先日、友達と一緒に、近畿大学の東大阪キャンパスで開催されたオープンキャンパスに行ってきました。

近畿大学

なぜ「近畿大学」なのかというと、一緒に行った友達の子供が、今春入学した大学だから。
仕事の都合が付かなかったため、我が子が通うキャンパスに彼女が足を運ぶのは、今回初めて。

近畿大学

JR環状線の鶴橋駅で近鉄線に乗り換えたのですが、オープンキャンパスに向かう人たちで、ホームは大混雑。
あまりの混雑ぶりに、なんでこんなに混んでいるのかわからない人が、駅員さんに質問してましたわ。

キャンパスは、駅から徒歩10分ほど。
両脇にお店が建ち並ぶ、商店街のような細い道を歩くのですが、不動産屋さんの数の多いこと。あと、若い子が好きそうながっつり系の食べ物屋さん。

キャンパス内も、黒山の人だかりです。

友達と連れだって見学に来ている高校生たち、親子でやってきている人たち、もちろん近大の学生さんや教職員さんたちが入り乱れ、熱気むんむん。
どこへ行っても混んでいるので、学食でお昼ご飯にありつけたのは、午後2時近くになってから。

最初「くれ」って読んでました。

近畿大学

私は、有名な近大マグロの試食会に興味があったのですが、整理券ゲットのための長蛇の列にげんなりし、すぐにあきらめました。

友達は、「英語村」で外国人教師と英会話をしたいと言ってたのですが、若者たちが引きも切らず押し寄せてくるため、入っていけない。
ややあきらめムードでしたが、外のベンチでジュースを飲んでいた私たちに、ひとりの男性教師が話しかけてくれ、友達はうれしそうにしゃべってました。

キャンパス内をあちこち歩き回りましたが、どこへ行っても、若い人たちがたくさんいて、もうきらっきらしてました。
若いって、それだけで、財産だね。

今春、つんく♂さんが声帯摘出を公にした場所。

近畿大学

おばちゃんふたりは、鋭意休憩を取りつつ、若者のエキスをチュルチュルっと吸って・・、もとい、若い人たちのパワーをいただいて帰ってきましたとさ。

近畿大学

台風一過の後の猛烈な蒸し暑さで、全身汗だくになり、死ぬかと思った1日でした。

近畿大学




パンフレットと水とペンの入ったカバンをもらって帰ってきました。


==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:ひとりごと


少し前にちらっと書いた、「焼いたソーセージに何をつけて食べるか」の件。
コメントやメールなどで反応があったので、バトル内容をご紹介。

私、ソーセージを焼いて食べるのが大好きです。
先日、シャウエッセンとかアルトバイエルン系のソーセージを焼き、皿に入れ、醤油をかけようとした時。

「ちょっと待て。今、何をかけようとしてる?」
「醤油やで」
「えーーっ、しょうゆー、なんでー?」
「なんでって、なんで? 変?」
「あり得へん。考えられへん。なんで醤油、かけるん?」
「うちでは、醤油やったもん」
「醤油とちゃうやろ。粒マスタードやろ。この間、買ったやろ」
「うちの家の冷蔵庫に、粒マスタードが入ってた歴史はない。私も今まで、買ったことなかった」
「えーーー」

実はそれまでに、焼いた魚肉ソーセージに醤油をかけて出したことはあるのですが、彼の実家では魚肉ソーセージを食べる文化がなかったようで、物言いは付かなかったのです。

料理はしないくせに、味にはうるさい、エセ料理評論家みたいなおっさんです。
ほんまに、いちいち、うるさいです。

「塩味が付いてるんやから、醤油はないやろ。百歩譲って、ソースや」
「今でこそ買ってるけど、昔、うちではソースなんて、使ったことなかった。全部、醤油」
「あり得へん。考えられへん!」
「うちでは、こうやったの。あんまりあり得へんとか叫ぶんやったら、うちの親に『いじめられた』って言いつけるで。夢枕に立ってもらうで」
「やめてくれー」

数分にわたって言い争い、結局この日、焼いたソーセージのお供は、粒マスタードとなりました。

ちなみに、目玉焼きには醤油と言うと、「えーーー、ソースやろー」と言われ、「うちの父親なんて、カレーに醤油かけてたで」と言うと、「嘘やーーー」とのけぞってました。

ああ、うるさいわー。




まあ、お母さんのお料理がおいしいので、仕方ないんだけどね。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:ひとりごと

先週、北海道に行って参りました。
北海道への旅行は2度目なのですが、前回行ったのは20年以上前のゴールデンウィーク。冬の訪問は初めてです。

寒かったですが、氷点下3度とか8度とかというレベルだったので、まだましな方だったと思います。さらに、到着初日は雨だったという(笑)。
もちろん、雪はてんこ盛り。湿気を含んでいる大阪の雪と違い、さすが本場、ほんとにパウダースノー。雪玉が作りにくいほど、さらっさらです。新雪、ぐしぐしと踏みまくってきました。

そして、まあとにかく、アジア系外国人の多かったこと。中国人と韓国人は、どこに行っても見かけました。
特に韓国語がよく聞こえてきて、男女問わず、モデルのような立ち方をして記念撮影している様子に、笑っちゃいました。

北海道の雪景色は当たり前なので、私目線の北海道をご紹介。

地下鉄の駅の広告シリーズ。

北海道

排出物までが描かれているのが、斬新。

北海道

裸足で並ぶというのが、斬新。

北海道

京阪が北海道に手を伸ばしている事実に、びっくり。

さっぽろ雪まつり会場にて。

北海道

「水抜きさぼって女子失格」に爆笑。

札幌駅にて。

北海道

ちゃんとロッカーの上に、穴が空いてるんですよ。

北海道

さすが北海道だと、ちょっと感激しました。

新千歳空港から札幌市内に向かう電車を待っている時、長尺物の荷物を持った洋風の顔をしたイケメンたちを、たくさん見かけました。
その荷物には、小さい車輪が付いていて、イケメンたちは転がして移動させてましたが、あれはきっと、スキー板とかスノーボードだったんですね。

札幌市内の雪印パーラーのジャンボパフェ。

北海道

右側の普通サイズに比べると、その大きさは半端ない。

ちなみに、真ん中のパフェ、注文している人たちが実際にいました。
私が見たのは、若い女の子3人と、じーちゃんばーちゃんの5人組。女の子たちがうれしそうに食らいつき、じーちゃんばーちゃんも時々食べてました。




移動時に目にした広大な雪景色、本当に壮観でした。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:旅行

以前ちょろっと書きました目覚まし電波時計の、後日談。

壁掛け時計は電波を拾ってくれたのに、目覚まし時計はダメだった。
この事実に衝撃を受けつつ、普通の目覚まし時計として電波時計を使っていたのですが、やっぱりあきらめきれない。

電波時計は、電波時計として使いたい。

私の心の中に燃える野望の火は、ずっと燃え続けています。
さらに、マンション住まいの知人から、「うちではちゃんと使えてる」という言葉を聞いた時には、闘争心までが燃え上がってしまった。

私の電波時計は、実は不具合品なのではないか。
現金購入ではなく、家電量販店のポイントで購入したので、時計の気合いがレジで吸い取られたのではないか。

電波を拾わない目覚まし電波時計を使い始めて、数ヶ月後。
意を決して、再び電気量販店に行き、前回とは違うメーカーの目覚まし電波時計をゲット。念のために現金で購入し、万難を排しました。

わくわくしながら帰宅し、すぐに試してみました。





電波、拾いません。




何度もリセットし、置き場所をあちこち変えてみましたが、結果は同じ。

盛大にがっかりしましたが、ふと思いつき、時計をベランダに出してみました。
部屋の中は無理だけど、外に出したら、もしかしたら電波を拾ってくれるんじゃないだろうかと思って。

数十分後。




電波、拾った!




気をよくした私、最初に購入した時計をリセットし、同じようにベランダに出してしばらく放置。




電波、拾った!




電波時計は、定期的に電波を拾いに行き、時間を自動で修正してくれます。
室内に戻して数日後、再び電波を拾えない状態に戻ってしまいましたが、対処方法は会得でき、2台とも不具合品ではないということもわかりました。

秒単位で全く同じ時間を示す目覚まし時計を2台並べ、「なかなかシュールだなあ」と思いつつ、その景色を1ヶ月は堪能。
写真撮影を忘れていたのが、返す返すも残念です。

その後、先に購入した電波時計を、使わなくなった他の目覚まし時計や壁掛け時計をセットにしてネットオークションに出品、少し時間はかかったものの、無事買い手が見つかり、先日旅立っていきました。




私が使用しているのは、この時計をベースにしたジョーシンオリジナルモデルです。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:ひとりごと

私は、薄毛連盟(架空団体)女子部会員だけでなく、白髪連盟(架空団体)の会員でもあります。
40代になった頃からでしょうか、急に白髪が増加し始めました。

真っ白ではなく、ぱっと見は目立ちませんが、奥底にわさっとある、というタイプ。
さらに40代後半にさしかかる頃には、髪の毛自体が年を取ってしまった感じに変化。こうなると、元々しょぼい印象が、さらにしょぼくなっちゃうんですよねえ。

若い頃は、「おしゃれの一環で髪を染める」ことに抵抗があった私。毛染めをしたことがなかったのが、自分の中ではちょっと自慢だったのです。
おかげで、以前通っていた美容院のおねえさんに、「毛染めしていない人なんて、今や少数派です」と言われ、希少動物のように扱われていたものですが、背に腹はかえられない。

最初はちょっと勇気がいりましたが、数年前から、1ヶ月半から2ヶ月に1回くらいの割合で、自分で毛染めするようになりました。
ちゃんと染まると、気分が上がるのが不思議です。

ここ数年、毛染めも種類が増え、よりよい使い勝手を求めて、私もいろいろ試してみました。
最近よく見かけるようになったのが、シャンプーやトリートメントと兼用の、お風呂で使えるタイプ。

前置きが長くなりましたが、ここからが本題。

以前から、「白髪用のカラートリートメント」というのに、すごく興味がありました。
これは、毛染めができるわ、トリートメント効果もあるわ、お風呂で使えるわという、お得感満載の商品です。

各社競って販売してますが、「たった3回でしっかり染まる」というキャッチコピーに引かれて、私はこれをゲット。

DHC Q10クイックカラートリートメント

DHCから発売されている、DHC Q10クイックカラートリートメントです。
仕上がり色のイメージは、ブラック・ダークブラウン・ライトブラウンの3色ですが、私はダークブラウンをチョイス。

なんでも、「イオンカラー処方EX」という新テクノロジーの採用により、しっかり染まって、色つやが持続するようになったのだそうです。

白髪が少し目立つ状態になるまで待って、いざチャレンジ。

手順としては、まずシャンプーで洗髪。タオルで髪の水気を取ってから、適量を手に取り、髪全体につけて馴染ませます。
説明書によると、現在セミロングの私だと、ピンポン球大2個くらいの量を使いなさい、とあります。

取説に従い、お風呂場の鏡がくもるのを阻止しつつ、髪全体に手でぺたぺたと塗りつけます。
さらに、耳の横の生え際は、DHCカラートリートメント用 ブラシ&コームのブラシ部分にトリートメントを載せ、さらに重ね塗り。

DHC Q10クイックカラートリートメント

ちなみにこのブラシ&コーム、別売品ですが結構使いやすいので、私はお風呂場の小物入れに入れっぱなしです。

塗りたくったら、待つ。初めて使う時は10分、2回目以降は5分。
その後、しっかりとすすぎ、乾かして完了。

使ってみた感想。
髪の生え際などで染め残しはありましたが、1回の使用で、かなりな満足が得られました。
仕上がりもきれいだし、トリートメント効果もあって、いい感じにさらっとなりました。

ただ、私の場合ですが、3日連続で使用してみたら、髪がもつれやすくなったような気がしました。ブラッシングすると、髪がキシキシ言う、みたいな感じでしょうか。
トリートメント効果が、毛染め効果に負けちゃったのかもしれません。

そのため、その後は、週に1度くらいの割合で使用するようにしたら、問題は治まりました。色も持続してます。

注意すべきこと。

「カラートリートメント」ではありますが、毛染め剤特有のにおいはあります。

手についても、すぐに石けんで洗えば、汚れは取れます。ただどうしても、爪の間に液が入っちゃうので、特にネイルが気になる方は、ビニール手袋をした方が無難かな。

DHCからも、DHCカラートリートメント用 手袋が別売されてます。

DHC Q10クイックカラートリートメント

だけど、スーパーやドラッグストアなどで市販されているビニール手袋をお持ちなら、それでも大丈夫。

あと、見落としがちなのが、髪のしずく。
トリートメントとはいえ、これは毛染め剤です。髪の水気を十分取らないまま使うと、色つきのしずくが落ちたり、あちこちに飛んだりします。すすぎの時は気をつけますが、一生懸命塗りたくっている時は、案外気付かなかったりするんですよ。
すぐお湯や水を流せば大丈夫だけど、一般家庭のお風呂場ってホワイト系の色が多いだろうから、落とせなければ目立ちます。気をつけて。

説明書には、待機時間の間、ヘアキャップかラップで髪を覆うよう書かれてます。ラップの方が効果はあるかもしれないけど、お風呂の中でラップを触るのは大変。
100均で買えるヘアキャップで、十分だと思いますよ。

白髪の状態は個人差がありますので、仕上がりの感想も人それぞれだと思いますが、私は概ね満足。
しばらく使い続けようかなって思っています。

DHCオンラインショップでの購入はこちら>>DHC Q10クイックカラートリートメント




もちろん、Amazonや楽天などでも買えますよ。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:レビュー記事!

レビューポータル「MONO-PORTAL」

我がマンションの管理組合の理事、さらに、自治会長に就任して、もうすぐ1年。今月末で、任期満了です。

**過去記事**
>>自治会長、やってます。

回覧板の管理は残っていますが、自治会長として地域活動に参加する機会は、先月でほぼ終了しました。

夏祭りが終了して約2ヶ月後に駆り出されたのは、運動会。
大型台風の接近で開催が危ぶまれましたが、当日は風は強いものの、10月にしては暑いくらいの天気。日焼け対策が漏れていたほんの隙間、首筋が真っ赤に日焼けするくらいの日差しでした。

開催場所は、小学校のグラウンド。前日は万国旗設営の手伝い、当日は入場門での招集係を仰せつかりました。

参加賞が目当てでしょうが、数百人は集結していたでしょうか。目立つのは、子供と高齢者。校長先生を含め、休日出勤していた学校の先生方は10人ほど。
大変な賑わいでした。

招集係といっても、自治会テントがないため、我がマンションの自治会は競技に参加できません。他の自治体の招集係は、テントと入場門の間を往復し、結構忙しそうに動いているのに、私は結構、手持ちぶさた。
最初は要領もいまひとつわからないので、とまどうことも多かったです。

気楽に誰でも参加できる競技はもちろん、自治会対抗競技が何種目かあったのですが、やはり一番盛り上がったのはリレー。
各年代からひとりずつ走者を出してチームを結成、順番にたすきをつないでいく「人生リレー」は、ハイライト競技のうちのひとつです。

ご多分に漏れず、このあたりも高齢化の波が押し寄せてきているので、選手が集まらず、リレー競技を棄権する自治会もあります。
そんな時に大活躍だったのが、教師チーム。校長先生も、何回走っていたことやら。子供たちも大喜びでした。

昼休み、先生と子供たちが音楽に合わせ、楽しそうに一緒に踊っている姿が印象的でした。

11月は、公民館で開催される文化祭。こちらは地域のサークル活動などで製作したものを展示できたり、演芸などを披露できたりする、「自治会」にとらわれないイベントです。
やはり、参加者の年齢層は60代以上ですね。

前日は会場設営に駆り出され、当日は接待係。

ちなみに、運動会のリレーで走った校長先生は、文化祭にも登場。会場設営にも参加されました。
小学校の横が公民館という立地条件もあるでしょうが、今時はこんなにこまめに地域活動に参加しないといけないんですね。びっくりしました。

設備は結構古いですが、公民館内には立派なキッチンがあります。
ここの文化祭といえば、恒例なのが「ぜんざい」なのだそうで、毎年楽しみにしている人がいるそうです。接待係のミッションは、このぜんざいの提供と、それに付随するキッチン内での仕事です。

1杯100円ですが、インスタントじゃないですよ。一から作る本格派。お団子だって、餅粉を練って丸めた手作りです。
この日は天気が悪くて、例年より売上は減ったそうですが、それでもかなり売れました。

私が食べたのは午後からでしたが、いい感じで煮込まれていて、甘くておいしかったです。
来賓としてこの日も議員さんが来場されていましたが、「とてもおいしかったです」と言いながら、どうやって作っているのかとわざわざ台所まで聞きに来られた方までいました。

お椀やお皿などの食器類は、公民館の備品を使うので、次から次に洗い物が出ます。
さらに、実行委員たちのためにお茶や味噌汁(インスタント)の準備といった仕事もありました。

お客さんはこのお茶、来賓にはこれを添える、などという約束事もあって、午前中は結構忙しかったですね。
いろいろな方とお話もできて、楽しかった。役員の方が余った団子でみたらし団子を作ってくれたのですが、手作り感満載でおいしかった。

次期役員へのバトンタッチまで、あと1ヶ月。
1年間、地域活動に参加して、私が感じたことも含めた引き継ぎ資料を、がっつり作るつもりです。

とりあえず、来期予算に、テント購入費も入れておきます。
次期役員が動くかどうかはわかりませんが、少なくとも体育祭は、参加しないともったいないわ。出場するだけで、参加賞がもらえるし。




体調にムラがある1年でしたが、全行事に無事参加できてよかったです。




==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:ひとりごと

先月、東京に行ってきました。
1番の目的はこれなのですが、体調のことも考えて横浜に前泊。
(ほんとは大井町あたりに宿泊したかったのですが、出発直前に決めたので、ホテルが取れなかったのです。)

横浜に宿泊したことはありますが、本格的に散策したことはありませんでした。
昼過ぎに横浜に入り、荷物をホテルに置いて、時々小雨がぱらつくあいにくの天気の中ではありましたが、のんびり歩いてきました。

横浜中華街

山下公園

港の見える丘公園

中華街以外は行き当たりばったりでしたが、これらの観光地が至近距離にあるなんて、全く知らなかったなー。

2日目は快晴。10月とは思えない暑さ。

本来の目的を達成後、品川駅に向かいました。
新幹線乗車前に、荷物をひとつにまとめたかったので、30分前に駅に到着。

しかし、新幹線の品川駅構内には、待合室がない。ホームにもない。
仕方がないので、ホームの一番端に行って、手にぶら下げていたカタログ類をバッグに詰め込んでいたら、知らないおばちゃん(たぶん70代)に声を掛けられました。

「今日は、暑いねー」

所用で上京した静岡の方で、乗り遅れないように早めに駅に来たとおっしゃり、私が乗車する新幹線が入線する直前まで、世間話をする羽目に。

たった15分ほどの会話で、おばちゃんの家庭環境や現況、結構うっかりさんな性格などを、ざっくり把握することができました。
もちろん私も、軽い身上調査を受けましたけどね。

それにしても、ようしゃべるおばちゃんやったわ。

新幹線に乗車。
隣の座席には、新横浜駅から乗車してきた女性が着席。20代後半から30代くらいの、おしゃれさん。

着席するなり、手荷物から取り出したのは、1個500円くらいしそうなおしゃれなスイーツと、分厚いファッション雑誌。
スイーツを食べ、ファッション雑誌を1ページずつ丹念にめくり、念入りに隅々までチェック。

その後、しばらく仮眠。

仮眠から目覚め、次に手荷物から取り出したのは、「てんかん」関連の本2冊。
彼女は本を開き、熱心に読み、猛烈な勢いで筆記を始めました。

お医者さんなのか、お医者さんになるべく勉強中なのか。
とにかく、すべての動作に無駄がないため、目が離せない私。

勉強が終了すると、財布を取り出し、レシートのチェック。
必要事項はメモに取り、不要なレシートはどんどん処分していきます。それが終了した頃、京都駅が近いというアナウンスが流れました。

約2時間、彼女はひとときもぼーっとすることなく、乗車時間をめいっぱいに活用し、京都で降りていきました。

できる女性は、やっぱり違うよなあ。

ちなみに、横浜散策の最後は、この店の前の通過。

GSTV横浜ショールーム

やっぱり、ここは、押さえておかないと。




中華街で買ったお菓子。おいしかったです。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


先週末、地元のお祭りが開催されました。

市内では、各公民館が中心となり、「ふるさとまつり」と銘打った校区ごとのお祭りを毎年開催しています。
私が住む町でも、近隣の自治会が校区内の小学校に集結、グラウンドにテントを設営して、様々なお店を出店します。グラウンドの真ん中には櫓を建て、簡単な盆踊りなんかもあります。

うちの自治会は、現状では名ばかりで、ほとんど活動はしていません。テントもないので、出店もしてません。
しかし「自治会」を結成している以上は、自治会役員が出てお手伝いをする必要があります。

主だった準備は、公民館の主要役員の方々が、手分けして奔走されます。
人手がいる作業だけ、各自治会役員、公民館主催の各種サークル会員、小学校PTAの方々といった「お手伝い部隊」が駆り出される仕組みになっています。

まずお祭り当日の午前中、場内に飾る提灯の準備に招集されました。
グラウンドには既に櫓が組まれ、お店を出す自治会がテントを設営し、準備に追われていました。
激しくはありませんでしたが、雨が絶え間なく降り続いています。

1時間ほどで準備完了し、いったん帰宅、午後4時に再び会場へ。
お祭り本番で私が割り当てられた役目は、公民館の出店「焼きトウモロコシ屋」の会計係。
公民館の方から釣り銭を預かり、お客さんに釣り銭を渡す係です。

お祭り開始は午後5時半からなのですが、既に5時頃には子供たちがたくさん集まっていて、なし崩し的にお祭りスタート。トウモロコシも、どんどん売れていきます。
担当の男性陣がうれしそうに早々と炭をおこし、4時半頃からどんどんトウモロコシを焼いていた理由が、やっとわかりました。

お祭りの途中で雨もあがり、たくさんの人が遊びに来てました。

今の場所に引っ越してきて7年半ほどになりますが、このお祭りに足を運んだことは、一度もありません。だから、こんなに賑やかなお祭りだとは、全く知りませんでした。
複数の議員さんも来場して、櫓の下で「本日はおめでとうございます」みたいな挨拶をしてます。誰も聞いてはいませんが。

釣り銭をせっせと渡しながら、予想以上の賑やかな様子に、ちょっと呆然。

トウモロコシスタッフは、みんなとても明るい人たちで、結構楽しかったです。
「会計係はテント後方で座っていればいい」とのことだったのですが、みんな立っているのに自分だけ座るのも気が引けたので、結局ずっと立って、販売前線後方で「いらっしゃいませー」とか言ってたし。

お祭りは9時半までだったのですが、我がトウモロコシ屋は、午後7時半頃に完売となり、閉店。
びっくりするほど早く終わってしまったので、一緒にトウモロコシ屋で頑張った女性メンバーたちと、おにぎりやら焼き鳥やらソーセージやらを食べつつ、1時間ほどおしゃべりした後、解散。

翌朝、再び会場に集合、総出で後片付け作業。
私はゴミ袋を持ち、校内のあちこちを歩き、ゴミを集め回りました。
1時間ほどであらかた片付き、お手伝い部隊は解散となりました。

こういった地元のお祭りのお手伝いをするのは、生まれて初めて。
どんな祭りなのか、どんな段取りなのか、何から何まで全くわからないままの参加でしたが、参加してみると何とかなるものです。

でも私が「何とかなった」のも、お祭りを開催する主要役員たちの働きがあってこそ。
普段から適当に過ごしていて、たった2日の手伝いで疲れ切った私には、役員たちのあらゆる方向への気配りは、とうてい真似できない。

これだけの行事をつつがなく終わらせること、そして、毎年ずっと続けていくことが、いかに大変なことか。
人のチカラというもののすごさを、改めて実感した出来事でした。




自分の子供にトウモロコシを食べさせている若いお父さんの様子に、なんだかほっこりしました。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき


先月、私が住むマンションで、避難訓練がありました。
マンションが建設されて7年半くらい経ちますが、こういった訓練は2回目だったかな。

前回は欠席しましたが、今回はほれ、一応管理組合の理事なもんですから、出席しましたよ。
それに、重大任務もありましたから。

訓練開始15分前には、既に消防署員の方々が消防車に乗ってやってきてました。

午前10時、1階の集会室から火災発生という想定で、訓練スタート。
管理組合の理事長さんが、マンション管理員室から119番し(通報の訓練ということで、本当に119番するのです)、マンション中に「火災発生」というアナウンスが流れます。

そのアナウンスをきっかけに、住民の皆さんが避難場所であるマンション駐車場まで出てこられました。
出てこられたのは、全世帯のうち、4分の1くらいかな。実施日が土曜日で、本物の消防車が来てることもあり、お子さん連れの世帯が多かったです。

で、私の重大任務というのは、初期消火活動でありました。(`・ω・´)ゞ

集会室に設置してある消火器を持ち、10秒ほどの「なんちゃって消火」。
火が出ているわけではありませんので、消火器を持って、消火している体勢を取るだけです。

誰も見てなかったけど、結構恥ずかしかった。

その後、消防署員さんのお話を聞いたり、水消火器を使った放水訓練をしたりして、30分ほどで終了。

消火器はいったん開封すると、消化液を止めることはできないとか、消火器を使う時は風向きに気を付けないといけないとか、意外と知らない様々な豆知識を伝授くださいました。
だけど消防署員さんたちのお話の中で、私が一番印象的だったのは、「聞かれたことに素直に答えてほしい」ということ。

「『とにかく早く来て!』って言って、場所も何も言わずに電話を切ってしまわれる方が多いんですよ」

最近はGPS機能が発達し、電話の発信地から、火事の現場がどこなのかがだいたいわかります。
それでも、特に携帯電話からの発信だと、結構ズレがあります。

119番通報なんて、滅多にすることはありません。誰でも慌ててしまうし、緊張もする。
だからこそ「聞かれたことに、素直に答える」というのは、とても大事なこと。

記憶の片隅に残しておきたいなと思いました。




もし使えるなら、通報は固定電話からの方がありがたいっておっしゃってました。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン


JUGEMテーマ:四十路のつぶやき

京阪三条駅に到着。
ここで、京都市営地下鉄・東西線に乗り換えです。

ポスター

三条京阪駅から太秦天神川駅まで乗車。さらに京福電鉄に乗り換えです。
地上に上がってみると、立派なターミナルができてました。

嵐電天神川駅なんて、月参りに来てた時代には、影も形もなかった。
京福電鉄は路面電車なので、駅自体はとっても地味なのですが、昔とは明らかに景色が様変わりしていて、ほんとにびっくりしました。

途中の駅から、先生に付き添われた数人の幼稚園児たちが乗車してきました。
みんな定期券を首から掛けていて、どうやら帰宅途中のようです。

駅に着くたびに、何人かずつ園児が電車を降りていきます。駅には園児の家族がお迎えにきてます。
幼稚園バスの停留所でよく見かける、園児と先生の「さようなら」が、車内とホームであわただしく繰り広げられていて、そばで見ていてちょっとほっこり。

車窓からの眺めも楽しみつつ、車折神社駅に到着。昔は車折駅という名前だったと思います。
車折神社の裏参道入り口は、この駅の真ん前にあります。

この写真は、表参道側から撮影。

車折神社

正直なところ、今回のツアーで一番驚いたのが、この神社の変化です。

境内にある「芸能神社」が有名だったものの、私たち家族が頻繁に訪れていた当時は、比較的地味な神社でした。日曜日でも境内は静かで、私はこの神社の雰囲気が割と好きでした。

境内の建物や閑静な雰囲気は、当時とほとんど変わっていません。
しかし、テレビや雑誌で「パワースポット」としてたびたび紹介されるようになったらしく、様々な案内掲示が増えてました。平日にもかかわらず、参拝客が多かったです。

境内の至る所に見られる朱塗りの玉垣には、アルファベットがあふれてます。EXILEメンバーの名前を縦書きで書くのって、大変だっただろうな。
それに、芸能人名だけでなく、テレビ番組名が記されているのにも、時代の変化を感じました。

今では「パワースポット」とされている「清めの社」なんて、昔は誰も見向きもしてなかったよ。

流行を敏感につかみ、チャンスをうまく生かし、神社の認知度が飛躍的に向上。結果として、京都の有名観光スポットの地位を獲得。
見た目は変わりませんが、実態はあざやかに変化してました。

だけど、うまく表現しづらいのですが、ちょっと俗っぽくなったような・・・。
私の記憶の中にある神社ではなくなってしまったことに、一抹の寂しさを感じました。

再び京福電鉄に乗車、四条大宮駅に向かいます。
車内の掲示物を読んで、この路線を今では「嵐電(らんでん)」と称していることを初めて知りました。駅名もずいぶん変わっています。

四条大宮駅に到着、ここで阪急電車に乗り換えて帰宅の途に。

どの場所も、ぱっと見は変わっていなくても、何らかの変化がありました。
翻って考えると、私も変わったし、私の周りも変わった。

20年という年月の流れを、肌で感じた1日となりました。

「思い出の寺社仏閣ツアー」シリーズ【了】




大阪に戻ると、京都はやはり寒いということがわかります。



==ランキングサイト参加中。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:四十路のつぶやき



Profile

ひーをもっと知るには。





Selected Entry

Archive

Comment

  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    ひー
  • あまりに多すぎる、夕刊の未投函
    トラ吉
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    ひー
  • とんかつソースで見つけたしあわせ
    グルマン
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    ひー
  • 30年越しの、Mrs.メランコリー
    あさひ
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    ひー
  • 野菜焼きと、キャベツ焼き
    あいる
  • ケアレスミス
    ひー
  • ケアレスミス
    トラ吉

ヤフオク出品中

ほれ、ぽちっとな。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM