エクサボディが次のコアリズム位置を狙って、現在ガンガンプロモーションしている商品。




ヒップホップアブス。

この最新CMに、HIROMI GOが出演中。
去年まで、「イエス、高須クリニック」って言ってたのに。

上のバナーをクリックすると動画がありますが、是非テレビで30分バージョンを見て下さい。
夜中のBSとか、探してでも見て下さい。

底抜けに不自然なハイテンションぶりに笑うしかないHIROMI GOが、満喫できます。


ところで、話はそれますが。

むかしむかし、彼は聖子ちゃんと付き合ってましたよね。
つくづく思うのですが、このふたり、共通点が結構ありますよね。

不可思議なくらい、年齢不詳の若さがある。
年齢は上がっているにもかかわらず、スタイルもイメージも、大きく崩さずキープしている。
バツ2。

そしてとことん、芸能人。身も心も、芸能人。

でなきゃ、別れた後に堂々とデュエット曲出したり、CMでひろみ様が「青い珊瑚礁」を歌うわけがない。

聖子ちゃんへの「郷ひろみ」の影響力は、非常に大きかったと思う。
ひろみ様とお付き合いしていなかったら、聖子ちゃんは芸能界の今の位置にはいないと思う。

ひろみ様、すでに50代。聖子ちゃんも40代後半です。
見えないところでの「郷ひろみ」や「松田聖子」を維持するために払われる努力は、きっとすさまじいものでしょうね。

芸能人として、すごい人たちだと、私は思います。
「ザ・芸能人」そのものだと思います。

芸能人なら、こうでなくっちゃね。







男願Groove!(初回生産限定盤)(DVD付)
男願Groove!(初回生産限定盤)(DVD付)
郷ひろみ




GemsTVからマイクさんが降板して、早くも1ヶ月が経過してしまいました。

3月にこの記事書いてしばらく経った頃、彼のブログから降板の兆候を察知して、パソコン前で「嘘や!」と叫び、

その後のブログ更新で、降板は間違いないと確信し、

3月29日、午後7時半からのマイクさんの最終回は、録画しながら見ました。


もっと早くこの記事を書きたかったのですが、大げさでなくショックで、立ち直るのにかなり時間がかかりました。
テレショップフェチで、それこそいろいろなショッピングチャンネルを見て回ってますが、MCの降板ごときでこんなにショックを受けたのは、初めて。

失礼ながら、GemsTVで拝見するまで彼のことは全く知りませんでした。
だから、いつだったかカエルのかぶり物をしてた時、「何、この人」って言いながら、テレビの前で大笑いしました。

その頃から、ホームページに掲載されている出演予定表をチェックして、宝石に全く興味がないにもかかわらず、マイクさんの回を狙ってGemsを見るようになりました。

彼のMCの時間は、本当に楽しかった。なんか油断ができないって言うか、何を言い出すか、何をし始めるか、目が離せなかった。
あまりのおもしろさに、こことかここで、ネタにさせていただきました。

テレショップは、物の力以上に、人の力が大事だということ、再認識させてもらいました。

番組進行はおちゃらけてはいるものの、宝石のことをとてもよく勉強されていました。
また、視聴者に伝えるべきことを常に追求していたようにも見えました。視点も男子目線で、独特でした。

一時期マイクさんは、オークションが終了した商品を再度テーブルに戻してもらい、オークション中の商品と比較したりしてました。
オークション番組という観点では邪道なので、ダメ出しをくらったようですが、私はあれ、特にそんなに宝石のことが詳しくない人にとってはわかりやすくていいなあと思ってました。

声の出し方、抑揚の付け方、自分の見せ方。
もしかしたらご自分の立ち位置に悩んでいたかもしれませんが、「役者」という彼のベースをフルに活用したMCだったなと思います。

変装とか、さぶいおやじギャグは、置いといて。

去年の11月、GemsTVの1周年イベントで、朝の3時から5時までMCを担当された時のもの。

小芝居を挟み、

パジャマのマイクさん

相棒ブルースくんにまで気を配り、

ブルースくん

テレビでパジャマ着て2時間爆走するMCなんて、初めて見た。

パジャマのマイクさん


私の父親のガンが発覚したのが、ちょうどこの頃でした。
気分的にもやもやして最悪でしたが、このイベントが楽しみで楽しみで。
でも起きてられないから、ビデオをセットしておいて、翌朝起床後すぐ見たことを思い出します。


クリスマス前、アメリカのGemsTVで人気の商品を紹介した時のマイクさん。

なんちゃんてアメリカ人のマイクさん

完売までの時間がどれくらいかかるのか、どういう風に番組が進行していくのか、段取りがかなり流動的だったみたい。
おかしなアメリカ人に変装してごまかしてるけど、がちがちに緊張している様子が丸見えだったのが、おかしくて。

今年の元旦、カウントダウンの瞬間。

GEMSのマイクさん

私の年越しイベントは、これしかあり得ない。
そう思って、テレビの前に張り付いてました。
カウントダウン前後のぐだぐだな様子に、大笑いしました。


父親の容態は、もう最悪だったんですが。


年明け後すぐ父が亡くなり、葬儀を終えて家に戻ってふとテレビを付けるとGemsが映り、マイクさんがしゃべってました。
それまでぴーぴー泣いていたのですが、なんだかほっとして、すごくうれしくて、笑いながら見ました。


返す返すも残念な降板。
マイクさんがいなくなってから、本当にGemsを見なくなっちゃったよ。

だけどマイクさんは、まだ30代。まだまだこれからです。
また、新たな道を見つけて進んで行かれることでしょう。

プロデューサーからお別れの花束

マイクさんの前途に、幸あれ。

エンディング

楽しいテレショップ、本当にありがとう。








君に幸あれ
君に幸あれ
タオルズ,西田遼二,青葉祐五,藤尾領,東京おとぼけCAT’S


JUGEMテーマ:ありがとう


昨日のテレショップつながりで、もういっちょ。

深夜12時を回ると、BSではテレショップの放送がスタート。
1時を回ったら、テレショップしかやってない。
でもってスカパー!には、テレショップ専門チャンネルがてんこ盛り。

それらを一通り巡回するのが、私の楽しみ。

1ヶ月ほど前のこと。
風呂上がりにテレビをつけたら、ダイレクトテレショップのオープニング。
ぼんやり見ていたら、最初の商品に驚愕。

プチバンだ! それも、1箱売りしてる!

プチバン

1箱1,980円とな! お一人様3箱までとな!

プチバン

もうびっくらこいて、15分ほど座り込んで見てしまいました。

プチバン販売中


今から7〜8年くらい前に、プチバンがやたらテレショップで販売されていたことがありました。

当時のパッケージ。

プチバン旧パッケージ

このパッケージの写真のおっさんが、ものすごく怪しげな英語を駆使して、テレショップ番組にしょっちゅう出演していました。
自分で「Mr.プチバン」って名乗ってました。

ご記憶の方もいらっしゃるんじゃないかなぁ?

2ちゃんでもこのおっさんのことは盛んに取り上げられていたようで、今でも「プチバン」で検索すると、当時の過去ログがヒットします。

この頃既にテレショップフェチだった私、「土踏まず」のことを「グラウンド踏まず」などとぬかす、こんなへんなおっさんを逃すはずはありません。
さっそく自分のホームページで書いていたコラムのネタにしました。

ここをクリックすると表示されるページの下の方にある、「プチバンおやじ」というタイトルのコラムです。

しばらくすると、おっさんから直接メールが届きました。
思いっきりの悪口なのに、私のコラムにえらいこと喜んでくれたようで、話はとんとん拍子に進み、お会いすることになりました。
テレビ局でのテレショップ収録現場にも連れて行ってもらいました。
一時期は、私がMr.プチバンのネットショップの責任者をやってた時もあります。

よく言えば超個性的ですが、こだわりの強すぎる変人でしたわ。
悪い人では決してないのですが、このおっさんの言動を見てると、すごく疲れる。常にひやひやさせられます。

たとえて言うなら、自分の思うがまま、左右の確認もせずに道路に飛び出してしまう5歳くらいの男子が、そのままおやじになったような感じ。

その分、ネタは満載でしたけどね。

今はおっさんとはほとんどやりとりしていないので、プチバンの現状はよく知りません。
でも現在は、ネット上で販売しているのは、和光電研さんのサイトだけだと思います。
ネットが流通する前から、ここはずっと地道にプチバンを販売していたのです。

いやあ、でも、ほんとに懐かしい。

広告代理店の戦略もあったと思うんですけど、当時のテレショップでは、このプチバンを2箱セットで売ってたんです。確か、6,800円くらいだったと思う。
1箱での販売は、絶対しなかったんです。

それが今や、1箱1,980円。

これ以来、テレショップでプチバンは全く見ないし、ダイレクトテレショップのホームページでも取り扱ってません。
もしかしたら、在庫処分だったのかなぁ。








三匹のおっさん
三匹のおっさん
有川 浩

 

JUGEMテーマ:通販


 

本日は、数ヶ月ごとに書いている感のあるコアネタのひとつ、マイクネタ、行きます。
もうカテゴリ作っちゃおうかな・・・。

ちなみに、以前書いたのは、これこれこれ


叶姉妹様には、「叶姉妹時間」というのが存在するらしいですが、私にも「マイク時間」というのが存在します。

この「マイク時間」っていうのは何かと申しますと、GemsTVに登場するマイク様を拝謁する時間のこと。

何でもかんでも定規で測る、マイク・ハン。
その定規に自分の写真をぺたぺた貼って、目盛りを見えなくしてしまう、マイク・ハン。
ルビーとマグロを同列で語る、マイク・ハン。

彼の出演日程を把握し、最悪でも彼曰く「最初の5分に命をかけている」オープニングトークだけでも、テレビの前で正座のうえ心して拝聴するため、ご飯食べたり風呂に入ったりする時間を調整するのです。

特に、夜間。

なぜなら、彼は夜の時間帯になると、仮装したり、妙なキャラになりきったりして出てくる時があるからです。
受けようが、どん引きしようが、抗議のメールが来ようが、押しまくる。
スタートダッシュは勢いあるものの、時間が経つごとに息切れし、キャラが崩壊していく様も、またおもしろい。

なぜ「宝石専門チャンネル」で、笑いを取ろうとするのか、さっぱりわからん。
でも、まんまとマイクの作戦に引っかかってしまっている私。

最近、彼のやんちゃぶりがちょっとなりを潜めていた感があったのですが、先日は久々に爆笑。


ミツバチ大王マイクさん


「ミツバチのお父さん」もしくは「ミツバチ大王」だそうです。
セットのミツバチと、放送日の3月8日「ミツバチの日」に引っかけて。

一時期しょっちゅう登場していたリコーダーも、久々登場。


リコーダーを吹くマイクさん


そしてこれまた久々、怒りの社長ちゃんキャラも登場。
背後モニターに映っている、中途半端な鬼の絵がそうです。


Gemsの社長さんキャラ登場


登場するようになった経緯は私は知らないのですが、とにかくこれが登場したら、Gemsジャパンの社長さん(女性)が何らかの文句を言っているという証らしい。

再度申し上げますが、これ、「宝石専門チャンネル」です。

でもこの番組に出演しているMCの人たちって、すごいですよ。

ショップチャンネルとかQVCといったショッピング専門チャンネルも生放送ですが、ゲストやモデルさんが登場したり、商品によっては派手なデモンストレーションもあるので、MCがカメラの前に座ったまま、ひとりでしゃべりっぱなしということはありません。

だけどGemsのMCたちは、5分休憩を挟んで約2時間、カメラのど真ん前で、相方なしでひとりでしゃべり続けないといけない。
紹介する商品は、ジュエリーのみ。だからある程度、専門的な知識も要求される。

紹介予定商品リストは事前に渡されているようですが、急遽変わることもある。
当然台本などありません。
1つの商品のオークションが長引けば、しゃべるネタなどなくなってしまう。
それでも時間をもたせ、つなげないといけない。

しかも、完全生放送。

それだけならラジオと同じだけど、テレビだからビジュアル面にも手を抜けません。
特に耳元・首もと・手元。

マイクさんが仮装に力を入れるのも、わかるような気がします。

はっちゃけているマイクさんですけど、れっきとした俳優さん。

こんなのとか、
怨み屋本舗 DVD-BOX
怨み屋本舗 DVD-BOX

こんなのとか、
亡国のイージス [DVD]
亡国のイージス [DVD]

こんなのとか、
夜王 ~yaoh~ TVシリーズBOX [DVD]
夜王 ~yaoh~ TVシリーズBOX [DVD]


他にもいろいろ出演されているんです。

どれも見たことなくて、すみません。

最近では、ミュージックビデオにも出演。




とにかく、最近深夜に進出してきたハンサムライバル・ダリオ様には、負けないでいただきたい。







カーネリアンのハンサムネックレス
カーネリアンのハンサムネックレス


JUGEMテーマ:通販


==その1 村松さん==

マルチカッターの村松さん
マルチカッター一筋30年の、村松さん。


本当に、マルチカッターしか紹介しないおじさんです。

しばらくお見かけすることがなく、どうされたのかなぁって心配していたのですが、最近プライムテレショップなどで再会。
あのぼくとつとした雰囲気、そしてあくまで決められたセリフ通りにしかしゃべらない(人の話を聞かない)頑固さは、健在です。

村松さん、お元気でしたか?
私、お宅の会社から突然メールをいただいたこともあるんですよ♪


==その2 ブレンダ・ダイグラフさん==

こちらも、プライムテレショップで再会。

エア・クライマー(プライムでは販売終了)で、「あれっ?」と思い、

プライム 燃焼加速!  エアクライマー(Air Climber)
プライム 燃焼加速! エアクライマー(Air Climber)


カディオツイスターで確信。


「ステップ&ツイスト」でよりパワフルに自宅エクササイズタイムを演出!カディオツイスター


うわぁ、久しぶり。ブレンダ、元気だった?
前より気のせいか、若くなってない?

以前に書いた記事のおかげで、「ブレンダ ダイグラフ」というキーワードで、ヤフー様では1位、グーグル様でも上位に食い込む、我がブログ。
あなたには頭が上がらないのよ。

だけど相変わらず、足踏みステッパー系での登場というのが、笑うけど。







TVショッピングで有名なあの商品 ツイスト&シェイプ ミニ ステッパー デザインシール付き
TVショッピングで有名なあの商品 ツイスト&シェイプ ミニ ステッパー デザインシール付き

 

JUGEMテーマ:通販


 

予告通り、昨年のカウントダウンは、GEMSマイクさんを見ましたよ。


GEMSのマイクさん


何枚か撮影しましたが、これがベストショット。

ちなみに、この後の紙テープ撤収はぐだぐだで、商品がテーブルから落っこちそうになってました。
カウントダウン後は緊張の糸が切れたのか、マイクのかみかみトークが炸裂。
番組の最後は、時間配分まで間違ってた。

堪能したです。

個人的には、これもナイスタイミングで撮れたと自画自賛。


GEMSのマイクさんと大松さんの2ショット


マイクの後ろにいるのは、大松さん。マイクの後の時間の担当MCです。
カウントダウンの瞬間に、出てこられました。

この方は、「サタデースクランブル」なる番組で、レポーターとして走り回っておられる方らしい。だけどこの番組、関西では放送されていないんですよ。

だから私にとっての大松さんは、「離煙パイプ」とか「ノニ」のテレショップの人。

特に「ノニ」のキャラは、結構、きつい。

MCが2ショットで画面に登場するというのは、本当に珍しい。
まして、この二人のツーショットは、GEMSファンにとってはたまらないと思う。

というわけで、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしく読んでやって下さい。

新春の大阪は、むちゃくちゃ寒いですわ。







離煙パイプ
離煙パイプ



JUGEMテーマ:通販


冬、目前。テレショップ業界は、冬のかき入れ時に突入。


特に食い物事業部は、「北海道!」と叫び始めます。


カニ、イクラ、カニ、数の子、カニ、タラコ、カニ、昆布。

その合間に、豚丼とかジャガイモとかが割り込んでくる。


「とれたて!美味いもの市」といえば、梅沢富美男さん。
相手役の女性は変わりますが、梅沢さんはほぼレギュラー。

梅沢さんはテレショップ黎明期から、ほんとによくあちこちのテレショップに出演されてました。
今はなき「オリソンワールド」でも、しょっちゅうお見かけしました。

時は流れ、現在はテレショップで食べまくってます。
番組内で料理を披露することもあります。
テレショップ番組自体に慣れておられ、ノリがいいなぁっていつも思います。

特に豚丼は、豚肉好きの私としては、すんごいそそられます。

「北海道まるごと特選市」も、最近よく見ます。
春夏シーズンは、九州バージョンをやってましたね。

とにかく食い物事業部としては、「冬・北海道」と叫んでおきさえすれば、視聴率が取れるんでしょうね。


ここで、テレショップ食い物事業部の皆さんに、テレショップをこよなく愛する私めから、お願いがございます。


どうか、箸使いが異常に下手なタレントさんを使わないで下さい。


あんな箸の持ち方で、なんで食べ物を挟んでつかめるんだろうと不思議に思う人が、よく出演されているんです。
ある意味、「匠の技」と言えるくらいのレベルです。

でもとにかく、見苦しいです。
箸を持つ手元に目線が行っちゃって、商品紹介を聞き逃してしまいます。
いくら「おいしい!」と叫んでもらっても、説得力がない。

なぜって、カメラの前で食べなければいけないことがわかっていながら、いい加減な箸使いをしているということは、仕事への姿勢がいい加減ってことだもの。

テレショップフェチとしては、そんないい加減な仕事をする方に、テレショップに出演して頂きたくはございません。見たくもございません。

食い物事業部の皆さん、是非ご一考のほどを。






ママも安心 エジソンのお箸II 右用
ママも安心 エジソンのお箸II 右用


JUGEMテーマ:通販


GEMSTVがらみのキーワードで我がブログへ迷い込んできた皆さん、こんばんは。

この記事を書いたのは、もう半年くらい前なのに、特に「gemstv」というキーワードでは、Yahoo様・Google様で常にベスト20位以内に食い込んでおります。

出演MCのブログよりも、我がブログが上位表示されることもございます。
皆さんのご協力に、深く感謝申し上げます。

記事を書いた当時と変わらず、番組チェックは続けています。
記事を書いた当時と変わらず、商品購入はしておりません。

最近、Gemsのホームページがリニューアルされました。
ドメインまで変更して心機一転。ネットショッピングまでできるようになり、かなり垢抜けてしまいました。
あのやっつけ仕事のホームページ、好きだったのになぁ。

MCのメンバーも、かなり入れ替わりました。
前田さんがやめちゃったのが、個人的にはとても残念。あの肩の力が抜けたトーク、好きだったのになぁ。

春頃から参加している木邑さん。商品紹介中に目が泳ぐことが多かったのですが、最近では余裕すら感じられます。
YUMAちゃんも、日本語の言い回しがずいぶん上達、安定感が出てきました。

大松さんの時間も好きです。でも、私より年下なのに、自分で「親父」と連呼しないようにね。
11月は手術のためにお休みされるそうですが、フェードアウトせず、復活をお待ちしています。

番組をチェックし始めて半年になりますが、一番お気に入りのMCはこの人。


マイク・ハンさん


受けるために、笑いを取るために、決して努力を惜しまない人、マイク・ハン。

宝石商といえば静かで落ち着いたイメージなのに、彼はとにかく落ち着きがない。
なんか中学生男子みたいなノリで、MCの大松さん曰く


「ジェムスのやんちゃ坊主」


サウンドデバイス物のガチャポングッズを、山のように持ち込んでくる。
頼まれもしないのに、仮装したり、かぶり物かぶったり。
さぶいおやじギャグを飛ばしたあげく、視聴者放置プレイ。

30代らしいのですが、彼が繰り出す小ネタはどれもこれも、40代以上の気持ちをくすぐるものばかり。
年齢、ごまかしてませんかね?

MCとしてあってはならないことだと思うのですが、彼がその日好調なのか不調なのかは、子供にでもわかります。
価格の言い間違いも多いし、つば飛ばしてしゃべってるのを何回見たことか。
それに、いらんこと言い。問題発言も多々。

最近はずいぶんましになりましたが、テーブルの上をすぐとっちらかす。
控え室のマイクさんのロッカーとかを開けると、妙な小道具が崩れ落ちてくると思うな。絶対に。

昼はまだ普通なのですが、夜の壊れっぷりは半端じゃありません。
ほんとかどうかは知りませんが、あまりにはっちゃけすぎて、社長さんにもよく叱られているらしい。
視聴者からのMCへの苦情が一番多いのも、たぶん彼でしょう。

でも彼は、テレショップフェチの私の心をわしづかみにしてしまいました。
今では、「ハンサム・ナイト」を見るためだけにチャンネルを合わせることも珍しくありません。

昨日の記事の松居さんもそうですが、テレショップは商品力以上に人力が大事。
紹介者の個性が、商品力をアップさせることもあるのです。

そういう意味で、GemsのMCの方々は自分の個性に合わせた商品紹介を、それぞれ展開しておられます。
テレショップの王道を突き進んでいると言っても、過言ではない。

他のMCの皆さんと、マイクさんの大きな違い。
それは、ジュエリーへの視点です。

商品をジュエリーとして見るだけでなく、単なる「物」として見ている時がよくあります。

例えば、定規を使っての採寸。
最近は他の方もされますが、当初から一番律儀にやっているのは、マイクさんだと思います。

その定規でさえ、マイクさんは受けるための小道具にしてしまう。

ジュエリーのデザインを見て、何か別の物にたとえることも多い。
その様子は、機械大好きな男子が、機械の構造をのぞき込んで仕組みを解明しようとしているような感じです。

私は宝石への興味があまりないせいもあり、やたらと「きれい」を連発されると、気持ちが引いてしまいます。
ジュエリーなのだから、きれいなのは当たり前やんか、って。

だから、マイクさんの「男子目線」はすごく新鮮だし、私にはおもしろい。
反面、他のMCさんたちが比較的得意なカラーコーディネートが、マイクさんはちょっと苦手みたい。

あと、妙に律儀です。
先に書いた採寸もそうですが、リバオクの仕組み、初回注文時限定プレゼントのガイドブック、番組で販売しているチェーン、品質保証カードなどについての説明を、ほぼ毎回されています。

言い間違いとか勘違いも多いですが、情報告知もはずしません。
以前ホームページがダウンして、MC出演予定ページが見られなくなった時がありました。
その時も、ホワイトボードに次の日の出演者を書いて、告知してました。
ホームページが復旧するまで、律儀に続けてました。

ちなみに他のMCの皆さんは、そこまで詳しくしゃべりません。
もしかして、マイクさんはそういう役目を担っているのかな?

ともあれ、来る10月31日はハロウィンイベントととして、当日出演するMCは仮装するそうです。
当然、マイクさんも出演予定。

私も万難を排し、テレビの前で正座をしてチェックする予定です。
私の期待、裏切らないでね。マイクさん。






ハンサム★スーツ
ハンサム★スーツ
鈴木 おさむ


JUGEMテーマ:通販






マジッククッキング、売れてるみたいですね。

現在は品薄状態で、発送まで2週間くらいかかるみたいです。

松居さん&大東めぐみさんバージョンと、松居さん&渡辺めぐみさんバージョンを何度もチェックした、テレショップフェチの私の結論。

マジッククッキングは、松居さんだったから売れた。

テレショップで売れ筋になる商品って、大体決まっています。
圧力鍋もテレショップでは定番商品。特に昨今は「光熱費が節約できる」という強烈なキャッチを持つ圧力鍋の商品力は強いです。

メーカー・種類は違えど、いろいろなテレショップで見かけますが、はっきり申し上げます。

どの圧力鍋を選んでも、結果は同じです。

私も圧力鍋を持っているのでわかりますが、どの圧力鍋も原理は同じなので、できることは決まっています。圧力鍋には不向きな料理があることも、ちょっとしたコツが必要なのも同じ。
違うのは、デザインと容量と値段くらいです。

同じ種類の商品をテレショップで差別化する方法は、人力しかありません。
視聴者が商品に誰とリンクさせるかで、勝負はほぼ決まります。

圧力鍋に関しては、松居さんの完全勝利です。

マジッククッキングの紹介時、「ジャガイモを丸ごと入れたカレー」が、ものすごいインパクトがありました。
だけど、松居さんが実演したから、成功したのです。
菊地社長が実演しても、ダメだったと思います。

私、このテレショップ見るまで、松居さんがここまで天然系の方だとは、思いもしなかった。
「松居棒」がヒットした時点では、注目していなかったのです。

商品への思い入れが激しすぎて、人の話を聞いてないです。
あれは演出でも何でもなく、松居さんの素のままだと思います。

とにかく、自分の言いたいことを押す。熱い思いを押す。
押して、押して、押しまくる。
だから、出演者たちと話がかみ合わない。

渡辺さんは圧力鍋のことをあまりご存じない様子なので、松居さんは自由にしゃべってます。
「奥様は、魔女なんですよ」と言い放ってます。

だけど、普段から圧力鍋を使っている大東めぐみさんとは、会話の歯車がうまくかみ合わない。

大東さんは、自分の使っている鍋とマジッククッキングとの違いを、彼女なりに説明しようとします。
「圧力鍋で料理すると、タマネギなどは溶けてしまうから、大きく切った方がよい」などという突っ込みは、なかなか絶妙だと思います。

でも松居さんは、話を途中で止められない。

大東さんが松居さんの弾丸トークを受け損なうと、2人のセリフがかぶる。
で、会話の流れが止まる。
その繰り返し。

菊地社長も、松居さんの暴走ぶりを止められません。
社長のセリフでさえ、松居さんは何度遮っているか。
菊地社長は、自分の言うべきセリフをいつ言おうかと、常にタイミングを計っています。

本番中に社長に気を遣わせる松居さん、恐るべし。

マジッククッキングだけでなく、他の商品紹介でも松居さんのキャラ立ちは目立ちます。

サイクロン掃除機を初めて紹介した時も、やや暴走気味。
「家族全員で掃除した」「絶対買い換える」と興奮気味に語ってました。

松居さんプロデュース第2弾「ママズナイフ」紹介時でも、「この包丁に替えてから、1回も研いでないんですよ!」と叫んでます。
そして、開発者のじいちゃんに、飛びついてます。

何度見てもおかしくて、笑ってしまいます。
松居さんの暴走ぶりが功を奏し、ママズナイフもバカ売れ。

テレショップは、商品力よりも人によって支えられているということを、あらためて松居さんから教えられました。

にしてもご主人の船越さん、松居さんのテンションを受け止めるの、大変だろうな。






松居一代の超(スーパー)おそうじ術
松居一代の超(スーパー)おそうじ術
松居 一代




船井電機:ブラウン管TVから撤退 市場急減で
船井電機がブラウン管テレビの生産・販売を年度内にも終了することが2日、分かった。薄型テレビの普及で世界的に市場が急減したため。既に昨年度で製品開発は中止しており、既存製品の生産・販売も順次縮小する。船井は、07年にプラズマテレビからも撤退している。

船井は低価格のテレビが得意で、北米や日本でブラウン管テレビを販売してきた。しかし、06年度に808億円あったブラウン管テレビの売上高は市場縮小で07年度は7割減の256億円に激減。08年3月期連結決算で赤字転落する要因となった。ブラウン管テレビは新興国や米国などで需要があり、三洋電機や松下電器産業は生産を続けている。【上田宏明】
毎日新聞 2008年8月3日 東京朝刊




このニュースを読んで、久々に思い出したこと。

もうずいぶん前のことだが、船井電機社製のブラウン管テレビが、頻繁にテレショップで売られていた時期があった。
すごく安価だったので、客席から「え〜」というお決まりの声が響いてた。

売っていたのは、西田健二さんという方。人のよさそうなおじさんだった。
トーカ堂の北さんと、やや雰囲気がかぶる感じだったかな。
「余計な機能が一切ついていない、わかりやすくてシンプルなテレビです」と、これまた誠実そうにPRされていたのが、印象に残っている。

船井電機のテレビの担当は、いつも西田さん。
しょっちゅう見かけたので、いつしか西田さんの柔和な笑顔が大好きになり、彼の出演番組をよく探したものです。

最近お見かけしないけど、お元気かなぁ。





八〇歳でも現役社長!船井電機社長・船井哲良の「終わらない挑戦」
八〇歳でも現役社長!船井電機社長・船井哲良の「終わらない挑戦」
桐山 秀樹
JUGEMテーマ:気になること



Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM