踊ってみた

 

 

かつて、「ビリー隊長」という方が、テレビショッピング界を席巻していたのをご記憶でしょうか。

 

Billy Blanks navy

 

本名、ビリー・ブランクス。

「ビリーズブートキャンプ」という、エクササイズDVDが大ヒットしたのは、今から10年以上前。
テレビCMでも、しょっちゅう流れていました。

 


日本のテレショップ史上、絶対忘れてはならない人のうちのひとりです。
とにかくパワフル、そして、見栄えのするキャラ。最高です。

 

そんなビリー隊長の近況を、ネットニュースで知りました。

 

 

「最強の51才」も、既に63才。
だけど、外見も、力強いパフォーマンスも全く衰えていない。
かつて日本でブレークした頃より、さらに忙しくなってるとのことで、変わらずお元気に活躍されている様子で、うれしかった。

 

記事の中で、一番印象的だったのが、ビリー隊長が「ディスレクシア(失読症)」であると告白されていること。

この記事を通じて、ディスレクシアという疾患自体を、私は初めて知りました。

 

ディスレクシアは、1896年に英国のMorgan先生が最初に報告した文字の読み書きに限定した困難さをもつ疾患です。知的能力の低さや勉強不足が原因ではなく、脳機能の発達に問題があるとされています。


引用元:ディスレクシア | 国立成育医療研究センター


「読み書きに限定した困難さを持つ疾患」だなんて、子供時代、どれだけしんどい思いをされただろう。

他人とコミュニケーションが取りづらかったビリー隊長を変えたきっかけが、空手との出会いだったという。

 

自分に自信がついたことで、人と話すこともできるようになった。他人とコミュニケーションを取るには、まず自分とのコミュニケーションがとても重要だと思う。


引用元:【衝撃】『ビリーズブートキャンプ』ビリー隊長(63歳)の現在がヤヴァイ | ロケットニュース24

 

確かに、自分に自信を持てなければ、他人とコミュニケーションなど取れはしない。

自分自身から逃げず、きちんと向き合った人でないと出てこない、深い言葉です。


この境地にたどり着くまで、ビリー隊長は、どれだけの苦労を乗り越えたのだろう。

私には想像もできません。。。

 

ビリー隊長、これからも、運動を通じて、日本人に元気を届けてね。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

安全第一

 

 

地震発生当時、全国に伝えられた大きなニュースのひとつが、小学生の死。


原因は、学校のブロック塀の倒壊。
あまりにずさんな作りだったことに、言葉を失いました。

 

特に、かつて、あの小学校の至近距離に住んでいたダンナと両親は、見知った場所でこんな悲しいことが発生したことに、ショックを受けていました。

 

その悲しい教訓を生かすべく、学校や公共機関でのブロック塀の点検が開始。


建物の総点検と修繕も含め、昨年の夏は、茨木市内の3箇所の市民プールのうち、2箇所は営業中止。

 

>>2018年夏・茨木市の市民プール |茨木ジャーナル(いばジャル)
 

地元神社の夏祭りも、一部中止。

 

大阪北部地震(2018年7月12日撮影)

▲2018年7月12日撮影。自治会ごとの夏祭りが、中止されたところも多かったです。

 

阪急南茨木駅は、駅ビルが大きな損傷を受けました。

駅近辺には、阪急オアシスというスーパーが2店舗あるのですが、どちらも営業ストップ。

 

大阪北部地震(2018年7月17日撮影)

▲2018年7月17日撮影。

 

そして、9月に、大型台風襲来。
関西空港を水没させた、あの台風です。

 

我が家でも、ベランダのパーティションボードが、風で粉々に砕けました。

 

>>台風不要。 | ひーのためごと★restart
 

町を歩いていると、地震と台風のダブルパンチで、再建を断念したであろう店舗も、少なからず見かけました。

 

街中の建物修復が本格的に動き出したのは、今年に入ってからでしょうか。


修繕に必要な部材が不足し、職人さんも足りないという理由で、私の住むマンションの修繕作業も、1月から2月にかけて。

修繕開始前は、「これ以上地震が起こりませんように」と、祈るような気持ちでした。

 

完全に倒壊した建物の撤去や建て替えも、ちょくちょく見かけるようになりました。
だけど、屋根にかかったブルーシートの数が減ったという印象は、まだないですね。

 

損傷が激しかった阪急南茨木駅の駅ビルは、建て替えが決定、現在解体中のようです。

 

>>阪急南茨木駅の駅ビルが建て替えへ。新しい駅ビルの完成は2022年夏頃を予定しているようです。 - エキスポシティを徹底取材するブログ!
 

営業がストップしたままの、南茨木駅前のスーパーも、今秋に営業再開予定。

 

>>南茨木の阪急オアシス2店舗、営業再開は2019年10月以降! |茨木ジャーナル(いばジャル)
 

大阪北部地震から、早くも1年。
地震の爪痕はまだまだ残っていて、問題も山積しているようですが、復旧に向けた取り組みは、日々なされています。

 

 

犠牲になった方の命を無駄にしないよう、生きていかないといけませんね。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

 

突っ張り棒

 

 

地震当日深夜、大きめの余震。明け方にも少し強めの揺れ。

 

それでも地震翌日には、通常通り電車も動き出し、ダンナも出勤。


マンションのエレベーターも、復旧しました。
立体駐車場も、一部区画では修理が必要でしたが、我が家の車を入庫している区画は問題なし。

 

ザワザワしていた私の気持ちも、少し落ち着きを取り戻しました。

 

一見、普通通りに見える街中。ただ、あちこちに揺れの爪痕が残っています。
また、飲食店など、ガスを使う店舗の休業は、しばらく続きました。


想像外だったのが、美容院。

確かにガスが使えないと、シャンプーができませんよね・・・。

 

そして、屋根にブルーシートをかぶせる家、立入禁止を示すトラロープやカラーコーンを設置する家が、瞬く間に増えていきました。
 

大阪北部地震(2018年6月21日撮影)

▲2018年6月21日撮影。かなり古い建物だったので、早々に再建を断念されたのでしょうね。

 

大阪北部地震(2018年6月21日撮影)

▲2018年6月21日撮影。究極の応急手当。

 

大阪北部地震(2018年7月18日撮影)

▲2018年7月18日撮影。修繕中の建物。

 

大阪北部地震(2018年7月28日撮影)

▲2018年7月28日撮影。イオン茨木店の修繕の様子。

 

耐震補強されていない、見るからに古そうな戸建てや文化住宅は、もれなく被害を受けていました。

中には、ほぼ倒壊しているお宅も。

 

しかし、それほど古いとは思えない戸建てでも、ほとんどの家が何らかの被害を受けている一角もありました。

建て方なのか、揺れ方なのか、地盤なのか、原因は何なんだろう。

 

マンションのベランダから見えるブルーシートに、ため息をつく日々。

 

私の住むマンションの被害も、想像以上に大きかったです。
地震から1ヶ月後の理事会では、出費がかなりかさむという、厳しい現実が突きつけられました。

 

報道のヘリコプターの旋回も、数日続きました。
ヘリコプターの音って、本当にうるさいですねえ。

 

地震から5日後の土曜日。ガスが復旧。

 

「遠いところから、わざわざありがとうございます」
「あれ、よくおわかりですね」
「上着に社名が書いてありますから」

 

作業して下さった方と、大笑い。
我が家にお越し下さったのは、西部ガスの方でした。

 

それからしばらく、週末毎に、全国からガス復旧の応援部隊が駆けつけて下さって、彼らを運ぶバスや乗用車を、街中でたくさん見かけました。

その節は、本当にありがとうございました。

 

ガス復旧の翌日には、私の両親の墓と、ダンナの家のお墓へ。
どちらも、倒壊や破損はなく、一安心。

 

その帰り道、たまたま通りかかったホームセンターで、突っ張り棒を入手。
家の近所の店では、どこに行っても、ずっと売り切れ状態で、入手ができなかったのです。

 

仏壇やテレビ台、食器棚やタンスなどに、ダンナが耐震補強を施してくれました。

 

大阪北部地震

▲仏壇に突っ張り棒。さすがに最初は、抵抗がありましたね。

 

地震翌日以降は、余震の数は多いものの、そのほとんどが小さな揺れ。
それでも、「ドン!」という音が必ず聞こえたので、直下型だったと思います。

 

大阪北部地震

大阪北部地震大阪北部地震

 

地震被害に拍車を掛けたのが、特に広島や岡山方面で大きな被害を及ぼした、翌7月の豪雨。
我が家の近所でも、川が氾濫するかもしれないと、避難準備指示発令。

 

この雨で、さらにブルーシートの屋根が増加。

 

そして、世間でも、大きな大きな節目が。

 

 

いろいろあった日々でした。

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

大阪北部地震

▲大阪府北部が震源の地震が、それまでいかに少なかったかがわかります。

 

 

2018年6月18日、月曜日。

朝、ダンナが出勤していった後、ソファに座ってテレビを見ていました。

 

さあ、そろそろ洗濯しなきゃ。
そう思って立ち上がろうとした、まさにその時。

 

午前7時58分。

下の方から「ドン」という大きな音が聞こえた後、猛烈な揺れが襲ってきました。

 

ビックリして、「何これ、何これ、うわうわうわー」という独り言は出てくるのですが、体が動きません。
「ガタガタガタ」という大きな音が、耳に響きます。

 

後日、義両親とも話したのですが、物が壊れたり倒れたりする音が、一切耳に入らなかったのが不思議です。

 

揺れが収まった時、私は、目の前のテレビ台が倒れないよう、手で押さえてました。

危ないだけで、何の足しにもならないのに。

 

揺れが収まり、まず浴室にすっ飛んでいきました。
断水に備え、浴槽に水を溜めておこうと思ったのです。

 

浴室からリビングに戻り、初めて部屋の惨状が目に飛び込んできました。

 

 


すぐに、義両親にLINE電話し、安否確認。
その後の情報によると、普通の電話回線よりも、LINE電話の方がつながりやすかったようです。

ほどなくして、ダンナからもLINEメッセージが入りました。


ダンナは、自宅最寄り駅に到着し、ホームへの階段を上がっていた時に、地震に遭遇。

 

「『ドーン』っていう音がしたから、最初は、電車が何かにぶつかったんかと思ったわ」

 

しかしすぐ、地震であることに気付き、その場でしゃがんで揺れが収まるのを待ったとのこと。
ホームに上がると、物が落下してくる危険がありますから。

 

状況をしばらく観察し、電車は当分動かないと判断、早々に帰宅してきました。

 

この日、ダンナはいつもより少し遅く、家を出てました。
通常なら、地震発生時刻には、既に電車内です。

地震当日は、電車の運行がストップしたため、帰宅難民になっていたはずで、まさに間一髪、幸運だったと思います。

 

さらに幸運だったのは、私たちが住む地域では、断水も停電も発生しなかったこと。

しかし、マンションのエレベーターと立体駐車場は、ストップ。
「車が出せなくなったらどうしよう」と、ダンナはビビってました。

 

マンション自体も、損傷が多数発生。

 


昨年は、管理組合の理事が輪番で回ってきて、理事会で様々な懸案を協議していました。
しかし、この地震と、その数ヶ月後に発生した台風で、それら懸案はすべて吹っ飛んでしまいました。

 

テレビ番組は、あっという間に、地震関連のニュース一色に。
上空にはヘリコプターが何機も旋回し、とてもうるさかった。

 

小さい余震が続き、ビクビクしながらも、とっちらかってしまった部屋の中を片付け。

余震を警戒し、玄関ドアを少し開けていたのですが、同じように玄関ドアを開けているお宅が、何軒もありました。

 

軽い興奮状態だったからか、ガスが止まっていることに気付いたのは、数時間後。


ガスが復旧するまでに5日かかったのですが、不思議なことに、同じ市内に住む義両親のマンションでは、地震当日にガスもエレベーターも復旧。
地震当日にガスが復旧した、ほんの一部の地域に該当していたのです。

 

地震以降、お風呂に入れずに困る人が多く、自衛隊のお風呂部隊が市内に来てくれてました。

 

 

しかし我が家では、義両親の家のお風呂に入らせてもらえ、本当に助かりました。

浴室乾燥機が使えなかったのは、痛かったですが。

 

夕方、町の中を少し歩いたのですが、ほとんどのお店は臨時休業。
その中で、カセットコンロなどを買い求めるお客さんで、電気量販店に長蛇の列ができていました。

 

大阪北部地震(2018年6月18日撮影)

▲2018年6月18日撮影。揺れで変形した歩道。

 

大阪北部地震(2018年6月18日撮影)

▲2018年6月18日撮影。イオン新茨木店にて。夕方6時頃なのに、すぐに食べられるものは完売。

 

大阪北部地震(2018年6月18日撮影)

▲2018年6月18日撮影。こちらも、イオン新茨木店のお酒売場。店員さんが後片付けに追われていました。

 

気持ちがザワザワと落ち着かないまま、1日が過ぎていきました。

 

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

電子書籍リーダー

 

 

ここで宣言しましたとおり、電子書籍化に向けての作業をコツコツ続けてはいるのですが、悩んでます。

電子書籍で、この枚数は、いかがなものかと。

 

原稿

 

これはあくまで、文章のみ。
写真も挿入したいので、実際はもっと多くなります。

 

削除や訂正が必要な文章も、まだまだあります。
だけど、読み返せば読み返すほど、残したいネタが多すぎて。

 

結果、枚数が減らない。
むしろ、増える(涙)。

 

長すぎるエッセイなんて、読む気が失せます。
わかっちゃいるけど、思い入れが強すぎて、削れない。

 

心を鬼にして思いっきり削って、コンパクトにするか。

前編・後編に分けて、2冊にするか。

膨大なページ数になるけど、1冊にするか。

 

どうしようかなあ・・・。悩ましいです。

 

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

先日、「ハムスター速報」で、こんな記事が上がってました。

 


恥ずかしいかどうかはともかく、スーパーの店内のBGMって、確かに印象的ですよね。

 

私は学生時代、4年間、スーパーで食品レジのバイトをしてました。

 

>>ええもんキー|イズミヤ

 

上記リンク先にある、「♪さあ歩き出そう」と「♪お散歩気分で」は、店内BGMとして、当時しょっちゅう流れていました。
30年以上経った今でも、耳にこびりついて離れません。

 

ちなみに、今回ネット検索していて初めて知ったのですが、「♪さあ歩き出そう」は「明日へ吹く風」、「♪お散歩気分で」は「買いに来た甲斐があった」というのが、正式タイトルだそうです。

 

バイトしてた店舗は、既に閉店してしまったので、余計に懐かしい。

 

平和堂とかジャスコのBGMも、歌詞カードさえあれば、いつでも歌える。

 

 

 

 

 

私が密かに気に入っているのが、呼び込み君

 

 

呼び込み君のBGMは他にもあるらしいのですが、圧倒的に印象に残るのがこれ。
私は、焼き芋を売っている場所でよく耳にするのですが、偶然なのかな?

 

うちのダンナのお気に入りが、コロッケのうた。
この曲、業務用冷凍食品を製造している、「味のちぬや」という企業が制作したものです。

 


サビの「みんな大好き〜コロッケ」の箇所が、特にお気に入り。

 

スーパーの総菜売場で、BGMに合わせて、「みんな大好き〜 チャチャチャ コロッケ〜」と歌い始めた時は、「この人、大丈夫か」と、真剣に思いましたよ。

割と大きめな声だったので、近くでお買い物されていた、見知らぬ奥様方2〜3名が、ダンナに冷たい視線を向けてました。

 

何はともあれ、BGMが、その店舗の雰囲気作りに貢献していることは確かです。

ただ、どの売場へ行っても、同じBGMが繰り返し聞こえると、ちょっとウザいですけどね。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

 

焦る

 

 

昨夜、帰宅するなり、ダンナがつばを飛ばしながら聞かせてくれたできごと。

 

電車で帰宅中のダンナ、降車駅に近づいたので、少し早めに座席を立ち、ドアの方へ。

 

ドアの前では、重そうな荷物を抱えた中年男性が、ドアが開くのを今か今かと待ち受けている。

 

「後ろ姿を見てるだけでも、むっちゃイライラしてるのがわかるねん、そのおっさん」

 

駅に近づくと、メリハリのない、にょろーっとした感じで減速し、ゆっくりとホームに入っていく。
これが、阪急電車あるある。

 

早く降車したいおっさんのイライラ具合が、沸点に近づいていく。

 

ホームに到着。
だけど、ドアがすぐに開かなかった。

 

おっさんのイライラが、ここで沸点を超えた。

 

いきなり、ドアを、強く一蹴り。

 

おっさんの後ろにいたダンナ、ここでカッチーンとキレる。

 

ダンナは、オタクではないけれど、電車に関するニュースやテレビ番組を、うれしそうにチェックしている程度の、電車好き。
電車のドアを乱暴に蹴るような、理不尽な行為が許せない。

 

「蹴ったところで、ドアは早く開かへんやん。早く開くんやったら、みんな蹴るわ」

 

ドアが開くと、おっさんは荷物を抱え、ヨロヨロと改札への階段を降りていく。

 

おっさんの次に降車したダンナ、階段を降りていく後ろ姿に向かって、思わず怒鳴る。

 

「おっさん!」

 

するとそのおっさん、ビックリして飛び上がり、振り向きもせず、文字通り脱兎のごとく、改札口に向かって走って逃げていったそうです。

それまでのヨロヨロ具合が、嘘のように。

 

「駅員と勘違いしたんやろうな。怒られると思うて、逃げよったんやろ」

 

おっさんがおっさんに向かって、「おっさん!」と怒鳴るのも、なかなかシュール。

 

それにしても、駅員なら、「おっさん」なんて呼びかけはしないのに、あほやなー。
自分の行為に、少しは引け目を感じてたのかな。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

ストリートビュー

 

 

 

一昨日更新された「理系の人々」。
私が更新を楽しみにしている連載のひとつです。

 

 

今回更新されたネタを読み、私もコーヒー片手に、幼少期から40年住んでいた町に「インターネット里帰り」してみました。

 

昭和40年代に、両親が戸建てを購入。
経年劣化に加え、阪神淡路大震災の揺れで、ガタが来たこともあり、思い切って建て替えたのが、今から20年ほど前。

その戸建てを売却してから、もう10年以上経ちます。

 

今の住まいから2駅ほどしか離れていないので、リアルで里帰りできる距離です。
でも、一旦離れると、遠くなりますね。

 

あの家が駐車場になってる。

あそこの文化住宅が、取り壊されてる。
あれ、この家、建て替えてる。

 

そして、かつて住んでいた家を、ストリートビュー越しに、じっくり観察。

 

まず目に入ったのが、2階ベランダの屋根。
これ、私が住んでいた頃には、なかったものです。

 

さらに、1階の部屋の外壁に、エアコンのダクトが見えました。
かつて、仏間兼客室として使っていた部屋ですが、そもそもお客さんがほとんど来ないので、エアコンを付けてなかったのです。

 

玄関前には車があり、たくさんの洗濯物が干されているのも見えました。

 

私のかつての実家、私のふるさとは、今お住まいの方の家になり、さらに、更新もされている。

生活の匂いが感じられ、ちゃんと生きていました。

 

あの時に願ったように、あの家と土地は、幸せをつかんだんだ。

安心したと同時に、とてもうれしかったです。

心がそれほど強くなくても大丈夫な状態で、よかった。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

 

自動販売機

▲以前に発見した、格安切符を購入できる自動販売機。

 

 

よくご覧いただければおわかりになるかと思いますが、これ、タバコの自販機を再利用してるんです。
自販機に、「Tobacco House」と書かれてますでしょう?

 

この自販機での切符の買い方。

 

お金を入れてボタンを押すと、下の受取口に、かつて販売されていたタバコの箱と同じ大きさの箱が出てきます。
切符は、その箱の中。

 

切符を取り出した後、不要になったタバコ大の箱は、自販機に引っかけられているレジ袋の中に返却。
業者は、返却された箱を回収、再利用。

 

よくできてるなあ、と、感心しました。


この自販機のそばを時々通るので観察していたら、駅から少し離れている場所にもかかわらず、利用者が結構多かったです。
箱の返却を促す掲示はないのですが、皆さん、ちゃんと、箱をレジ袋の中に入れてました。

 

今はこの自販機は撤去されてしまいましたが、今でもどこかの町の片隅で、ひっそり活躍してるのかな。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

 

猫舌

 

 

昨日、とある講習会に参加するため、大阪市内まで行きました。

 

講習会の開始時間が午後1時半だったので、自宅を出発前に、軽い昼食をとりました。

 

自宅最寄り駅に戻ってきたのは、午後4時過ぎ。

 

夕食まで、あと3時間以上あります。

 

小腹を満たすため、駅前でたこ焼きを買って、帰宅。

 

帰宅後、熱々のたこ焼きを、口の中に放り込みました。

 

たこ焼きが喉を通過する時の、べらぼうな熱さといったら。

 

すぐに、冷たいお茶をごくごく飲みましたが、時既に遅く、喉をやけど。

 

何かを飲み込むたび、痛くって。

 

たこ焼きを食べて、丸1日以上経過しましたが、まだ少し痛いです。

 

とろとろたこ焼きの熱さを、ナメちゃいけませんねえ。

 

 

 

==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:ひとりごと

 


Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM