看板
▲とある店先にあった看板。私の場合、「年中暁を覚えず」です。


ほんの数日なんですが、お父さんが入院していました。

病名は、鼠径(そけい)ヘルニア。通称は脱腸。
火曜日に入院し、翌水曜日に手術。2日ほど病院でゆっくり養生し、本日無事退院しました。

>>鼠径ヘルニア(脱腸)とは - ヘルニア倶楽部

全身麻酔から覚めた時、「もうこんなしんどいの、嫌や。次からは痛いの、我慢する」と、お母さんにおっしゃったそうです。
痛いのを我慢する方が、よっぽどしんどいかと思うのですが。

「ヘルニア」といえば「椎間板」のイメージが強かった私、身近で脱腸になってしまった方を、見たことがありませんでした。
だから、ヘルニアってどんな感じなのか、外から触ってみたかった。

お母さんも触ってた。
ダンナさんも触ってた。

だけど、私は、やっぱり、ねえ。
実の父親なら、グイグイ触れたのですが、やっぱり、ねえ。

午前中に病院へお迎えに行き、その帰り道。
お母さんが「お父さんの退院祝いとお誕生日祝いをかねて、お寿司を食べに行こう」と言い出しました。

ダンナさんの家では、「家族の誕生日に回転寿司を食べに行く」というしきたりがあります。
実は、結婚前のご両親との初対面場所も、ダンナさんの誕生日が近かったこともあって、回転寿司屋さんだったんです。

お父さんの誕生日は6月初旬で、ちょっと間があるのですが、食べ物に制限もなく、何よりも主役が同意したので、レッツラゴー。
賑やかな昼食となりました。

食事後、伝票を持っていそいそと会計に向かうのは、本日の主役であるお父さん。

「家族での外食時に代金を支払うのは、お父さん」。
これがダンナさんの家の、もう一つのしきたり。

自分の退院祝いなのに、お誕生日のお祝いなのに、お金を払うのはお父さん。

私が「何か変ですよね〜」とつぶやくのですが、お父さんは「これがうちのしきたりだから」と、うれしそうに胸を張っておっしゃいます。
みんなが納得してるからいいのですが、なんだか、ねえ。

「とりあえず風呂に入りたい」と言いつつ、家に入って行かれました。
何事もなくて、よかった。


「まだ下腹部に力を入れたらダメ」と医者に言われたからと、お父さんが重い買い物袋を持ってくれないと、お母さんブツブツ。
  ==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン
JUGEMテーマ:ひとりごと

 

折に触れて綴ってきた、両親の遺品整理の件。

**過去記事**
>>あれから5年経ちました。
>>あれから20年。

だらだらと先延ばしにしていたのですが、1年ほど前、ようやっと思い切って行動に移しました。
同居人が増え、収納箇所を増やす必要が出てきたことも、私の背中を後押ししてくれました。

まず、父の遺品。

引き出し式の収納ケース2個に収まっていた、使用済みの服や下着類。
もらい手があるとは思えないので、ゴミとして処分。

お世話になった病院や施設でいただいた記念品、老人ホームで誕生日ごとにいただいた、スタッフの寄せ書き手作り色紙、リハビリを兼ねて父が作成した小物などは、もうしばらく残すことにしました。

仏壇の横に置いていた、かつてFAX置き場として利用していた飾り棚。
元々棚の上には、L版サイズに縮小した祖父母や親の遺影を置いていたのですが、空いていた棚に、父が亡くなる直前まで使用していた物たちを飾っていました。

それらの物たちも、ほとんど全てゴミとして処分しました。
ちょっと寂しかったですが、使わないまま置いておいても、ねえ。

唯一手元に残したのは、ビールグラス。父が楽しみにしていた発泡酒晩酌のため、スーパーで購入した安物ですが、「本格的なグラスだ」と、たいそう喜んでくれましてね。
現在は、ガス台の横で、調理中の菜箸入れとして活躍中です。

元FAX台の飾り棚はリビングに移動させ、ダンナ様専用のプリンター台に。
空いた場所には、寝室に置いていた、私が買い集めた漫画本が詰まった本棚を移動、その本棚の上が遺影置き場に。

次に、母の遺品。

いずれは処分する必要がありますが、母が学生時代に、お友達から書いていただいたと思われる、寄せ書きなどが書かれたノート類、写真、日記やメモ書きなどは、そのまま残しました。
整理中にぱらぱらっと目を通しましたが、特に闘病中のメモ書きは、20年以上経った今でも読めません。ちょっとつらくて。

手元に残す物、捨てる物以外の物は、ヤフオク!に出品。
母の遺品の中から、昭和20〜30年代発行の絵はがきや、昭和30〜40年代くらいの小さいおもちゃなどが出てきまして、コレクターの方々に喜んでもらえるのではないかと思いまして。
物は、望まれて、使われてこそですから。

遺品

遺品

遺品
▲絵はがきやしおり類。戦中のものもたくさんありました。

遺品

遺品
▲こんなごちゃごちゃな状態なのに、落札いただきました。

遺品
▲指人形大のマスコットたち。

遺品
▲父の勤務先や、母の母校のものと思われる記章類。

出品した物たちはすぐに落札され、落札総額は25000円ほど。
どこかで大切にされていれば、これほどうれしいことはないです。

長い長い時間がかかりましたが、こうして両親の遺品を整理することができました。
結婚していなかったら、さらにずっとそのままだったでしょうね。


遺品整理して1年。物はなくなっても、両親は心のなかに、ずっと住んでいます。
  ==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン
JUGEMテーマ:ひとりごと

ハワイのお土産話、最終回の今回は、雑感をあれこれ。
(この記事に掲載の写真は、クリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。)

ハワイに到着してWi-Fiルーターをレンタルし、スマホに接続して、最初に目に飛び込んできたニュースが、「清原逮捕」。
衝撃的な一報にもビックリしましたが、海外で日本の最新ニュースを手元で知ることができるなんて、インターネットの力ってすごいなあと、改めて感心しました。

私が初めて海外旅行した頃なんて、スマホや携帯電話はおろか、「インターネット」なんて言葉すらなかった。ようやっと、企業にFAXが普及し始めた時代でしたからね。

★車、あれこれ。
私は車にそれほど興味はありませんが、それでも個性的な車の多さに目を奪われました。
でっかいのやら、派手なのやら、多種多様。大きくてぷっくりしたボンネットを持つ車は、大概フォード。

ハワイ
▲アラモアナパーク内に停車していたスクールバス。

ハワイ
▲アラモアナホテル前の道路に停車中のはしご車(たぶん)。ほんとに大きかったです。

ハワイ
▲カメハメハ大王像前の道路。中国人か韓国人の観光客を乗せてました。

ハワイ
▲アラモアナショッピングセンター近辺に停車中の電気自動車。

ハワイ
▲ナンバープレート。このデザインが一般的。

大きなリムジンもたくさん見かけました。
今までの人生で、こんなに短期間にあれだけ多くのリムジンを見たことはなかったです。

とても驚いたのが、日本車の多さ。
マツダ・ホンダ・トヨタ・スバルなど、様々な日本車がちょこまかと走り回り、ハワイの景色に馴染んでいます。

ハワイ
▲田舎道で渋滞中。日本車っぽい車が多いでしょう?

日系人が多い土地柄とはいえ、これだけ日本車が多いと、そりゃあアメリカさんが怒るわなー。

ハワイ
▲思いっきり車高を上げているトヨタ車。

オアフ島にある3本の高速道路の通行料金は、すべて無料。どこへ行くにも、車での移動が基本。
車の姿形も、日本のように画一的でなく、本当に様々。車を楽しんで乗り回している感じがします。

ハワイ
▲現地の方が利用するバス。ナンバープレートに注目。

「車社会・アメリカ」の一端を垣間見た感じで、見てるだけで楽しかったです。

ハワイ
▲現地の方が利用するバスのバス停。

ちなみに電車も計画されていて、建設も徐々に進んでいるとのことですが、開通はまだまだ何年も先です。

★建設ラッシュ。
ホノルル中心部では、あちこちでクレーンを見かけます。

ハワイ
▲増築中のホテル。

激増中なのがマンション。

ハワイ
▲この奇抜な建物もマンションだそうです。

ハワイは不動産価格が高く、2億円くらいの物件が平均的だそうですが、建設前に売れてしまう物件もあるそうです。
そんな高額物件を盛んに購入しているのが、中国人。

★観光州ならでは。
道路を横断する際、日本のように無理矢理突っ込んでくる車は、まずありません。どの車も、一人でも横断者がいると、渡りきるまで待ってくれます。

ハワイ
▲止まれ!

ハワイ
▲進め!

交通規則が厳しいからだそうですが、ありがたいです。

ハワイ
▲信号の説明。

意外だったのが、ハワイは賭け事が禁止されていること。ガイドさん曰く「宝くじもダメ」だそうです。
賭け事を観光ツールにしている州もあれば、「賭け事禁止」を観光ツールにしている州もある。
アメリカって、広くて面白い。

★鳥がたくさん。
あちこちで、日本では見かけない鳥を発見。

ハワイ
▲ワイキキビーチにて。砂まみれで汚れている鳩はいるものの、日本の土鳩のような色合いの鳩は、見かけませんでした。

ハワイ
▲モアナルア・ガーデンにて。

ハワイ

ハワイ
▲アラモアナパークにて。

ハワイ
▲ドールプランテーションにて。

ハワイ
▲ダイヤモンドヘッドの入口付近にて。

★ホームレス。
散策していると、あちこちでホームレスと思われる方を見かけました。

ハワイ
▲アラモアナパーク入口。

ガイドさんの話によると、アメリカで最もホームレスの増加率が高いのがハワイ州なんだそうで、アメリカ本土から片道切符でハワイにやってくる人もいるんだそうです。
気候がよくて暮らしやすいからだとは思いますが、複雑な気分になりました。

★トイレのドア
ホノルル空港に到着し、バスの待ち時間を利用してトイレに行ったのですが、ドアの上下の隙間の広さにビックリ。
どこのトイレもほぼ同じ感じだったので、これがスタンダードなんですね。

ハワイ
▲アラモアナにあるJTBサポートデスク(オリオリステーション・アラモアナ)のトイレ。

★持って行けばよかった。
海外旅行とはいえ、日本人が多いハワイですし、気合いを入れて用意したのは常備薬くらい。国内旅行と同じ感覚で荷造りしたのですが、持って行けばよかったと思った物が2つ。

1つめは、粉末緑茶。
  ハワイでもペットボトルの緑茶がたくさん販売されているのですが、現地生産のものは砂糖入りが基本。
しかし日本人たる我々、砂糖入り緑茶なんて、しょっちゅうは飲めない。許せない。
「おーいお茶」のような、砂糖が入ってない普通の緑茶も販売されていますが、日本で見る価格の倍以上と非常に高価。

現地では、ペットボトルのミネラルウォーターをどこでも手軽に買えます。それに粉末緑茶を投入すれば、すぐに緑茶が完成。
そもそもハワイは、全体的に物価が高いです。普段から日本茶が欠かせないという方は、是非持参されることをおすすめします。

2つめはスリッパ。
  他のホテルは知りませんが、今回私たちが利用したアラモアナホテルの部屋には、備え付けのスリッパがなく、靴を脱いだ後は、素足で部屋を歩かなければなりませんでした。
汚れが目立たない絨毯が敷き詰めてありますが、やっぱり、ねえ。

靴を脱いでリラックスしたいなら、念のため、携帯用スリッパを持参された方がいいと思います。

ハワイ
▲ホテルの部屋からの眺め。奥に見えるのは、アラモアナビーチ。

ハワイ
▲ホテルの部屋からの夜景。

ハワイ
▲アラモアナビーチに沈む夕日。

シリーズ「ハワイのお土産話」、これにて【了】。


日本人がハワイを好きになる理由が、なんとなくわかったような気がしました。
  ==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン
JUGEMテーマ:旅行

 

ハワイ旅行の話の続き。今回は、現地で撮影してきた、なるほどおもしろ写真を集めました。
(この記事に掲載の写真は、クリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。)

★日本語だらけ。
ガイドさん曰く、日本からハワイに到着する定期便は20便ほど。ということは、どんなに少なくても、毎日毎日、5000人くらいの日本人がハワイに来ている計算になります。
シーズン中だと、臨時便が増発されるので、さらに人数が増える。
だからどこへ行っても、日本語を見かけます。本当に日本人が多かったし、日本語をよく聞きました。

アラモアナショッピングセンターのフードコート。

ハワイ
▲注文したのと違うメニューが出てきました。文句言わずに食べましたけどね。

ハワイ
▲「特別」にしなくても、「スペシャル」で通じると思います。

免税店が集まるTギャラリア近辺。

ハワイ
▲こんな両替所、他にもたくさん見かけました。

ハワイ
▲物騒ですね・・・。

ハワイ
▲こんなのが貼った車が走ってたら、いったいどこにいるのかと思いますよ。

ドールプランテーションにて。

ハワイ
▲男性トイレの表示も、同じ感じになってました。

ハワイ
▲直訳。

ハレイワタウンにて。

ハワイ
▲どれだけ日本人観光客が来てるんだか。

ホノルルにて。

ハワイ
▲このネーミングセンスたるや・・・。

ハワイ
▲カメハメハ大王像の背後にある博物館の入口。

ダイヤモンドヘッド入口付近。

ハワイ

ハワイ
▲「氷」の旗に、ちょっとウケた。

ホノルル国際空港の出国ロビー。

ハワイ

ハワイ
▲アジア系観光客が多いことがよくわかります。

★The アメリカ。
「あー、なんかいかにもアメリカっぽいな」というのを集めました。

ハワイ
▲アラモアナショッピングセンターに設置されていた公衆電話。電話機の上には、日本語でかけ方が表示されてます。

ハワイ
▲ウォルマートにて。オレオが山積み!

ハワイ
▲ハレイワタウン内のスーパーにて。ハウス食品の製品のようです。

ハワイ
▲ドールプランテーション内のATM。

ハワイ
▲ドライブスルーのATM。

ハワイ
▲ハレイワタウンにて。笑うしかない。

ハワイ
▲アラモアナショッピングセンターにて。アメリカ人って、忍者、好きだもんねえ。

ハワイ
▲シーライフパーク前の自販機に貼ってありました。絵も文章も、ツッコミどころ満載。


次回、様々な雑感を綴って、ハワイお土産話を終わろうと思います。
 
==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン
JUGEMテーマ:旅行

 

ハワイ旅行の話の続き。
(この記事に掲載の写真は、クリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。)

私は旅行は好きですが、旅先で「〜したい」「〜へ行きたい」といった「欲」が強くありません。
幸いなことに、私の友人にはマメな人が多いので、その人が出してくれるプランに素直に乗っかり、連れて行ってもらい、その場で楽しむ、というパターンがほとんどです。

自主性がまるでないので、旅行の記憶がすっ飛んでしまうこともたびたびなのですが。

今回のハワイ旅行でも、私が出したリクエストは、「現地のスーパーマーケットに行きたい」だけ。
後は全て、ダンナ様にお任せ。

ハワイでの観光プランを探していたご主人様、あるエンターテインメントをネットで発見。「やってみたい!」と騒ぎ出しました。
情報をのぞき込んでみると、まさにダンナ様が食いつきそうなお遊びです。
なかなか面白そうですが、運動音痴の私にできるのかどうかも微妙でしたし、何よりちょっと怖そう。

ダンナさんは、申込みを即決。
私はどうしようかと少し悩みましたが、好奇心が勝ってしまい、一緒に挑戦することに。

ハワイ滞在4日目の朝。ホテル前から送迎車に乗って、エンターテインメント先へ。
到着したのは、ワシン・エア(Washin Air)さん。

ハワイ

ここでの体験操縦が、ハワイ訪問の第二の目的。

ハワイ
▲操縦した飛行機。

スタッフの皆さんは、日本語ぺらぺら。
予約はもちろん、その後の確認も、すべて日本語でやりとりできます。

計器類や操縦方法などについて説明した、15分程度のビデオ(もちろん日本語)を、飛行前に待合室で視聴。
そうしている間にも、操縦を終えて興奮状態の人、お子さんを連れてやってくる人など、お客さんが次々と出入りしています。
この日、私たちが見かけたお客さんの全てが、日本人でした。

そしていざ、機内へ。

ハワイ
▲離陸前の給油。翼に燃料タンクがあるんですね。

機内では、管制塔からの指示が矢継ぎ早に聞こえてきます。
まあ、英語での専門用語が早口で飛び交うので、私たちにはほとんど聞き取れませんが。

ハワイ
▲操縦席。

ひとり30分ずつ、違うコースを飛行。
横にはベテランパイロットさんが教官として座り、管制塔からの指示や周りの状況を見聞きしつつ、その都度的確に説明・指導してくれます。

ハワイ
▲ホノルル国際空港の一般の旅客機が離着陸するのと同じ滑走路を使用。

ハワイ
▲私が操縦する飛行機が離陸した瞬間!(DVDからのキャプチャ画像)

先に操縦したダンナ様は、ホノルルやダイヤモンドヘッド上空を飛ぶコース、私はパールハーバー上空を飛ぶコース。
この日は天気もまずまずで、「今日は気流がよくて、ほとんど揺れませんね」と教官がおっしゃってました。

ハワイ
▲ワイキキビーチとダイヤモンドヘッド。(DVDからのキャプチャ画像)

ホノルル・ダイヤモンドヘッド上空を飛ぶコースは王道なのですが、後に操縦する私がどういうコースを飛ぶのか、実はよく知らなかったのです。
パールハーバーを一度見てみたかった私、思いがけず上空から見ることができてビックリ。

ハワイ
▲軍艦がたくさん見えました。(DVDからのキャプチャ画像)

先の大戦での奇襲攻撃の際、日本軍は2方向から真珠湾に攻め込んだそうです。
私が今回真珠湾に侵入したコースは、当時の日本軍が侵入したコースのうちのひとつだそうです。
驚きと共に、何とも言えない思いを抱きました。

ハワイ
▲真珠湾は広く、大きな軍港でした。(DVDからのキャプチャ画像)

初体験でどうなることかと思いましたし、やっぱりちょっと怖かった。
オプションで申し込んだ、操縦の様子を撮影したDVDを見ると、私の挙動不審ぶりは、異常です。
落ち着きがなく、絶えず不安そうにキョロキョロ。操縦している姿勢は、カッチカチ。

DVDをご覧になった両親も、私の様子に爆笑してました。

でも、振り返ってみると、結構楽しかった。
緊張して、気持ちに全く余裕はなかったけれど、滅多にないチャンス。体験して良かった。
同乗してダンナ様の操縦を見るだけだったら、きっと後悔してたと思います。

ちなみに旦那様は、さすがに緊張気味のフライトでしたが、念願の「飛行機の運転」に、超大満足の様子。
「また乗りたい!」と言ってました。


運動音痴の私が操縦できるんだから、きっと誰でも操縦できます。
 
==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:旅行

 

先月行ってきたハワイの話。まずは、鉄板王道観光編。
(この記事に掲載の写真は、クリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。)

火曜日出国、日曜日に帰国というスケジュールで、関空を夜9時台に出発。

ハワイ
▲往復とも、ハワイアン航空利用。外国人の客室乗務員は、男女問わず、揃って大柄でした。

ハワイに到着したのは、時差の関係で、火曜日の朝。
到着の日の早朝に雨が降ったとのことでしたが、滞在中は全く雨が降らず、良い天気に恵まれました。

最初に異国感を持ったのが、車が右側通行していること!
そして、車がデカい!

ハワイ
▲空港から高速道路を経由して、ワイキキ方面へ向かっています。ちなみに、高速料金は無料。

二人とも初ハワイで、右も左も全くわからないため、今回はずっとオアフ島に滞在。
オアフ島での旅の拠点は、ワイキキビーチ周辺か、アラモアナショッピングセンター近辺かの、どちらかです。ビーチリゾートかショッピングの、どちらを旅のメインにするか、ということでしょうね。
私たちが選んだホテルは、アラモアナホテル。アラモアナショッピングセンターの、すぐ横です。

ハワイ
▲ホテルのロビーでは、航空会社の乗務員の方々を、たくさん見かけました。

ショッピングはほとんどしませんでしたが、アラモアナショッピングセンターのフードコートは、2度ほどお世話になりました。

ハワイ
▲ロコモコ。ちなみに、緑茶は砂糖入りが標準なので、つい「おーいお茶」を買うのですが、これが高いの! 

それと、DonQuijote(ドンキ)にも行き、そこで夕食を調達したことも。

ハワイ
▲おいしかったですけど、まんじゅうだけは、いまいちだったかな(笑)

現地の食事は、全般的に大味で、量が多い。そして、とりあえず、肉。

ハワイ
▲ワイキキビーチの売店で購入したハンバーガー。ポテト、多すぎ。

意外だったのが、生野菜が少ないこと。
ホテルの朝食バイキングでも、果物は見かけるのですが、サラダがメニューにない。
うちのダンナさん、野菜が好きなので、文句を言ってましたね。

今回は足を運びませんでしたが、日本から出店している有名店も、たくさんありました。
ラーメン屋さんも多かったです。現地のガイドさん曰く、もともとハワイには人気の麺料理があったのだけれど、それをラーメンが食ってしまったとのこと。

今回、JTBのパックを利用したため、主な観光スポットに向けてJTBがピストン運行しているバスに、無料で乗り放題。

ハワイ
▲行き先表記も、車内案内も、日本語です。

バスは行き先や目的別に何種類かあったのですが、これに乗れば、大概の観光地に行けます。
そして我々、全種類のバスに乗ったと思います。

ハワイ
▲カメハメハ大王像。中国人観光客の皆様が大騒ぎしていて、撮影に苦労しました。

ハワイ
▲ダイヤモンドヘッド頂上から見たワイキキ。頂上にたどり着く前に、ダンナ様は倒れそうになってました。

パックにはオプショナルツアーのチケットが付いていたので、それを利用した観光地巡りも楽しみました。

ハワイ
▲オプショナルツアーで利用したバス。お客さんが少なく、ガイド兼ドライバーさんが、しゃべるしゃべる。

最高気温は27〜8度で日差しが強いのに、べたつくような汗をかかない心地よい気候、空と海のまぶしいくらいの美しさ、高台からの絶景、広大なコーヒーやパイナップルの木など、「The ハワイ」を満喫しました。

ハワイ

ハワイ
▲この季節、沖合にクジラが来ていて、運が良ければ見られるそうです。

実は、ハワイに行こうと最初に言い出したのは、ダンナさん。
昔から見てみたいと願っていて、ハワイ訪問の第一目的ともなった観光スポットがこちら。

ハワイ

この木なんの木、日立の樹

モアナルア・ガーデン内にあるモンキーポッドという木で、実はハワイのあちこちで見かけることができますし、ガーデン内にもたくさん植わっているのですが、日立のCMで放送されている木が、上の写真の木だそうです。

ハワイ
▲看板だけ見ると、ハワイなのか日本なのか、よくわかりませんね。

この公園にやってきて、喜んで写真を撮りまくっているのは、日本人のみ。

ちなみにダンナさん、バスが公園に到着した時点で、早く写真を撮りたくて、本当に足をばたつかせてました。でも、ガイド兼ドライバーさんの話が長く、なかなかバスの扉を開けてくれずにイライラ。
扉が開いた瞬間、目的の木に向かって、脱兎のごとく走って行く様子は、まるでコントを見ているようでしたわ。


目的の1つ目を無事達成したダンナ様、帰りのバスの中では超ご満悦。
  ==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:旅行

2月2日から、4泊6日で、日本語と日本人があふれているハワイに、夫婦で行って参りました。

ハワイ

二人とも初ハワイ。
私など、ハワイどころか、海外旅行自体が四半世紀ぶりくらいです。

ハワイ

ずっとオアフ島に滞在、旅行中はとてもよいお天気に恵まれました。
日本人観光客が必ず訪れる観光地は、そこそこ回れたと思います。

ハワイ

しかし、ワイキキで泳ぐわけじゃなく、買い物三昧でもなく、フラダンスを見たわけでもなく。
それでも、とにかくあちこち歩き回り、いろいろなものを見てきました。そして、貴重な体験もしました。

夫婦揃って、目の付け所が人様とはちょいと違っておりますゆえ、妙な写真もたくさん撮影して参りました。
それにしても、本当に、想像以上に、日本人が多いですねえ。

ハワイ

まあ、その辺りのお話は、おいおい書いていくとして。

帰国は、7日の日曜日の夜。
旦那様は、翌日から通常通り出勤していきました。

現地では遊びまくりましたし、帰国便は10時間のフライト。疲れてたんでしょうね。
さらに、出社すると、社内は風邪が蔓延。

ハワイに行く前から少し風邪気味で、市販の風邪薬を服用していたのですが、先週後半から症状が悪化。
週末からは、やや発熱。口では「大丈夫」と言いつつ、動きが緩慢になりました。

ずっと「医者に行け」と言い続けていたのですが、ご主人様は「風邪くらいで医者には行かない」という、私以上に頑固なポリシーをお持ちです。

「自分の体は、自分が一番よくわかっている」
「気合いで治す」
「自分の体が持っている治癒力で治る」

私が心配すると、呪文のようにこれらの言葉を唱えます。

自然治癒力とか気合いは結構ですが、医者の判断と投薬で、ちょっと手助けしてもらった方が楽だし、早く治ると思うのですが。
それに、早く治してくれないと、うつされますがな。

しかし、普段はポリシーを貫く頑固男も、今回は結構しんどかったんでしょう。
週明けの月曜日に、自らかかりつけの病院に出かけて行きました。

しばらくすると、LINEのメッセージがピロリロリン。

LINE

B型インフルエンザに「あたーりー」。

月・火と丸2日間、処方された頓服薬を服用し、加湿器と暖房をがんがんにきかせた部屋で、水枕と保冷剤で頭を冷やしつつ安静にした結果、今日は少し落ち着きを取り戻し、大好きなテレビを見る余裕が出てきました。
「まだ頭がぼんやりしてる」と言いつつ、お菓子もバリバリと食べ始めたので、あと一息ですな。

それにしても、ちゃんと予防接種はしてたのに、かかっちゃう時もあるんですね。
私も気をつけないと。


今、A型とB型が蔓延してるって、お医者さんが言ってたそうです。
 
==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:ひとりごと

もうひとつ、夏の思い出を。

8月に、彼とふたりで、私の両親の墓参りに車で行きました。
スケジュールなどが合わず、私の両親の墓に彼を連れて行くのは、この時が初めてでした。

普段は原チャリで行くので、車での墓参りはずいぶん久しぶりです。
さらに、ひとり増えるだけで、墓掃除の完了が早いこと。ちょっと手伝ってもらうだけで、ずいぶん時短になりました。

さて、その帰り道。

墓地の近辺では、現在、新名神高速道路の建設が、がんがん進められています。

新名神
(写真をクリックすると拡大表示されます)

周囲の景色がどんどん変化しているので、墓参りのたびに、ほぼ同じ場所から工事の様子を撮影してます。

この日も車を何回か降りて撮影していた私の様子を見ていたご主人様が、「もっと近くに行ってみよう」と、車を走らせてくれました。
一回りしてUターンしたのですが、プシューっていう何だか妙な音がしました。

その直後から、車の振動が激しくなりました。

「さっき、変な音がせんかった?」
「え、そうか?」
「それに、なんかガタガタせえへん?」
「・・・うん?」
「ガタガタするわあ・・・」
「あ? まさか・・・」

車を道脇に止めて、慌ててタイヤを確認したダンナさん。

「パンクしてるわ」

パンク

車は少し古いですが、タイヤは1年ほど前に交換したばかりだとのこと。
なんでやろなーとブツブツ言いつつも、その場でタイヤ交換開始。

「この車で、工具とスペアタイヤが、初めて役に立ったわ」

学生時代にガソリンスタンドでバイトしていた彼、こういう作業は慣れているらしく、汗をふきふき、でも何だか楽しそうに作業してました。

パンクした瞬間に立ち会ったのは、生まれて初めてだった私、何だか楽しくなってきて、写真を何枚か撮影。「パンクしちゃいました〜」というメッセージを付けて、お母さんにLINEで送信しました。

しかし、それが、事件を巻き起こしてしまった。

パンク写真を見せられたお父さんが心配して、詳細確認をすることなく、すぐに部屋を飛び出し、私たちが住むマンションまで駆けつけてきてくれていたそうです。
お父さんはかつて、車修理関連のお仕事をされていたので、余計に職人魂がうずいたのでしょう。

「両親は仕事が早い」ということ、うっかり忘れてました(^_^;

「インターホン鳴らしても出えへんし、駐車場に車がなかったから、そのまま帰ったわ」と、後でお父さんから聞かされました。
場所を伝えることなく、お気軽に写真を送信してしまった私は、平謝りです。

スペアタイヤへの履き替え完了後、よろよろとした走りで、最寄りのカーショップに向かい、修理は無事終了しましたとさ。




タイヤがひとつ違うだけで、車の乗り心地って、ものすごく変わるものなんですね。


==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:ひとりごと

今頃ですが、夏の思い出を。

8月に、彼のご両親の本家にお邪魔してきました。

ご両親の本家は同じ県内にあり、毎年8月のお盆に合わせての帰省を恒例行事にしておられます。
数年前まではおふたりだけで帰省していたようですが、今は彼が車を運転し、送迎しているとのこと。

幼い頃、友達の「(親の)田舎に帰る」と言葉自体が理解できなかった私。
この年になって、初体験です。

それぞれの本家の仏壇に手を合わせ、お墓参りをするという日帰りコースですが、移動の合間に、地元に残っている、ご両親それぞれのきょうだい宅にも顔を出すという、なかなかのハードスケジュールです。

帰省数日前、息子を巻き込み、お土産やらお供えやらをたんまり買い込むご両親。
そのあまりの量に、目を白黒させてびっくりしていた私を見て、ご両親も彼も笑ってました。

数時間のドライブで到着した場所は、本当にのどかな場所でした。
それぞれの本家の場所は離れていますが、どちらのお宅も外トイレ。当然、水洗ではありません。

いやあ、久々に見た、外にある和式ぼっとんトイレ、落とし紙付き。

特にお母さんの実家はかなりの山間で、田畑の間に人家が点在しているような、極めてのどかな集落にあります。バスは1日2〜3本、日祝日は1本のみです。
冬に帰省し、タクシーを利用しようとしたら、「(雪が積もっているので)あそこに行くのは勘弁して下さいって、ものすごく嫌がられたことがある」と、お母さんは笑っておっしゃってました。

彼も幼い頃、夏休みごとに遊びに来ていたそうで、あちこち案内してくれたのですが、聞こえてくるのは蝉の声だけ。本当に静かな場所でした。

そんな静かな集落ですが、目下の悩みは野生動物による作物被害。猿やイノシシ、シカなどが、しょっちゅう出没するようです。
「猿が両手に持てるだけ果物抱えて、走って行った」という、嘘かほんとかわからない話もあるようで。

でも実家のおばさん曰く、一番たちが悪いのは人間だと。

「猿は自分の持てる分だけしか持っていかないけど、人間はトラックで横付けして、根こそぎ持って行ってしまうからねー」

さらに、葉やつるをそのまま残し、土の中にできる実だけを奪っていく輩もいるそうで、

「収穫しようとして引っ張ったら、なーんもなかったことがある」

言葉が出なかったです。

さらに言葉が出なかったのが、親戚の皆さんが持たせてくれるお土産。
米や野菜や果物など、あれもこれもと納屋から出してこられます。車のトランクに積みきれないくらいの量で、車体が少し沈むほど。

大がかりな物々交換を見ているようでしたよ。

お盆に、誰かとどこかへ遠出することなど、ここ数十年なかったこと。
家族には、家族それぞれの行事があるということを、改めて思い出したような気がします。

お父さんの本家近くにお住まいの親戚からいただいた、観賞用かぼちゃ。
リビングに鎮座してます。

観賞用かぼちゃ

後ろ姿。

観賞用かぼちゃ

どう見てもドコモダケなので、ドコモダケの画像を印刷し、目を切り抜いて貼り付けたのは、ダンナさんです。




結婚後は、米は買わずに済むようになりました。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:ひとりごと


なんか前々から変だなとは思っていたのです。

スプーンとかが当たると痛かったり。
肩が凝ったり頭痛がしたりすると、浮いた感じになったり。

でも、どれも一時的なものだったんです。

それが、この9月の初旬。

右下の一番奥の歯が、徐々に痛くなってきました。
いつも通り一時的なものだろうと思っていたら、今回は全く治まらない。
それどころか、どんどん痛みがきつくなってきて、上の歯が少し当たっただけでも痛いので、食事はおろか、しゃべることもしんどくなってきました。

この歯、もうかなり前に、神経を取って金属をかぶせるという処置をしてもらっている歯です。
神経を取っているのに、なんでこんなに痛いのか。

たいがいの痛みは我慢しますが、今回は無理でした。
痛みを正式に認め、同居人に公式アナウンスし、ギブアップしたのが土曜日。
でも、行きつけの歯医者さんは、既に営業終了の時間。

その夜は痛みがさらにきつくなり、頬に少し腫れが出現。
冷凍庫に常備してある保冷剤をタオルに巻き、頬に当てて一晩過ごしました。

翌日の日曜日、市の保健医療センターに行きました。
ここには急病診療所が併設されていて、内科と歯科の夜間・休日診療をしてくれるのです。

休日に医者に駆け込むなんて、初めての体験です。

もっとたくさんの人が来院しているのかと思っていたのですが、内科で待っていたのは数人、歯科はゼロ。
ちょうど治療中の方がいたのですが、すぐ順番は回ってきました。

症状を訴え、ものすごく簡易的なレントゲンを撮ってもらって出た診断が、「歯周病が原因で、歯がぐらついているのではないか」。
でも、行きつけの歯医者さんで定期健診を受診してから、まだ1ヶ月も経っていません。さらにその時、歯周病の診断は受けていません。

首をかしげつつも、とりあえず痛みをなんとかしたい。

それで、お医者さんのアドバイスに従い、歯の高さを少し低くして、噛んだときに上の歯が少しでも当たらないようにしてもらうことに。

「でもこの処置をしちゃったら、金属を削っちゃうので、歯医者さんに通院しなければならなくなりますけど、いいですか?」
「はい、大丈夫です。お願いします」

触られるだけで痛い歯を削られるという、何の修行だかわからない激痛と闘い、処置は無事終了。痛み止めと、腫れを抑える抗生物質をもらって、半泣きで帰宅。

そして翌月曜日、かかりつけの歯医者さんへダッシュ。
改めて調べてもらうと、金属と歯茎の隙間から食べ残しのかすなどが徐々に入り、残っている歯の根っこに大きめの穴があいてしまい、その穴にばい菌が入って炎症を起こしたのではないか、とのこと。
「歯周病が原因ではないです」と、断言されました。

炎症と腫れが治まり、痛みが完全に取れるまで、それから10日ほどかかったでしょうか。
いや、もう、えらい目に遭いました。

週一ペースで通った治療も、やっと終盤戦。たぶんあと1〜2回で終わるでしょう。

そんなこんなで、日々いろいろなことがありますが、元気にしております。
ブログ更新、さぼってしまってごめんちゃい。



あと2ヶ月でお正月ですねえ。




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:ひとりごと



Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM