JUGEMテーマ:過去


今日、ヤフーのトップページに、「自分の運動音痴をがんがん自慢しよう」みたいな文言を見かけました。知恵袋紹介ページに誘導するためのものだったと思います。
で、ちょこちょこっと検索すると、「運痴自慢」のスレッドやサイトが、出てくるわ出てくるわ。

ちょっと読み込んでしまいましたよ。

なぜかというと、私もひどい運動音痴だから。
今は適当にごまかす術を覚えましたが、学生時代の体育の時間は地獄でした。

私の場合は、基礎体力がなかったんだと思う。小さい頃に、かけずり回って遊んだ記憶が、あまりないから。
要領も悪かったしね。

鉄棒は、前回りだけしかできません。それも連続では無理。1回転して降りるだけ。
逆上がりなんて、どんなに先生にサポートされても、できませんでした。
あげく、手を離して、鉄棒から落ちた。

跳び箱は、4段以上は跳べませんでした。
助走しても、怖くなって、跳び箱の手前で止まってしまう。
跳び箱の上につんのめったこともあったな。

マット運動。
前転しかできません。後転すると、マットからはみ出してしまう。
逆立ち、無理無理。

ソフトボール投げ。
どれだけ力を込めて投げても、9メートル以上は飛ばなかった。

だからドッチボールでボールを取っても、枠外にいる味方までボールが届かない。
でも、逃げるのだけは得意だったんだよ。

ご迷惑をかけるので、ポートボールでは、常に台の上。
当時は背が高かったので、適任だったのです。労働時間も少なかったし。

私のあまりの運痴ぶりに焦ったのが、うちの母。
小学校入学以来、成績表の体育の欄には「もっとがんばりましょう」しかないんだもん。

で、小学3年生くらいの時、夏休みとかに開催されるスイミングスクールの短期集中コースに、私を放り込んだ。
それまでは、まともに泳ぐこともできなかったからね。

母親の言うことは絶対だった我が家、逆らうこともできず、ひとりで電車に乗って隣町のスイミングスクールまで通いましたよ。

そのおかげで、徐々に泳ぎをマスターし、小学校高学年の頃には1キロくらいの遠泳もできるようになりました。
基礎体力がないので、全然スピードは出ません。ダラダラ泳ぐだけです。

それでも、夏だけは、体育の時間が楽しみになりました。
夏は私にとって、救いの季節でした。水着が恥ずかしいなどという、女子らしい気持ちは、さほどなかったです。私にとっての体育は、夏しかないんだもん。

しかーし、泳げるようになったからといって、運痴人生が終わったわけじゃない。

バレーボール、当然サーブなどは打てない。
レシーブやトスすら満足にできず、ボールはあらぬ方向へ飛んでいく。

軟式テニスの授業で、体育の先生とダブルス組んだ試合に負けました。
ボールを拾えない私の代わりに、先生ひとりが頑張ってた。

ハードルも飛びきれなくて、よく倒しました。
走り高跳びなんて、全然跳べない。跳躍直前に急ブレーキです。

他にも、体育の時間の失敗は、枚挙にいとまがありません。

高校卒業まで続いた、ゆううつな体育の時間。
運動ができないこともつらかったけど、運動ができる人からの視線の方がもっとつらかった。

球技大会などの団体競技で、運動神経抜群の子から受ける、バカにしたような冷たい視線。
あまりにどんくさい私を見る、あきれ顔の先生の表情。

なんかそんなことを、今日久々に思い出しました。
今みたいに子供が少なかったら、運痴ぶりがさらに目立って、もっとつらかっただろうなあ。




だけど、あのつらさがあって、今があるんじゃないかなって思う。

世界音痴

新品価格
¥1,365から
(2010/7/9 23:48時点)




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ


JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


私の友達Aさん(40代女子)から、今日こんなメールが届きました。

「ブロガーってどういうニュアンスで使うの?」

何でも、あまり顔なじみでないママ友さんから「Aさんっておもしろいから、ブロガーかと思った」と、突然言われたらしいです。

彼女、パソコンや携帯は自由に操ることができますが、ブログは全くやってません。小学生の子供2人の子育て中だし、仕事を持っているし、今のところそんな時間がないようです。
だから、あまり知らない人から突然「ブロガーか?」と聞かれて、あたふたしたみたい。言葉自体もよくわからなかったようで。

Aさんは、とても話し上手です。
相手に応じて巧みに話題を変え、物事や人物の描写もわかりやすく解説、そのうえ目線が他人とはちょいと違う彼女の話は、とてもおもしろくて引き込まれます。

もっかのところ、彼女が一番食いついているのが、子供の習い事や塾のこと。
教育熱心とかそういうのではなく、実況レポートをしているような感じです。

先日などは、大手塾と個人塾から聞かされた話を元に、両者のスタンスの違いを自分なりに分析し、果ては現在の教育についての彼女の感想まで混ざった詳細レ ポートを、頼んでもいないのにメールで送りつけてきたくらいです。
子供がいない私にとっては、そのメールの内容は未知の世界の出来事。だけど客観的に見ても、彼女のレポートはすごくおもしろい。できればここでさらしたいくらいです。

概してそういう人は、ブログで自分の興味を垂れ流していることが多いから、Aさんと話したママ友さんは彼女がきっとブログをやっているだろうと予想して、「ブロガーですか?」と質問したんだと思う。

ブロガーっていうのは、ブログをやっている人のことだと説明し、「Aさんの話がおもしろいから言ったことで、別に他意はないと思うよ」とメールを返しておきましたが、ふと思ったのです。

私、他人から「ブロガーですか?」って聞かれたことないなってことを。
逆に、私も「ブロガーです」と他人に言ったこともない。

ま、彼女ほど内容のある話をするわけじゃないから、当然かもしれないけど。

なんかねー、ブログを書くってことは私にとってもう、自然なこと。日課みたいなものです。やや「書かなきゃ」という気持ちもあるけど、それは普通の日記でも同じ事でしょう?
今日のAさんからのメールで、「ああ、私もブロガーなんだ」ということを、初めて意識したくらいです。

でもうまく言えないのですが、ブロガーっていう言葉は、ブログを書く人が特別の能力があることを指し示しているような感じがするんですよ。
実際は、ブログなんてすぐ始めることができるし、「飯食いましたー」のひとことだけでも成立する類のものなのに。

それに気付いた人たちが、ブロガーの差別化のために作り出した新たな言葉が、「アルファブロガー」なんだと思う。

ブログも成熟期を迎え、今や特別なツールではなくなりました。
だから、ブログを書いている人=ブロガーではなく、ブログの読者が「この人はブロガーだ」と判断する方が、現状では正しい使い方のような気がするな。

それにしても、先に出てきたAさんのママ友さんは、ブログに興味はあるけどやっていない人なのか、ブログをやっている自分をちょっと自慢したいと思っている人なのか。それとも単に、「ブロガー」という言葉だけを知っている人なのか。

ちょっと質問攻めにしてみたい気がします。




ネットに文章をさらすって気軽だけど、緊張感を忘れてはダメだと思うな。

出世力--なぜあなたの「頑張り」が認められないのか出世力--なぜあなたの「頑張り」が認められないのか
尾崎 弘之

集英社インターナショナル 2010-04-26
売り上げランキング : 76468

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ


JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


今日散歩してたら、とある幼稚園から「蛍の光」の音楽が流れてきた。
見ると、たくさんの車と父兄たち。

ああ、卒園式だ。

今日卒園した子供たちは、来月から小学生。
大きな一区切りを迎えた親御さんたち、万感の思いだろうなあ。

あー、家族を作りたかったな。子供を産みたかったな。子育て、してみたかったな。
ちっちゃい子供を見ると、私はよく思う。

ご縁の問題と、自分の努力不足で、私は未婚・子供なし。
もし万が一、億が一、兆が一、明日結婚できたとして、がんばって仕込み作業をしたとしても、どんなに早くても生まれてくるのは1年後。
もう肉体的にも精神的にも、思い切った子育ては無理。

思えば私は、家族の理想の形を求めすぎたのかもしれないな。

高校生くらいの時だったか、叔母一家の食事会にお呼ばれしたことがある。何かのお祝いだったと思う。
とある中華料理屋さんで、叔母夫婦といとこ2人、そして私の5人で、夕食を食べた。回る円卓というのを、この日初めて見た。

そのとき、親子4人が、同じ話題で話が盛り上がり、笑いあっているのを目の当たりにした。
家族それぞれがあさっての方向を向いていた我が家では、あり得ない光景だった。

ああ、これが普通の家族なんだ。

何を食べたかはすっかり忘れてしまったが、親子4人が笑顔で語り合う様子は、30年近く経った今も脳裏に焼き付いている。

私の理想の家族は、この日の風景が根本にある。
親子揃ってご飯を食べ、親子揃ってたくさん話ができる家族。

でも今のところ、私の理想は「絵に描いた餅」状態。

だから最近、簡単に我が子を殺したり傷つけたりする親が多いことに、むちゃくちゃ腹が立つ。
理由のない暴力をふるったり、食事を与えずに放置したりして、子供を殺してしまうなどというニュースを見聞きするたび、いいようのない怒りがわき上がる。

毎年夏になると、子供を車の中に乗せたままパチンコに熱中し、子供が脱水症状や熱中症で死んでしまうというニュースが報道されるが、その無責任ぶりに尋常じゃないくらい腹が立つ。

子供を産めるのは奇跡だということ、子供を育てられることがいかに幸せかということが、ちっともわかってない。
人間にとって必要不可欠な、他者の痛みや苦しみを想像する力が欠落しているとしか思えない。

夫婦の元に子供ができ、夫婦は父母になり、子供を大人にして、世の中に送り出す。
子供は、自身の存在で夫婦を親に変え、成長させる、奇跡の存在なんだよ。

幼稚園から聞こえてきた「蛍の光」を聞きながら、少なくとも今日この幼稚園を卒園する子供たちは、親御さんたちの無償の愛情に守られている子供たちばかりでありますようにと、祈るような気持ちになった。

親の愛情を知る子供は、我が子にも愛情を与えていくと思うから。
我が子を傷つけたり死なせたりすることなど、決してしないと思うから。

そんなことをつらつら思う、昼下がりだった。




子供たちの未来が、幸多かりしものになりますように。

蛍の光のすべて蛍の光のすべて
角聖子

キングレコード 2002-03-06
売り上げランキング : 2757

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


昨日のこと。
ふと思いついて、仕事の合間に遊んでいるTwitterにこんなつぶやきを入力してみました。

「よろしかったでしょうか」と言われると軽くムカッとするのに、「〜じゃないですか」と誰かに言ってしまった時、私はかなりへこむ。アラフォーのジレンマかもしれない。


すると、短時間でたくさんの方から反応がありました。

あーわかる気が。
レストランで「○○○になります。」もムカッと来る。変身するのか?
○○でよろしかったでしょうか?の”で”に特にムカッとくる。○○がよろしいのだ〜!!
同感!「〜のほう」もイヤ。お釣りがあるのに「ちょうど千円のほうからいただきます」と言われたときには怒り爆発。
激しく同意!!!
同意に一票。
日本語として定着するの嫌だな。
腹が立つというより、間違いだと散々指摘されても直せないあの感じにモヤモヤする
腹立ちますよ、140文字じゃ足りない!この件でオフ会やったら2時間じゃ足りないかも。
どの言葉も、高級そうな旅館で言われると本当にがっかりする。皆で撲滅する方法はないだろうか?
うん、やっぱり腹立つしおかしいと思う!
定着阻止したいですね!実際には若くてもきちんと受け答えできる子のほうが多いと思う。でもバイト先の先輩を信じて悪貨が良貨を駆逐のパターン…。

長い歴史の中で、たくさんの言葉が生まれました。消えていく言葉もあるし、時代が変わっても残る言葉もあります。残った言葉も変化を遂げ、過去と現代とでは意味が異なった使い方をされている場合も、多々あります。
その時代に生きた人が「理にかなっている」と判断して選択し、言葉が緩やかに変化していくというのは、人類の歴史。否定はしません。

ただ、こんなのは、前向きな変化じゃない。
いつからこんな不自然な言葉が氾濫するようになったのか。

「よろしかったでしょうか」とか「〜じゃないですか」というのは、相手に判断を丸投げしている言葉遣いだ。
言い換えれば、発言者が自分自身の言葉に責任を持っていないということです。

「ちょうど千円のほうからいただきます」とか「○○○になります」というのは、聞いていて不自然。
接客業の人間が、客を混乱させてどうするのか。使っている本人も、自分の言葉遣いが変だとは思わないのだろうか。

アラフォー世代が集っている場でのつぶやきだったので、よけいに反応が良かったのかもしれません。私たちがバイトに明け暮れていた学生時代には、こんな言葉はなかったですから。

少なくとも「よろしかったでしょうか」とか「〜じゃないですか」なんていう気持ち悪い言葉は、私は使わないようにしよう。
そう決めていても、特に「〜じゃないですか」をぽろっと使ってしまうことがあるんだなあ。

結構へこみます。

言葉は伝染するもの。影響を受けやすいもの。
だからこそ、若い人から「古くさい」と言われようとも、私自身がよろしくないと感じるような言葉は使わないようにしたいです。




「じゃないですか禁止令」というコラムには、溜飲が下がります。

毎月新聞 (中公文庫)毎月新聞 (中公文庫)

中央公論新社 2009-09
売り上げランキング : 71216

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ


今日1月17日は、阪神・淡路大震災が勃発した日。
あれから15年が経過しました。

そこで今日は、私がかつて発行していたメールマガジン「ひーエッセイ」の中から、今から7年前の2003年(平成15年)2月4日に配信したものを、以下にそのまま転載します。

 

----------------------------------------------------------------
★★ひーエッセイ★★ '03/02/04(Tue)発行
----------------------------------------------------------------
第79巻 「『あの日』の風景」
----------------------------------------------------------------
最近若い人の間で、「ガガガSP」というブルドーザーみたいなけったいな名前のロックバンドが、結構人気があるらしい。


ケーブルテレビなどの音楽専門チャンネルなどでちょくちょく見聞きする機会があるのだが、正直言って彼らの歌は歌詞カードなどと突き合わせをしなければ、何を歌っているのかわからない。
とにかくマイクを握りしめ、自分たちの思いを怒鳴りながら歌っているという感じなのである。


そんな彼らの最新曲は「満月の夕」というタイトルなのだが、この曲のテーマが何であるのかを私が知ったのは、つい最近のことである。


この歌は、8年前の「あの日」のことを歌っているのである。


私は「あの日」の1週間ほど前、母の一周忌法要を終わらせた。ほっとしたせいか、その翌日からひどい風邪を引いた。
仕事中に熱がぐんぐん上がり、体中の節々が痛み始めて歩くこともままならなくなった。仕事どころではなくなり、会社を早退してやっとの思いで病院へ行った。


インフルエンザではなかったけれど、その夜は39度以上の熱が出た。医者からも出勤を止められ、2日ほど欠勤した。
その週は結局、ほとんど仕事にならなかった。


週末はたまたま3連休だった。この連休のおかげで、体の調子もだいぶ元に戻った。心配した友達が、見舞いにも来てくれた。
連休最終日の夜は、「仕事がたまってるから、明日からはきばって仕事をしないといけないなー」などと思いながら、眠りについた。


翌朝である。
尋常ではない揺れを感じて、私は目が覚めた。


最初は夢かと思った。寝とぼけているのかとも思った。でも、確かに家がゆっさゆっさと揺れている。
まるで誰かが家をわしづかみにして、雑草などを引き抜くが如く揺らしているのかと思えるほどだった。


私は怖くなって布団の中に潜り込み、その揺れが去るのを待った。幸い何も落ちては来ないし倒れても来なかった。
そしてその揺れは、一旦止まった。ほっとした私は、また眠りについてしまった。


再度の揺れで、また目が覚めた。
1度目とは揺れている方向が違う。1度目が縦に揺れているとしたら、2度目は横揺れである。


家はみしみしと音をたてている。「ごーっ」という地鳴りが聞こえたような気がした。今度は本当に家がつぶれるかと思った。
でもまた私は起きあがることもせず、逃げようともせず、布団に潜り込んでしまった。


台所の方から、「ぴぴっ」という音が聞こえた。電気ポットの電源が切れたのだ。
停電である。


余震はあったけれど、その後はもう大きな揺れはやってこなかった。
7時頃にのそのそと布団を抜け出した私は、この地震に関する情報を得るためにトランジスタラジオを探し始めた。やっとの思いで見つけ出したとたん、停電が復旧した。


テレビをつけても、最初の頃は情報が錯綜していて、詳しいことは何もわからなかった。出勤のために家を出る時間になってやっと、電車が全く動いていないという情報が伝わってきた。
当時は運転免許も持っていなかったので、出勤は不可能だった。


この当時は、まだ携帯電話は普及していなかった。
始業時間を見計らって、私は事務所や上司の自宅に電話をしてみた。
だが電話は全く通じず、受話器からは話中の「ぷー、ぷー」という音だけが響いていた。


9時頃になると、テレビからはこの世のこととは思えない、恐ろしい情景が画面が映り始めた。死者・けが人の数も時間が経つごとにどんどん増えていった。


でも私の家の近所は、いつものように静かだった。
回覧板を持ってきた隣家のおばさんは、「今日は出勤せん方が、ええんとちゃう?」と、のんびり言っていた。


我が家の被害といえば、棚の上にあった置物が落ちてきたことと、家の建付が極端に悪くなったために、玄関の鍵がかけられなくなったことだけだった。
食器棚が倒れて、中に入っていた食器が全て割れたと嘆く大阪府内の親戚もいたのに、なぜか我が家では全くの無傷だった。


震災翌日、大阪府内の交通機関は復旧した。出勤した事務所で待っていたのは、ガラスが割れてしまった間仕切りだった。


あの当時の事務所在籍者は4人だったが、震災当日に出勤できたのは1人だけだった。
その人の話によると、机の引出は全て開き、積んであったカタログは散乱し、間仕切りにはめてあるガラスの破片が散乱していたとのことだった。


事務所の責任者の自宅は、兵庫県にあった。震災後1ヶ月以上ガスが止まり、カセットコンロ用のガスを必死になって買い集めていた。
私が接した、一番身近な被災者のうちの1人だった。


神戸方面の得意先は、壊滅状態だった。電話もしばらくの間は全く通じなかった。
でもその後「震災特需」が起こり、たくさんの注文が頂けたのは皮肉なことだったけれど。


被害が特に大きかった地区である須磨に住んでいた伯母に電話が通じたのは、震災2日目の夜のことだった。


「ああ、やっと通じた。おばちゃん、大丈夫?」
「あんた、何やな。全然連絡くれんと」
「へっ?」


当時東京に住んでいた親戚から、安否確認の電話がかかってきたのも、この日の夜だった。
ずっと疎遠になっていた伯父からも電話があった。地震がなければしゃべる機会もなかっただろう。この電話が、伯父との生前最後の会話となった。


私の周りには被災者はいたけれど、死者もけが人もいなかった。
表向きには何事もなく日々は過ぎていった。


兵庫県内に住んでいた友達に連れられて、高速道路が落ちている現場も見に行った。
目の前に広がる光景は、現実のこととは思えなかった。


震災から半年ほど経った頃、私は自動車教習所に通い始めた。
その教習所がそれまで高速教習のために使っていた高速道路は、まだ復旧していなかった。そのため、違う高速道路を走るという経験もした。


当時は、電車で大阪府から兵庫県に入った途端に車窓の風景が一変した。
青いビニールシートがかぶせられた家がたくさんあった。全壊・半壊の家も目撃した。
あちこちに点在する、不自然で空虚な空き地も目の当たりにした。


我が家から電車で1時間もかからない場所で、あれだけの被害が出て、住む場所をなくした人がたくさんいる。


震災当時、築30年以上経過していた私の家は、地震以降ますますひどい状態になった。
ふすまや扉の開け閉めもできなくなり、外壁のあちこちにひび割れが走っている。屋根瓦もずれまくっていた。
それでも我が家は、壊れずに残ったのだ。


あまり知られてはいないけれど、死者が出ているのは神戸だけではない。大阪などでも若干おられるのだ。
この世のこととは思えなかった、あの激しい揺れ。「みしみし」という音。
それでも私は、生きているのだ。


自分が生きていることの不思議さを感じたのは、「あの時」が初めてだったような気がする。
人は生きるだけじゃなく、生かされている存在なのだと感じた。


一歩違えば、私も被災者の1人だったのかもしれないのだ。そしてもしかしたら、死んでいたかもしれないのだ。
たった1人で、がれきに埋もれて。


だけどこの偶然を「幸運」だと思うことは、私にはできない。


あれから8年。「あの日」は、だんだん遠くなっていく。だけど、消滅してしまうものではない。
自分の生きていることの不思議さを感じた出来事に出会った日、それが人にとっての「あの日」なのかもしれない。


私はたまたま震災を通して感じたけれど、人はきっとそれぞれの人生の中で、それぞれの「あの日」にぶつかるのだろう。
そして、心の風景として刻みつけるのだろう。


先に書いたガガガSPは、神戸在住のバンドである。
彼らがなぜ「満月の夕」という歌をリリースしたのか私にはわからないけれど、彼らの心にも確かに「あの日」が刻まれているのだと、私は思いたい。


私にも「あの日」の風景が、確かに刻まれている。
 

 

 


文中の「満月の夕」は、SOUL FLOWER UNIONというグループの曲。
ガガガSPをはじめとして、多くのアーティストによって歌い継がれています。
 

 

 

満月の夕~90’s シングルズ 満月の夕~90’s シングルズ
中川敬

Sony Music Direct 2008-03-19
売り上げランキング : 91420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

満月の夕 満月の夕
ガガガSP

ソニーレコード 2003-01-17
売り上げランキング : 254378

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

満月の夕 満月の夕
酒井俊

BMG JAPAN 2003-01-22
売り上げランキング : 43233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

満月の夕~ウチナーグチ(沖縄方言)オリジナル・ヴァージョン~ 満月の夕~ウチナーグチ(沖縄方言)オリジナル・ヴァージョン~
平安隆

リスペクトレコード 2003-03-26
売り上げランキング : 222157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

死んだ男の残したものは 死んだ男の残したものは
沢知恵

コスモスレコーズ 2003-07-23
売り上げランキング : 91448

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

 


==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
 

 

 

 

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき

阪急電車内で見た、大阪経済大学の車内広告のキャッチコピー。


知らないことばかりだと、疑問さえ持てない。


いやあ、いい言葉だなあ。何度も読み返しました。


オームの法則とか、因数分解とか二次元方程式、英語の過去完了形なんか、私の人生の中で何の役にも立ってません。私、解き方をすっかり忘れましたよ。

何の役にも立たないことばっかり習ってたのが、高校時代以降かも。

でもね、四十路半ばになって思うのです。
世の中にはこういう世界もあるんだ、ってことを知っていないと、取捨選択ができない。

頭の片隅に言葉だけでも置いておくことは、決して無駄じゃないです。
ただの情報だけでわかったような気分になって、学ぶ前から「無駄」と判定するのは、絶対間違っています。
食わず嫌いと同じで、とりあえずかじって味を確かめたら、意外とおいしいかもしれないのですから。

何も疑問を持たないというのは、人間らしさをある意味放棄しているのと同じだからね。

今は好きなだけ勉強ができる時代。得ようと思えば、いくらでも知識を手に入れる手段があります。
でも人間って、有り余る時代にはのんびりしちゃうんですよね。
勉強すら自由にできない時代に生きた人の方が、底力があったりする。

大学時代は、様々な人と出会う機会もあるし、自分のこれからの生き方を模索できる時代です。
こんな贅沢な時間、社会人になったらそうそう持てません。

大学は、勉強だけがつがつする場所じゃない。たくさん遊べるし、たくさんバイトもできる。はじける時は、思いっきりはじけてほしい。
でも、勉強もたくさんしてほしい。友達といろいろなことを、たくさん話してほしい。本もたくさん読んでほしい。

この若い時代にしか体験できないことが、絶対あるのです。
私も、若い時にもっと自分を真摯に見つめ、前向きに勉強しておけばよかったと思うことがあります。
でもいくら思っても、若い時代は二度と戻らないし、戻れない。

若さは可能性です。抱えきれないほどやりたいことがたくさんあっても、若さでクリアできるのです。
若い時代の体験は、そのまま自分の糧になるのです。

いい大学生活、送ってほしいな。
この広告を見て、そんなことを感じてました。




私の学生時代は、複数の重い辞書を抱えて登校したものです。ずぼらなやつは、ロッカーに辞書を入れっぱなしにしてた。電子辞書なんて、影も形もありませんでした。

CASIO Ex-word 電子辞書 XD-ST4100G 音声対応 35コンテンツ収録+データプラス機能 高校生エントリーモデル CASIO Ex-word 電子辞書 XD-ST4100G 音声対応 35コンテンツ収録+データプラス機能 高校生エントリーモデル

カシオ 2007-09-17
売り上げランキング : 29243

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき

歩いていた。

公園が見えてきた。

2つの風船とふたりの女の子が、寄り添っている。

手を離せば、空に浮かび上がってしまう、キャラクター風船。

公園の前を通り過ぎようとした時、私の目の前に、風船が飛んできた。

思わず私は、風船に付いていたひもをつかんでキャッチした。

女の子がひとり、駆け寄ってきた。

「はい」って風船を渡すと、「ありがとう」と女の子は言った。

「取れてよかった」と言うと、「ありがとう」と女の子は言った。

私は、笑った。

女の子も、笑った。

なんか、しあわせ。




風船って、なんで見てるだけでわくわくするんだろう。

プリント風船 スマイルフェイス アソート 11インチ 25個入 プリント風船 スマイルフェイス アソート 11インチ 25個入

Qualatex
売り上げランキング : 20823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき

先日見つけた、こんな記事をご紹介します。



やる気を生み出すには「とにかく、やってみる」。
なんか相反するタイトルですよね。

でも文中の「大きな目標に目を向けるだけでなく、まずは小さなことに取り組んでみる。」という言葉に、うなづけるものがありました。
以前私がここで書いた、「やるべきことは、考えついたことは、言い訳せずにとにかく実行しよう」にもつながるのかもしれない。

休みがちだったこのブログを、とにかく毎日続けてみようって思い立ったのは、今思えば現状打破のきっかけをつかみたかっただけのような気がする。目標も目的も何もなかった。
ネタがなくて悩んだり、書く気がない日もあったりしたけど、ほぼ平日毎日の更新は、何というか私の中の小さな自信になってるように思います。

ブログを毎日更新したところで、何にも変化がないかもしれない。未だに目標も何もなく、ただ黙々と更新する日々。
今ではこのブログ以外にも、これこれの2本も毎日書いてるから、自分で自分の首を真綿で締め上げてるような感じがしないでもない。

でもいつか何かにつながっていくような気がする。目標が後で付いてきたとしても、それでいいんじゃないかなって思う。

気分を新たにさせてくれた記事でした。
2ページありますんで、リンク先で是非全て読んでみて下さいね。



Twitterも、今年に入ってからずっと興味を持ってます。やってみようかなあ。
やってみないと、私なりの活用法がわからないもんね。

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書) ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)

毎日コミュニケーションズ 2009-10-09
売り上げランキング : 100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


先日、とある不動産関連事業をされている方の自宅兼事務所を訪問して、書類作成作業をしました。1ヶ月に1〜2度ご依頼をいただくようになって、もう数年が経ちます。
訪問すると、いつもいろいろなお話を聞かせて下さるのですが、この日の話題のひとつがペット。

ペットを室内で飼育していたお宅は、不動産査定時にマイナス評価となることが多いです。
不動産管理をされているこの社長さん、なんでわざわざ自分の資産価値を下げるようなことをするのかが理解できない。

「一生の買い物やで。家なんてそんな安いもんじゃないやろ。もったいない」

加えてこの社長さん、生き物全般がお嫌いです。
お住まいのマンションのエレベーターで、ペットをお連れの方と乗り合わせるのが、本当に嫌でたまらないみたい。

「ほんまに臭いわ。たまらんわ。別のエレベーターに乗ってほしいわ」

そうぶつぶつ文句をおっしゃった後、衝撃発言。

「なんぼ飼うてる人にとってはかわいいかしらんけど、所詮、犬畜生やで」


犬畜生!


久々に聞きましたよ、こんな言葉。今や死語ですよ。動物大好きな方が聞いたら、ぶっ飛びますよ。

犬好きな私も当然ぶっ飛んだのですが、ぶっ飛びながらもこうも思ったのですよ。
社長さんの言葉は確かに乱暴だけど、言い得て妙な面もあるな、と。

世の中には、動物が苦手だという人はたくさんいます。
アレルギーをお持ちで、動物の毛で激しい発作を起こす方もたくさんいるのです。

ペットは人同士を結びつけることもあるし、人を救うこともある。
でも人同士を争わせる元になることもあるし、人の命に関わることだってある。

飼っている人にとっては、ペットは家族の一員です。でも、みんながみんな動物好きではないということを、絶対に心得ておく必要があるのです。
何よりも、「ペットは動物である」と肝に銘じておかないとダメなのだと思います。

特にマンションなどの集合住宅は、たとえペット飼育が許されていても、ペットと人間との共存は難しい。ペットへの目線は、ひとりひとり違いますから。

ペットが原因で人間同士の諍いが起きたとしても、ペットは何も悪くはない。だってペットは、人間に合わせてくれているのだから。
なのに、人間関係優先のために、悪者にされたり犠牲になったりするのは、ペット。

ペット、特に犬や猫を飼うと、人間力が試されますね。




ペットに関するブログの立ち上げを、現在考え中。

君と一緒に生きよう 君と一緒に生きよう

毎日新聞社 2009-03-27
売り上げランキング : 45774

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ



 

2〜3日前から、とあるエッセイコンテストに応募しようかと、文章を書いてました。
自分の大切な曲や歌を1つ選び、それに関する思い出やエピソードを書けばOKだったんだけど、書けば書くほど救いようがない文章になってしまい、応募をやめました。

選んだ曲は「風は海から」。岡村孝子さんのソロデビュー曲です。
もっと違う曲を選べよ、っていう話なんですけど、今回はどうしてもこの曲で書きたかったんだもん。




応募はしなかったものの、せっかく書いたので、ここでさらしたいと思います。
内容が暗いので、覚悟して読むべし。

 

ひとりで残業中に偶然発見してしまった、上司の横領・背任行為。
私の席の目と鼻の先にある上司の机の上には、それを裏付ける証拠が無造作に放置されたままだった。

それまでにも様々なことがあり、私が勤務していた事業部内の統制は取れていなかった。売上も激減していた。そんな時期に私を襲った、大きな風。

事業部内の社員は、私を含め4人。他の2人の男性社員は、入社時に上司から便宜を図ってもらっているため、基本的にイエスマンである。会社にも上司にもしがらみがないのは、私だけだった。

何も言わず風をやり過ごすか。風に立ち向かうか。私はどうすべきなのか。

さんざん悩んだ末、本社におられる社長に報告する形で、風に立ち向かうことに決めたのは、発見から数週間後のことだった。

それからの数ヶ月は、まさに突風の中で翻弄される日々だった。
町の片隅の小さな会社ではあるが、即刻懲戒解雇となるはずの上司の行為。しかし社長は、何も言わなかった。上司は全く退職する気配がないどころか、私を何とか退職させようと日々画策していた。

泣きそうになりながらも、真実を知っている他の部署の人たちからの応援もあり、何とか踏ん張っていた私。
上司の退職までには、結局3ヶ月かかった。

しかしその1ヶ月後、上司はまた元の席に座ることになった。上司が横領・背任行為の末に設立した会社の社長という立場で。
「いろいろあったけれど、これからは仲良くして下さい」という社長の言葉を聞いた数日後、私は本社に退職届を郵送した。

あれから8年。
時々私は、あの頃よく口ずさんでいた「風は海から」という歌を思い出す。歌詞の中の「風は海から 海へと帰るもの」は、今でも私の座右の銘だ。
人生にはなるようにしかならない時があるんだ、と。

だけどもしあの時、風をやり過ごしていたら、どうなっていただろう。
あの大きな風は、今の私へと確かに導いてくれた。今そう思えるのは、風に立ち向かったからだ。自分の目で海から海へと帰る風を見送れたから、私は新たな一歩を踏み出せたのだ。

勤務していた事業部は、私が退職した1年後に閉鎖となり、今はもうない。


この件に関することは、かつて発行していたメルマガでもさんざん書きました。ここに全文掲載してます。
4回シリーズ、しかも長文なので、覚悟して読むべし。

しょせん会社は人間が作ったものだから、会社に期待し過ぎちゃいけないんだ、ということが骨身にしみた事件。
いつまでも引きずってちゃいけないんだけど、あまりに強烈すぎる思い出です。



「風は海から」が収録されたファーストアルバム。最初はLPレコードでの発売だったんだよね〜。

 

夢の樹 夢の樹
岡村孝子

ファンハウス 2001-06-20
売り上げランキング : 44589

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき

 


==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ

 

 


Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM