メタルインドカレーを製造していた会社が、破産したようです。


メタル食品:大阪地裁に破産手続き申し立て、開始決定
テレビコマーシャルで関西で知名度の高い「メタル印度カレー」を製造してきたメタル食品(神戸市西区)が28日までに、大阪地裁に破産手続きの開始を申し立て、開始決定を受けていたことが分かった。東京商工リサーチによると、負債総額は1億8378万円。

「メタル印度カレー」は1952年創業のメタル食品工業が発売。同社が破綻(はたん)した85年12月からメタル食品が事業を継続してきた。カレールーのほか、香辛料なども扱い、95年3月期は7億9928万円の売上高を計上。しかし、近年は大手食品メーカーとの競合などで業績が低迷していた。【横山三加子】

毎日新聞 2008年5月28日 22時58分(最終更新 5月28日 23時08分)



幼い頃、我が家のカレーはこれでした。
ヒデキの「バーモントカレー」とか、千葉真一・野際陽子の「ジャワカレー」とかは、食べたことがなかったです。


メタルインドカレー


決して甘くはなかったけれど、子供でも食べられる優しい味でした。私が今でもカレーが大好きなのは、ひとえにこのカレールーのおかげです。

最近はスーパーでもあまり見かけなくなり、見かけても絶対特売していないので、買わなくなっていました。
でも人間って勝手なもので、いざなくなるとなるとさびしいです。幼い頃の思い出の味ですからね。

頑張ってほしかったなぁ。






喝采!家カレー―いつものルウだけで。うまさ新境地。
喝采!家カレー―いつものルウだけで。うまさ新境地。
水野 仁輔


JUGEMテーマ:カレー日記

昨日この記事を読んで、坂村真民(さかむらしんみん)さんが既にお亡くなりになられていたことを知りました。

坂村さんを知ったのは、もうずいぶん前です。
ポケットティッシュに挟まっていた広告の一文に、この方の詩「二度とない人生だから」の一部が書かれてあったのです。


二度とない人生だから
まず一番身近な者たちに
できるだけのことをしよう
貧しいけれど
こころ豊かに接してゆこう



ポケットティッシュが出会いというのが笑えますが、ものすごく心に響く文章だったので、この詩が掲載されている坂村さんの詩集を探しました。
大阪・梅田の本屋さんでこの本を見つけた時は、うれしかったですねぇ。


自選 坂村真民詩集

自選 坂村真民詩集
坂村 真民



今でも大切に持っています。

「身近な人に、できるだけのことをしよう」というのが、すごく現実的です。
人間って結局、そういう風にしかできないように思えるから。

ずっとお元気なんだと、思い込んでいました。だからちょっと、ショックです。
亡くなってからもう1年以上も経過していたことに。

遅すぎるかもしれませんが、ご冥福をお祈りいたします。




この間の、「上方漫才まつり」にも出演されていなかったなと思っていたのですが・・・。

訃報:はな寛太さん 61歳 死去=漫才師

はな寛太さん 61歳(はな・かんた<本名・西村一文=にしむら・かずふみ>漫才師)15日、食道がんのため死去。葬儀は18日午前11時半、大阪市北区長柄西1の6の14の大阪北玉泉院。自宅は非公表。喪主は弟西村康二(にしむら・こうじ)さん。

松竹新喜劇の役者出身。1968年、同じ役者出身のいま寛大とコンビを結成。しゃべくり漫才で人気を集めた。04年に文化庁芸術祭大賞受賞。

毎日新聞 2007年5月16日 東京朝刊


毎年夏になったら必ず演られていた定番ネタ「あくの、じゅうじか?」。
寛大さんの大ぼけに、寛太さんの絶妙な突っ込み。
お二人の漫才がもう聞けないと思うと、寂しいです。早すぎます。

ご冥福をお祈りします。




ちょっと前、ネット内をふらついていたら、「カモのがんばらないぞ」というエッセイを見つけた。
「ああ、やっと元気になったんだ。また文章をしたため始めたんだ」
うれしくなって読んでみたが、内容は彼のガン闘病記だった。

彼のことを初めて知ったのは、西原理恵子さんの「毎日かあさん」でだった。
当時妻であった西原さんのこと、二人のお子さんのことが大好きな父ちゃんとして、彼は漫画にしょっちゅう登場していた。特に子供を溺愛している様子に、「いい父ちゃんだなぁ」と思いながら読んでいた。私と同い年で、戦場カメラマンだということは、後で知った。

でもこの父ちゃん、筋金入りのアル中だった。

それが大きな原因で離婚することになったのだが、その後もずっと断酒できなかったらしい。どんどん自分を追いつめて、酒に逃げて、入院して、また飲んで、の繰り返しだったようだ。

麻薬中毒と同じで、アル中が断酒するというのは、とてもきついものらしい。
私の父もアル中で幻覚症状を起こし、専門病院に入院した。けれど、結局断酒はできなかった。本人に止める気が全くないのだから、仕方がない。
今でも毎日、発泡酒を一缶飲んでいる。

だけど彼は、紆余曲折の末に何とか断酒に成功したらしい。やっとこれから、という時、彼はガンに冒された。それも、かなりたちの悪いガンに。

今朝の新聞で、彼 ―鴨志田穣(かもしだゆたか)さん― が死亡したとのニュースを目にしたとき、ものすごくショックだった。
毎週更新されるエッセイを読んでいたので、既に手遅れな状態だとはわかっていた。もしかしたらだめかも、とは思っていた。なのに、なんでこんなにショックだったのか、自分でも訳がわからない。

自業自得な面もきっとあるだろうけど、もがいて、あがいて、生死のぎりぎりラインを常に往復していた人だったと思う。しんどかっただろう。

彼にとってのほんとのしあわせ、最期に見付けられたのかな。
彼にとって大切な人は、最期にずっとそばにいてくれたのかな。

ご冥福をお祈りします。

・・・連載エッセイはまだ途中。続きは読めるのかな。


画面右の「ひー的カテゴリー」を見ていただければ、わかる人にはわかると思うのだが、私はお笑い好きである。特に、昭和の大阪発漫才が好き。
小学生の頃、梅田花月(現:うめだ花月)で生のお笑いを何回か見たことがある、結構筋金入りの漫才好きである。

先日、生恵幸子さんが亡くなった。
ぼやき漫才の大御所、人生幸朗師匠の奥様であり、相方でもあった方である。
このお二方、舞台に出てくるだけでなんかおかしかった。
テレビの前で、よく笑った。

ご主人が身近なことや流行歌(!)の歌詞についてぼやきまくり、奥さんがそれに対して思いっきり突っ込みまくる。ワンパターンのネタとオチで、夫婦漫才のエッセンスも加えられた、ある種王道的な漫才だった。
でも、何回聞いてもおかしかった。

このコンビに限らず、昭和の漫才というのは、私のようなガキが聞いても理解できた。
おもしろければ、老若男女が一斉に笑っていた。
いちいち字幕を読まなくても、言葉がきちんと聞き取れた。
ワンパターンなネタでも、きちんと練り込まれていればおもしろいのだ。

今のお笑い芸人さんたちに、昔の芸人さんたちの芸を、もっともっと見てほしいと思う。
もっと本格的な平成のしゃべくり漫才を見たいと、私は心から願っている。
でも、どの世代からも笑いが起こる上質な漫才は、近頃めっきり減っている。
それが少し、悲しい。

人生幸朗さんが亡くなった後、生恵幸子さんはひどく落ち込んでいた。その後、テレビには出演されたが、二度と漫才はされなかった。
大阪で定期的に放送される「もう一度見たいお笑いランキング」番組で、このコンビは必ず上位にランクされる。そんなときはゲストとして登場し、ご主人の話をしてはよく泣いていた。

離れて見てたらおもろいけど、自分の身内やったら困りもんで、扱いに手を焼く。人生幸朗さんって、まさにそんな方やったと思う。
でも、生恵幸子さんはご主人のことが大好きで、それを公言してはばからなかった。
今頃、ご主人に再会されて、うれし泣きしておられるかな。

楽しい漫才をありがとう。
感謝をこめて。



Wヤング,海原小浜 海原お浜,コメディーNo.1,正司敏江・玲児,若井はやと 若井ぼん,夢路いとし・喜味こいし,人生幸朗・生恵幸子
キングレコード

私の趣味の一つ。それは、帝国データバンクさんのホームページを訪問して、倒産情報をチェックすること。
先日、こんな記事を見つけました。


インテリアクッション製造 株式会社エビス化成
事業停止、自己破産申請へ 負債48億円

(株)エビス化成(資本金2400万円、大阪府大阪市淀川区西中島4-9-28、代表石田喜信氏、従業員150人)は、4月6日に事業を停止した。
現在、事後処理を山本淳弁護士(大阪市中央区北浜2-3-9、電話06-6201-4456)に一任しており、自己破産申請の準備中。

当社は、1962年(昭和37年)2月に設立。家電向け緩衝材や食品向け保冷箱など発泡スチロールの成型加工を主業としていたが、4年ほど前からインテリアクッション(ビーズクッション)の製造に転換して以降は業績が急伸。

主力ブランド「モグ」をはじめ7つの自社ブランドを有し、スーパー、コンビニ、通販業者向けなどに販路を開拓、吉川工場(兵庫県美嚢郡)の新設・稼動が寄与した2002年同期には年売上高約44億9400万円を計上していた。
特に主力商品のビーズクッションは、自社開発の発泡ポリスチレン製超微粒子ビーズを使用し、「癒しを与えるクッション」としてマスコミにも多く取り上げられたことで人気を博していた。

2003年以降はアメリカでの販売子会社や中国での生産子会社を順次設立するなど積極的な展開を見せていたが、ブームが一段落したことや中国からの安価な類似品の流入により、2003年同期の年売上高は約30億6700万円にまで減少。
設備投資に伴う借入金の増加が負担となり財務面を圧迫するなか、インテリア家具やキャラクター商品などに注力し、立て直しに努めていた。

2004年同期には年売上高約48億2700万円と持ち直したものの、海外子会社への押し込み販売など実質的な業績の回復は見られず、資金の固定化から繰り回しは悪化。
近時は、一部支払い延期要請を行う一方、ベンチャーキャピタルなどに対し10億円程度の増資要請を行っていたが不調に終わり、今回の措置となった。
 
負債は2004年12月期末時点で約48億円。

2005/04/06 帝国データバンクホームページより 


「モグ」の会社が、自己破産! びっくりしましたねぇ。
この会社のビーズクッション、好きだったんですよ。雑貨フェチな私のお気に入りでもありました。触るとすごく気持ち良くて、大好きでした。でもちょっと高かったんで、購入はしませんでしたけど。

それにしても、栄枯盛衰ですね。
あんなにたくさん売っていたし、テレビでも一時期よく紹介されていたのに、中国にやられちまいましたか。

この会社が、私の以前勤務していた会社の目と鼻の先というのにも驚きました。ますます寂しさを感じます。
いずれ、何らかの形で是非復活してほしいです。頑張って下さいね。



MOGU

神戸ポートピアランドが、来年3月に閉園することが決定したようです。

(2005/02/25 神戸新聞ニュース)
ポートピアランド廃園へ 入園者減で来年3月


神戸市は、2003年に阪急電鉄から事業を引き継いだ同市中央区の遊園地「神戸ポートピアランド」を来年3月末で廃園する方針を固めた。遊具の老朽化が目立ち、入園者数がピーク時の4分の1に落ち込んでいるため、事業継続は困難と判断。今年3月にも約4.4ヘクタールの土地売却先を公募、企業進出で活性化を図る。

同園は1981年、神戸ポートピア博覧会のレジャーゾーンとして誕生。閉幕後、阪急電鉄が同市から土地を借り営業を続けていたが、91年に163万人あった入園者数はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)開業の01年以降、40万人台に低迷。阪急は02年、宝塚ファミリーランド(宝塚市)とともに、撤退の方針を表明した。

神戸市はポートライナーの乗客減を避けるため、阪急から遊園地施設の無償譲渡を受け、3年をめどに営業を継続。外郭団体「神戸新交通」に有償で貸与し、業務は阪急の子会社に委託した。

しかし、06年2月の神戸空港開港やポートアイランド2期の企業進出増加などで、ポートアイランドのにぎわいが確保でき、ポートライナーの乗客数も維持できると判断、譲渡を決めた。遊具は売却などの処分を検討する。外資系企業が関心を示し、出店する案も浮上しているという。

同市みなと総局は「ポートアイランドのメーンストリートに位置し、企業ニーズがある。にぎわいが保てるよう有効な活用方法を考えたい」としている。


私の学生時代のデートスポットのひとつが、このポートピアランドだったんですよ。適度な広さだし海の近くだし、人気があったんです。
ポートピアランドに遊技機のメンテナンス部品を納入する会社にいたこともありました。

ちょうど私が在職中にジェットコースターか何かで事故が起こって、警察の方がワープロ持って事情聴取に会社まで来られたこともありました。事情を聞かれた上司は、結構喜んでましたね。めったにできない体験ですから。それに、メーカーじゃなく商社の立場で納入してましたからね。

そんなこんなで、ポートピアランドには結構思い出があるんです。
でも、去年の夏に前を通ったとき、夏休みだったのにガラガラだったからなぁ。仕方ないのかもしれない。

大阪近辺の中堅規模の遊園地は、今どんどん減っています。USJができてからは、そのスピードに拍車がかかってます。宝塚ファミリーランドもなくなりましたし、ダイエーがらみで奈良ドリームランドも存続が危ぶまれているらしいです。

友達と遊びに行ったり、デートしたりした場所が消えていくのは、ちょっと寂しいです。




↓なぜこの記事で「ゴダイゴ」なのかわかる人は、私と同年代です。
ゴダイゴ・グレイト・ベスト1 〜日本語バージョン〜
ゴダイゴ・グレイト・ベスト1 〜日本語バージョン〜
ゴダイゴ, ミッキー吉野, 山川啓介, 山上路夫

ニフティのパソコン通信サービスが、とうとう終了するそうです。

ニフティのパソコン通信サービスが終了へ

ニフティは16日、「ワープロ・パソコン通信サービス」を段階的に終了すると発表した。

現在提供されているサービスのうち、まずは「パソコン通信フォーラム」「掲示板」といったコミュニケーション系サービスなどが3月31日で終了。追って5月31日に「パティオ」が終了し、2006年3月31日には残る「INTERWAY」などを含めてワープロ・パソコン通信サービスのすべてが終了する。多くのサービスについてはすでに@niftyとしてWeb上の代替サービスが提供されているが、「チャッとも」など代替サービスが予定されていないものもある。

ニフティのパソコン通信サービスは1987年4月に「NIFTY-Serve」としてスタート。1999年に同社がインターネットサービスを開始した後も併行して運営されていたが、「インターネットの普及とともに利用者数が減少している事実」を受けて終了することにしたという。現在の利用者数は約2万人。ニフティでは、ワープロ・パソコン通信サービス終了に伴う専用サポート窓口も開設した。
(INTERNET Watch サイトの記事より)


私がパソコンを購入したいと思った動機のひとつが、パソコン通信だった。
当時は、NIFTY-ServeのCDが花咲じいさんが灰をまくが如くばらまかれ、隆盛を極めていた。パソコンにもプリインストールされていた時代もあった。
ブロードバンドなんてまだ夢のような話で、パソコンのスピーカーから聞こえてくる「ピー、ガラガラガラ」てな音を、わくわくして聞いたものだ。
パティオで、友達もできた。
ドライバーのダウンロードもメールのやりとりも、パソコン通信で初体験した。

あの感激から、約10年。時代の流れの早さを痛感する。
さよなら、NIFTY-Serve。私にパソコンの楽しさを教えてくれて、ありがとね。


ニフティサーブ


Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM