国津々浦々で化学変化した「お世話になっております」が存在するんだろうな。

現に、やはり以前勤務していた会社の上司が、「まいど、おいど」ってよく言ってましたし。
ちなみに「おいど」っていうのは関西弁で「おしり」のことなのですが、別に深い意味はありません。語呂です、語呂。

そんなわけで、本日ブログデビュー。とりあえずお世話になっております。今後ともどうぞよろしく。


Profile

ひーをもっと知るには。





@hi_monologue

Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM