しろまる

▲ダンナからの誕生日プレゼント。私が好きな、しろまるのグッズです。

 

 

先日、55才の誕生日を迎えました。

 

1の位を四捨五入したら、60才。
おぼろげではありますが、「還暦」の背中が見えてきました。

 

還暦というのは、日本人にとっては、大きな節目です。
しかしそれ以上に、私にとっては、人生の大きな節目なのではないかと、ずっと以前から思っていました。

 

私の母が亡くなったのは、60才の誕生日の1ヶ月前。
我が家と親しくしていた、母方の従姉妹に当たる女性が亡くなった年齢も、60才。
ふたりとも、ガンでした。

 

偶然の中には、必然がある。この偶然は、私にもつながっているのではないか。
私の命は、60才で終わるのではないか。
特に30代から40代の頃は、漠然とした不安を抱いてました。

 

60才まであと5年だと考えると、今でも不安に思うことがあります。
でも、60才までビクビクしながら過ごすより、60才までに何ができるかということを考える方が、気が紛れていいんじゃないかと、思うようにしています。

 

やり残していること、たくさんあります。
それらを後回しにせず、ひとつずつでも片付けていこう。

 

亡くなった母や従姉妹なら、元気に生きている私の姿を望んでいるだろうし。

 

彼女たちの年齢に追いつくまで、あと5年。
私が母や従姉妹の年齢を超えていけるのか、私が無事に還暦を迎えられるのか、そんなことは誰にもわかりません。

今考えても詮無いことは、なるべく考えないでおこう。

 

そんなことを思った、今年の誕生日でした。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

日本語

 

 

「雨が降りました。なので、服が濡れました。」のような、文頭に「なので」を置く使い方に、違和感があります。

 

「雨が降ったので、服が濡れました。」でいいと思うのです。

どうして、それほど長くない文章をいちいち切って、接続詞でつなごうとするのだろう。

 

テレビ番組、特に、ドキュメンタリー番組のナレーションで何度も使われると、耳障りで仕方がない。

 

このような使い方は、本来間違っているのではないか。
そう思って、「なので」の意味を改めて検索してみて、椅子から転げ落ちそうになりました。

 

 な‐ので の解説
[連語]《断定の助動詞「だ」の連体形または形容動詞の連体形活用語尾+接続助詞「ので」》…だから。…であるから。「かぜなので学校を休んだ」「故障の原因が明らかなのですぐに直せます」
[補説]近年、主に話し言葉で、順接の接続詞のように用いられることがある。「かぜを引いてしまいました。なので、今日は学校を休みました」

 

転載元:なのでの意味 - goo国語辞書

 

補説という扱いですが、辞書にも用例が載っている!

 

そして、私と同様、辞書に接続詞としての用例が掲載されていることに驚き、専門家も全否定しないことに戸惑う人もいます。

 

>>文頭「なので」に違和感 接続詞で話し始める人たち|出世ナビ|NIKKEI STYLE
 

違和感を持つ人は、少数派になりつつあるのか・・・。

私の中では、「よろしかったでしょうか」とか「〜じゃないですか」レベルの違和感なのになあ。

 

>>「よろしかったでしょうか」は、よろしくない。 | ひーのためごと★restart
 

ひとつの文章の中で使われるものだった「なので」という言葉。
それが、新しい意味と使い方を携えて歩き出してから、既にかなりの年月が経っていたという事実に直面し、うろたえている私。

 

でもやっぱり、「文頭なので」は、気持ち悪いんだけどな・・・。

いつか慣れる日が来るんだろうか。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

救急搬送

 

 

夫婦共々、今年に入ってずっとサボっていたスポーツクラブ通いですが、涼しさが戻ってきた頃、やっと復活。


復活のきっかけは、糖尿病のダンナが、「血糖値の下がりが鈍いので、薬を増やしますよ」と、主治医から軽く脅しを受けたこと。
まあ、私も、軽くダイエットはしているものの、体重の減りが鈍いので、いい加減に復活しなきゃと思っていたところなので、ちょうどよかった。

 

ダンナの主治医、グッジョブ!

 

運動終了後は、スポーツクラブのロビーで合流、一緒に帰宅します。
身支度が早いダンナが先にロビーに出てきて、私を待つというのが常です。

 

ある日、ロビーで待つダンナの所に行くと、私の顔を見るなり、「ニュースや!」と言います。

 

「どうしたん?」
「さっき、救急隊員が来た」
「え? どこに?」
「男の(更衣室の)方。風呂で誰かが倒れたらしいわ」

 

よく見ると、確かにロビー付近は、慌ただしい雰囲気です。

 

受付カウンター付近では、スタッフが右往左往。
ご家族に連絡を取る人、風呂から助け上げた人、一時的にエレベーターを止める人。

その傍らには、青ざめた顔をした第一発見者らしき会員さんが、呆然とたたずんでます。
事情聴取にやってきた、警察関係者もいます。

 

男性更衣室の奥からは、救急隊員が心臓マッサージをしているようなかけ声も聞こえます。

いつもはロビーに備え付けてあるAED装置も、ありません。
 

騒ぎが勃発したのは、ダンナが風呂から上がって、10分ほど経過した頃。彼が更衣室を出る直前のことだったようです。

 

「もしかしたら、お風呂で一緒になってたかもしれへん」
「そう、かも、しれへんね。時間的に」
「様子が変な人は、おらんかったと思うけどなあ・・・。じっと見てた訳やないから、わからへんけど・・・」
「そんなに気にせんと。その時は、まだ大丈夫やったかもしれへんやん」

 

それからまもなくして、救急隊員に抱きかかえられた男性が、搬送されていきました。
「大丈夫かな、無事かな」と言い合いつつ、私たちも帰路につきました。

 

後日スタッフに確認したら、搬送先の病院で亡くなったとのこと。
ロッカールーム内の噂話によると、こういう事故はたまに発生し、以前も亡くなった方がいらしたんだそう。

 

スポーツクラブ内のあちこちには、様々な注意事項や、緊急時の対処方法が掲示されています。

その内容は、水分補給の重要性や、無理をしないようにといった、ごくごく当たり前のことばかり。

 

「なんでこんな当たり前のことを貼り出すんだろう」と、私はいつも思っていました。

でも、当たり前のことだからこそ人は油断するから、しつこいくらいに注意喚起しているんですね。特に、命に関わることですから。
それにスポーツクラブ側だって、こんな不幸な形で、会員さんを失いたくないだろうし。

 

健康な体を得るために通うスポーツクラブで、命を落としては、元も子もありません。
私たちも気をつけないといけないなあと、しみじみ思った出来事でした。

 

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

Twitter

 

 

私がTwitterを始めたのは、今から10年前。
昔はかなりハマり、フォロワーさんとも活発にやりとりして遊びましたが、ここ数年は、このブログの更新情報とか、ふと思いついたくだらないことをつぶやく程度。
フォロワーさんの数の増減もほとんどなく、至って穏やかなアカウントです。

 

それがいつからか、フォローしてくるアカウントの自己紹介欄やツイートに、「家出」と書いてあるものが激増したのです。

家出した本人(主に10代女性)らしき人はもちろん、風俗系や変態系など、新たにフォローしてくる人すべての共通項が、「家出」。

 

Twitterで家出についてつぶやいたことはないし、ブログでもネタにしたことがないのに、なんでだろう。
長いこと理由がわからず、ずっと疑問に思っていたのですが、ある時、ハッと気付きました。

 

私が設定している、プロフィールの名前のせいだ!

 

 

Twitter

 

上図は、私のアカウント名と、プロフィールの名前です。

「@hi_monologue」がアカウント名で、後から変更することはできません。

「ひー@やる気が帰宅途中」が、プロフィールの名前。プロフィール設定画面で、何度でも変更できます。

 

現在は、「ひー@やる気が帰宅途中」にしているのですが、「ひー@やる気が家出中」という名前にしていたことがあったのです。

この名前が、Twitter内の検索に引っかかり、家出系アカウントを引き寄せていたのではないかと。

 

さらに、タイムライン内にランダム表示される、「おすすめユーザー」も怪しい。

「家出中」という名前の影響で、家出に関心を持つ人のタイムラインの「おすすめユーザー」に、私のアカウントが表示されていたのかもしれません。

 

何にしても、完全に、自業自得案件。

 

そこで、「ひー@やる気が家出中」から、「ひー@やる気が帰宅途中」にプロフィールを変更したところ、家出系アカウントからのフォローは、ピタリと止まりました。

さらに、おばちゃんアカウントだと気付いたのか、フォローを解除する家出系アカウントも続出。

 

それにしても、「やる気が出なくて困っている」という意味で名付けただけなのに、こんなことになろうとは。

 

この一件で、家出に興味がある若い人の多さに、改めて驚かされました。

私が十代だった頃は、行く当てもないまま家出するなんて、一世一代の大勝負で、それ相当の覚悟が必要でした。

でも今は、SNSというツールが出来て、家出への敷居が低くなったんだなあ。


それと同時に、家出したい人や家出した人に群がる悪い奴らも、獲物を見つけやすくなった。

「家出したーい」「家出中ですー」「泊まらせて−」などとつぶやいてる人を、Twitterで検索すればいいだけだから。

 

現代の闇の一端を見たような気がします。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

予防接種

 

 

私は大人になってから結婚するまで、インフルエンザの予防接種を受けたことがありませんでした。
もちろん、発熱を伴う風邪は引いてましたが、医者に行っても「ただの風邪です」と診断されてばかりで、インフルエンザに罹患した経験もありません。

 

しかし、結婚後は、毎年予防接種を受けるようになりました。
私は大丈夫でも、外から持ち込まれる、つまり、ダンナが勤務先からお持ち帰りになるリスクが高まったからです。

 

「家族が増えるって、こういうことなんだなあ」と実感した出来事のひとつ。

 

結婚1年目の秋。ダンナはかかりつけの病院、私は近所の病院と、それぞれ別の病院で予防接種を受けました。
年明けすぐ、ダンナがインフルエンザB型に罹患。私は無傷。

 

結婚2年目の秋。1年目と同じ病院で、それぞれ予防接種を受けました。
翌2月、ダンナがインフルエンザA型に罹患。私は無傷。

 

結婚3年目の秋。インフルエンザのワクチンが全国的に不足した年でした。
その影響で、ダンナのかかりつけ病院では、接種できる時期が全く見えない状態が続いていました。
私が接種を受けていた病院でも、予約が取りづらい状況でしたが、運良く2人分の空きが出て、初めて同じ病院で予防接種を受けました。

 

その冬は、風邪は引いたものの、ダンナも私も、インフルエンザに罹患せず。

 

結婚4年目の昨秋。前年と同じ病院で、ふたり揃って予防接種。
ふたりとも、インフルエンザに罹患せず。

 

なんなんだ、この言葉にしがたい、なんともビミョーな結果は。
 

そして昨日、前年同様、同じ病院でふたり揃って、予防接種を受けてきました。

我が家のインフルとの闘いは、現在2勝2敗。

 

さあ、この冬の結果はいかに。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

躓いたおばあさん

 

 

先日、外出先から帰宅途中の道ばたで、尻餅をついて座り込んでいるおばあちゃんに遭遇。

 

傍らには娘さんらしきおばちゃんがいて、「早う立ち!」と言いつつ、おばあちゃんの両脇を抱えて立ち上げようとするものの、おばあちゃんは「立たれへん」「痛い〜」とか言って、立ち上がろうとはしない。

 

娘さんらしきおばちゃん、プンプン怒ってる。

その声が、またデカいんですわ。

 

通りかかった人が心配して近寄ろうとすると、おばちゃんは「大丈夫です!」とキッパリ。

 

「この人、いっつもこうなんです。いっつも人様の前で、こんな風にするんですわ」

 

そして、さらに、ひとこと。

 

「病院に連れて行くで、とか、老人ホームに連れて行くで、とか言うたら、(行くのが嫌だから)シャッと立って歩き出すんですわ」

 

おばあちゃんが本当に痛がっているのか、おばちゃんが言っていることは本当なのかは、知る由もない。
しばらく経って再度通りかかったら、もう2人はいなかった。

 

こんな親子逆転した光景が、日本のあちこちで繰り広げられているんだろうなあ。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

提灯

 

 

今日の午前中、東京は雨。こちら関西は、晴れていました。

 

この激しい雨は、京都関係者の涙雨かと思いまして、私はこんなツイートをしました。

 

 

しかし、即位礼正殿の儀を前に雨は上がり、きれいな虹もかかったとのこと。

 

 

たくさんのことを乗り越えて、この日を迎えられたお二人。

今後も大変な日々が続くでしょうけれど、よき時代を皆で紡いでいけるよう、優しく手助けをして下さいますように。

 

おめでとうございます。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

看板

 

 

車で通りかかった時に、とあるビルに掲げられていた訴え。

 

「人口減、税収減、福祉減な状態から脱却し、元気な高槻をつくる。それが高槻の闘いだ」という意味であることは、理解できるのです。

 

でもこの看板を一読すると、「人口減、税収減、福祉減な、元気高槻をつくる。それが高槻の闘いだ」という意味に取れないこともない。

 

この看板のすぐ横に、現役議員の名前が書かれた看板が掲げられているので、ネガティブな意味として伝わってしまう可能性がある訴えは、絶対に避けるべき。

一部を赤い文字にしている意味も、よくわからないし、メッセージが空回りしている感じがして、すごく残念だなと思いました。

 

「限られたスペースに、伝えるべきことを端的に書く」って、本当に難しい。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

救急搬送

 

 

私の親戚(A君)は、実家から少し離れた場所で、夫婦二人暮らし。
お母さんは既に亡く、彼の実家では、A君のお父さんが、ひとりで暮らしています。

 

A君のお父さんは、普段は元気に暮らしていますが、何しろ80才に近い年齢だし、持病もあるので、A君は実家に頻繁に顔を出し、お父さんの様子を見守っています。

 

先週、日本列島を襲った台風19号がやってくる直前のこと。


A君は、台風襲来に備え、実家の庭にある鉢植えとかを片付けておこうと、出勤前に実家に立ち寄りました。

お父さんは超早起きなので、いつもなら起床して活動開始しているはずなのに、玄関のチェーンがかかったままで、家に入れない。


運良く施錠されていなかった別の出入り口から家の中に入ると、ソファの上で倒れているお父さんを発見。

 

意識は混濁、言葉も支離滅裂なので、すぐに救急搬送、即刻入院。
現在もまだ余談を許さない状態が続いてはいますが、一命を取り留めることができました。

 

連日報道されている台風被害の状況や被災者の声、そして、A君のお父さん。
それらを見聞きしていると、「生きていることは、決して当たり前ではない」と、改めて思います。

 

台風襲来に備えていたから、助かった方もいる。
その一方で、準備はしていたものの、様々な要因で亡くなられたり、行方不明になったりしている方もいる。

甚大な被害を被りながらも、悲しみや苦しみを抱えつつも、助かった命を大切に、頑張っている方もいる。

 

A君夫婦は共働き。忙しく過ごすふたりが、平日早朝に実家に立ち寄ることは、基本的にはありません。
今回、お父さんの危機を発見できたのは、本当にたまたまだった。発見が1日でも遅れていたら、そのままひとりで亡くなっていたかもしれないのです。

 

いのちって、本当に、不思議です。

そして、何かに、誰かに支えられていることで、いのちは続いているものなのだと感じます。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

落ち込む

 

 

最近の悩みは、ケアレスミスが増えたこと。


周囲に笑いを提供できるレベルの、読み間違いや見間違いなどはまだいいのですが、冷や汗をかいたり、心臓がバクバクしたりするようなミスも多い。

 

きちんと採寸して購入したのに、思い違いでサイズが合わなかったり。
往復ハガキで抽選に応募した時、本来は往信ハガキに書くべき応募必要事項を、間違って返信ハガキの裏面に記入したり。

 

仕事でも、宛名を間違えてメールしたり、アクセスできないURLをご案内したり。
送る前に、2度、3度と見直しているのに、やらかしてしまう。

 

こんな単純なミス、若い頃には考えられなかった。

 

集中力が落ちたこと、注意力が散漫になっていることが原因だと思います。

やり直しがきくミスばかりですが、本当に落ち込みます。


これが老化なんだろうなあ・・・。

 

身を滅ぼすようなミスを起こさないためにも、日や時間を変えて、見直す回数を増やしていくしかないのでしょうね。

 

ああ、あの頃の若さがほしい・・・。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと


Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM